• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月20日

ツインHVの中古車を広島まで見に行ってきました。

車でもバイクでも運転を楽しむためにはやはり軽くてコンパクトであることが一番だと信じているので、日々一人で乗ることが多い車としてツインは唯一無二のモデルだと思っています。ですから発売されてすぐに購入したものの、3年たたないうちに雪道でスリップして桜の大木にぶつかりルーフまで変形したため、再度購入したのが現在乗っているツインです。今思えばそのときにしっかり防錆処理をしておけばよかったのですが、融雪剤と塩風を浴びることの多い新潟ではどう頑張ってもいずれ錆びてしまうという思いがあり結局なにもしないまま今日に至っています。

今後このタイプの車が出るとすればシティーコミューターとしての小さめのEVで高速道路まで余裕で走れるレベルではないでしょうから、今のうちに程度のよいツインを確保しておきたいと思い今月8日に広島のスズキアリーナ店までツインHVを見に行ってきました。走行距離が3500kmと少ないため、その間のエンジンの管理状態など気になるところはあるもののやはり走行1万km未満の個体には非常に魅力があります。お店に着いて実車を見ると、塗装は年数の経過を感じさせない良い状態でした。室内樹脂部には紫外線による色褪せが若干見受けられましたがきれいな状態でした。車体下部にはところどころ錆びが出てるところもありましたが、これから防錆処理をしても十分間に合うレベルで予想よりは良い状態でした。エンジン音は雑味がなく良好でした。そして対応してくれたお店の方もとても感じの良い人でした。とはいえ本体価格で100万円超え+諸費用となると、ツインに特別な価値を持たない人にとってはまず購入対象にはならないでしょう。

私としては実車を見て何か感じるところがあれば購入するつもりだったので頭金と印鑑は持っていきましたが、今乗っているツインもまだまだ走れるので結局のところ結論は趣味でその金額を出せるかどうかというところになり、とりあえず今回は見積もりだけもらってきました。無理して購入しても10年後たぶん後悔はしていないと思いますが、はたして2台のツインをかまってやれるかというあたりも加味すると踏み切れないところがあります。もっと大事にしてくれる人はたくさん居るでしょう。

ツインHVのモーターはエンジンと出力軸が直結で出力も5kW程度ですからエンジンを止めてのEV走行ができないのでそのままではHV車としてのメリットはあまりないのですが、バッテリーをリチウムイオンタイプに換装してリヤ2輪をインホイールモーターとしたときに、アシスト用ではなく主にエンジン始動と発電用で使用すると最新HV同様の価値が出てきます。 1輪あたり40kWクラスのモーターを付けて合計80kW(短時間最大出力120kW超え)で、バッテリー容量は5kWh以上で比較的出力密度の高いタイプのリチウムイオンバッテリーを使えば全体で150kg程度の重量増にはなるものの加速性能についてはツインのターボ仕様をかなり上回る性能を引き出すことができます。もちろん高速域での連続走行では勝負になりませんが、もともとが軽量なツインは加速性能に特化するのがふさわしいと思っています。

インホイールモーターは15年ほど前にEVエコランでモーターとコントローラーを作ったことはありますが、出力は比較にならないほど小さいものでした。一部外注で構成部品を作ってもらうとしても、はたして個人レベルで40~50kWクラスの物が製作できるかは疑問ですし、自作するにしても完成品を購入するにしても現在のところではおそらく数百万円単位になるでしょう。それでもたぶん10年後でも一充電で1000kmくらい走れるとか、0-100km/hを4秒台で走れるようなコンパクトEVは庶民価格では登場していないと思うので、「ツイン3モーターHV」今後10年がかりで取り組むプロジェクトとしては楽しめると思っています。

二日で広島までの往復1800km。今回は二人乗車だったこともあってさすがにツインでは行きませんでしたがそれが災いしてか、広島からの帰り道、覆面パトにつかまりました。後でドラレコ映像(下)を見たら覆面パトがしっかり写っていました。直前まですぐ前を走っていたメルセデスのドライバーの方はすぐ気が付いたのでしょう。走行車線に戻ったあとすっと減速していました。その夜の仕事の都合で急いでいたのと、ここ10年以上ゴールド免許でスピード違反単独での免許取り消しはないという慢心もあったのでしょう。後ろに付かれるまで気が付きませんでした。それでも、もし気付くのがあと5秒遅れていたら違反点数は間違いなくMAXだったので、青切符で済んだのは幸いでした。それにしてもどんな状況であれ、この覆面パトオーラー100%のクラウンを見落とすような人は安全速度で走りましょう!ということで、しばらくは模範運転に努めたいと思います。取り締まる方もそれが一番の目的でしょうから。



ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2017/10/20 16:15:50

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

愛知から東京往復 充電一回で燃費は ...
るーとさん

新型PHV 少しナイトドライブ 何 ...
toro_555さん

あれ?もう6年経過したんだ…
ウッkeyさん

(新Gクラス・ω・C350e)
たく@独車一番!48・46二番!さん

ケーニグセグ レゲーラの市販Ver
yakopuさん

ベンツSクラスのディーゼルハイブリ ...
散らない枯葉さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ツイン 3モーターHVプロジェクト 003 http://cvw.jp/b/1849349/40810711/
何シテル?   12/05 17:43
車は気に入ったものを新車で購入して長く乗るタイプです。家族構成の変化とともに軽自動車、コンパクトカー、ミニバンと少しずつ大きな車に変わってきましたが、最後はピュ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ミッション交換・クラッチ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/04 20:05:10

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ツイン スズキ ツイン
一番安いグレードのガソリンAでしたが、7年目にエアコンだけは取り付けました。鉛バッテリー ...
ホンダ オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド
写真右側に少しだけ写っているトヨタのミニバンを14年間21万Km乗ってきましたがエンジン ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる