車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月11日
VOLVOのオートブレーキ・システム搭載車の事故件数は69.0%減少(^o^)
VOLVOのオートブレーキ・システム搭載車の事故件数は69.0%減少(^o^) VOLVOのオートブレーキ・システム搭載車は、非搭載車に比べ、事故件数が69.0%少ないことが判明したとのことです。

しばらく前に千葉のVOLVOディーラーの東邦オートがブログで一部データを公開していましたが、10月11日にVOLVO CAR JAPAN(VCJ)から正式にニュースリリースが発表されました。

VCJは、ITARDA(公益社団法人 交通事故総合分析センター)が保有する情報を基に、2009年から2015年に日本国内で新規登録されたボルボ車で、オートブレーキ・システム搭載車と非搭載車の事故発生件数を比較調査。その結果、オートブレーキ・システム搭載車は、非搭載車に比べ、事故件数が69.0%少ないことが判明したとのこと。

今回の調査は、2009年から2015年に日本国内で新規登録されたオートブレーキ・システムを搭載するボルボ車60,585台と、同システム非搭載のボルボ車18,823台を対象とし、ITARDAが保有するデータを基に、VCJが独自に算出したもの。
その結果、オートブレーキ・システム搭載車は非搭載車に比べ、対人事故件数は58.6%少なく追突事故件数は76.5%少なく全ての事故発生件数において69.0%少なくなっているとのことです。

VOLVOは、2009年に国内で初めて完全停止するオートブレーキをXC60に標準装備して以来、歩行者検知機能、サイクリスト検知機能の導入、また2016年1月には右折時対向車検知機能の導入と、段階的に機能を向上。
また、2014年にはオートブレーキを含む10種類以上の先進安全機能、「インテリセーフ」の全車種・全グレードへの標準装備化を実現。

「2020年までに、新しいボルボ車に乗車中の事故における死者・重傷者をゼロにする」という安全目標「Vision2020」を掲げ、安全技術の開発に取り組んでおり、日本においても着実な歩みを進めているとのこと。

1月26日にSUBARUでも同様のデータが出ていましたが、追突事故の減少はSUBARUが▲81%とVOLVOを5.5ポイント上回っているものの、対人事故はVOLVOが▲69.6%と9.4ポイント優れた結果を示しており、事故発生総件数でも▲69%で8ポイント優れていました

どちらも優れた結果ですが、更に改善に努めて欲しいものですMBのシステムもかなり頑張ってきており、VWもそこそこの水準の予防安全装備と見られますが、その他のメーカーに対しては、何をか言わんやですね。

■事故件数比較表

※1万台あたり事故件数は小数点以下を四捨五入

参考:SUBARUの発表データ


■参考: ボルボの日本におけるオートブレーキ・システム導入の歩み
2009年 完全停止するオートブレーキ・システム 「シティ・セーフティ(※赤外線レーザー方式)」をXC60に導入。(前方走行車両を検知、作動速度域4-30km/hまで)

2011年 「歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、デジタルカメラ方式)」をS60/V60に導入。歩行者検知を可能に。以降、XC60/V70/XC70/S80に順次採用。
V70/XC70/S80に「シティ・セーフティ」を標準装備化

2013年 サイクリスト検知機能追加
「シティ・セーフティ」の作動速度域を50km/hに拡大
「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ」を V40シリーズに標準装備化

2014年 「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、 デジタルカメラ、赤外線レーザー方式)」を全モデル・全グレードに標準装備化完了 (10種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」アイテムとして)

■ITARDA(Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis)について
1992年設立の道路交通法108条13第1項「交通事故調査分析センター」指定公益財団法人。交通事故と人間、道路交通環境及び車両に関する総合的な調査研究を通じて、交通事故の防止と交通事故による被害の軽減を図ることにより、安全、円滑かつ秩序ある交通社会の実現に寄与することを目的に活動。
ブログ一覧 | VOLVO | クルマ
Posted at 2016/10/12 01:54:49

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/12 07:08:13
ああ~最初は戸惑いました(;´Д`A
これで鳴るかぁ…( *`ω´)と思いました
対車より人と自転車に対しての反応が・・・
Dで相談してサービスマンがごにょごにょして
少し緩和されたのですが
文明の利器が人の五感の退化につながってますね
(-o-)>
コメントへの返答
2016/10/12 07:48:22
ちゃきんの車は新しいからセンサーがやや過敏なのかもしれませんね。

うちの車でも前方左折車が全く安全に左折完了しそうな時にアラーム鳴ったり、トンネルの壁やガードレールなどでアラームが誤作動してナニ?となる事があります。でも、システムとしては結構安定していてノウハウの蓄積の厚みが感じられます。

国産車の誤作動はもっと危険なレベルの話を時々目にしますからね。

また、プログラムのアップデートが旧車にも適応されるのもありがたいところですね。センサーの検知レベルは違うと思いますが、MY2013のV40は自転車検知機能はありませんでしたが、プログラムアップデートである程度反応する様になっています。
2016/10/12 09:07:32
いつも色々な情報をありがとうございます。

確かに、駐車場のゲートに反応したり
シャッターに反応したりして
あの音にビックリすることもありますが、
ちゃんと反応してくれているんだと
再認識しています。

昨日、後続車に交差点で接触されました。
渋滞の中でしたので、大したことはなかったのですが、その車にも同じようにこの機能が付いていれば、事故にならなかったかもなぁなんて
感じました。
コメントへの返答
2016/10/12 11:46:39
kkkk-taさん、コメントありがとうございます。

オカマ掘られてしまったんですね(>_<)
お体問題無さそうで、不幸中の幸いでしたね。

突っ込まれるのは避けられませんからね。オートブレーキがもっと普及して欲しいですが、今の一般的なレベルのものでは単なる気休めに過ぎないですよね。

先ずは欧州の様に義務化を進めてもらいたいですが、日本のメーカー、オカミ共に安全装備に関しては腰が重いですよね。

スモールオフセット対応が輸出仕様だけとか、ふざけてますよね。
2016/10/12 10:00:23
おは、です。

常時シティセーフティをonしていますが、お世話になったことはありません。
保険の料率、下げてほしいよね~。
それには、衝突安全機能を停止するボタンが無くならないとだめなのかなぁ?
それとも、ト○タが、全車標準装備に踏み切らないと、保険屋がうんと言わないのでしょうか?

ぶつからない車より、ぶつけられない車の方がうれしかったりしますが、なかなか難しいシステムになりそうですね。
コメントへの返答
2016/10/12 12:03:08
t-bostonさん、こんにちは。

車両保険の料率区分上昇、保険料高騰は何とかして欲しいですよね(>_<)

オートブレーキで加害事故はかなり減少していると思われますが、突っ込まれるのは避けられませんからね。

しかも安全装備のセンサーの関係などで修理費用がかなり高騰しているみたいですからね。もらい事故でも、なかなか10:0にはならず、諭吉3桁の修理費用が続出している状況では、オートブレーキ割引も難しいのかもしれませんね。

ご存知の通り、オートブレーキの性能にも雲泥の差があり、保険料料率区分への反映も難しいのでしょうね。

新しい安全装備は全方位検知らしいですが、それでももらい事故は避けられませんよね。
2016/10/13 13:32:31
面白い情報ありがとうございます〜

VOLVOは車両保険の料率区分数字は、修理する際の価格が一般国産車と比較した場合相当に高いので(日本のボルボカーズの修理パーツ価格設定戦略の影響。米国の3倍くらいですね)、きっと永遠に落ちないだろうと観念しております(笑  V60の場合は確か8だったかな。

一方で、対人、対物に対する料率区分は最近のボルボはすごく低くて十分に安いと、ちょうど今月私は更新なのですが満足しておりますよ。たしか2と3だったかと。1が一番安いんですよね。この2つの数字は過去の車両型式別の事故率で上下するはずだっとと思うので、まさにボルボの事故率が下がっていることの恩恵だと思ってましたが、どうなんでしょう。

前車、V50の時は保険料率もっと高かったと記憶しております。

スバルのインプレッサとか・・・料率9でしたっけ?ものすごく高いですよね。1と比べると9は4倍だったような。

いずれにしても、2020年に事故0。これができたらすごいことですよね。
密かにユーザーとして期待してます
コメントへの返答
2016/10/13 22:07:30
Koyuさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
VOLVOの修理代は結構高いみたいですね。
V40でぶつけられて修理代3桁乗せの話を話を何回か見かけました。

V40の料率は車両7、対人4、対物3、傷害4でした。車両だけ5→6→7と毎年上がっています。金額的に車両保険のウェートが一番大きいので厳しいです。
確かに料率1と9では4倍ですね。どこまで上がるんでしょう(>_<)。9に成ると一般の保険会社は受けてくれなくなると聞いたことがあります。

データベースを調べてみましたが一般に公開されていないんですね。Webでは2013年までのデータしか見当たりませんでした。

VOLVOのVision2020は、2020年までに新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするとされていますので、やはりもらい事故は避けられないと言うことでしょうね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「国産名車コレクション2,3,5号がいきなりまとめて届きまして。
ひえ〜、支払いが(>_<)」
何シテル?   12/07 22:59
ずっと日産車でしたが初めての輸入車になります。 よろしくお願いします。 車歴:ラングレー→スカイライン(R30)→スカイライン(R32)→プリメーラ(P12...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
第3回全国オフの募集を開始しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/09 07:40:48
ひまわり畑 2016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/05 08:03:37
リモートコントロールキー 電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/16 22:53:14
お友達
ファン
23 人のファンがいます
愛車一覧
ボルボ V40 ボルボ V40
事前予約していたにもかかわらず、契約から4ヵ月でようやく納車されました。
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
オーシャンブルー 肥大化したと言われていましたが、結構デザインは気に入ってました。
日産 スカイライン R32 日産 スカイライン R32
ノンターボでしたが、コンパクトで4輪マルチリンクで非常に良い車でした。
日産 スカイライン 日産 スカイライン
初めて乗ったスカイライン
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.