• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タルピー4のブログ一覧

2017年02月19日 イイね!

プリウスPHVに試乗!

トヨタの新型車であるプリウスPHVに試乗してきた。一番上のグレード(Aプレミアム)、入庫したばかりでセールスの男性もまだ乗ってないらしい。出来たてホヤホヤだ。



先代プリウスPHVは普通プリウスとほとんど同じエクステリアだったが、新型は明確に差別化を図っている。なかなかカッコイイ。真横から見るとFCVのミライによく似ている。



乗り込んで一番目立つのが11.6インチの大画面SDナビゲーションシステム。非常に見易いが、なんとDVDが再生出来ないとのこと。これはトヨタらしくない。走りは静かでスムーズだが、普通プリウスより物凄い差があるとは感じられなかった。試乗距離がわずかだったので、力強いモーター走行を実感できるまでには至らなかったのが残念。内装は上質感たっぷりで、後席は2席で乗車定員は4名。サルーン車の雰囲気に満ちている。

モーターのみ走行距離は68.2Kmと先代の2倍以上となっており、日常生活の移動範囲でガソリンを消費することはまずないだろう。また、HV走行時の燃費は普通プリウスと同じ37.2Km/L。家庭用コンセントによる普通充電は200Vで2時間20分、100Vで14時間かかる。もちろん商業施設や高速道路SAなどでは急速充電も可能で、20分で約80%充電完了となっている。さらに世界初となるソーラー充電パネルが設置されており、ガソリン消費量抑制の一助となっている。なお、駆動方式はFFのみで、普通プリウスに設定されている4WDはない。

価格は消費税込みで326万円~422万円。PHVでは先行する三菱アウトランダーよりは低めだが、向こうは4駆のSUVで乗車定員5名なので、一概に比較は難しい。すでに先行受注が8千台に達していると聞く。ライバルのホンダが本格的にPHVに参戦して来ると面白くなる。なお、我がスバルも社長が来年PHVを投入すると明言しているので、個人的には非常に気になっている。
Posted at 2017/02/19 15:31:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月15日 イイね!

ドカ雪

朝起きたら、ドカ雪で愛車XVハイブリッド君が包まれ、窒息していました。



掃除用の長いブラシで、1時間後に救出しました。この冬初めてスタッドレスタイヤが活躍した一日でした。
Posted at 2017/01/15 22:30:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月18日 イイね!

C-HRに試乗!

トヨタの新型SUVであるC-HRに試乗して来た。発表・展示は今月だが、試乗車は来年1月にならないと準備出来ないだろうと言われていた・・・。ところが本日近くのカローラ店に行くと、ナンバープレートを付けたC-HRがあるではないか!という訳で早速試乗させてもらった。

試乗車は1.8Lハイブリッド(FF)。見た目の外観はやや小ぶりで、クーペ的スタイルから俊敏な走りを予感させてくれる。ボンネットの見切りは良く、インパネやシートは上質な作り。走りはなかなかスムーズで力強い。トルクの太さを実感出来る。噂されていた後席の狭さはまぁ我慢は出来る程度。但し、窓が狭いので窮屈な感じは否めない。あえて欠点を上げるとすれば、斜め後方視界が非常に悪いこと。バックする時は要注意だが、そこはトヨタ、抜かりなくコーナーセンサーを標準装備して対応している。

パワートレインは1.8Lハイブリッド(FF)と1.2Lターボ(AWD)の2本のみ。同じTNGAのプリウスのように両方にFFとAWDを揃えて欲しかった。なお1.2Lターボ車の燃料はハイオクではなくノーマルガソリンだ。同じダウンサイジングターボエンジンを使用したのオーリスはハイオク仕様なのだが、どのようにしてノーマル仕様に出来たのかは謎である。

ライバルはホンダ・ヴェゼルやマツダ・CX-3だが、我がスバルのXVも競合するかもしれない。既に先行受注をかなり抱えており、今契約しても納車は早くて来年3月になるという。人気のSUV市場に殴り込みをかけたトヨタ・C-HR、今後の展開が楽しみな1台になりそうだ。
Posted at 2016/12/18 17:05:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月06日 イイね!

日産新型ノートに試乗

日産の新型ノートに試乗した。このクルマは、ガソリンエンジンで発電し、モーターで走行するというユニークさが良い。EV車最大の弱点である航続距離に全く心配がなく、一方で静かで力強いモーター走行が楽しめる。実際に運転してみて、直ちに物凄いという感じはなかったものの、静粛性とトルクの太さは充分で、併売中のガソリン車からの乗り換え需要が一定数あるのではないだろうか。

税制上の分類はEVではなくハイブリッドになるが、カタログ燃費でライバルと目されるトヨタ・アクアを僅かに上回り、価格はほぼ同じに設定されている。日産のやる気が十二分に感じられる1台だ。

セレナの自動運転といい、最近の日産の新技術には目を見張るものがある。傘下に収めた三菱自動車を再建して、あっと驚くようなクルマを早く市場に提供してもらいたいものだ。
Posted at 2016/11/06 18:54:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月23日 イイね!

新型インプレッサに試乗!

新型インプレッサに試乗!スバルが満を持して発売した新型インプレッサに試乗して来た。

今回試乗したのは、2.0L直噴エンジンを搭載する最高級グレード車。試乗距離はそれ程長くなかったが、自動車専用道路を走行したので、ライバルとするVWゴルフに勝るとも劣らない俊敏さの一端が伺えた。ACCの設定速度に到達するまでの時間が短いのが気持ち良い。走行中はかなり静かで、SGP(Subaru Global Platform)第一弾の面目躍如たるところだろう。

新型インプレッサはアイサイトVer.3に加え、車内7エアバッグ、世界で3番目・国産車で初となる対人エアバッグを全車標準装備するなど、安全装備がてんこ盛り。年末には1.6L車も登場する。さらにAWDだけでなくFWDも用意するので、スバル車を初めて買う人には必ずピッタリの車種を選択出来るラインアップとなっている。走りと安全をを見事に両立させた新型インプレッサは大ヒット間違いなしと感じた。
Posted at 2016/10/23 21:15:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「プリウスPHVに試乗! http://cvw.jp/b/1850280/39342443/
何シテル?   02/19 15:31
タルピー4です。よろしくお願いします。スバルレガシィワゴンを3台(※)18年間乗り継いだ後、現在XVハイブリッドに乗っています。いわゆるスバリストの一人です。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

お友達

3 人のお友達がいます
夢の助夢の助 * ウッチ820ウッチ820
crosstrekcrosstrek

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スバル XVハイブリッド スバル XVハイブリッド
スバルのレガシィツーリングワゴンを3台(※)18年間乗り継いだ後、現在XVハイブリッドに ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.