• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Toshi@FHP11のブログ一覧

2010年07月31日 イイね!

日除けが帰ってきた

日除けが帰ってきたウチのFHP11車検期限が7月末で、本音を言うと1ヶ月前ぐらいに余裕を持って車検を通したほうが良かったのですが、6月末ぐらいまで7月の予定が全く定まらず、しかも途中で関西遠征等もあったために車検入場が延び延びになり、結局7月の最後の週に車検を通すことになりました。

FHP10の時も、2年に1回ぐらいは客観的に診てもらったほうが良いと言う考えで、車検は近くの整備工場にお願いしていたので、FHP11についても同じ場所でお願いすることにして、車検ついでに、走行距離からしておそらく1回もO/Hしてないであろうブレーキマスターシリンダーと、ブレーキキャリパー4輪のO/Hも依頼することにしました。

そんなわけでこの日、夜勤明けのその足で車検から上がったクルマを取りに行きました♪
この整備工場、たまに珍しいクルマが入ってますが、今回はベンツの板金をやっていた程度(^^;)

車検ではドライブシャフトブーツに左右ともかなり深い亀裂が入っていることが発覚し、(暑い中自分で交換する気は起きなかったので)追加作業が発生して予算をややオーバー(T_T)
ただ他の部位には大きな問題点は見当たらなかったのと、深刻な事態が生じる前に対策できたので、そういう意味では運が良かったと思うようにします。

乗り出してみると、ブレーキのペダルタッチが違うのが一目瞭然
やはり気付かないうちに、経年劣化によるフィーリングの変化があるのだと改めて痛感しました。

そして駐車場に戻ると、ウチのクルマの駐車スペースの後ろの民家のがお出迎え。

ウチのクルマのちょうどすぐ後ろに犬小屋があり、ウチのクルマがいないと直接西日が差し込む構造ゆえ、真夏の暑い日はクルマを出すのが躊躇われたりして!?
Posted at 2010/08/09 02:34:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2010年07月20日 イイね!

箱根八里、五里霧中

箱根八里、五里霧中伊良湖にて伊勢湾フェリーを降りて、再び国道42号を走ります。

そう、国道42号は鳥羽伊良湖間「海上区間」になっていて、伊勢湾フェリーはこの国道のルートの一部になっているのです。
道中に看板もありますが、「伊勢湾口道路」と云う構想があり、遠い将来にそれが実現すれば、フェリーの役割も終わるのでしょうが、それを待たずしてなくなってしまう~この部分は分断された区間になる~というのがなんともやりきれないところです。


そして島崎藤村の「椰子の実」で有名な「恋路ヶ浜」を眼下に眺めて・・・


国道42号から白須賀国道1号に入り、時間の関係で浜松ICより東名沼津ICまでワープ。
伊豆縦貫道から再び国道1号に入り、視察がてら箱根峠へ・・・

ちょっとアタマを押さえられ気味で、坂を上っていきます(笑)

途中で2車線になる箇所があり、そこで遅いクルマをパスできたまでは良かったのですが、その辺りから次第に霧が濃くなり始め、箱根峠に至る頃には数十メートル先ですらよく見えない状況まで悪化。
それでもめげずに湯河原峠まで到達しましたが、外に出てみるとミストがさんさんと身体に降り注いできます(笑)

ここからはまだ走ったことの無かったターンパイクを通ってみたかったのですが、あいにく微妙に営業時間を過ぎたようでゲートが閉ざされていて、止む無く濃霧でなにも見えない椿ラインを下るという最悪の状況で帰還しました(爆沈)
Posted at 2010/08/06 06:31:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2010年07月20日 イイね!

これが最後となるのか!?

これが最後となるのか!?鳥羽に到着後、フェリーターミナルにて、今年9月で廃止の意向である伊勢湾フェリーに乗るべくしばし待機。

単に平日の最終便だからか、それとも高速無料化ETC割引の影響があってか、ターミナルの待合室に人はまばらでやや拍子抜けといった感じがありましたが、それでも出航時刻近くになると(「人だけ」で乗船する人が少なくなく)それなりの賑わいを見せ、このままだと9月でなくなってしまうというのがウソのような気がしました。


フェリーターミナルに掲示されていた周辺マップですが、こうやって見ると、伊勢湾フェリーがいかにショートカットルートとして有効かが分かります。
これがなくなってしまうと東へ行くには全て名古屋を経由する必要があり、高速代が安くなったとしても、ガソリン代や所要時間の面を考えるとデメリットが大きい気がします。当然のことながら伊勢地域や知多地域では廃止反対の署名運動が行なわれたりしているそうで、行政が動くなどの「奇跡の大逆転」があれば良いのですが・・・

そして程なくしてフェリーが到着。
桟橋の形状の関係で向かって右側からのアプローチです。


フェリーの様子はフォトギャラリーで!

そして所要時間1時間弱伊良湖岬に到着。
飽きることの無い、程よい乗船時間ですね~


そして前方のランプウェイが開かれ、ぞろぞろと下船。


下船後は特に集札等も無くそのまま走り去っていくと言う感じで、なんだかあっけないような気がしました。
Posted at 2010/08/03 07:19:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2010年07月20日 イイね!

The Long and Winding Road!?

The Long and Winding Road!?道の駅 紀宝町ウミガメ公園を出発し、引き続き国道42号を東進。

この辺りは「七里御浜」と呼ばれる、熊野灘に面した美しい海岸線が延びていますが、しばらく走っていくと、浜からそう遠くないところに大きな船座礁して打ち捨てられているのが見えました(小さいですがTOPの写真にも写っています)。

最も近づいた時に見てみると錆等が酷く、かなり長期間放置されているようでどうなっているのか?と思って後で調べてみると、これが2009年11月に起こったフェリーありあけ座礁横転事故の現場だそうで、実は船体の油漏れなどによる漁業被害が出ているそうで・・・

もうしばらく走り熊野市を過ぎた辺りで、国道42号国道311号の分岐点に到達。
42号の方がここからしばらく山の中を走るのに対し、311号は海沿いのルート。
地図をパッと見した感じでは距離的には311号の方がやや長いもののそれほど大差は無いといった感じだったので、景観の良さそうな311号の方に入っていきましたが・・・

確かに景観は非常に美しいものがありましたが、その分ものすごい道でもありました。右は崖下に海、左も切り立った崖w
ここ最近改修されたと思しき一部の区間を除き、ほとんどの区間でセンターラインが無いのは当たり前
時にガードレールが完璧ではない箇所や、そういった中には離合すら困難な場所まで・・・

まあそういった酷道を走るのも旅の醍醐味でもありますがwww

そして再び尾鷲の手前で国道42号に合流し、しばらく東進。
紀伊長島(紀北町)の先で再び国道260号との分岐があったが、さすがに時間が危ないのでここはそのまま42号を進み、紀勢大内山ICより紀勢自動車道~伊勢自動車道伊勢ICまでワープ。

実は高速無料化実験区間を通るのは初めてのこと。
もともとの交通量が少ないせいか、片側1車線(紀勢自動車道)でもめちゃくちゃ混んでいると言う感じでは無かったですね。

そして伊勢二見鳥羽ライン(こちらは単なる有料道路なのでお金を取られる)を経て、鳥羽に到着。

駅には特急ビスタカーなどが止まっていて、わずかながら都会に帰ってきた気分w

なお、目指すフェリーターミナル近鉄鳥羽駅よりもう少し先、鳥羽水族館に隣接した場所です。
フェリーターミナルに入ると、係の人に次の出航17:30と告げられ、それまでしばし時間があったので、クルマを止めてゆっくりとフェリーターミナルの2Fに上がり、乗船券を購入したり。

クルマの長さによって料金が異なるので、乗船券の購入の際には車検証の提示が必要です。
乗船券を購入してから、のんびり時刻表などを眺めていて気付いたのですが、なんとこの17:30の便がこの日の最終便だったことが判明。
もう1時間も遅ければフェリーに乗ることができず、延々名古屋周りで帰らなければならなかったということで、危ないところでした(爆)
Posted at 2010/08/03 06:44:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2010年07月20日 イイね!

ガメラ!

ガメラ!奇岩群・橋杭岩よりさらに国道42号を東へ。

しばらくして串本町から那智勝浦町太地町、再び那智勝浦町、新宮市・・・と進んでいきます。
太地町のクジラ関係の施設や、新宮市の速玉大社なども見たいところでしたが、ちょっと時間が押してしまっているのに気付いていたのでいずれも割愛。

熊野川に架かる橋を渡り、いよいよ三重県紀宝町に。

「そろそろ昼食を・・・」と考えていたら、「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」なる看板があったので、ウミガメと云う謳い文句が気になったので入ってみることに。

そして「ウミガメふれあいパーク」と言うものがあり、入場無料とあったのでさらに中に入ってみることに。

最初はせいぜいウミガメに関する資料の展示ぐらいかな・・・と想像していたら・・・

なんと中に海水プールがあり、ホンマもんのアカウミガメが泳いでいます(笑)

そしてこのプールは水槽の側面がガラス張りになっている箇所があり、水中からでのカメの様子も窺うことができます。

それにしてものんびり泳いでいる感じですね~
ちなみにこう見えても、海中では時速40キロ程度で泳ぐことができるそうです。

時折ガラス面に近づいてくるので・・・

カメの顔のどアップも見ることができます(笑)

館内掲示のウミガメに関する資料なども一通り目を通し(結構知らないことだらけで勉強になりました)、隣接する物産館へ行き、2Fにある食堂で昼食を。

ここはやはりこの地域の特産であるしらす丼と、めはり寿司の組み合わせで決まりでしょ~ww

ちなみに物産館2F・3Fからは海が一望できます♪

ちょっと防風林の松が成長しすぎですが・・・

道の駅と言えど、かなり満足度の高い内容でした♪
道の駅 紀宝町ウミガメ公園
Posted at 2010/07/31 02:34:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 動物 | 日記

プロフィール

「明日はいよいよ全プリ!(参加者一覧あり) http://cvw.jp/b/184922/40691094/
何シテル?   11/10 15:00
運命のいたずらか?それとも必然なのか?プリメーラを3台乗り継ぐことになってしまいましたw HP10⇒FHP10⇒FHP11・・・と、徐々にマニアックになり...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

プリメーラ乗りの皆様、元プリメーラ乗りだったOBの皆様、プリメーラが好きな人、皆集まれ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/03 12:25:12
The 4th CLUB.PRIMERA OFF MEETING jun 2013 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/14 12:45:15
ALL JAPAN PRIMERA MTG BBS 
カテゴリ:連絡用掲示板
2009/03/26 00:42:57
 

お友達

プリメーラ乗りの方はもちろん、それ以外の方とも一緒に楽しめればと思いますのでヨロシクです♪
155 人のお友達がいます
ペンペン@ペンペン@ * 無線屋無線屋 *
MSZ-006MSZ-006 * yotchan.yotchan. *
POLYPOLY * ホーミー@聖陽学園ホーミー@聖陽学園 *

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
2代目プリメーラ(FHP10)の限界が見えてきた為、急遽導入された3代目プリメーラです。 ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
初代プリメーラ(HP10・Tm)の走行距離が18万キロに達し、持病であるリアフェンダーの ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
現在のクルマの前に乗っていた、HP10 平成2年式Tmです。このクルマには乗る楽しさ、弄 ...
フォルクスワーゲン ヴェント フォルクスワーゲン ヴェント
LEGACY B4 の前に家で所有していたクルマです。 自分が免許を取得して最初に乗っ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.