• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

オザミのブログ一覧

2018年02月18日 イイね!

タカタサーキット(32回目)

タカタサーキット(32回目)毎年のことながら…
続く寒波の影響で1月下旬から2月中旬は
阿讃もタカタもなかなか走る機会に恵まれませんね(^^;

そんな寒波の間隙、
久々にドライで走れそうでしたので
タカタサーキットまで走りに行ってまいりました。

(阿讃はギリギリでフルドライにはなってくれませんでした… 残念)

さて、タカタに到着してみると、一部にWETパッチはあるものの、
レコードラインはほぼドライで問題無く走れる状況でした。
気温も一桁後半でマズマズでしたし。

ただ、えらく風の強い状況 & 雪解け直後ってことで、かなりスリッピーな路面だったと思います。

ちなみに、1717製造週の新品ZIIIをおろして走ってみました。



ホイールも「おにゅぅ」です。
(洗うのは間違いなく大変ですけど、デザイン的にはなかなか気に入っているホイールです)



前後共にパツンパツンで良い感じ。




さてさて、当日のタカタは思ったよりも混んでおらず、走行枠の班分けは無い状況。
クリアが取れそうな状況まで待ってコースインします。

慎重に皮むきと熱入れをしておいて、3周ほどアタックしてみます。
1周目が 57"652、2周目が57"635、ここで少しタレてきて3周目が57"772となりました。

新品のZIII(1717製造週)は、ずっと使ってきたZIII(1711製造週)と同じくらいのグリップ感。
想定内のグリップ感ながら、懸念していた投入直後のヌルヌル感は無かったのでマズマズかなと。


調整してきた足廻りはと言いますと…
以前よりも格段に走りやすい感じになってくれて、
フロントは素直ですし、リアはとてもシットリで良い感じでした。
車が暴れないので何とも走り易くなってくれまして。
DCCDの設定を想定よりも1段マイナスよりで走っても破綻しませんでした。


タイヤカスを軽く除去後、熱がひいたところで2本目のコースイン。
今度は少し思い切って攻めてみますが、これが裏目に出て1周目は58秒台。。。
少し丁寧な走りに戻した2周目が57"624となりました。
ZESTINO GREDGE 07RSで1年前に出し自己ベスト(57"392)まで0.23秒のところまでは来れました。

ちょっと頭打ち感もあって、一旦、ドライバーもクーリングすることにして、2本目は早々に中止。
減衰設定を少し弄って、タイヤを掃除&前後入替え、3本目に臨みます。

3本目のコースイン後、良い感じのグリップを感じます。
『これはベスト更新できぞうだ!』 ってアタックに入りますが…
3回連続でクリアラップにならず、タイヤの美味しいタイミングを逃しちゃいました(涙)
集中力が一気にダダ下がりになってしまって、半日でキリあげて撤収することに。。。

結局、当日ベストは2本目の57"624になりました。
帰宅後、デジスパイス & 車載動画とにらめっこしましたが…
当日のコンディションだと、57"3あたりが自分的には限界だったかな… という結論に。
ギリギリで自己ベストを更新できたかな… って感じで。

もう少し路面が良い日であれば、57秒フラット~57"1くらいは出せるかもしれませんが、
自分のUDEと現在のGVB、そしてZIIIの組み合わせだと、56秒台はかなり厳しそうだなと。

とまれ、もう少し試してみたいコトもあるので、シーズン内に再チャレンジしたいと思います。


さてさてさて、完全に自分用ですが(笑)、
昨年の自己ベスト(By ZESTINO)と昨日の当日ベストの各ラップを比較した動画を作成してみました。

自分的に明らかに1箇所ミスをしていて、それが無ければ0.1秒くらいは更新できたかも。。。
まぁ… タラレバです(笑)



1発向けのグリップはZESTINOの方が上だと思っていますが、
昨年からの足廻り中心のUPDATE & ZIIIの組み合わせで同じレベルまではつめてこれたかな?
Posted at 2018/02/19 00:13:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | タカタサーキット | クルマ
2018年02月05日 イイね!

足廻りの下準備が取り敢えず完了

足廻りの下準備が取り敢えず完了断続的に寒波が来ちゃって、
寒さ厳しい週末が続きますね。。。
気を緩めると簡単に体調を崩しちゃいそうです。

さてさて、年末に車高調を新調したんですが、
車の動き(アシの動き)がとてもよく分かるようになりまして、
付随して換装・交換すべき部分もクリアになってきたんですね。

1月中旬までの換装・交換作業(ハード的なテコ入れ)としては、
  ・フロントのバネレートを変更、
  ・フロントのトレッドを拡幅、
  ・リヤのスタビを微調整
…等々の変更をしてきていました。

付随した車高の微調整や減衰圧を変更しての様子見、
そういったセッティング変更(自分としてはソフト的なテコ入れ)も行ってきているんですが、
換装・交換(ハード面でのテコ入れ)をもうちょっと… ってことで、週末は兵庫県の某所へ。



そぅ… 兵庫県の某ショップさんにて、フロント廻りにもう少しだけテコ入れをして頂きました。


ちなみに、某ショップさんにて、全日本ジムカーナSCクラスのチャンピオン車両を発見☆



2017年のSCクラスチャンピオンである西原正樹さんの車両ですね。
3月号のREV SPEEDにも登場していました。



かなり細かい部分まで見させて頂けて本当に勉強になりました☆



※第三者の私が勝手にブログに書いたり、画像を貼ったりすべきものでもないので、
 雑誌等で紹介されているレベルの画像のみにとどめています。

REV SPEED 3月号でも紹介されていましたが、
見た目はVABですが、シャーシはGJ3(つまり、インプレッサG4)ベースなんですね。

ベース・シャーシが違うとは言っても、
レギュレーションの最低重量(1200kg)をきっちゃうのは本当に凄いですね。
1200kgをきれない関係上、SCクラス車両なのに助手席がついたままという…。



さてさて、某ショップにて換装して頂いた内容ですが…

こんなのとか、


こんなの…


更には、こんなのも…


イケヤ・フォーミュラにはGVB用のラインナップが無いものと思い込んでいて諦めていたんです。
ミネベア(NMB)を採用しているものしか装着する気がなかったので。
で… 普通に装着可能なものがありました(嬉)

まだコースに走りに行けてはいないんですが、
五色台あたりを本当に軽く流しただけで、『エヘヘェ…』 とニヤつくフィーリングに☆
ニヤニヤしながら運転するキモいオッチャンになっています(嬉)

ちなみに、3つ上と2つ上の画像のものの採用により、ジャダーも殆どおさまりました。

ブレーキングジャダーに思えたものは、
歪んだホイールを履いて強くブレーキングをかけた際の小さなジャダーを、
いわゆるゴム・ピロが増幅してしまっていたみたいなんですね。

これでホイールが歪んでいないものになれば、ジャダーはほぼ皆無になってくれそうです!

んで… 実は新しいホイールも届きました(爆)


干渉チェックをしておいて…


週末のうちに新品のZIIIも履かせちゃいました(^^;

※ちなみに、DZCの賞品で頂いた(今回履かせた)ZIIIは1717の製造週だったんですが…
 この製造週のものって、どんなキャラクターでしたっけ。 (ご存知の方、いらっしゃいます?)

さてさてさて…
本当のセッティングはこれから… ですが、
とまれ、気持ち良く走れそうな下地はできたので、とにかく走りに行きたくて仕方ありません(爆)
今週末… 天気が悪そうなんでガッカリですけど(^^;
Posted at 2018/02/06 00:02:51 | コメント(8) | トラックバック(0) | WRX STI | クルマ
2018年01月22日 イイね!

2018年もどうぞ宜しくお願いします

2018年もどうぞ宜しくお願いします気が付けば、2ヶ月ぶりのブログになります。
ちょくちょくお会いしている方々もおられますが(笑)、
とまれ皆様、元気にお過ごしでしょうか?
ステキなカーライフを満喫されていますか?

さてさて、2018年も早3週間が経ちました。
遅ればせながら、本当に遅ればせながら…
本年も何卒宜しくお願い致します。


久々のブログになっちゃいましたが、
ここ2ヶ月間の出来事を徒然なるままに書いてみたいと思います。
(けっこ~長くなってしまう予感が…)


先ずは昨年12月のATAC & ATAKイベントについて。
私はATACの方にだけ参加させて頂きました。

※ATAC & ATAKについてご存知ない方は、
 阿讃タイムアタック記録会のHPを是非ご覧になってみてください。



初開催となったATACには、4つのクラスに総勢24台が参加。
私の参加したClass4(四駆クラス)には、(私を含むて)6台が参加しました。

結果ですが… ブッチギリのビリでした(泣)
何と言いますか… 阿讃の走り方を完全に忘れてしまっている感が。。。

ちなみに、記録上は5位だったんですが… 3位争いをするはずだった紅い某ドライバーな方が、
スーパーラップのアタック周を間違えるという珍プレーをされただけなので。。。

とまれ、初開催ながらATACはとても楽しめるイベントでした。
参加されている皆さんのマジぶりもステキでしたし、
そして何より、幹事・運営の皆さんの段取りが初開催とは思えないレベルで素晴らしかったです☆
参加されたドライバーの皆様、幹事・運営の皆様、本当にありがとうございました。



しかし… 最近の阿讃ランナーな方々のタイムには驚かされてばかりです。

紅い方は255サイズのZIIIで43秒をきっちゃいました。
ZIIIでの43秒破り… 自分にはちょっと見えないレベルです コノヤロー。
(心の声が漏れたかもしれませんが捨て置いてください)
車載動画を拝見しても、ただただ上手いの一言です。
ご本人には無断ですが、その車載動画を勝手に貼っちゃいます。

※無断転載ですが許してください!


また、年末には某S2000の方がZESTINOで43秒台の前半をマーク。


阿讃では熱の入れにくいはずのZESTINOで… 頭が変になりそうですよ。
車載動画を拝見しても、やはり、ただただ上手いと思うばかり。
これまたご本人には無断ですが、車載動画を貼ってしまいます。

※無断転載NGでしたらご指摘ください!


同じく年末、ノーマルエンジンな某S2000の方が、これまた同じくZESTINOで43秒台入り。

※2台のS2000が写っていますけど、右の白いS2000の方ですね。

繰り返しますけど、ZESTINOを履いて阿讃でタイムを出すのは簡単ではないはずなんです。
それも、ノーマルエンジンのS2000でもって43秒台って… これは本当に凄いことです。
車載動画を拝見しても、そりゃぁもう素晴らしいの一言です。
またまたご本人には無断ですが、車載動画を貼っちゃいましょう。

※無断転載NGでしたらご指摘ください!


個人的に一番驚かされたのは…
同じく年末、ZIIIを履いた某86な方が、44秒台を出されたことです。

86にZIIIで44秒台ですよ… 自分的には凄いを通り越しちゃった世界です。
車載動画を拝見しても、本当に玄人な走りで、素直に尊敬してしまうレベルです。
すいませんが、無断で車載動画を貼らせてください。

※無断転載NGでしたらご指摘ください!


以上、(ご本人に無断で…)凄い阿讃ランナーな皆さんを紹介しましたが、
その走りを見る度に自己嫌悪に陥る日々です。。。
いやぁ… 本当に最近の自分の走りはダメダメですんで。。。
(『以前からダメダメです…』 とか言わないでやってくださいませ)



さて、ATAC & ATAKが終了後、以前より予定していた車高調の換装を行いました。
以前から興味を持っていたTEINのSUPER RACINGへの換装です。

特約店以外からでもSUPER RACINGを購入、自分で換装作業を行うこともできたんですが…
SUPER RACINGに対するノウハウが豊富な『TECH WORLD』さん(岡山)にお願いすることに。



ちなみに、『TECH WORLD』さんオーダーのSPL仕様のダンパーになります。



スプリングは以前から使っているHYPERCOをそのまま流用しています。



SUPER RACINGでは、バンプ・リバンプの減衰圧を別々に設定できるんですが、
EDFCも採用、車内からその設定を弄れるようになりました☆



フロントのキャスター角を少しゴニョゴニョしてもらったりも。



足廻りを換装後、早速、試し走りに行くことに。

私はかなりの鈍感野郎です。
路面の激しい阿讃だと新しい足廻りのレビューができないんじゃないかな… という不安から、
先ずは、路面のキレイなタカタを走ってみることに。


結論から言いますと、以前よりもとても良い『アシ』になってくれました。
『TECH WORLD』さん、ありがとうございました。

※誤解をされると困るので書いておきますが、以前の車高調がNGという話ではありません。
 コスパも考えれば十分に走れる『アシ』でした。
 既に『抜け抜け』になった以前の車高調との比較になっていますので誤解されませぬよう。

自分にとっての良い『アシ』ですが…
◆ できるだけ大きく車両を動かさない
◆ それでいて動き(車の動き)がよく分かる
この2点に尽きると思います。
多くの方がそうなんじゃないでしょうか。

細かい話は後日のパーツレビューに取って置くとして…
取り敢えず、車の動きがとてもよく分かる『アシ』になってくれました。
以前と比べて分かり過ぎるくらいです。
間違いなく【動き(車の動き)がよく分かる】の方は合格です☆

それで、5~6周を走った段階で自分の車のダメなところが分かってしまいました。
【できるだけ大きく車両を動かさない】の方を満足させるための改善項目が早々に見えたんですね。



ちなみに、年が明けてから2度ほど阿讃にも走りに行きました。


阿讃の路面にも問題無く対応してくれる『アシ』であること、それは確認できました。
『TECH WORLD』さん、本当にありがとうございます。

ただ、そもそも阿讃の走り方を全く以って忘れてしまっている感じで…



ギリギリで43秒台には入ったものの…
あらゆるコーナーで攻めきれないし、リズムも悪くって…
かなりのリハビリが必要そうです。。。



さてさて、10日程前には、先に気付かされた自分の車のダメなところを弄ってみたり。


フロントハブを換装してゴニョゴニョしてみたり、
フロントのスプリングもゴニョゴニョしてみたり、


ずっと純正に戻したままだったリア・スタビ、3年ぶりにゴニョゴニョしてみたり…


以前の『アシ』だと分からなかったであろう、フロント・ロワアーム・ブッシュのヘタレ…
今なら違いが分かりそう… なんて妄想してみたり…

まぁ、色々とゴニョゴニョして再びタカタを走ってきました。


ゴニョゴニョした効果はテキメンで、ますます良い感じになってくれています(現状)。
『TECH WORLD』さんには本当に感謝ですね☆

ただ、ブレーキング時のフロントの激しいジャダーが止まらなくなってしまって…
思いっきり攻め込めない状況になっているんですけど。。。
それでも、8ヶ月間履きっ放しのカピカピZIIIを掃いて57秒台後半あたりは出せるようになりました。
新しいZIII & ブレーキジャダーが無くなれば、
ZESTINOで出している自己ベストは更新できそうかな… と。
足廻りについて目論んでいる追加のゴニョゴニョも考慮すれば、56秒台も見えそうかな… と。
少なくとも… 以前の私のGVB + ZESTINO@タカタに対し、ZIIIでもって勝てる車にはなりそうです。

とまれ、時間とMPの問題もあるので、今シーズン中は難しそうですけど(^^;



さてさて、かなり長くなりましたけど、最後にちょっとした小ネタを。

社外のサイドステップ(純正ステップよりもかなり低い)のせいで、
パンタジャッキをかけるのにも自作のアダプターを使っていたんです。
アダプターをセットするのが手間でしたし、安定感も希薄でストレスのある状況だったんですが…

アダプタートップを「634 PRODUCE」のものに換装してみたら(奥側のジャッキトップがそれです)、
いちいちセットする手間もいらず、安定感も抜群になりました☆

そもそもBMWやメルセデス向けのアダプダーではありますが、
サイドステップの低さからパンタジャッキの使用が難しい車両にはお勧めですね!


あと、これは小ネタと言うよりも、厳しい現実… 的な話なんですが…

阿讃やタカタの各ランナーの皆さんの間で、にわかにDKCが脚光を浴びてきています。
その騒音面から、自宅に電動カンナを使える環境がない自分にとっては悩ましい状況です。
何だかんだで自分も電動カンナを買ってしまいそうで怖いですが。。。



さてさてさて、かなり長~い日記になっちゃいました(^^;
とまれ、2018年も何卒宜しくお願い致します。



Posted at 2018/01/22 22:39:22 | コメント(5) | トラックバック(0) | WRX STI | クルマ
2017年11月27日 イイね!

ディレッツァチャレンジ in タカスサーキット

ディレッツァチャレンジ in タカスサーキット昨日、本屋にてHYPER REVのIMPREZA WRX新刊を発見。
いよいよ表紙を飾るのはVAのみになっちゃいました。

前々号でGCが消え…
前号でGDが消え…
最新号ではいよいよGR/GVも消えちゃいました。


SUBARU党ではない私に特別の感慨は無いんですけど、
(スポンサーが絡むプロ車両は別として)サーキットを本気で走るアマチュア乗車の車両としては、
まだまだGC(GF)・GDも多い(むしろ主流)だけに、『何だかな…』って思えてみたり。



さて、10日近く前になりますけど… 福井県のタカスサーキットにて開催された
ディレッツァチャレンジ北陸エリアチャンピオンシップに参加してきましたので、
遅ればせながらそのブログを書いておこうと思います。



土曜日の開催ってことで、金曜日の仕事の後、早々に福井に向けて出発。
深夜に福井市内の某ホテルに到着、翌日に備え、やはり早々に爆睡モードに。

当日、早朝に起床して外を見ると… はい、予報通りにバッチリの雨でした。



コースに到着するも、当然ながらのフルウェット。

ただ、朝の段階ではパラパラと降るだけの少雨でコース上に川や池は無い感じでした。
取り敢えずはイソイソと走行準備に。



ちなみに、今回のクラス4(四駆のクラス)にはryunosuさんがVABで参戦☆



インプ乗りがエボ乗りよりも少ないって事はないはずなんですけど…
ディレチャレに出てくる車両としては圧倒的にエボが多いんですよね。

今回、僅差でryunosuさんよりも速く走れましたけど、
車両の仕様差を考えると、ドライバーのUDEとしてはryunosuさんの方が上だったと思います。
速いインプ乗りな方がディレチャレに参戦してくれたこと、本当に嬉しかったです!!

尚、クラス4の他の参加車両(7台)はいつもながらに全てがランエボでした。



7台の内わけはCT9Aが4台、CT9Wが2台、CZ4Aが1台です。



ちなみに、NSX(現行のNC1型)も1台参加されていたんですが、
遅れて出走されることになってしまって章典外ということに。
(ドライでのNC1の走りを見てみたかったです!)



さてさて、勝負には全く良いところは無く…
エントリー表を見た時点で格上だなぁ… って思ったエボが5台だったんですが、
その5台全てにブッチギリで負けちゃって6位に終わりました。

良いところは無かったんですけど…
自分のダメなところが再確認できましたし、
(何とも予想通りなんですが)モチベーションを上げることはできました。
もっと速くなるべく精進したいと思います。

とまれ…
当日に観戦・応援にお越し頂いた皆々さん、
参加された選手の皆々さんに大会運営に尽力頂いたスタッフの皆々さん、
大変お疲れ様でした & ありがとうございました。
また次のディレチャレにて宜しくお願い致します。



さて… 次は開催まで2週間をきった阿讃サーキットでのATAC & ATAKですね!


午前の部であるATACは事前エントリー制のガチンコ勝負なんですけど、
先ほどエントリーリストを見ましたら、同クラスの皆さん、私より速い方しかいません(笑)
頑張りますけど☆

興味のある皆様はこちらのエントリーリストを見てみてください!
見学・観戦するだけでも超面白いと思いますので、是非とも阿讃へお越しくださいね☆


ちなみに、午後の部であるATAKはフリー走行のみのタイム記録会です。
阿讃が初めての方でも楽しめると思いますので、これまた是非とも阿讃へ!
Posted at 2017/11/27 22:41:37 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月12日 イイね!

いよいよDZC in タカスまで一週間をきりました

いよいよDZC in タカスまで一週間をきりましたいよいよタカスでのディレチャレまで一週間をきりました。

大会前日の金曜日も普通に仕事、
その後に福井に移動の予定なんですね。

事前のメンテや準備ができる最後の週末ってことで
細かい事ばかりでしたが、GVBを触ってばかりの週末でした。


ちょうど大会一週間前になる昨日、タイトル画像のペーパーが届きました(タイトル画像)。
大会日が 『 11月8日(土) 』 になっていて(一瞬だけですが)焦りました(笑)

クラス4のパドックはピット(屋根あり)の様です。
天気予報が微妙(曇時々雨)なだけにラッキーでした!
タープを持って行かなくても良いのは素直に嬉しいですから。



さてさて、GVBには10項目くらいのチョットしたメンテやら準備やらを。


エアクリのフィルターを交換してみたり…



リアの牽引フックの受けを諸事情により取り外していたんですが取り付け直してみたり…

リアのバンパーを取り外したついでに、
そろそろ大量に捕獲していそうなアサリ(小石やタイヤカスたち)を取り除いてやろうとしたら…
全然捕獲できていませんでした。。。
(まぁ、悪い事ではないんですけど)



悪あがきで内装の一部を取り外してみたり…


その他、
入念にブレーキのエア抜きをしてみたり…
気になる配線数箇所をまとめ直してみたり…
雨の大会になるかもってことで油膜を取ってみたり… と、
チョットしたメンテやら準備やらを。

とまれ、少しでも良い結果になるように頑張りたいと思います☆
当日ご一緒する参加者の皆様、宜しくお願い致します!



尚、現在、来週末のディレチャレの事で頭がいっぱいですが…
来月10日(日)には阿讃サーキットにてATAC & ATAKが開催されます!


午後のATAKは勿論…


午前のATACも超楽しみですね!

興味がありましたら、是非、HPを覗いてみてくださいね☆
Posted at 2017/11/12 21:26:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | WRX STI | クルマ

プロフィール

「タカタサーキット(32回目) http://cvw.jp/b/1849214/41116262/
何シテル?   02/19 00:13
2013年、13年間乗り続けてきたS2000(AP1)からWRX STI (GVB) SPEC Cに乗り換えました。 乗り換えをきっかけに10年間くらいご無沙...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ファン

125 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
2013年6月21日、2台目のGVBが納車されました。 1台目と同じく、GVBアプライ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.