車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月06日 イイね!
ハイドラ 国道最西端がテリトリーになってたハイドラのチェックポイントを確認していたら、
いつの間にか「日本最西端」がテリトリーになってました。

先月2月20日から23日まで滞在していた石垣島の国道390号です。

滞在中はテリトリーではなかったはずですが、
他のかたのポイントが減ったことで棚ぼたでテリトリーになったみたいですね。

こんなことがあるんですね。
滅多に経験できないことなので、ブログにアップしました。

私のポイントも毎日消えていくので時間の問題ですが…

Posted at 2017/03/06 19:00:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハイドラ | 旅行/地域
2017年02月23日 イイね!
日本最南端の旅(行けずの旅) 四日目 石垣島一周日本最南端行けずの旅も今日が最終日
天候は午前中は雨の予報

今日はレンタカーを借りて石垣島を一周します。

石垣島
周囲222.85km
人口 49,191人

朝のフサキリゾート




ホテルの朝食バイキングを早めに済ませ、空港へのシャトルバス第一便に乗ります。

約30分で新石垣空港に到着
空港隣接のレンタカーステーションにあるニッサンレンタカーに予約の電話をして待機


今日の相棒は「マーチ」約4時間で一周できるので、昼食を食べても帰りの飛行機に間に合いそうです。


島の北部にある玉取崎展望台



なかなかの景観

遊歩道でホオグロヤモリに遭遇

以外と素早い


尻尾にトゲトゲがあります。


2月なのに爬虫類が動ける暖かさ

10分ほど北上した所にある「伊原間サビチ洞」

約30分鍾乳洞を歩くと海に出られるらしい
時間がないので入り口を覗いて出発します。

絶景スポット「川平湾」





グラスボートが停泊してますね。

こちらは川平湾裏側にある「底地ビーチ」

雨で水が茶色に… 残念

離島ターミナル付近で昼食を取ります。

ヤギ汁

横浜の鶴見で一度食べたことがありますが、
ウ~ン やはり旨い物ではないかな

八重山そば

今回で何杯目かな

離島ターミナル付近でお土産を買って、旧石垣空港近くを通り新石垣空港に戻ります。

ハイドラ走行ログ




約4時間半で一周しました。

一周約100km、ハイタッチ0人
(ハイドラを起動している人がいない)

ガソリンを満タンにしてマーチを返却
石垣島はレギュラー139円、西表島より安い。

さよなら石垣


自分用のお土産達

初日に訪問した黒島のTシャツ

牛のイラストがかわいい

西表島の黒糖

サトウキビだけが原料の純糖。
たくさん試食した中で、この黒糖が一番美味しく感じました。

波照間島の泡盛「泡波」ミニボトル

幻の泡盛「泡波」ミニボトル(100ml)を石垣島離島ターミナル近くの酒屋さんでゲットできました。
値段は850円。
600mlの大瓶が1万円で売られることもあるとか。

蛍ガラスのストラップ
石垣島の定番 綺麗に光ります。

ゲンキ クール

石垣島の乳製品、ヤクルトやマミーを甘くしたような味でした。

今回の旅で使用した「沖縄離島情報」

船の時刻表やバスの時刻表や運賃の情報が充実していて、とても助かりました。

充実したリフレッシュ休暇でした。
Posted at 2017/02/24 08:35:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年02月22日 イイね!
日本最南端の旅(行けずの旅) 三日目 なぜか西表島旅行3日目は楽しみにしていた「波照間島」を目指します。

事前予約をしていた8:30発 波照間行きのチケットを貰いに離島ターミナルに到着。


そこで見たくない文字が…

「波照間行き第1便 欠航」
………

安栄観光のチケット売り場で確認すると、
「少し遅い出発になりますが貨物船は出ます。
ただ、帰りの高速船が運行できるかは、分かりません。」

日帰りで行くには、貨物船で出発して1時間の滞在で同じ貨物船で帰るしかないらしい。
それでは島に行くだけで観光できません。

仕方がないので、別のプランを模索します。

行ってないのは西表島の西側。

早速8:30分の西表行きのチケットを往復で購入し、
レンタカーを予約します。
高速船の料金:石垣島-西表島(大原港)大人2,980円(往復)


西表島の離島ターミナルに到着。

ヤマネコレンタカーの送迎車が待機してました。

この日の相棒はダイハツ タント

島内は軽で十分ですね。
ドライブ中すれ違う車はほとんど「わ」ナンバーのレンタカーでした。



いざ出発!観光ガイドを見て一番近い「イリオモテヤマネコ保護センター」を経由して島の西側を目指します。

久しぶりのフットブレーキ
ウインカーの戻りに癖があります。

島内には信号機が二ヶ所しか無いこと、
ガソリン代が日本一高いこと、
野生動物の飛び出しは多く、ぶつかると修理代が洒落にならないことを昨日ツアーガイドさんから聞いてます。

約15分ほどで「イリオモテヤマネコ保護センター」に到着




入場無料。
生きたヤマネコは居ませんが、剥製とヤマネコの生態について学べます。


体長は家猫と同じぐらい。


この大きさで単独で狩りをするのは大変でしょうね。

保護センターを出ると、嵐のような豪雨。
入道雲の下に入ったかな。

観光案内から島の西側にある沖縄最大の川「浦内川」の遊覧船ツアーを発見。
天候の回復を祈り、向かってみます。
電話で11時30分の便を確認して出発!

船浦大橋

画像はありませんが山側に「ピナイサーラの滝」が見えます。

走っているうちに天候が回復。
外に出られそうです。

途中「星の砂海岸」の看板を見つけて、寄り道。

星の砂海岸

予想以上。今回の旅行で一番綺麗な海岸。


水が透明 熱帯魚も足元まで来ます。





ここの星の砂は角が残ってます。


もう少しゆっくりしたかったのですが、遊覧船の時間が気になり、後ろ髪を引かれる思いで海岸を後にします。

浦内川遊覧船

昨日と同じ底の平らな平舟。

お店の長靴に履き替え、説明を聞くと。
上流で船を降りて、徒歩で滝まで歩くそうです。
料金:大人1,800円




垂れ下がった根が着水して新しい苗になるそうです。

途中 リュウキュウイノシシの子供(ウリ坊)が水辺に顔を出しました。

(中央の木の右側)

天候が回復


下船ポイントの軍艦岩

ここから徒歩で二つの滝を目指してトレッキング開始。

遊歩道はこんな感じ

こんな水溜まりが沢山あります。
でも、長靴を履いているので大丈夫。

遊歩道の横にあった小さな滝


35分ほど遊歩道を登りマリュドゥの滝展望台に到着




さらに20分登り、目的地カンピレーの滝に到着


片道55分、船の出発まで残り1時間5分
急いで船まで戻ります。

私たちの後ろを歩いていた女性二人 間に合うかなぁ、と心配になります。

なんとか10分前に船着き場に到着

迎えの船が来ました。


岩場にモヤイます


遊覧船発着場までは約30分

なかなかハードなツアーでした。

カヌーツアーもあり、早朝出発のツアーが朝日で水面が輝きオススメだそうです。

靴を履き替えて車に乗り、同じ道を引き返します。

月ヶ浜

ホテル「ニライカナイ」から徒歩1分

途中 珍しい猛禽を発見

つがいのカンムリワシです!
国指定特別天然記念物
こちらがオス 後頭部に黒白横縞の飾り羽があります。


メス 正面


メス 横向き

携帯ではこの画質が精一杯でした。

約1時間で大原港に到着。

大原の信号

これが日本最南端の信号機です。

ガソリンを給油してタントを返却
レギュラー145円でした。
神奈川と30円差ぐらいかな

石垣島に戻り、バスターミナルから路線バスで今夜の宿泊先フサキリゾートヴィレッジに向かいます。

どうにか最終バスに間に合いました。

コテージタイプに泊まります。


ツインタイプ


夕食は石垣牛の炭火焼き中心のコース

ウェルカムドリンクのマンゴージュース


時計回りに上から、海ぶどう、島魚のお造り、豆腐よう、ミミガー、石垣牛のユッケ


石垣牛の握り


石垣牛のたたき ポン酢のジュレ


もずく、アーサー、島ニンジンの酢の物


石垣牛の炭火焼き


デザートの紫芋のようかん、わらび餅(黒糖、パイン、紫芋)
シークヮーサーのプリン


全部美味しく頂きました。
中でも石垣牛のたたきと紫芋のようかんが素晴らしかった。

3日目のハイドラ走行ログ


3日目はツアーの疲れもありよく眠れました。









Posted at 2017/02/23 23:52:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年02月21日 イイね!
日本最南端の旅 二日目 離島四島ツアー旅行二日目は安栄観光の離島四島ツアーを堪能しました。
一人16,800円で約8時間の行程です。

ホテルの食事を早めに取り、離島ターミナルで8時10分に受付け。8時30分の西表島行きの高速船に乗ります。


最初の訪問先は西表島(いりおもてじま)
周囲129.99km
人口2,409人
イリオモテヤマネコで有名な沖縄で二番目に大きな島です。
ツアーでは東側の一部を周ります。

西表島には約45分後に到着。
隣の桟橋に停泊中の仲間川のマングローブ遊覧船に乗り換えます。

川を上りやすいように船底が平らな平舟です。
水深30cmまで大丈夫だとか。

河口付近は幻想的な雰囲気


ムラサキサギ

河口近くで見かけました。

時々船を止めて説明してくれます。
ガイドさんのトークも面白く、ゆったりした川上りです。

川の両サイドはこんな感じのマングローブ



西表島では日本国内に自生している7種類のマングローブが全部見られるそうです。

ヒカゲヘゴ

日本最大のシダ植物


川を上り西表島最大級の「サキシマスオウノキ」を見学します。


板状の根が特徴的。見学したこの木は樹齢約400年らしい。

河口付近の旧港でバスに乗り換えて由布島(ゆぶじま)に向かいます。

バスの運転手兼ガイドさんはトークも軽快で楽しめます。
北海道から移住してきたそうです。

由布島の手前でバスを降りて水牛車で干潟を渡り由布島の植物園へ

由布島までは約10分で到着します。
水牛の気分次第で時間にバラツキがありますね。

私が乗った水牛車の牛は「ひばりちゃん」14歳のベテラン




植物園ではヤシやパパイア、蝶などを見学します。

オオゴマダラ


スジクロカバマダラ


こちらもスジクロカバマダラ


ジャコウアゲハ 尾羽の回りが白いので違う種類かも。

また水牛車で西表島に戻ります。

帰りの水牛は「裕次郎」12歳

なかなかのイケメン




西表島の走行ログ

東側のほんの一部、周り足りないか。

バスで大原港に戻り、小浜島に向かいます

小浜島(こはま)
周囲16.57km
人口670人
朝ドラ「ちゅらさん」の島です。

西表島から小浜島へは高速船で約35分で到着します。


港に停泊していたクジラの形の遊覧船(竹富島だったかも)


島に着くとマイクロバスに誘導され、ホテル「はいむるぶし」で昼飯を頂きます。


「ちゅらさん弁当」


八重山そばはセルフで食べ放題


この画像は大きく見えますが、お椀サイズで麺も細い。

シュガーロードを通りちゅらさんのロケ地を周ります。


サトウキビ

冬は糖度が高くなり収穫の時期だそうです。

こちらが「ちゅらさん」の家

私たちが座った反対の窓側で、あまり見えず。

イトマキエイ(マンタ)のオブジェがある展望台


ドラマではお見送りの港の設定だった「細崎漁港」

ここなら静かに撮影できるか

小さな島なのであっという間に回れます。

小浜島のハイドラ走行ログ


隣の竹富島に向かいます。

竹富島(たけとみ)
周囲 約9.2km
人口 963人

竹富島では、またまた水牛車に乗って赤瓦の街並みを周ります。






屋根の上のシーサーは表情がそれぞれ違うのでそれだけでも楽しめます。


五郎丸ポーズのシーサー


ガジュマルの木

精霊キジムナーが宿る木

この日乗った水牛の「アパー君」は、サボりやさん。
少し歩くと立ち止まってしまいます。後ろの「りゅう君」に追いつかれちゃう。


水牛達の相関図がありました。
アパー君ホモだし…。(左上のハート)

またまたバスに乗り島内観光

カイジ浜(星砂の浜)

10分ほど星の砂を探します。

観光客に踏み荒らされているので角が丸くなってますね。

コンドイビーチ

竹富島唯一の海水浴場で綺麗な海岸で、
キレイな白い砂浜にエメラルドグリーンの海が映えます。

左端に居た寄り添うカップルがいい感じ。

竹富島のハイドラ走行ログ


石垣島に戻りツアー終了。

8時間でハイタッチ0人、石垣島で1台だけハイドラを起動している車がいました。

夕食はホテルから5分ほど歩いた所にあった島そばのお店
「島そば一番」に入りました。


島そばを頂きます

ソーキが大きくてとっても柔らかい。

3日目は最南端の波照間島を目指します。
Posted at 2017/02/22 18:01:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年02月20日 イイね!
日本最南端の旅 一日目 石垣島-黒島日本の最南端を目指し、石垣島を拠点に八重山諸島に3泊4日の旅行にいきました。
学校の休みと重なった長女との親子二人旅です。

羽田空港を7時20分に出発して、約3時間30分で新石垣空港に到着しました。

座席から見た丸い虹


離島ターミナルまではバスで移動します。

カリー観光バス


このバスは離島ターミナルに直行していて、他のバスより10分早い約30分で離島ターミナルに到着します。

途中に今回の旅行の目的の二つ、
国道390号線の日本の国道「最南端」と「最西端」を通過します。




ハイドラの国道最南端バッジと最西端バッジ


石垣島離島ターミナルで「黒島」行きのチケットを購入

出発までの待ち時間に離島ターミナルにある「具志堅用高」のモニュメントを探します。


黒島へは高速船で向かいます。

料金 2,190円 大人(往復)

時速60kmぐらい出るそうで体感はかなり早い!
この日は波も高く、縦揺れは想像を越えてました。

約30分で黒島に到着。

この黒島は周囲12.6km 人口212人の小さな島で、人口より牛が多い島。

港近くで見たことの無い蝶を発見!
「リュウキュウアサギマダラ」沖縄では一般的な蝶らしい


港近くの「ハートランド」でレンタルサイクルを借りて島内を周ります。

雨上がりの黒島


牛たちがまったりしてます。

黒毛和牛




ジャージー牛の母子


島の中心近くにある「黒島展望台」

砦みたい。

島が一望できます。


日本の道100選「県道213号線」

ヤシの並木の景観と遮るものが少なく気持ちいい

道100選の碑

よく見ると黒島の形のハート形

伊古桟橋

昭和40年頃まで使われていた桟橋で登録有形文化財に指定されています。全長354m

ラッキーなことに誰もいない。


桟橋から島を振り返るとこんな感じ

海の上を歩いている感覚

島の南側にある仲本海岸


石を積み上げた「フズマリ展望台」


約2時間のサイクリングでした。


岸壁から下を覗くと南の島の魚がみえます


黒島の滞在は約2時間30分
石垣島に戻ります。



2泊するホテルククル

離島ターミナルに近くてとても便利

夕食は「えいこ鮮魚店」でお寿司を頂きます。

シャコガイも入り、イカが甘くて美味しかった。

山盛りの「海ぶどう」


ウツボの煮付け



見た目はグロいのですが、皮がトロトロでとっても美味しい。

国道390号線の最西端

これより西に日本の国道はありません。

ホテルに戻り地元の泡盛「請福(せいふく)」の赤30°を堪能

香りが良い。

つまみの黒糖

ファミマで100円ぐらい売ってたもの、安くて旨い

初日はここまで、少し筋肉痛です。



Posted at 2017/02/21 20:39:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
プロフィール
「ハイドラ 国道最西端がテリトリーになってた http://cvw.jp/b/1844703/39417685/
何シテル?   03/06 19:00
神奈川のババロンです。 日産ノートe-12アクシスに乗っています。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
しげるんるんさんのトヨタ エスティマハイブリッド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/17 20:26:06
旅行計画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/27 19:19:51
お友達
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
日産 ノート 日産 ノート
AXIS オーロラモーブ ■AXISを選んだ理由 専用本革シートの座り心地 ...
スバル プレオ スバル プレオ
スバル プレオ RS-Limitedに乗っていました。 ■良かった点 ○4気筒 反応が早 ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
1995年から7年間乗っていたインプレッサ4WDスポーツワゴン、雪道も良く走ってくれまし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.