車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月19日 イイね!
さて、ここでリ-ザの登場です。

ただし、パンフレットなので内容は薄めです・・・。




この時期の流行りのスペシャリティカーとして登場したリ-ザ。
表紙からして明らかに女性に向けてますね。
ライバルのセルボも女性向けと言う雰囲気でしたので当たり前ですかね。↓



スタイリングの基本シルエットはエアロヘミサイクル呼ばれる半円球形デザインで、どことなく流面形セリカ(#T160系)みたいな感じですね。
サイズ的な制約のおかげで逆にタマゴ型フォルムが際立っています。
フロントフェイスはこの後の世代のL200系ミラにとても雰囲気が似ています。

フルトリムの室内もこの時代では特別でした。
ラウンドデザインのインテリアも軽自動車では珍しかったはずです。

全般的に、この時代としてはクオリティが高く、開発陣の気合の入れ方が伝わってきます。


でも、基本はバン(商用車)なんですよねえ・・・。
乗用グレードもありますが、何故か5MTオンリ-でタコメーターも設定なし・・・。
この時点では あくまでも主流はバンでした。

Xなんかはモロにバンっぽいですが、誰が買ったんでしょうか?↓




基本コンポーネントはL70系ミラ/クオ-レなんですが、ホイールべ-スは120mmも短縮され、全高はミラ・TRーXX比で65mm低くなっています。
例えれば、ミラがワンダーシビックでリ-ザがバラ-ドスポーツCR-X的に私は感じています。

Zのターボエンジンはリーザ専用エンジンのEB21でキャブが複合可変ベンチュリ式になり、サージタンクも樹脂製に。
インタークーラ-も前置き化されています。
少しでも低ボンネット化を進めるためでしょうか?
参考図↓


このあたりでも気合の入り方が分かろうというものですが、この後にEFI化(TRーZZ・EFI)されると残念ながらミラと共通のEB26エンジンに統一されてしまいます



しかしながら、リーザはメーカーの思惑どうり程には売れ無かった(そこそこは売れたみたいです)のか、どちらかと言うと男性寄りのグレードを展開してみたり、軽自動車の規格変更でも続投は決まったものの対応が遅れてみたり・・・。

オープンモデルのリーザスパイダ-を売り出してみたものの、評価が散々だったりと何かと数奇な運命を辿ってしまいました。
まあ、今となってはそれもまた魅力ととる事も出来そうな気がします。

スパイダ-に関しては、ベース車のクローズドボディのL70ミラでもヤワなボディなのにそれをオープンにしてしまったのと、ライバルが未だに人気が高くそれぞれの専用ボディを持つABC(AZー1・BEAT・Cappuccino)だった=時期が悪かった・・・と、いうのが大きな原因だと思いますが、スタイリングに関しては私個人的には独特の雰囲気があり、そこまで悪くないと思うのですが・・・。


この後に、リ-ザスパイダ-の意思を受け継いだ?コペンがヒットしたのは幸いと言えると思います。
2017年02月14日 イイね!
友人から教えて貰って本屋さんへ直行しました。

で、こうなりました(笑)。



ほぼ知ってる内容だけど、やっぱり面白いですね。
表紙が那智加入時の絵とはまた泣かせる~。

確実にオッサンホイホイです。


因みに、メカドックとレストアガレージ251は単行本はコンプリートしてます(笑)

やっぱりメカドックはサイコーですね!
Posted at 2017/02/14 23:01:34 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年02月13日 イイね!
先日、風邪でぶっ倒れて2日間寝込んでいました
ただ寝ていても暇・・・
気が付けばおもむろにカタログをスキャンしていたのでした。



と、言う訳でカタログシリ-ズ復活です。
相も変わらずの内容ですが、宜しければお付き合い願えればと思います。



前回から日が経ちましたが、その間にL70ミラの初期カタログをひょんなきっかけから手に入れてしまい、内容が自分的にあまりにも濃かった為にアップしてみます。


その2(L55Vターボ)とその3(L70V TR-XX登場時)の中間と言う事でその2.5としました。




表紙にはTV CMにも出演されていた市川猿之助さん(三代目)が出ています。
”新型”ではなく”新形”と言うのもナイス!

新しい形の提案であると言う事なのでしょうね。↓
  


で、いきなり車が出てこない・・・。(;^_^A↓




やっと登場しました(笑)
初期型のシンプルな感じに好感が持てます。

ぺージごとに漢字一文字で一言あるのも良いですね。↓





まだ、このスパッと切り落としたようなリアのデザインが少なかった頃なのでそこをアピ-ル。
ガラスハッチもこのCタイプは開閉可能でした。
ただし、これが付くとリアワイパ-レスになる(ワイパ-付きにすると通常ウインドウになる)のが残念。↓


内装です。
当時流行った赤内装(ワイン内装)。
この頃はボディカラーにより設定が有りました。
ところどころに黒を持ってきていてとても洒落ています。

Cタイプのメーター内にはグラフィックモニターまでも装備。
進行方向に半ドアモニター、そしてタイヤ切れ角を表示するものです。
これを見て運転した人がどれだけ居たのかは疑問ですが、先進性のアピ-ル度は高かったのではないかと思います。

今の基準だと全体的に素っ気無いのですが、空調の吹き出し口の配置なども普通車と遜色なく(ただし、エアコン装着車用のドア側の吹き出し位置は不便(笑))サイドデフロスタまでも装備。
セミ・コンシ-ルドワイパ-など、L55系から見たらこれでも凄い進歩です。↓



これまた流行りだったフルフラット可能なシ-ト。
TR-XXなどのハイバックシ-トではヘッドレスト部が一体ため出来ない技です。
コラムシフトはGRANでも書きましたが、それに伴ってパ-キングレバ-が引くと先端が折れ曲がる複雑なものになります。
いま時ならば足踏み式なんでしょうが、なにせ足元が狭いので無理だったのではないかと思われます。

リアシートは女性がくつろいでいますが、実際にはドライバ-が座ると絶対にこんなにくつろげません・・・。↓


クオーターボックスはTR-XX系にも付くのですが、この色だと何故か新鮮です。
使い勝手は実は意外と良くない(個人的には)のですが、スペシャル感はありますね。
隙間を利用した車検証入れと停止表示板格納スぺ-スはアイデアもんです。
ただし、意外と存在を知らない人も多いのでは?

クッショントレイ付きシ-トは便利そう。
シート自体の耐久性は疑問符が付きそうですが・・・。
初代ワゴンRの助手席のバケツが有名ですが、ここからきているのかも知れません。↓



この世代より登場のダイハツ製の軽自動車用(4ストローク)3気筒・EB型エンジン。
シャレードで培った技術と言うのが泣かせます。
スズキ以外の他社はまだ2気筒が主流でしたからアドバンテージになったのではないかと思います。

また、新設計サスペンションで四輪独立に。

ここで一気に近代化が図られました。↓


ターボTR

TRとはTRES(イタリア語で3の意) Run aboutの略らしいです(新型車解説より)

Automatic Turboとある様にこの時はイージドライブが可能な高性能車と言う位置づけだったのでしょうか?↓



4WDです

ここで新たな発見が。
TR-XX系で初採用かと思っていた前後の大型バンパーは実は最初は4WD用で登場していたと言う事。

しかし、スイッチ切り替え式の4WDで生活ヨンクを目指したかと思いきや、アンダーガードにクライノメーターとSUV志向、と言うよりもクロカン的ですね・・・。↓





装備品です

既にモモステは設定があったみたいです。
シンプルな2シーターでもなんとかなりそうな位の装備になりました。
この後さらに豪華化が進むのですが・・・。↓


グレード一覧です

カラフルです。

初期型は地元で良く見掛けていたのは赤や白の低めのグレードばかりでした。


それでも、L55Vから乗り換えても不自由しない程度の装備なので新型に乗り換えた人をよく見かけたのかも知れません。↓


主要諸元です。

裏表紙は表表紙と画像が繋がっております。

2シーターは530kgと軽いです。↓




初期型の登場時時点で初代アルトが提案していた徹底したシンプル路線から少しだけ豪華路線へと導こうとしているのがよく分かります。
いかに税制的に優遇された商用車といえども上を求めてしまうのが人と言うものなんでしょうね。

この後、豪華グレード追加や高性能化を経ていくのですが初期のシンプルながらも高品質を目指した感じがまた魅力的に映ったりします。

以上です
2017年02月12日 イイね!
さて、今日は時間も少し出来たので作業しました。

先ずは依頼を受けての実家のライフDIVAのエンジンオイルの交換。
メンテナンスランプが点灯するのはある意味良いことです。
日産純正の部分化学合成油を注入しました。


オマケで洗車に室内掃除。
一見キレイだが運転席のドアだけ凹み3ヶ所(;^_^A。
余りにマットが汚れるのでセリアのマットを切って敷いておきました。(結構張り付いているのでずれないと思います)


次にムーヴ掃除。
何時もながら、どうやったらここまで汚くなるのか疑問だ…。


次にL70のバキュームホースを半分くらい交換。
一か所で見事にエアを吸ってた(;^_^A。

その後、リアスピーカーを再変更。
クォーターボックスに取り付けのサブスピーカーをカロッツェリアのTS-1070からケンウッドのKSC-J1073に変更。



TS-1070は今は亡きセダン・リミテッドの形見です。
フロントに付いていましたがOP品ではない模様。
デュアルコーン1WAYからコアキシャル2WAYへ変わりましたが、音的にはあんまり変わらずで・・・。

リアトレイスピーカ-もパナソニックのPARCOからケンウッドKSC-6000へと変更。
OP設定のあった(たぶん、色違い)ものですが、比較的高級モデルのためいい音です!


U929の標準設定のままではリア寄りすぎるので少し弄りました。

イルミもいい感じです。


フロントにはインジゲーターまで付きます。


ビジュアルが一番いいのはTR-XXスピーカ-ですが、音はこちらが一枚上手で悩みます。
PARCOのインパクトも良かったんですが。


その後はバレンタインの友チョコ配りミッションのドライバ-に任命されたため走り回りました・・・。

誰がこんなの始めたんだ・・・。
オッサンには理解不能でございます(笑)

Posted at 2017/02/12 23:56:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!
突然に思いついたようにコストコに行くことになりまして・・・。

午後から出発。
何故か道迷い着いたのが16時・・・。

帰るときにはすでに暗くなりかけでしたが、なんか微妙にいい感じの風景。
ただし、半端なく寒い(笑)




明石海峡大橋のライトアップもきれいでしたよ。
デジタルズーム最大は辛い・・・。




明日は何をしようかな~
Posted at 2017/02/11 23:44:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@しるしる14 さん どれも走り屋さんに人形あった車ですよね。特にS13はノーマル車はほとんど無いですよねぇ。」
何シテル?   02/15 08:21
booby_M+Sです。オンボロ車を複数所有・・・。どれも愛してますが、ただ単にものを捨てられないだけ・・・かも? さすがに全車両にナンバーを付けるのは残...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
非常に不愉快です!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/31 17:40:30
純正コンライトをディマースイッチAUTO連動化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/25 23:01:19
せめて前日までに。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/16 05:43:57
ファン
40 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
1986年式 日産 シルビア クーぺ TWINCAM TURBO RS-X(5MT)。 ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
1995年式 ダイハツ ミラ ターボTR-XX アバンツァートR(5MT)。 森口エン ...
日産 シルビア 日産 シルビア
1996年式 日産 シルビア K's Aero (5MT)。 当時のスクープ記事を見て” ...
ダイハツ ミラTR-XX ダイハツ ミラTR-XX
1990年式 ダイハツ ミラ ターボ TR-XX EFI-LIMITED(5MT)。 タ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.