• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かねぴーのブログ一覧

2017年08月19日 イイね!

久しぶりに野鳥撮影

久しぶりに野鳥撮影

今日は朝から野鳥撮影に。
たまには7D2を使ってあげないとね。

いつもの東京港野鳥公園ではなく横浜の公園に行ってきました。
初めてカワセミを撮ることができたので嬉しいです。

カワセミ

カワセミ
f/10 1/640sec ISO-3200

今日は7D2とα7iiで撮影。
αで撮ったのは写真のキャプションに書いておきます。
ちなみに、ほぼ600mmでトリミングです。

アオサギ

アオサギ
f/9 1/500sec ISO-640

アオサギ

アオサギ
α7ii f/9 1/800sec ISO-3200

カワウ

カワウ
f/9 1/500sec ISO-2000

ウミウ

カワウ
α7ii f/8 1/800sec ISO-3200

カワセミ。親鳥が餌をあげているようです

カワセミ。親鳥が餌をあげているようです
α7ii f/9 1/800sec ISO-3200

カワセミ

カワセミ
f/9 1/800sec ISO-3200

カワセミ

カワセミ
f/9 1/2000sec ISO-3200

カルガモ

カルガモ
α7ii f/8 1/800sec ISO-5000

なんでしょうか?

なんでしょうか?
f/9 1/500sec ISO-1000

なんでしょうか?

なんでしょうか?
f/9 1/400sec ISO-100

スズメ

スズメ
f/9 1/800sec ISO-1250

以下、公園に咲いていた花です。
花の名前は・・・わかりません。

f/9 1/500sec ISO-1000


f/9 1/500sec ISO-1000

f/9 1/400sec ISO-640


f/9 1/400sec ISO-640

f/9 1/800sec ISO-1250


f/9 1/800sec ISO-1250

f/9 1/400sec ISO-1600


f/9 1/400sec ISO-1600

Posted at 2017/08/19 16:15:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年07月07日 イイね!

EOS 7D Mark IIとα7IIのAF精度は?(成田で飛行機撮影)

EOS 7D Mark IIとα7IIのAF精度は?(成田で飛行機撮影)

先週末、成田空港近くのさくらの山公園に飛行機を撮影しに行ってきました。
羽田と違って成田は、貨物機も含めて各国の多彩な航空機がいるので楽しいですね。

セブ パシフィック航空 A320

セブ パシフィック航空 A320
EOS 7D Mark II+SIGMA 150-600mm F5-6.4 DG OS HSM
238mm f/9 1/200sec ISO-100

昼前くらいについたのですが、北風運用だったため超接近の着陸シーンは撮影できず、でした。

スカンジナビア航空 A340

スカンジナビア航空 A340
EOS 7D Mark II+SIGMA 150-600mm F5-6.4 DG OS HSM
150mm f/9 1/400sec ISO-100

が、

撤収して車を走らせていたところ、南風運用にランチェン。
急きょ戻って撮影再開しました。

ユナイテッド航空 B737

ユナイテッド航空 B737
EOS 7D Mark II+EF70-200mm F4L IS USM
138mm f/9 1/400sec ISO-100

こうなると距離が近いので、EOS 7D Mark II+SIGMA 150-600mmではファインダーに収まらずEF70-200mm F4L IS USMにレンズを変更して撮影です。

α7IIも持って行ったので、こちらでも撮ってみました。

JAL B787

JAL B787
α7II+EF70-200mm F4L IS USM
200mm f/5 1/1600sec ISO-100

α7IIは連写速度は5コマ/秒。動体には強くないですが、民間機程度ならAF-C+単写なら撮影可でした。
EFレンズなのでマウントアダプターのMC-11経由です。
公式にはEFレンズは非対応、SIGMA製レンズであってもAF-Cは非対応なのですが、上記組み合わせで全く問題なく撮影できました。
ちなみに、MC-11+EFレンズの場合、AF-C+連写ではAFは追従しないです。

じゃ、AFの精度は? ということで、上のユナイテッドとJALの写真を等倍にしてみました。

EOS 7D Mark II+EF70-200mm F4L IS USM(等倍)

EOS 7D Mark II+EF70-200mm F4L IS USM(等倍)
138mm f/9 1/400sec ISO-100

α7II+EF70-200mm F4L IS USM(等倍)

α7II+EF70-200mm F4L IS USM(等倍)
200mm f/5 1/1600sec ISO-100

絞りとシャッタースピードが違っていますが、焦点距離はセンサーサイズを考慮するとほぼ同じ。被写体との距離もほぼ同じです。
センサーの素子サイズはEOS 7D Mark IIのほうが4割強ほど小さいのでピンボケにシビアですが、こちらは純正Lレンズとの組み合わせ。
α7IIはマウントアダプター+社外レンズという組み合わせで、動作保証外。
にもかかわらずα7IIのほうがバチピンに見えます。

このままだと7Dのほうが不利なので、素子サイズを考慮して7Dのほうの画像を縮小してみます。

EOS 7D Mark II+EF70-200mm F4L IS USM(縮小)

EOS 7D Mark II+EF70-200mm F4L IS USM(縮小)
f/9 1/400sec ISO-100

こうするとまぁ似たような感じになります。

これはAF精度だけじゃなくレンズの解像力によるものかもしれません。
でも、もはやレフ機の位相差AFの優位性は少なく、ミラーレスの像面位相差AFでも同等の精度、速度で撮影できるようです。
EFVの利便性を考えると動体撮影でもミラーレスに移行しても良いのかも。
さすがにα9は買えませんが、動体追従AFの性能次第ではα6XXXあたりへの完全移行も考えてみるか。

Posted at 2017/07/07 10:18:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年07月04日 イイね!

Sony α7II購入

Sony α7II購入

昨年末にオリンパスのミラーレスカメラOM-D E-M1を購入したわけですが、それからの買い替えでソニーのα7IIを購入しました。
E-M1はセンサーサイズが小さくレンズもコンパクトで風景を撮るときには非常に写りがよかったのですが、人やモノを綺麗にぼかして撮るのは苦手でした(まぁレンズ次第なのですが・・・)。

前からフルサイズセンサーのカメラがほしいと思っていたところ、α7IIが安くなってきていて更にキャッシュバックキャンペーンが開始され、またシグマのMC-11というマウントコンバーターを使用すると(シグマは動作保証外としてますが)キヤノンのEFレンズがAF、絞りなども不便なく使える、ということで購入しました。

Sony α7IIとSIGMA MC-11

Sony α7IIとSIGMA MC-11

キャッシュバックは2万円。
E-M1のボディとレンズを何本か売ったら追金1万円ちょっとで購入できたので、とてもリーズナブルでした。

Amazonでα7IIを購入 | AmazonでMC-11を購入

楽天市場でα7IIを購入 | 楽天市場でMC-11を購入

ちなみにキャッシュバックキャンペーンは7月31日までなのでお早目に。

EOS 80Dとの比較

さて、α7IIはフルサイズセンサーとはいえミラーレスです。
なので、非常にコンパクト。
APS-CセンサーのEOS 80Dと並べてみるとその小ささは一目瞭然です。

EOS 80D(左)とα7II(右):正面

EOS 80D(左)とα7II(右):正面

EOS 80D(左)とα7II(右):上面

EOS 80D(左)とα7II(右):上面

MC-11を取り付けるとこんな感じになります。

α7II+MC-11

α7II+MC-11

EOS 80D(左)とα7II+MC-11(右)

EOS 80D(左)とα7II+MC-11(右)

フランジバックを等しくするためなので厚みは同じくらいになりますね。

レンズを取り付けて撮影してみる

キヤノンの撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMを取り付けるとこうなります。

α7II+MC-11+EF50mm F1.8 STM

α7II+MC-11+EF50mm F1.8 STM

ちなみに、手持ちの以下のEFレンズはすべてAF、絞りとも実用的な速度で動作しました。

  • EF50mm F1.8 STM
  • EF70-200mm F4L IS USM(SIGMAのx1.4テレコンをつけても大丈夫でした)
  • EF35-80mm F4-5.6

なお、EF-SレンズはMC-11には物理的に装着できません。
もちろん、最近のSIGMA製のキヤノン向けレンズは動作保証されているのでちゃんと動作します。

  • 30mm F1.4 DC HSM | Art
  • 24-105 F4 DG OS HSM | Art
  • 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

SIGMA 30mm F1.4はAPS-C用レンズですがフルサイズカメラにつけても周りが若干けられるだけで撮影可能です。
Lightroomでレンズ補正をかけてあげれば「少し周辺減光があるな」くらいの感じで使えます。

EF50mmとSIGMA 30mmで撮った写真を一枚ずつご紹介。
レンズ補正のみ、ノートリミングです。

名古屋出張の時にたまたま駅に展示されていたルマン車両

名古屋出張の時にたまたま駅に展示されていたルマン車両
EF50mm F1.8 STM
f/1.8 1/100sec ISO-100

芝浦の運河にて

芝浦の運河にて
SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art
f/1.4 1/1600sec ISO-100

MC-11について

EOSと比べてAF速度、精度ともに遜色ありません。
むしろAF精度はα7IIのほうが良いかもしれません。

上の写真を撮った時は、本体のファームウェアバージョンは3.30、MC-11のファームウェアバージョンは1.05です。
6月にそれぞれ新バージョンが発表され、本体は4.00、MC-11は1.06になりました。
新バージョンではキヤノン製レンズの動作に若干問題が出てきましたが、暗所や最短撮影距離より近い被写体に対してAFを行ったときのみ発生するようで、回避策もありますので特に問題なく使えてます。

α7II、いいね

秋以降にはα7IIIが発表されるという噂ですが、現時点でのコストパフォーマンスはベストかもしれません。
E-M1より重くなりましたが、EF50mmをつけっぱで通勤でも持ち歩ける大きさ・重さです。
EOSとの比較など、また記事にしたいと思います。

大事なことなので2回書きますが、キャッシュバックキャンペーンは7月31日までですよ(笑)。

Amazonでα7IIを購入 | AmazonでMC-11を購入

楽天市場でα7IIを購入 | 楽天市場でMC-11を購入

Posted at 2017/07/04 09:28:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年06月24日 イイね!

東京港野鳥公園

東京港野鳥公園

梅雨の晴れ間に2時間ほど時間が取れたので、東京港野鳥公園で鳥撮りしてきました。
先週から機材がEOS 7D Mark2になりました。
ボディ、レンズともにAFの調整がまだできていないようで甘ピン連発なのですが、少しずつ調整したいと思います。

東京港野鳥公園ですf/4 1/800sec ISO-100Sony α7II+SIGMA 24-105mm DG OS HSM Art

東京港野鳥公園です
f/4 1/800sec ISO-100
Sony α7II+SIGMA 24-105mm DG OS HSM Art

今日の成果は、

  • カルガモ
  • スズメ
  • カワウ
  • カイツブリ
  • アオサギ
  • コアジサシ
  • ヒメアマツバメ
  • スズメ
  • シジュウカラ

ウミネコ、ダイサギあたりも撮れたんだけど、ピントが合わずボツでした。

以下の写真は適宜トリミングしてあります。
全てEOS 7D Mark II+SIGMA 150-600mm DG OS HSM Contemporaryで撮ったものです。

カルガモf/8 1/400sec ISO-160

カルガモ
f/8 1/400sec ISO-160

カワウf/9 1/500sec ISO-1000

カワウ
f/9 1/500sec ISO-1000

ジュウシマツ(多分)f/9 1/500sec ISO-3200

シジュウカラ
f/9 1/500sec ISO-3200

カワウf/9 1/1000sec ISO-320

カワウ
f/9 1/1000sec ISO-320

スズメf/9 1/500sec ISO-400

スズメ
f/9 1/500sec ISO-400

ヒメアマツバメf/9 1/1000sec ISO-200

ヒメアマツバメ
f/9 1/1000sec ISO-200

コアジサシf/9 1/1000sec ISO-250

コアジサシ
f/9 1/1000sec ISO-250

アオサギf/9 1/1000sec ISO-3200

アオサギ
f/9 1/1000sec ISO-3200

カイツブリf/9 1/1000sec ISO-2000

カイツブリ
f/9 1/1000sec ISO-2000

カワウf/9 1/250sec ISO-250

カワウ
f/9 1/250sec ISO-250

カワウf/9 1/1000sec ISO-1600

カワウ
f/9 1/1000sec ISO-1600

スズメf/13 1/1000sec ISO-800

スズメ
f/13 1/1000sec ISO-800

Posted at 2017/06/26 12:56:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年06月08日 イイね!

レッドブル・エアレース千葉2017

レッドブル・エアレース千葉2017

さて、2か月ぶりの更新です。
先日千葉で開催されたレッドブル・エアレース千葉2017を見に行ってきました。
チケットは一番安いスタート・ゴールエリア。決勝1Dayで9,000円です。

スタート・ゴールエリアは会場の一番検見川浜駅寄りのエリアで、ステージイベントはありませんが、売店やトイレも十分に整備されています。
また、砂浜ではなく堤防上なので砂まみれにならず快適でした。

会場は海浜幕張駅から徒歩10~15分。
10時過ぎに着いたのですが手荷物チェックがあったりするので入場まで30分程度かかりました。

30分ほどの待ち行列

30分ほどの待ち行列

ようやく入場

ようやく入場

レジャーシート、食べ物は持ち込み禁止で場内での購入のみ、ということで手荷物検査もやっていたのですが、7割くらいの人が自前のレジャーシートでしたね。
食べ物もガンガン持ち込んでました。
こういう不公平な運営はやめてほしいところです。

私が陣取った席からは、ちょうどいい感じでゲートとスカイツリーを見ることができました。

スタート・ゴールゲートとスカイツリー

スタート・ゴールゲートとスカイツリー
f/8 1/640sec ISO-100 211mm

実際のレースの前や合間にはいくつかの展示飛行がありました。

まずは陸上自衛隊のアパッチとHU-1輸送ヘリ。

陸自のアパッチ

陸自のアパッチ
f/13 1/160sec ISO-100 180mm

次に千葉市消防航空隊の消防ヘリ「おおとり」。
海上での救助活動のデモンストレーションをやってました。

消防ヘリにより救助デモ

消防ヘリにより救助デモ
f/16 1/80sec ISO-100 361mm

次はレース前のテストフライト。
ゲートを引っかけてしまい、修理活動をやってました。2~3分で修理完了。早業でした。

競技前のテストフライト

競技前のテストフライト
f/8 1/320sec ISO-100 283mm

ゲートの修理中

ゲートの修理中
f/6.3 1/320sec ISO-100 468mm

この日の目玉イベントの零戦の里帰り飛行。
レプリカではなく本物の零戦は4機しか現存しないのですが、その内の一機が東京湾を飛びました。
なんか、すごく感動しましたよ。

零戦の里帰り飛行

零戦の里帰り飛行
f/8 1/500sec ISO-100 516mm

また、戦前に作られたダグラス社のDC-3も展示飛行を行いました。
これはブライトリングDC-3の世界一周ツアーの一環で、日本では初の展示飛行だそうです。
通常の旅客機では行わない低空での飛行で、迫力がありました。

DC-3展示飛行。美しい機体です

DC-3展示飛行。美しい機体です
f/6.3 1/500sec ISO-125 600mm

で、レースのほうは、昨年の千葉でも優勝した日本人パイロット室屋義秀を全面的に応援です。

準々決勝にあたるRound of 14では0.007秒差でPetr Kopfsteinに勝利(Kopfsteinは敗者復活でRound of 8へ)。

準決勝にあたるRound of 8では、先攻の室屋がインコレクトレベル(機体が水平じゃない状態でゲートを抜ける反則行為)で2秒のペナルティ。もうだめかと思いきや、後攻のMatt Hallがゴール直前のゲートでインコレクトレベルのペナルティ。結果、室屋が勝ち抜け。

決勝戦のFinal 4では、トップバッターの室屋が55.288秒のタイム。2番手のKopfsteinは室屋に及ばす。
3番手のMatthias Doldererはずっとリードしていたのですが、ゴール直前のゲートでパイロンヒット。3秒のペナルティで負けです。
最終飛行のMartin Sonkaも前半リードするも途中のゲートでインコレクトレベルのペナルティ。

ホームの室屋が神がかった戦いで、昨年に続いて千葉戦を連覇。2017年シリーズでも第2戦に引き続き連勝で、ポイントリーダーとなりました。

Nicolas Ivanoff選手

Nicolas Ivanoff選手
f/8 1/320sec ISO-100 516mm

室屋義秀選手

室屋義秀選手
f/8 1/400sec ISO-100 324mm

Cristian Bolton選手

Cristian Bolton選手
f/7.1 1/400sec ISO-100 516mm

Matthias Dolderer選手

Matthias Dolderer選手
f/8 1/400sec ISO-100 244mm

室屋選手 優勝!

室屋選手 優勝!
f/6.3 1/400sec ISO-125 516mm

子供のころからリノのエアレースに憧れて、ずっと見たいと思っていたレースを見ることができました。
迫力があって楽しかったです。
来年も是非行きたいところです。

ちなみに、帰りの海浜幕張駅の混雑を予想し、一つ手前の検見川浜駅まで歩きました。
思った以上に距離があって30分以上かかって到着。
電車は空いていて無事に座れたのですが、海浜幕張駅はさほどの混雑ではなく拍子抜け。
でも、結構疲れたので東京駅まで座れてよかったー。

Posted at 2017/06/08 13:58:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「久しぶりに野鳥撮影 http://cvw.jp/b/18564/40269935/
何シテル?   08/19 16:15
ラリー、レースなどをやっていたクルマ好きです。 DIYも好きなのでいろいろ弄りたいと思っています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

久しぶりのコーディングネタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/03 07:36:23
BMWコーディング 「Code Default Valuesからのリカバリー」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/03 06:24:08
FSW F82 M4 【1回目】2015/06/25 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/26 18:11:05

お友達

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
今まで乗っていたGolf6 Variantの車検、保証期間切れに伴い買い換えしました。 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
諸事情によりRX-8から乗り換えました。 パワーと燃費の両立に驚きです。
マツダ RX-8 マツダ RX-8
パーティーレースに出場するためRX-8から買い換え。 2007年にはシリーズチャンピオン ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
エンジンに惹かれて購入しました。 ベース車を購入したのですが、まさか2年も経たずにTyp ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.