車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月24日 イイね!
「コンビニは、、、あるわけないか…」

“日本一美しい村”と称するだけあって 煩雑な印象は全く無し…

極めてのどかな、たくさんの自然に囲まれた村、逆に言えば “自然しかない”と言っていい



152号に入り北上、大鹿村のメインストリート?を駆け抜け 案内看板に従い 山に分け入っていく道へ…

いきなり道幅は狭くなり 斜度も急上昇…

数週前の、、、林道で迷走した時と、、、同じ感覚?

「本当にこの道で合ってるんだよね?」と自問自答を繰り返すくらいの 閉鎖的な進路…

木漏れ日がやさしく差すが 相変わらずの曇天で やや肌寒い ひんやりとした空気…



目がくらむような傾斜地、そして いつクマやサルに出くわしてもおかしくないような山の中にも 人の営みはあるもので…

「こういう場所に生まれ育っていたら どういう人生だったんだろうな」と…

自分が住む場所も そこそこ田舎ですが もう“田舎レベル”の格が違う…

まぁ とにかく 見渡す限りの「深緑の世界」



「ホントにこの道でいいんだよね?」という疑念が増すばかりの山道を ひたすら上へ上へ…

道幅は無いのですが 対向車なんて 絶対来そうもない雰囲気…

あ、そうそう、そう言えば バイクが一台…

徳島ナンバーの大型ネイキッドを道の脇に停めて 自然の風景写真を撮ってるライダーがいた…


見る見るうちに標高が上がっていくような 鬱蒼とした山道を進むと 急に視界が開けます…

「パラグライダーのランディングポイント?」

そう言えば 来る途中の赤い橋の案内看板に パラグライダーの絵が描かれてた…

実際飛ぶところ 見たかったけど 誰もおらず…


さらに進んだ先に ファームがあり その先には…

「伝説の大池」だそうです

道からの進入路は閉ざされていて 立ち入り禁止みたい…

桟橋みたいなの、行ってみたかったけど 危険なんですかね…

水は土色に濁っていましたが…

“伝説”って言うくらいだし…

中から斧持ったビーナスキャラが出現するんとちゃいますか?

もしくは ネッシー的なやつが 息を潜めてる?



このへんからは 下界では見ないような植物が多くなってきます

シダの仲間なんでしょうけど、、、デカくて不気味、至るところに生えてる

輪になって直立した 大ムカデみたい…(表現がエグいな)


道は細いなりにも きちんと舗装はされています

ただ ヤバそうな箇所は ところどころあって…

誰かが並べたんじゃないかってくらいの 落石撒き菱トラップも…

こういう場所は 機動力のあるバイクの方が 車より絶対有利ですかね…



落石に要注意なのは分かりますが…

こんな巨大なの、注意のしようがありませんから…

落ちてきた時点で アウトですから…



「それにしても なかなかたどり着けないな、、、」と思っていると~~!




…それはまた次回のお話。 いよいよ(ようやく)クライマックス突入か?



Posted at 2017/05/25 22:47:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月24日 イイね!
大鹿村へ向けて 松川町を 小渋ダム方面へ…


ここ最近は無かったが 何度か通った事のある道…

やはりバイクで来るべきだったか、山間地への導入部は わりと爽快に走れます


歓迎の?看板…

このところ 工事の通行止めにヤラレっぱなしなので イヤな予感、、、完全にトラウマ状態。


すぐさま…

「うん、ダイジョウブそう…」 ひと安心…


~が、立て続けに…

「エッ! 発破作業? ホントにダイジョウブなの?」

これぞまさに (爆)



導入部は走りやすい、道幅のある道路が続きますが…

程なくして 小渋ダム周辺は 川沿いを走るタイトコーナーの連続…

その上 やたらと大型ダンプカーが。

もう ダンプ銀座ですわ、慣れたもので ガンガン飛ばして往来してます

狭い道で後ろにつけると 申し訳ないくらい道を譲ってくれて 先行させてくれるのですが…

そのあと かなりの確率で追い回されます(笑)

もう ハンターに狩られる 獲物になった感じ?

そんなつもりはないのかもしれないのですが…

ずっとルームミラーから消えることはなく…

ちょっと嫌な汗をかきます



のんびり行くつもりが…

非力な軽をブン回し…

持てるマニュアル車テクをフルに活用し 全開走行…

まぁ 全開と言っても たかが知れてますが…

追っかけてくるダンプ、そこそこの恐怖感…



ある程度 工事現場の入口をやり過ごすと…

再びのんびりクルージング…

青い橋を渡り…

ダム湖を眺めつつ…

切り立った山の さらに向こうに見える雪山を望み…

山あいを走るクネクネ道を 奥へ奥へ…


やがて 赤い橋が見えたところで…

ちょっとひと息…


クラッチ操作の連続で…

すでに左足がつりかけてます(泣)


すぐそばにあった観光案内…

ホント、近隣の村でも 知らなかった情報がたくさん…


~で 向かう黒川牧場は…

デカい案内地図の左上の端っこの方…

「まだまだ先は長いの?これ…」


だんだんと 川の流れが細くなってまいりました…

とりあえず 大鹿村には突入し 152号線までは “もうちょい”ってところですかね…



・・・またまた 次回に続く


Posted at 2017/05/24 21:37:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月24日 イイね!
以前、近隣の村に そのような場所があることは知らされていました…

Bennie2019さんが行った 『天空の池』(勝手にリンク、スイマセン。)

先日のブログを見させてもらい 見事な絶景写真を目の当たりにしちゃったら 「もうこれ、行くしかないでしょ。」って。



~とは言え 仕事が休みの今日、天気は下り坂の予報…

記事やコメントから察するに オンロード車では無理そう…

田舎者ですからね、、、数キロ程度なら 歩くのも苦ではないのですが…

どっちにしても 天気が不安…



~ってことで…

グラトラでも D-トラでもなく…

「 K-トラ 」

ま、いわゆる 軽トラックですね、ハイゼットの登場っス。


普段自分が乗るアルト・チープス(最下級グレードにつき ワークスに対抗して そう呼んでます)には 純正の安っぽいCDプレーヤーしかついてないのですが…

農作業用のコイツには なぜか ナビやらステレオやら充実装備…

時々 運転席のシートがレカロに替わる、もはや どこに向かっているのか意味不明な自家用軽トラです



これならね、、、悪路走破性能が高いし 雨が降ってもおかまいなし。

↑この4WD切り替えスイッチと…

さらには…

↑この デフロックスイッチ…

あとは↓このレバーをちょちょいとやるだけで…

林道、山道なんのその、完全無欠の最強マシンになるのであります

その代わり 手動クルクルウインド&エアコン無しですけどね~(無欠じゃないじゃん)

一年のうちの わずか数日間だけ雪道を走ることを想定して選択した アルトの“生活四駆”とは 訳が違うのだよ…



そんなわけで バイクではなく 軽トラで いざ大鹿村方面へ…

途中 ピンクナンバーのオフ車が…

「こういうの、1台あったらな~、やっぱり オフ車欲しい…」



目的地は お隣りの村ですが 近いと言えば近いし 遠いと言えば遠い…

「たぶん あのへん(矢印)かな、、、まぁ のんびり行きましょ。」


またがると やる気スイッチを入れざるを得ない ZやNSRと違い…

軽トラなんで、基本 踏んでも ビビるほど加速はしませんし…

とりあえず 雲の様子を伺いながら 天竜川を渡り 山の方へ向かって進んで行きま~す





~ってことで 軽トラツーリングは 次回へ続く…


Posted at 2017/05/24 19:38:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月14日 イイね!
身体は疲れているはずなのに…

短時間睡眠でも スッキリ爽快に起きれるものですね、バイクで出かける朝って。




前日の雨はあがったものの 路面は乾き切っておらず…

クルマで行くか、バイクで行くか、もちろん答えは最初から決まってたんですけどね~




まさかまさかの“日曜日休み”が取れまして、、、仕事柄 滅多にないことです

ちょうどいいタイミングで 大変お世話になってた 地元の社会人サッカーチームの県リーグ第1戦開催日…

「そりゃもう 応援、行くしかないでしょ!」ってことで 朝イチで給油し出発…


試合会場は 長野県の東部…

例えて言うなら…

縦長の長方形をイメージしていただいて…

自分の住む南部を左下のカドとするなら 対角線上を進み 右上のカドに向かう感じ

長野県からは 一歩も外へは出ないのですが まあまあ遠いという感覚…

それなりに時間に余裕を持って 早めのスタート、いつものごとく シタ道を行きます



天気予報では 日中暑くなるということだったので 夏寄りの装備…

ところが空は 前日の雨雲を引きずっているかのような 灰色の厚い雲が覆い尽くしてる

「新たな“雨男伝説” 作っちゃうのかな、これ、、、」

走っている時は 震えるほど寒いし 一向に晴れる気配無し…

「ウエアの選択、完全に間違ったな、こりゃ、、、」




先ほどイメージしてもらった長方形の中心点あたりが 標高が高く…

ひと山越えるころには ようやく青空も広がってきて どうやら雨は無さそう…

女性のソロライダーが多く出現するらしい、という情報を 秘かに入手していた場所に到達するも…

「・・・ひとりも いませんがな。」

ですよね、世の中そんなに甘くはない、分かってますとも。


この地点から先は 過去に数回しか訪れたことがなく…

時間とか、経路とか、距離感とか、、、ほぼ未知数…

「果たしてキックオフの時間までに間に合うのか?」

どうにもギリギリっぽかったので ペースアップ…



ナビという利器を拒絶するワタクシ…

どこをどう通ってたどり着いたのか…

会場をスルーし 行き過ぎてしまうハプニングもありましたが 何とか試合開始時刻に到着…

駐車スペースにバイクを停めていると 視線の先から 見覚えのあるバイクが1台…

みん友の たけおじさん 登場。(試合会場の隣り町在住)

前日、「そちら方面に乗り込みますわ!」と宣戦布告したら 「飛んで火にいる夏の虫じゃ、ボケ!」と応戦してくださいました(笑)


思わぬ形で…

たけおじさんはげおじさん 』が実現、そしてサッカー観戦…

気さくにいろいろと話してもらい…(楽)

いやね、いきがかり上 何度もディスりまくっていたので…

ボコボコにされるかと思ってましたが…

シャレの分かる、冗談の通じる、ノリのいい人で良かったっス。



応援しに来たチームは 見事なまでの惨敗となってしまいましたが…

最近仲間内で ちょっとした名所となりつつあるクネクネ道を ひとっ走りし 敗戦ショックは払拭…

路面には 道沿いの木から散り落ちた 花のガクが積もってて…

え? 滑りそうで怖いから ペース抑え目???

こっちは まぁまぁ本気モードでしたけどぉ~!



後ろを走ってて 自分のとは全く違う排気音…

実際そういうのを見聞きしちゃうとね、“純正維持派”の看板も グラグラ揺らぐってもんです



短い時間ではありましたが そこで解散し 自分は帰路に…

また知らない道へ迷い込まないよう 復路はベタな主要国道を選択…

これがまた選択ミスで 渋滞に次ぐ渋滞…

ホント、このところ 行動が裏目に出ることが多いような気がする



長方形の右下のカドへ 再び戻る途中…

わりとまだ新しい道の駅に立ち寄り 睡魔退散のストレッチ…

施設内を見て回ると そこには…

お祭り屋台の金魚か!ってツッコみたくなるような扱いの 錦鯉の稚魚が売られてて…

あまりにも簡素な そのパッケージングに 軽く 切なさすら感じましたとさ。



そんなこんなで 試合応援兼 久しぶりのサンデーツーリングは終了…

家族を放置して? わざわざ時間を作ってくれた たけさんには感謝です

昼メシの心配をしてくれたり 帰りのルートを事細かに教えてくれたり…

バイク仲間とは 本当にありがたいものです



そしてまた はげおじさんは…

明日も あさっても…

銀杏と百合根が入った 茶碗蒸しを せっせと作るのであります

・・・肝心の干し椎茸が入ってないけどね m(__)m


Posted at 2017/05/16 22:51:06 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月08日 イイね!
連休明けの憂鬱な月曜日、、、大多数の方は そうではないかと…

こちらはやっとひと息つけれる感じですかね、これから少しの間 ヒマになります


通勤ラッシュをかいくぐり 伊那谷の 天竜川を挟んだ対面方面へ…

山の中に 突然 新しい道ができてたり…

たまにしか来ないと 地元と言えど 浦島太郎状態です…


溜りに溜まったモヤモヤを発散すべく クネクネ道を満喫するつもりだったのですが…

おとなしく街道を進めばいいものの ついつい脇道へ…

走ったことがない道や 知らない道があると どうにもそちらへ進みたくなる衝動…


・・・で、気付いたら 「なぜオレはココに???」な 山奥の林道…

迷い込んだみたいで 「方向さえ間違えなければ そのうちどこかに出れるでしょ。」と進み続けたら とんでもないところまで来てしまいました…


100%、いや 200% 対向車も来ないような場所だったので…

調子こいて トンネル出口で記念撮影?


いたるところに 『落石注意』の警告がある通り…

道に砂は浮きまくりだし…


まあまあデカめの石がゴロゴロ…

中には 「こんなのが降ってきて直撃したら 間違いなく逝くな、、、」ってくらいの もはや“石”ではなく “岩”が道の真ん中に転がっているところも…


進めど進めど出口は見えず…

終いには こんな看板が…↓

「電波が、、、ここしか届かないってこと?」

みなさんは こんな案内看板、見たことありますか? もちろんありませんよね…


ひとしきり登って 下り道に差し掛かったので 峠は越したかと安堵した瞬間…

・・・舗装が途切れてた。

そこから先は デコボコ未舗装路…

オフ車ならね、、、ウホウホ言いながら突入するんですけど…

「これ以上はもうムリ。」

情けなくも 危険な目に遭いながら やっとの思いで登って来た道を 仕方なく下って引き返します


上りより 下りの方が怖いもので…

リアを浮き砂で滑らせながら ビビリ徐行…

途中 目の前を あざ笑うかのように キジが“欽ちゃん走り”で横切っていったり…

小枝が転がってると思ったら ヘビだったり…

それはもう “野生の王国”って感じですわ。


文章で表すと この程度が精一杯ですが…

マジで ちょっとヤバかったっス…

「もう二度とそこへ行くことはない。」(断言)



そもそも 何でそんなことになってしまったのか…

そうです、この看板…

「何で今日から工事やねん、タイミング 悪過ぎるわ!」

ここでUターンすれば 山の中を1時間もさまようこともなかったのよね…

「山口平」と記された方へ進んだのが 運の尽きでした、後になって考えると。

意固地にならずに、、、いい加減導入しますか、、、ナビ。



まぁ 迷ったら迷ったで 何かしらの発見はあるもので…

「ハコスカ? GT-R??」

あまり詳しくはありませんが…

往年の 誉れ高き名車ですよね?

ボロボロで 動かしているような気配はありませんでしたが…

ちゃんとナンバーもついてるし…

マニアには ヨダレが出るような物件なんでしょうね、きっと。

こういうのを キレイにレストアする技術があればね~

相当なシロモノに化けるんじゃないかと考えます


とんでもない山道をさまよったせいで…

こんなことになってました…

最近多いような気が、、、この角度の汚画像…

洗っても洗っても すぐに泥まみれ、オマエはわんぱく小僧か!


お気に入りの “ブタっ鼻”(ナンバー灯カバー)も…

悲しいことになっちゃってます、半泣きです…


気を取り直して…

本来 向かうべく予定していた 隣りの県のダム方向へ…

頭の中で 充分地図を理解し把握し 快調に、そして ワクワクしながら進むと…

その道も、、、通行止め。

「ウソだろ、、、」

ちょうど同じタイミングで 別方向からやってきた ZX-6Rさんとふたりで…

「これは ダメみたいですね、、、」と言葉を交わし…

その方に 別のルートを教えてもらいましたが 相応の荒れた山道らしい…


もう 通行止めは懲り懲り、そこで心折れまして…

またまた来た道を引き返し 山あいの温泉施設でブレイク…

案内地図を眺めて 次の目的地を考えたけど…

意気消沈、そのままワインディングを楽しんで 帰ることに…




モヤモヤを晴らしに来たつもりが 逆にモヤモヤが募るような結果になり…

“せめて帰りは小気味よく”と いつもよりかは攻めの走り…

↑ここ、「恐怖のヘアピン」と名付けています


崖につき出したような キツいカーブになっていて…

上りはまだいいのですが 下りは ブレーキングをミスったら アウトでしょ…

その部分だけ ガードレールが 他の部分より新しくなっているのが さらなる恐怖感を煽ります…

「以前 誰か突っ込んだ、ってことじゃないよね?」


恐る恐るガードレールから下を覗くと…

見なきゃよかった、、、「この区間、これからは 超安全運転で。」


毎度のことながら…

すごく攻めて すごく倒したつもりでも…

タイヤを見れば 一目瞭然…


右側に至っては 全然。 そりゃもうキレイな状態で…

しっかりキープしてます、新品状態。

右コーナーは特に ビビッて腰が引けてるので 当然と言えば当然…

もう これ以上は 自分の持つテクでは どうにもなりません…



終盤は おとなしく流して 自宅へ帰還…

天竜川を挟んで 伊那谷の反対側に戻ってきたわけですが…

今日 自分が走ったであろう方向を眺めてみる(たぶん 画像の中心付近の山の中をさまよってた)


遠くに見える 白い塔のようなもの…

そのすぐ近くを走ったので 間違いないかと…



さんざん迷って(自業自得) 目的も果たせない結果となりましたが…

それはまた次回への宿題ということで…

もうちょい予習してから 再挑戦してみたいと思います…


最後に、、、やっぱりナビは使うべき???


Posted at 2017/05/15 14:20:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@おさる丸さん、調整つかず 参加できませんでしたが お気をつけて~

みなさんに よろしくお伝えください」
何シテル?   04/16 12:43
kiyofumiです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
kiyofumi's daily report 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 12:11:50
 
お友達
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ NSR250R SP ホンダ NSR250R SP
だいぶヘタってきましたが 大切に乗ってます
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
2輪人生の原点、まだまだ現役!
カワサキ Z1000 カワサキ Z1000
ホーネット以来のネイキッド… 今後 長い付き合いになりそうです
カワサキ ZZR1400 カワサキ ZZR1400
4年半、およそ25,000kmの距離を共にしました 部品取り車にならず 次のオーナーにか ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.