• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だっく916のブログ一覧

2018年02月17日 イイね!

続・初LED基板作成

続・初LED基板作成はじめに。

今回のブログで完成予定でしたが、
時間があまり取れなかったので完成させる事が出来ませんでした。(汗)

前回に引き続き、現状で出来ている部分まで投稿します。


前回のブログで、アドバイス頂いた事を活かしつつ、作業します。

LEDの個数は16個に決定しましたので配列を代えてみます。

前回ブログの案1


一番下の段を4個にしてみます。

下の段が基板の端、ギリギリになってしまいました。

その後、色々と試してみて


この配列にする事にしました。


基板にミラーシートを貼り直して
LEDをハンダ付けする部分のミラーシートを切り取り作業。


出来ました。(^-^)

使用するLEDは

「FLUX LED」と言う物で


4本足です。
(2本がプラス、2本がマイナス配線)


さぁ、遂にハンダ作業開始です。

うちの作業台

小型テーブルの上にDUCATIのランチョンマットを敷いてます。
(描かれているバイクはパニガーレだと思われます。)

ハンダセット一式。
ハンダゴテ、ハンダ、ハンダ吸引機、ピンセットの4点


ジュッ(ハンダ作業音)


残り1個になりました。

最初にハンダ作業した部分、

ちょっと失敗しました。(汗)

ハンダゴテを当て過ぎた為、ミラーシートが熱でシワシワになりました。

使用している基板が、

凄く薄い基板なので、熱が伝わりやすいのですよね。

ただ、失敗したお陰で、
一回でハンダゴテを当てる制限時間が5秒以内ということが判明しました。
(5秒以上、当てていると熱でミラーシートが変形するみたいです。)

上記の教訓を活かして
残りLEDのハンダ付け作業は素早く行いました。


ちょっと失敗しましたが、このまま進めます。

「自作品の味が出た」と、いう物ですよ。(言い訳(笑))



最後の1個もハンダ作業して、

基板表面は出来ました。(^-^)


ここから基板の裏面です。

LED取付後の基板裏面は

こんな感じ。


詳しくは次回のブログで説明しますが、
今回、作成のLEDは基板上に「1ユニットで4個」が「4配列」で作成するので、

こんな感じで配線作業します。
(赤色のライン1本が1ユニットです。)

基板を裏返すと

こんな感じ。
(黄色の四角がLEDで左側上下がプラス、右側上下がマイナスになります。)

ここで、
1ユニット内のLED4個を繋ぐ作業。

前回、アドバイス頂きました方法で繋ぎます。

使用するのは

抵抗の不要になった足部分。
(同じ様な足と言うことで、参考で整流ダイオードを写してます)

ハンダ作業して、

こんな感じでブリッジさせます。
左側LEDのマイナスと右側LEDのプラスを繋ぐ感じ。


この配線図を元に、配線すると


こんな感じになりました。


現状で出来ているのはここまでです。(汗)

次回には完成予定ですので、次回休日までお待ちください。m(_ _)m



ちなみに、
あとは「抵抗の取付」と、「プラス、マイナス配線」と、「電源供給ソケット用配線」だけです。
Posted at 2018/02/17 22:01:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | LED作成 | 日記
2018年02月14日 イイね!

初LED基板 作成中

初LED基板 作成中以前のブログで書きましたが、

だっくはサムネ画像のS2000LEDテールランプみたいに
LEDを作成出来る様になりたいと。色々勉強してました。

今回、初めての実践です。

まだ完成していないので
作成出来た部分まで投稿します。


数日前、LED基板作成用に
LEDを専門に販売しているネットショップでポチポチッと購入しました。


まず、
現車合わせで、厚紙を使用して切り抜きたい大きさの型を取って

こちらの基板を切り抜くと、


こんな感じに。

この基板にLEDのチップをハンダ付けするのですが、
搭載するLED数を基板のバランスを確認しながら決定します。


最大で

33個取付ける事は出来ますが、
基板の余白部分が小さくなって、車両への装着が困難(両面テープの貼付け場所が無くなるので。)になりますので、ある程度の余白部分を確保する事にします。



案1

16個

光らせると隙間が目立つかな?と、思ったのでこちらの案は却下。



案2

24個

余白部分もあるし、上手く敷き詰める事が出来ました。
こちらの案で進める事にします。


基板は黒色なので、

「ミラーシート」
こちらを貼ってリフレクターと色を合わせます。



綺麗に貼れました。(^-^)


このミラーシート、若干ですが通電するらしいので
そのままLEDをハンダ付けするとショートする可能性があります。

なので、
LEDを取付ける部分は

切り取っておきました。


現状で、ここまでしか進んでません(汗)

次回の休日にはハンダ付けして完成させます。

上手く点灯するのでしょうか?
今からドキドキです。




ところで、
このLED基板、何の車両の何処の部分でしょう?

ヒントは、LEDを試しに載せている「案1」と「案2」の基板の形が違うところです。



ネタバレするのでカテゴリは「LED作成」にしていますが、
次回ブログ投稿時には完成していますので正式なカテゴリへ変更します。
Posted at 2018/02/14 11:42:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | LED作成 | 日記
2018年02月03日 イイね!

ブレーキパッド交換

ブレーキパッド交換うちのDUCATI916に純正で装着されていた


ブレンボ製65mmピッチ キャスティング(ストリート用)キャリパー

こちらに装着されているブレーキパットを交換します。


現在は

モノブロックキャリパーを装着しているので
キャスティングキャリパーは、物置に入れて数年間、放置していました。


ですが、ここに来て活用出来る情報を得ました。

実は、

MVアグスタ F3(675cc版)と同じブレーキパットだったのです。

65mmピッチの方には社外品のブレーキパットが装着されているので
移植しようと言う考えの元、今回は取外し作業です。


早速、作業開始。

まずは

パッドピンを外します。

外したパッドピンも社外品で

「プロジェクトμ」製のステンレスパッドピン。
こちらのパッドピンもF3へ移植します。


キャリパーは2ピースなのですが本体のボルトは

チタンボルトに変更してあります。

全て外したら

こんな感じ。


ブレーキパッドは

モノブロックキャリパーでも使用している「ズィクー」製

このブレーキパッド、916で使用していた時、強烈に効く割にコントール性に優れてた印象が強く、
だっくのお気に入りブレーキパッドなのです。


ブレーキパッドを外した65mmピッチキャリパーは

本体を綺麗に掃除した後で

ブレンボ純正ブレーキパッドを装着しておきます。

カチャカチャ(装着音)


出来ました。(^-^)
(パッドピンも純正に戻しました。)



余談:
 モノブロックキャリパーをボルトオンで装着するために、フロントフォーク一式を
 40mmピッチ用のSHOWA製へ変更しています。
 純正で装着されていた65mmピッチ用SHOWA製フロントフォークは
 数年前に友人にプレゼントしました。

 この65mmピッチブレンボキャリパーは現在、うちの車両に装着出来ないのです。
 なので、ある人にプレゼントしようかと計画中だったりします。

 それとも、キャリパーサポートを作成してTZM50にでも装着しようかしら?
 ブレーキ、効き過ぎるでしょうね。(笑)
Posted at 2018/02/03 12:31:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク整備 | 日記
2018年01月20日 イイね!

燃費走行のお話

燃費走行のお話今回のブログ、燃費のお話なのですが、
ちょっとマニアックです(笑)


前回、N-ONEへガソリンを給油してから

4分の1ほどガソリンを消費したタイミングで、
メーター内のアベレージ(平均燃費)表示が18.5km/Lぐらいまで下がっていました(汗)
(ガソリンメーターの表示が1個消えた時点で85kmぐらいでした。
 夏場は1個消えるのに105kmぐらい)


夏の終わり頃から秋に掛けてはアベレージが20km/Lを上回っていたのに
冬になった途端に20kmに届かなくなりました。


なんとかしないと。

と、思い立って色々と燃費走行の良し悪しの実験をしてました。

現段階で判った事をブログにします。


アベレージ表示が18.5kmを見た時、
アクセルの踏み方がラフなのか?
と、思って
慣らし運転の時と同様に、ゆっくり踏んでみる。

アクセルの踏み方もそうなのですが、

エンジン回転数を確認しながらアベレージの増減を確認していると
どうやら2000回転がターニングポイントらしいことが判明しました。

一般道では、
スピードメーター内のエコ運転ライトが緑色でも2000回転を越えた状態で
アクセルを踏んでいるとアベレージが下がります。
(1700回転前後回れば時速60kmまで出せます。)


高速道路でも検証しましたが、
時速80km出すためには2500回転まで回さないと出ませんが、
2500回転回していても燃費は伸びて行きました。
多分、アクセル開度に変化があまりないので、燃費が伸びたのでしょうね。


坂道とか、エンジン暖気直後もCVTの暖気が出来ていないので
2000回転以下では走れない(ゆっくり踏んでも2500回転回ります)為、
燃費が下がり続ける事も判りました。

冬になると外気との温度差が大きくなるのでアイドリングストップも使用不可になります。


冬になって、燃費が落ちている理由は、
「エンジンの暖気運転」、「CVTの暖気運転」、「アイドリングストップ使用不可」
この3点が大きな原因なのでしょうね。

4分の1ぐらいガソリンを消費した時点から頑張って燃費走行した結果、
約半分の時点で

21.6kmまでアベレージが伸びました。
(高速道路でも検証実験していたので、高速道路を40kmほど走行した内容も含まれます。)


そこから一般道で頑張った結果、
給油時には

21.3km表示で終わる事が出来ました。

良い燃費が出た。(^-^)

と、喜んでいたのですが、
給油後、燃費計算してみると、19.9km/Lでした。(悲)

メーター内のアベレージ表示は参考表示なので
1.4kmもの差が出てました。


でも、これで燃費走行の良し悪しが判ってきたので、冬場でも良い記録が出せそうです。
次は頑張ります。(燃)


ちなみに、
給油後、約10kmほど燃費走行で走った結果、

22.1kmが出てます。

画像は撮影していませんが、今日(1/20)の時点で
110kmほど走っていますが、まだガソリンメーターの1個目は消えていないので
燃費走行出来ている様です。(^-^)


冬場でこれだけの値を出せれば、夏場はもっと伸びそうですから
今から楽しみです。(^-^)



今回の実験結果、
「ホンダ N-ONE」、「FF駆動」、「NAエンジン」
の同じ条件であれば近い結果が出せると思いますので、
参考になれば嬉しいです。(^-^)



ここから追加記載(2018/01/22)。


N-ONEのガソリンメーターで
平均燃費が20km/Lぐらい出せた時は、
ガソリンメーター1個目が減るタイミングは100kmぐらいで、
2個目以降は50km毎に減る感じです。


今回、ガソリン満タンから燃費走行を心掛けながら走り続けてますが
113.3km走った時点では、

まだ1個目は減っていません。
120kmぐらいで1個目が減りました。

その後、走って162.4km時点では

まだ2個目が減っていませんでした。

2個目が減った時は165kmぐらいだったのですが、
撮影出来ませんでした。(汗)

今日(1/22)、撮影しましたが

174.4km時点で


平均燃費はメーター表示で22kmの大台に乗りました(喜)
(多分、実燃費は20.5kmぐらいでしょうね。)



余談:
 少し前に、
 
 6000km記念も撮影出来ました。(^-^)




ここから更に追加記載(2018/02/10)。

上記の1/22以降、判明したことがありますので追加記載です。

だっくはN-ONEを通勤に使用していますが、
通勤距離は約10km。
家から出発時に暖気運転した際、若干、平均燃費が下がる(約0.1km)のですが、
勤務先までの約10kmを燃費走行してようやく暖気運転前の平均燃費まで戻る感じでした。

通勤だけで使用していると平均燃費が冬場には19km前後ぐらいまでしか出せない様です。


休日は

大体、いつもS2000に乗っているのですが、


ここ何回かよく遊びに行くバイク屋(約30km)まで
N-ONEで行ってきたのですが、
走行距離10km超えた辺りから平均燃費が伸びるのが目に見えて判りました。
(数km走る毎に平均燃費が0.1km伸びていきます。)


2回ほどバイク屋まで行きました(合計で120kmほど。)ので、
メーター表示の平均燃費が

22.6kmまで伸びました。
(バイク屋に行くまでのメーター表示の平均燃費は20.3kmまで落ち込んでいました。)

バイク屋に遊びに行った以外は主に通勤しか使用していないので
ガソリンメーター残り3個で

約600km走って、

給油時には

657.1kmまで走りました。(^-^)

ちなみに、657.1km走った燃費記録は2018/02/05に投稿した記録で、
実際の平均燃費が21.77km出ました。
(メーター内の平均燃費表示は22.3kmでした。)


N-ONEの燃費を一般道で伸ばすのはこれ以上無理かな?と、思っていたのですが、
一回の走行距離が10kmぐらいではチョイ乗りの扱いと同じ様な感じで燃費は伸びないのですね。

更に長距離を走ると、もっと伸びそうな感じがします。



ちなみに、アーシングキットは購入しているのですが、まだ装着していなかったりします。
燃費走行の良し悪しを理解してから装着しようと思っていましたので。

次の休日辺りにアーシングを装着して更なる燃費アップを狙ってみたいと思います。(^-^)
Posted at 2018/01/20 11:42:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONE | 日記
2018年01月12日 イイね!

テールランプ修理

テールランプ修理今回のブログの前に、

1月1日と


1月3日に

S2000でいつもの道の駅「さんわ182ステーション」まで行ったことを書きました。

上記の2枚の画像を見て、気付いた方もいらっしゃると思いますが、

うちのS2000は以前、

みん友さんの「魚くん_BNB」さんに作成して頂いたLEDテールランプを装着してましたが、
LEDテールランプを外して純正のテールランプに戻していました。


実は・・・
12月初旬のお話なのですが、

LEDが点灯しなくなりました。 (>_<)


だっくは半年ぐらい前から「自分もLEDテールランプを作れるようになりたい。」
との思いからLED配線の事を色々と調べて勉強してました。


勉強した内容を活かそうと、LEDテールランプを自分で修理してみる事にしました。


テールランプのDIYの難関、「カラ割り」
テールランプ外側の透明なプラスチックがテールランプ本体にブチルゴムで溶着されているので
ブチルゴムを温めて柔らかくした後で剥がす作業です。

ゴーーッ(温めている音)

グイッ・・・グイッ(慎重に引っ張る音)


結果、

無事、「初めてのカラ割り」成功しました。(^-^)

温めるのに使用したのは

アストロプロダクツ製のヒートガン。

これでブチルゴム付近の外周部分だけ、ゆっくり動かす様に温めて
ちょっとずつ、感覚を確かめる様に引っ張って剥がしました。

余談1:
 動画サイトでカラ割り動画を見て予習しました。(^-^)



ここからは両手を使って作業しましたので画像無しです。

LEDが点灯しなくなったテール部分を外して、
裏側の基板にテスターを当てて原因を探ります。

テスターを当てていると、反応しないLED球がありました。

その付近を重点的に調べると
多分、車の振動が原因だと思いますがハンダが取れかかっている部分が。

原因は多分、ここですね。


ハンダをやり直します。

ジュッ(半田ゴテで温めた音)


早速、S2000に配線を繋いでテストします。

ポジション球点灯、スイッチON


直ったぁぁ(大喜)

撮影場所はS2000のトランクの中です。(笑)


あとは元に戻すだけですので、

カラ割りした時と同様にヒートガンを使用して
ブチルゴムを温めて柔らかくした状態で
テール外側の透明なプラスチックを取付けます。

あとは温めたブチルゴムが常温まで戻れば固まりますので

ブチルゴムが固着した事を確認すれば

完成です。


S2000に装着されている純正のテールランプを外して
LEDテールランプへ交換します。

テールランプは片側4個の8mm頭のナットで固定されているので外して交換します。
両方のテールランプで5分前後で交換出来ます。


早速、試走に出掛けます。

今回の原因は多分、振動だと思いますので
振動が多そうな道を少し走って、車を停めてテールランプの確認。
上記の事を数回繰り返し。

うん。
問題なさそうですね。


色々と走って、最終的に

いつもの道の駅「さんわ182ステーション」へ到着。
ここでも確認の為、ポジション球を点灯させて画像撮影してみました。


それにしても、
うちの方は問題ないのですが、道の駅まで来ると

雪が路肩に積もってますね。
(道路に設置されている温度計が一番低いところでマイナス5度でした。)


無事に直せて良かった。(安心)

LEDテールランプさん、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m



余談2:
 家に帰った時は夜になりましたので、夜間の明るさ確認を。
 バックランプで後ろを照らすと
 
 かなり明るいです(^-^)

 テールランプ側は
 
 こんな感じで、かなり明るいですよ。



余談3:
 最近、
 
 ハイオクラベルのカーボンステッカーを入手しましたので
 
 フューエルキャップに貼ってみました。

 だっくはセルフガソリンスタンドしか使わないので
 レギュラーガソリンと入れ間違える事は無いのですが、
 自己満足なので良いのです。(カッコ良ければいいのです(笑))



余談4:
 さんわ道の駅のバイク駐輪場所は
 
 こんな感じでした。

 路肩に雪も残ってるし、春までバイクは冬眠ですね(寂)
Posted at 2018/01/12 20:30:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | S2000 | 日記

プロフィール

「続・初LED基板作成 http://cvw.jp/b/1846387/41109896/
何シテル?   02/17 22:01
だっく916です。よろしくお願いします。 以前から、整備の事で色々と参考に させていただいていましたが、 S2000やDUCATI916の整備やパーツ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

ヘッドライト光軸調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 19:48:38
ヘッドライト光軸調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 19:46:17
ヘッドライトオートレベライザー 初期化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 19:42:08

お友達

機械は基本的に何でも好きです。
整備やパーツの事で情報交換出来ればと、思います。

工具屋さんで工具を見ていると癒されますww

そんなちょっと怪しげな人物ですが
よろしくお願いします。 m(_ _)m ペコペコ
44 人のお友達がいます
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 コムテックコムテック *みんカラ公認
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認 彰さん彰さん *
あんだぎやあんだぎや hirasawahirasawa

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
ホンダ S2000(初期型 AP1)に乗っています。 父親が1999年に新車で購入後、 ...
ドゥカティ 916SPS ドゥカティ 916SPS
1998年式のDUCATI916SPSです。 ブレンボのディスクローターにガタが出てい ...
MV AGUSTA F3 MV AGUSTA F3
2014年3月23日に納車。 しばらくの間、大阪のショップに預けてあり、 大阪で慣らし運 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
2017年7月29日(土)に納車されました。 グレードは「G・ローダウン」です。 (立 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.