• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

bassiのブログ一覧

2017年10月07日 イイね!

新型リーフ試乗

新型リーフ試乗暇だったので新型リーフ乗ってきました。
試乗車はGグレードで走行距離66kmの卸したてでした。
見た目ははじめは個性が薄れて寂しい感じもしましたが、新しもの好きの性格なもので
試乗が終わるころには新型の方がいいと思う状態になっちゃいました(笑)

青は結構人気みたい。新型、濃色系が似合うかもしれませんね。
パッケージングは基本変わってないので、乗り込んだ感じはポジションは旧型リーフと全く同じ、セレナと同じハンドルなんで、座った瞬間から、既視感たっぷりで、もうちょい変わってもいいかなって感じ。
唯一変わったのが荷室で旧型より、奥側のサイドの張り出しがなくなったのと、ハッチ形状の変更で上部が広くなっています。

気になる航続距離はスタート前は電池残量79%で203km(エコモードは216km)
外気温24℃でエアコン23℃設定。

いざ試乗。旧型は普段1人乗りが多いですが、今回の試乗は3人乗りなのでその比較です。
まずはe-pedalは使わずにエコモードで発進。感覚的には旧型より少しパワフル程度。
以下、ノーマルモード。出足についてはパワーアップしてるかな?って感じ。
40km/hくらいからの中間加速は明らかにアクセルの踏み込みが少なくていいのがはっきり分かりました。
高速域はさすがに、中低速域のようなきびきび感は影を潜めますが、旧型の頭打ち感がなくなって、追い越し加速もストレスなくこなせる感じ。
加速に関しては、新型は日本の合法的な速度域なら、すごくではないけど十分速い車のレベルと思います。
個人的に良かったのが、プロパロットの進化です。
セレナでは追従性が今一つで、先行車の速度変化が大きいと、置いていかれたり、追いつきすぎたりしてギクシャクする場面がちょくちょくあるのですが、リーフでは自然に追従して、試乗した限りでは気になる場面はありませんでした。
ステアリング制御もセレナより、レーン認識が早く、自然な感じでした。
人間でも機械でも車の基本性能が高い方が運転はしやすいんでしょうね。
個人的にはリーフ買うならプロパイは絶対装着。Sグレードは選べなくなってしまった・・・金を貯めねば。
後半はe-pedalで。基本的にはノートと同じ感じです。停止時の制御は上手くできています。すぐに慣れて違和感なく使えました。ワインディングとかいいかも?渋滞時も楽そうですが、プロパイ付けたらそっちを使うかな。

乗り心地は、旧型のニスモ足との比較ですが、良いです。特に荒れた路面では圧倒的。それでいて、コーナリングも良好。確実に良くなってると思います。
静粛性も磨きがかかってます。自分の旧型で帰るときにゴーっていう音が気になるようになってしまいました。涙

試乗後は電池残量72%で191km 
結構加速とか試したんですが、18km走行で7%なので単純計算なら100%充電で257kmとなります。普通に乗れば、250kmは安心して走れそう。これは事前の予想通りでした。

最後にプロパイロットパーキングも試ししてみました。
スイッチ一つでハンドルがグルグルって回って勝手に動いて駐車する感じは、なんというかお~!って感じ。助手席の人の感覚からでは特別遅い感じはなかったみたいですが、自分で止めた方が早いので付いてても使わないですね。

ボンネット内は基本的に同じ。制御ユニットのカバーがプラスチックになったのは、コストダウンですね。旧型はアルミで、さらに中期までは青メッキのエンブレムがついてました。
※追記 樹脂カバーはユニットのパワーアップによる振動が共振して音が出る対策だそうです。
ボンネットは鉄に変更されてる?重くなってました。
あと、スタートアップサウンドがなくなったのは個人的にちょっと残念でした。

新型リーフよくできていると思いました。検査問題で出鼻をくじかれた印象もありますが、売れ行きは好調のようで、今のところリーフに関しては検査問題の影響は出てないそうです。ただ、それ以外は気持ち減ってるかもとのこと。
リコール対象のセレナは快調ですが、今月中旬以降に案内を出せるだろうとのことでした。ディーラーの人からすれば寝耳に水な話で、申し訳ございませんと言ってくれて、メーカー何してくれてんだって憤ってました。
いい車を作れるんだから、日産はしっかり反省して頑張ってほしいですね。

新型、欲しくなってしまいましたが、まだ旧型の補助金縛りで踏みとどまっています(笑)


Posted at 2017/10/07 15:06:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月16日 イイね!

クラッチマスターシリンダー交換

クラッチマスターシリンダー交換今年の春ごろから、長時間乗るとZのクラッチペダルが中途半端にしか戻らない現象が発生するようになりました。いちいちつま先をペダル裏に突っ込んで戻してやらないといけない状態です。
何回かエア抜きをしてもらっても、再発を繰り返してました。

発生頻度が少ないので放置してたんですが、8月にドライブしたときに頻発するようになり、酷いときは全く戻らなくなって、さすがに危ないと思ったので、ディーラーに預けて調べてもらいました。

結論としては、クラッチマスターシリンダーが悪くてエアを吸っているので、交換が必要とのことで、もしかしたら、レリーズシリンダーも悪い可能性があるが、Z34の場合、交換するにはミッションを降ろす必要があるので、まずマスターシリンダーを交換して様子を見ましょうということになりました。

で、交換して300kmくらい走った結果、症状は出なくなり一安心。費用は3万でした。
でも、Z34はレリーズシリンダーのトラブルが結構ネット上で報告されてるんで、不安もありますが、サーキット走行などを行うケースが多いので、大丈夫かな?様子見ですね。

マスターシリンダー交換して、クラッチのフィーリングが良くになった様な気がします。このまま、再発しないといいな。
Posted at 2017/09/16 19:37:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月16日 イイね!

新型の電費

新型の電費新型リーフがようやく登場しました。
デザインはまあまあカッコよくなったと思いますが、初代のような強烈な個性というか良い悪いでははなく、リーフにしか見えないデザインでなくなったことは個人的にちょっと残念。
日産のリーフを普通の車にしたいという決意表明をデザインしたんでしょうね。実物みたら印象が変わるかな?

デザインより性能の方がはるかに気になるのですが、パワー、トルクの数値から想像すると、日本の速度域なら十分速い車になってそうです。
初代は街中ではきびきび走っても高速での頭打ち感が激しかったのが改善されてるはず。

航続距離はカタログ400kmなので、6掛けで240kmはが安心して走れる距離といったところでしょうか?気候がいいときなら300kmも狙えそうです。
自分のリーフの2倍近く走れて、急速充電の受入れ速度も3割近くは速くなってそうなので、個人的にはこれだけあればリーフ1台でも頑張ればやっていけそう。
来年の60kWhバーションなら1台で余裕だろうな。でも、お高いんでしょうね。

一つ気になったのが新型の電費(交流電力消費率)が悪化していることです。公称容量と航続距離だけ見るとよくなっているように見えるのですが、実際は逆ということで気になったので、いろいろ比較してみました。

 公称容量  航続距離  交流電費  満充電電力量  対公称容量充電効率
前期24kWh   200km   124W/km   24.8kWh       0.97
中期24kWh   228km   114W/km   26.0kWh       0.92
後期30kWh   280km   117W/km   32.8kWh       0.91
新型40kWh   400km   120W/km   48.0kWh       0.83
アイ16kWh   172km   110W/km   18.9kWh       0.85
アイ10.5kWh  120km   110W/km   13.2kWh       0.80

プリ8.8kWh   68.2km   95W/km    6.5kWh       1.35
アウ12kWh   60.2km   168W/km   10.1kWh       1.19

公称容量に対する充電効率を比べると、初代前期から悪化の一途で、新型はアイミーブとかと同じくらいになってます。
でも、本当にに充電効率が悪化しているとすれば悪すぎるような気がします。
なので、公称容量を実際の容量に対して余裕をもって公表するようになったのではと推測します。
本当のところは分かりません。。。

いずれにしろ、早く実車をみたい。補助金縛りでまだ買えませんが。
Posted at 2017/09/16 08:50:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月26日 イイね!

10セグになりました

10セグになりました4年6カ月、4万7千キロを手前で、また一つセグが欠けた。リーフスパイのSOHは76%です。
ちなみに11セグになったのは3年8カ月、3万8千キロ、SOH81%でした。



たまにメーターの写真を撮っていたので、航続距離表示(ノーマルモード)をバッテリーの残量%で割り戻して100%換算とした値と総走行距離をグラフにしてみました。

新車の時はノーマルモードで180kmくらいだったのが、今は130kmに届かずなので、3割近くも減少。
サスとタイヤの影響も少しはありそうなので、バッテリー自体は25%くらい減ってるイメージかな~

感覚的には慣れてるせいかそんなに感じないんですけどね。
購入時の予想では5年で15%くらいかなと思っていたので、まあ早いです。

劣化が加速しているように見えなくもないのが気になります。

今まで、80%充電を基本に使ってましたが、容量減ってるせいで、深くまで使うことも増えてきてました。
そこで、100%充電するより、放電深度を深くまで使う方がよくないというのを目にするので、100%充電での運用に変えてみました。今後どうなるか?


やはりというか、これだけバッテリーが劣化するとなると、中古価格は驚愕にお買い得な様で。
今のリーフを買うときに、手放すときは二束三文とは予想していましたが、完ぺきに当たってしまうとなんか寂しいもんです。いい車なんですけどね~買い手は選びますが。。。


まあそれでも、長距離走らなければ、この走りに対するコスパは最強だと今でも思ってるので、あと1年半楽しんで乗り倒します(笑)
Posted at 2017/08/26 17:18:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

電波は便利だけと怖い

電波は便利だけと怖いリレーアタックなんてものが出てきているらしいですね。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00010001-norimono-bus_all

結構簡単に盗れるみたいで、怖いですね~
いろいろ思いつくものだと思いますが、もっと他のことに頭使えばいいものを・・・



とはいえ、とりあえず今できる対策をということで、電波遮断ポーチなるものを買ってみました。
アマゾンで648円でした。

インテリジェントキーを入れて試してみると、Z,リーフ、セレナはキーを全く認識しませんでした。
効果はあるようです。

ただ、使うときは出さないといけないので、毎回だとめんどい。

まずは、キーを家で保管しているときや、人の多い(近づく)ところではポーチに入れるようにしようと思います。
Posted at 2017/05/28 11:30:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「新型の電費 http://cvw.jp/b/1849271/40413818/
何シテル?   09/16 08:50
リーフは楽しい!でもZはもっと楽しい! 楽しい車に乘れていることに感謝!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

日産 リーフ 葉っぱ号 (日産 リーフ)
サスとタイヤ変えたリーフは結構スポーツカーです。(見た目と加速は無視で!) 中低速での走 ...
日産 フェアレディZ ゼット (日産 フェアレディZ)
9年目に突入。当初の予定ではとっくに手放してるはずだったんですが、まだ乗ってます。 普段 ...
日産 セレナハイブリッド セレナ (日産 セレナハイブリッド)
このサイズのミニバンは使いやすくて重宝します。 走りの楽しさはないですが、競争の激しいジ ...
ホンダ シビック ファーストカー (ホンダ シビック)
ATで非力でしたが、とても運転しやすく楽しい車でした。この車に出会わなければ車好きになっ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.