• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kiyofumiのブログ一覧

2017年06月15日 イイね!

ナビ導入?

週休2日半ペースの さほど忙しくない毎日…

この反動が来る来月以降が ちょっと恐ろしいような気はしますが…

ま、それはそれで しっかり休んだ分 がんばらないとね~




いつものごとく 特に目的もなく 山の上の方まで…

マンネリ気味で 刺激に欠けますが とりあえず走りながら どこへ行こうか考える…

決め手もなく 時間を持て余したので いつもより足を伸ばし 愛知方面まで…


稲武の道の駅で…

新型Ninja登場~、カッコいいっスね~。

マフラーはおそろいでっせ。



茶臼山高原道路からの、、、矢作ダム…

小刻みに切り返すクネクネが たまらんです、超楽しいっス。


堤頂道路は工事中でした

ライダーも 自分の他に ひとりいただけで 静かでのどかな雰囲気…

今回で2回目の矢作ダム…

前回は 岐阜側?赤い鉄橋から進入して 同じ道を帰ったので…

今回は ダム下流側、愛知方面に下ってみようと…

「少し走れば R153に出るでしょ。」くらいに考えて 川沿いを流していったのですが…

いつのまにか 豊田市の中心市街地の一歩手前くらいにまで到達してて…

「ここまで来たなら 行くしかないでしょ。」と 日進市のしゃぼん玉へ向かうことに…



いつも走る定番ルートを行くと 交通量も多いし おもしろみに欠ける…

ここでひと思案、、、「そうだ、ナビってみよう」

拒否し続けているスマホナビを試しに利用して 案内されるがまま進んでみようと…

以前 みん友さんに教えてもらった 音声だけのナビ、挑戦してみます


音楽を聞くために持ってたヘッドフォンがあったので 耳に突っ込み、、、いざ…

導き出された最短ルートを まんま受け入れて 全然知らない道へと…

ハイ、難なく到着~。

ナビが無かったら たぶん一生通らなかったであろう高級住宅街や…

ハイソサイエティな香り漂う 学園都市っぽいところを通過し…

迷うことなくすんなりと。


ただ 音声だけだと 多少 ズレのような 認識の相違のような事象は起こり得る…

視覚としても 行く先が認識できる方が やっぱ安心と言えば安心ですかね…

それでも 音声だけでも 慣れればいい感じに使いこなせそうな感触はつかめたかと…

積極的に使ってみようかな、、、時と場合にもよるけど。



さてさて 1年ぶりくらい?のしゃぼん玉…

屋外には…

↑こんなのや…


↓こんなのが…

どうしても真っ先に フルカウルのレーシーなバイクに目が行ってしまうのは…


↓この手のバイクが大人気だった頃に 二輪に興味を持ったからですかね…

さすがに古さや時代を感じますが…

憧れる気持ちは 当時と何ら変わりないです



弟分の250…

やっぱり 緑よりオレンジが好きかも…


数ある中で 一番気になったのは…

↑ん~、やっぱりコイツですかね…

気負わず気楽に乗れるマシンが欲しい…


その後 店内をぐるっと見て回り 気になるアイテムはチェックしたけど…

結局買うまでには至らず…

欲しいものはあるんですけどね、、、もうちょい下調べしてからということで。



「帰りもナビを使って知らない道を、、、」と企んでたのですが…

スマホのバッテリー、終了。(バイクにUSB電源はナシ。)

いつもの、方向感覚と案内看板を頼りに走る “野生の勘スタイル”に戻します



頼らなければ それはそれで 何とかなるもので…

憶えのある道に突き当たり…

「瀬戸しなの」の道の駅でブレイク…

この時 すぐ隣りに停まってたヤマハSR…

至るところにサビが回った だいぶくたびれた外観の車両…

バッテリーカバーが サラダオイルの角缶(最近あまり見ない)をうまくはめ込んでて笑ろた。

でもその いかにも取って付けたような見た目が 意外と“有り”だった…

錆びた車体と 妙にマッチしてて 手作り感満載。



363から257へ進み…

福寿の里で休憩。


木製の、マガジンラック風の箱?小物入れ?

いろんな動物を模ってて…

カバにライオン…


イヌと…

鳥…


次は…

ネコ…


そして…

サル…


最後は 牛と…

ネズミじゃないし、、、カピバラ?

おなかの部分に 逆アーチ形のスリット…

あ、そうか、カンガルーね。

どれも シンプルかつ的確に その動物の特徴を捉えていて 感心しきり…



そう言えば 先日修復したタイヤのパンク痕は…

不具合なく きっちり穴を塞いでくれているみたいです、今のところ。



結局何が目的だったのかは不明確な ダラダラと走らせてしまった一日となりましたが…

ナビの件は収獲でした…



頼りになることを 今さらながら実感したスマホですが…

もう結構長いこと使ってる機種なので あっという間にバッテリーが底をついてしまいます…

で、とりあえずの電源確保に コンビニで 乾電池から充電するタイプのチャージャーを買うのですが…

次回 それを持参することを 忘れるので…

その都度 買うことになってしまい…

手持ちが3つも…

ひとつは バイクのシート下に常備しておいた方が良さそうですね…

このままじゃ 買い足し買い足しで、、、無限増殖っス。

つか、スマホを新しくするか USB端子を付けろ!って話ですよね…

・・・ひねくれ者で スイマセン。


Posted at 2017/06/27 13:01:10 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月12日 イイね!

映像

先日 ツーリングに行ったZ1043@kumoさんから連絡…

奥多摩を走った時に撮影してくれた動画をDVDにしてくれたとのことで…

お互いの居住地の中間点あたりで落ち合い…

例の、ソースかつ丼が有名な店で昼メシ…


恥ずかしながら 初体験っス…

ここを目的地にツーリングに訪れるライダーも多いかと思いますが これまで機会がなく…

わりと近いということ、「カツ丼は卵とじに決まってんじゃん」というヘンなこだわり、あと 職業柄 自分でも そこそこおいしいソースかつ丼は作れるという 根拠のない自信?

~理由としては そんなところでしょうか…

正直なところをゲロしますと…

“めちゃくちゃ食ってみたかった”という、、、何ともひねくれたヤツっす

ホタテを直火で焼いて パカッてなったみたいな状態…

半開きのフタがのっかって お出まし…

パッと見の驚きと期待を演出する方法としては お見事!と言うしかないです

料理人的見地で客観視するなら できる限り熱い状態で提供したいので 内容量に器を合わせて きちんと、しっかりフタができる丼を 間違いなく選びますが…

いい意味でのウケ狙い的な、エンターテイメントとも取れるボリューム演出は 計算あってのものではないかと…

まぁ、そんなうがった見方は強制排除、噂通りのおいしい一品でした

遠くからわざわざ繰り返し来てしまう理由も 平日の昼からウエイティングの列ができる理由も よく分かるような気がします


話をバイクに戻しまして…

kumoさんのZ、マフラーガードにガリ傷…

固定するボルトも削れてる…

一緒に走った時 後ろから見て バンク角の深さは承知してましたが 自分には ここまで攻めれません…



今回は近距離だったこともあり NSRで…

行程のほとんどが 街乗り&平坦な道ではありましたが 交換後 まだ皮むきができていないタイヤを慣らすためには ちょうどよかったです(相変わらず 両端は使えてませんが)



戻って 自分のZを確認…

もちろん 見ずとも分かってます…

削れてませ~~~~ん!

比較するまでもないですね~



ツーリングでは だいぶ気を遣わせてしまいましたが…

これまた DVD、データファイルと共に 手土産まで…

「ほんま、エエ人や、、、」



さっそく再生してみると…

ブレなく とてもキレイに録れてました~

いかんせん、走りが…

やっぱりバイクが全然ねてない…

上手い人たちと どこがどう違うのかが明確に判るので これはいい研究材料になります

そうですね、動画としてアップするのは、、、お粗末なのでやめときます(笑)


青ヘルで 頭はアオレンジャー、胴は黄色のキレンジャー、バイクは緑でミドレンジャー…

方向性に統一感が無いのも 長年抱える問題点かも。


重ね重ね、kumoさんには 良くしてもらって感謝です、ありがとうございました~


Posted at 2017/06/21 20:33:36 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月06日 イイね!

よく聞く あの場所へ 行ってみよう 後編

往路は道に迷ったので…

帰りはおとなしく 幹線国道を帰ろうと 151へ…



流れに任せて走っていると 赤いノボリがたくさん立っている石段が目に入り…

気になったので 引き返してみると 神社への参道のよう…

↑目線の高さで こんな感じ…


斜め上に視線を上げると…

「マジか、でも 行ってみるしかないでしょ、せっかくだし。」

最初は 軽やかなステップで登り始めたのですが…

早々に息が切れ モモが上がらなくなってくる…

こういう時 加齢を実感します、マジで。

「アレアレ、、、オレって こんなに体力無かったっけ?」


ヒーヒー言いながら?登り切ると 意外と質素な神社が。(←神をも恐れぬ暴言)

最近、と言うか このところずっと、いや、人生のほとんどが “ついてない”ので…

もちろんきっちり お参りはさせていただきました

大器晩成、これからは ラッキーに次ぐラッキーの連続です、たぶん。(神頼みな人生観、、、)

年季の入った石段を下っていく時 数えてみたんですが、、、200段弱。

登るのもしんどいなら 下るのもしんどい? ヒザがね、じじいですわ。



再びバイクにまたがり 長野へ向かって北上…

何度も言いますが、、、151号なら 居眠りしながらでも帰れますから、楽勝っス。


程なくして 名号という地籍に差し掛かり…

ふと見ると 「三遠南信道路」の案内看板…

世間知らずと言いますか、知識が浅いと言いますか…

「もしかして こっちに進めば 帰路方面にちょっとワープできる?」

「確か 151で 新しくバイパスができたとか、、、よく分からんけど 行っちゃえ!」

結果としましては…

よく知りもしない道へ 下調べもナビも無しに進むもんじゃありません…

ええ、分かってますとも、散々それで 墓穴掘ってること。

でも、ついつい、、、行ってみたくなっちゃうんですよね~


その道に進んですぐ…

気付きました、全然違う方向に進んでいること…

でも 造りが 自動車専用道路なので…

Uターンもできず…

ただただ 間違いを承知で進むのみ…


終点?らしきところまで行って 一般道に降りたら 見覚えはある景色…

笑っちゃうくらい引き戻されて…

ぐるっと一周、まさに 今さっき通ったばかりの場所を もう一回走って行くという バカ丸出しの“ふりだしに戻る”的な展開…

三遠南信道路、愛知側の工事は結構進んでて 一部区間無料で通行できるようになってること、全然知りませんでした(恥)


まぁ、ここも前向きに…

“浜松方面に出かける時の いいショートカットの道を知った”ということで。


あと、鳳来三河の道の駅で ホンダのX-ADVを初めて実車拝見…

とどのつまり、こういう イージーでオールラウンドなバイクが “行き付く先”なのではないでしょうか…

正直、「次はコレかな」と 真剣に。



さてさて、再び先ほどの石段の神社の前を通過し 間違って進入した三遠南信道の入口を 半笑いでやり過ごし…

もう脇道に逸れることなく 151を北上…

途中、トンネルを含むバイパス区間が 新設されていました…

自分がうろ覚えだった 151のバイパス変更地点は どうやらココのようでした…


ちょいと コーヒーブレイク…

色がおそろい、おフランスのライムグリーン?



晴天予報に反して 終始雲がかかる一日でしたが…

暑くもなく、寒くもなく…

バイクで出かけるなら むしろ絶好の日和と言う感じでした…

また三河方面行くことがあったら 行っちゃうと思います、本宮山スカイライン。


Posted at 2017/06/19 14:26:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月06日 イイね!

よく聞く あの場所へ 行ってみよう 前編

たびたび聞く 「本宮山スカイライン」 まで…

そうです、話には聞くものの 未だ走りに行ったことがなく…

めちゃくちゃ遠いというわけでもないに 機会がありませんでした




いつものごとく ナビは拒否、おおよその地図をアタマに描いて 方向感覚と地名を頼りに向かいますが…

だいぶ近づいてきたんじゃないかな、ってところで 通行止めとかあったりして…

このところ“お約束”の山道へ 今回も迷い込んでいきます

便利なツールがあるんだから 「使えばいいじゃん」って話ですが。




進むごとに 細くなっていく道…

あまり人を見かけない里山の集落のような場所を通り抜ける途中 最近あまり見ない郵便ポスト…

すごく懐かしい感じ…



間違いなく 目的地に近づいてはいるようですが…

その道で合っているのかどうかさえ よく分からないまま先へ先へ…

地名が 人の姓名みたい、、、“作手さんちの守義さん”みたいな。



もう すっかり慣れてきました この景色…

バイクに乗って出かけるたびに 鬱蒼とした杉林を彷徨ってるような気がする…



なんだかんだ迷いながら 作手の道の駅に到着…

自分でも どこをどう走ってきたのか、ルートの再検証は不能…



ここまでくれば 本宮山スカイラインは 目と鼻の先…

案内看板もあるので 間違えようがないです



ところがところが…

あとから見れば なぜこんな分かりやすいスカイラインへの入口を見過ごしたのか 自分でもアホらしく思えるのですが…

曲がらなきゃいけないところを 直進…

「スカイラインって言うほど景色も良くないし、、、」

間違った道を進んでいることに気付いたのは だいぶ走ってからでした(恥)

でも それはそれで ツーリングの楽しさの一部…

狭くて 小刻みにターンを繰り返す荒れた舗装路、なかなかスリリングでした



ところどころ 景色のいい場所はあって…

「迷うのも悪くはないな。」という気分にさせてくれます(オトナでしょ?)



急な山の斜面では 間伐作業でしょうか…

不安定な足元をものともせず 仕事に勤しむ人たちが…

遠目に見ても 相当大変そうな作業に見えますが…

なんか ちょっと カッコよかったっス



ホント、何で見落として通過しちゃったのか、やっと本来の目的のスカイラインへ…

山頂らしき場所まで快走…

無知で 調べることすらしていませんが…

霊験あらたかな神社っぽい雰囲気…

平日だからか バイクはほとんど見かけず…



周囲には…

あっちにも、こっちにも…


アンテナ塔が乱立してる…

地下に なんか 秘密の情報機関でもあるんじゃねーの?ってくらい…

それぞれ目的があって それぞれの用途で建てられているんでしょうけど…

「こんなにいります?」って感じ?


アホなので どれかひとつに登ってみたいという衝動に駆られますが…

もちろん、たぶん、間違いなく、、、そういう 展望タワー的なものではないと思います、絶対に。



軽く休憩したあと 反対側の終点まで下り 帰路へ…

「本宮山スカイライン」 道幅もあって 景色も良く 程よくアップダウンもあり いい道でした



そのまますんなり帰れないのは いつものことで…

その様子は また次回…



Posted at 2017/06/18 13:49:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月05日 イイね!

天誅じゃ。

中一日で 仕事 休み。

この時期 谷間で…

7月から また繁忙期に入るので 休める時に休んで リフレッシュしときましょ。



~ということで 休みの日は 目覚めがいい…

さっそくひとっ走り、と車庫からZ1000を引き出します

「あれ? 何か クソ重いんスけど、、、」

直感的に、即原因は想像がつきましたが…

とりあえず ニュートラルに入っているか確認→間違いない。

となると その後の展開は想像通り…

バイクの後ろにまわって、、、リアタイヤを蹴ってみる

「ベコッ、、、」

「あ~ やっぱり、そうきましたか、、、」

まるで張りがなく 明らかに抜けてます、エアが。





“ パンク ”

大昔、一度だけ経験はありますが…

「まさか、、、ウソでしょ…」って感じ。




トレッド面を確認していくと…

ありましたがな、それらしきモノが。

クギ? 見事に突き刺さってます

ご覧の通り タイヤが汚いことになってまして…

このところ 雑な扱いをした天罰ですかね…

まぁ とりあえず「しゃ~ないな。」と笑っときます




すぐさま補修したいところでしたが まだ朝早かったので…

どうすることもできず、、、放置。(このバチアタリが!)

仕方がないので? NSRでいつもの道の駅まで…

ちょうどいい機会です、たまにはコイツにも 峠を満喫させてやらないと…

思わぬ形での出撃となりましたが…

不思議なもので NSRにまたがると 自然と“なんちゃってレーサー”に早変わり…

メンタルは すぐ20代に若返れますが 乗って10分もしないうちに 50手前のフィジカルが 現実とともに押し寄せてきます…

首と手首への負担が 地味にしんどい…

言わずもがな 「下半身でホールドして 上半身は脱力、もっと伏せて前傾しなはれ!」と マシンに教えられているようで…

これまた 笑うしかないのであります


それでも 深いコーナーで アウト側のヒジとヒザが当たったりすると…

「なんかオレ、今日、めっちゃ乗れてるやん、すげぇーイケてるんちゃう?」と 我ながら見事なまでの 錯覚に陥っていきます


所詮 錯覚は錯覚、自己満足できればそれで良し、ってことで…

程よい時間になったところで 巨摩郡気取りで山を下り 白煙をなびかせながら帰還…



~で、、、待たせてゴメン、の 補修タイム…

↑ホームセンターで買ってきた “パンクを修理するやーつ”

「これでダメなら 潔くタイヤ交換。」と腹をくくって 憎きクギらしきものに立ち向かいます


なかなか抜けなくて グリグリやっちゃったので 周辺が傷ついてしまいましたが…

「摘出手術、無事成功しましたよ、Zさん。」

出てきたのは ビス? しかも 先っちょが刃になった ドリルビス…

皿の部分が削れちゃって無いのは 刺さった状態で 結構な距離 走ってたってこと???


プラグ式とやらのキリで浣腸し…

ガイドの筒を差し込み…


ゴム片の坐薬をねじ込みます

ガイドを引き抜くと…

「思ったよりも 飛び出てる部分が多いけど、、、ちゃんと入ってんのかな、これ?」

多少の不安は残しつつ…

「とりあえずこれで様子見ますか、、、」 実に楽観的。


飛び出た部分を切って 補修完了?

肛門、キレイに塞いでやりましたわ、出べそみたいになっちゃったけどね。(下品)

説明書によると 走行による摩擦熱で タイヤが暖まってくると 一体化するらしい…


20~30分後に 空気を入れてください、とのことで…

その間に 念入りにチェーン掃除、、、だいぶ汚れてました


そして しっかりくっついていることを願って エア~イン!!

規定値まで入れて 空気圧チェックしたけど 漏れてる様子は無し…

あとは また抜けてこないことを祈るのみ?


ついでに 雑に扱ってた詫びの意味も込めまして、、、洗車。

いつもは「またすぐ汚れるから、、、」とスルーしちゃうところまで洗ってやって 修理完了。


洗車中 のぞいたら…

今まで気付かなかったけど、、、ホーンが錆びてた…(恥)

「ビッビ~~!」(←自分への警告音)



Posted at 2017/06/14 20:25:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「YAEH!推進部のメンバーのみなさん、掲示板の自己紹介乙スレに書き込みましたが 救済措置 お願いしたいです(T_T)」
何シテル?   09/20 23:58
kiyofumiです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

57 人のお友達がいます
シ ン ヤシ ン ヤ もよろもよろ
kai46kai46 ISAO♪ISAO♪
ZAZIZAZI Bennie2019Bennie2019

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ NSR250R SP ホンダ NSR250R SP
だいぶヘタってきましたが 大切に乗ってます
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
2輪人生の原点、まだまだ現役!
カワサキ Z1000 カワサキ Z1000
ホーネット以来のネイキッド… 今後 長い付き合いになりそうです
カワサキ ZZR1400 カワサキ ZZR1400
4年半、およそ25,000kmの距離を共にしました 部品取り車にならず 次のオーナーにか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる