• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フランソワ・アルヌ~ル♪のブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

【フルコン】 EF-VE+DET@プチミラーサイクルエンジン de 通勤開始 【ミラバン】

みなさま お姉様 ごきげんよう♪

通勤という名の繰り返し耐久試験は始まりました
まずは無難な感じで☆スタート☆ですわ

【帰路の結果】
☆スロットル開度と吸入空気量の関係
(VE1=吸入空気のシリンダーへの充填率)


☆空燃比設定

縦軸=負荷軸 EF-VE+DETは吸気圧 EF-VEはスロットル開度
EF-VE+DETではプチ希薄燃焼(リーンバーン)にチャレンジしてみています
理由は排気温度を下げたい♪ & 燃費を稼ぎたい からですわ
燃料冷却はせずに空燃比を薄くして排気温度を下げようという目論見なのですわ
AF=16.5でも過給すれば普通に走れるトルクが出るコトは昨年の通勤試験で確認済みですことよ

☆スロットル開度とスロットル下流(インマニ内)吸気圧の関係
縦軸=負荷軸:スロットル開度 吸気圧=MAP:kPa

EF-VEは自然吸気なのでスロットル全開でも吸気圧は大気圧辺りです

☆スロットル開度とスロットル上流(インタークーラー内)吸気圧の関係
縦軸=負荷軸:スロットル開度 吸気圧=MAP:kPa

スロットルをちょい開けしていればスロットル上流の圧力は大気圧以上となります

☆スロットル下流(インマニ内)とスロットル上流(インタークーラー内)の吸気圧の関係
縦軸=負荷軸:吸気圧(MAP:kPa)

タービンで過給された空気はスロットルという絞り弁で絞られてしまうので スロットル上流(インタークーラー内)の圧よりスロットル下流(インマニ内)の吸気圧のほうが低くなっております

☆おまけ:点火時期の設定
縦軸=負荷軸 EF-VE+DETは吸気圧 EF-VEはスロットル開度


こんな感じですわ

感想は「やっぱり過給はイイ!!」 ですネ♪
Posted at 2017/09/20 00:09:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミラ | クルマ
2017年09月19日 イイね!

【フルコン】 ターボのサクションパイプをFRPで自作してみよう★その2 【ミラバン】

みなさま お姉様 ごきげんよう♪

EF-VEにVQ37タービンを取り付けたいがためにFRPでなんとかする羽目となったサクションパイプ 半完成いたしました



取り回し位置の確認のため まだ布テぐるぐるの仮留め状態ですが コレで本日の通勤こなしましたわ

万能結合素材 布テープ
これさえあれば大抵のコトはなんとかなるものですわ


それにしてもFRPでパイプをなんとかでっちあげるのには想像以上の時間掛かりました
読みの甘さ 痛感いたしましたわ
11年前にも同じようにターボのパイピングをFRP自作して涙目になったコト すっかり良い思いでとしておりました

FRPで作ったパイプはディスクサンダーで削って形を整えるわけなのですが フランソワ粉まるけTヘTです
涙目になりながらしみじみ 失敗に学ばないといかんですばい と思いました
「過去に学ぶ」 フランソワはひとつ学習しましたわ

さて ☆FRPでパイピング作るためのレシピです☆
①FRPで元のパイプコピーします


②ディスクサンダーやリューターで形を整えます



それなりにキレイになりました


ちなみに裁ちバサミを使ってガラスマットを切っております
しゃき!っと切れて良いですわよ


ポリエステル樹脂の取り分けには樹脂容器を使っております
フタをしておけば容器の中にへばりついて残ってしまった樹脂も長期保存でも汚れませんわ


手袋はコレ↓を使っておるのですが 気がつけばいつのまにかポリエステル樹脂が手袋内部に侵入して やっぱり手はベトベトになってしまってますTヘT


③ポリエステル樹脂を塗ったガラスマットを貼り付けた後に マスキングテープでぐるぐる緊縛
その後はひなたぼっこで硬化させてあげます


④待つこと数時間 樹脂が硬化しましたらマスキングテープを剥がします・・・・が
マスキングテープの上に樹脂が染み出してマスキングテープが剥がれない場所が多々ございましたわ
そんな時はディスクサンダーで強制削除 フランソワは粉まるけです
そしてFRPでコピーするのが難しそうな複雑な形状の部分は純正サクションパイプをそのまま使うコトといたしました



⑤とりあえずパイプ達をかき集め エンジンルームの取り回しを確認しながら位置を決めてゆきます
パイプ連結部の角度調整にはディスクサンダーが大活躍
削る度に盛大に白煙 削り粉であちこち真っ白けとなりました
そして位置が決まりましたら 布テープでぐるぐる巻き連結しての仮組みです



ボンネットともぶつからず どうにかそれなりな位置に収まってくれましたわ



【次回FRPでパイプ製作する時のタメのメモ】
①ディスクサンダーでFRP削る時は防護メガネ・マスク必須・・・・削り粉で目がしばしば回避
②FRPでパイプの形状を作る時はコピーしたFRPパイプをちまちま貼り合わせるのではなく 元のパイプを粘土盛りなどして理想の形状とししたマスターモデルを作り その上にFRPを貼って形状をコピーしたほうが断然ラク!!
③緊縛には布テープを使う マスキングテープは剥がすのが困難

FRPでやっつけたサクションパイプ製作 仮状態ではありますが なんとか本日の出勤に間に合わせるコトできました
めでたしめでたしでございます
Posted at 2017/09/19 22:20:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミラ | クルマ
2017年09月17日 イイね!

【フルコン】 IHI RHF3 VQ37タービンをEF-VE+DETエンジンに取り付けよう & プチミラーサイクル化@台風接近中♪ 【ミラバン】

みなさま お姉様 ごきげんよう♪

台風18号がやってくるようです


なんだか磐田市の空も不穏な色しておりますわ


でもでも折角の三連休
ミラバンのEF-VEエンジンにVQ37タービンを付けてEF-VE+DETエンジンとする時間的チャンスはこの休みを逃すと遠い先の話となってしまうのです

「ええい ままよ」

©株式会社サンライズ

雨風も当たらなければ どうということはない ですわ!!
と 心を決めて決行です

現状はなんの変哲のないEF-VE後期エンジンであります(2016年12月載せ換え)




まずはバンパー外しですわ
ダイレクトフレッシュエア吸入システムが付いておりますのよ


さてさてIHI RHF3 VQ37タービンのアレはEF系エンジンのマウントブラケットと干渉します
そのためブラケット側に大掛かりな加工が必要なのですョ
↓加工前のブラケット(運転席側)です



これをざっくりと削るワケです


タービンのニップルがそのままではぶつかってしまう!
それを避ける為には深く削る必要がありました





そしてこのエンジンはEF-VE(自然吸気)なのでタービンからのオイル戻し穴がありませんの
EF-DETエンジンにはシリンダーブロックにその穴が開いておりましてよ


だがしかし!
「こんなこともあろうかと」

©宇宙戦艦ヤマト2199
フランソワは真田志郎工作班長をリスペクトしております

すでににょっきりとナニが生えておりますわ



オイルパンにSUSパイプをバッテリー溶接でオイル通路を確保 抜かりはございませんわ

ココまでくればタービンはポン付けとなりましてよ






次に必要となるのはミラーサイクルとするためのちょいとした細工です
EF-VEの自然吸気用ピストン(圧縮比=膨張比10.5)をそのまま使うのが今回のキモであるワケですが そのままの圧縮比ではタービンが過給した時にとんでもないコトになってしまうますわネ


コレ↓はEF-VEのバルブタイミングです
DVVTという吸気側カムの位相を変化させる可変バルブタイミング機構が付いておりましてよ

そしてタービン過給時にアレしないように吸気側カムの位相をEF-VEのバルブタイミングより遅らせて遅閉じとしてエンジンが吸い込む混合気をイイ感じに逃がして 過給時の圧縮比を10.5より下げるという算段なのでございます

さて どうすれば!?
コレ↓はEF-VE&EF-DETエンジンのカムを組む時のインテークカムとエキゾーストカムの位相です


ヤリかたはインテークのカムが遅く閉じるように1歯分ズラすだけ!!

インテークカムとエキゾーストカムはギヤで連結されており その歯数は24
4サイクルなので360°x2/24歯=30°/歯
1歯分遅くなるほうにズラせばインテークのカムのバルタイは30°遅くなり 圧縮比も下げるコトが出来るワケなのですョ
後はDVVTをメガスクでいい感じのバルタイに制御すれば 圧縮比:可変 膨張比:10.5のプチミラーサイクルエンジンの出来上がり~☆でございましてよ

そうこうしているうちに 気がつけばそらも晴れてきまして

これも本田宗一郎様のご加護なのかと

はい エンジンは一発始動いたしました
もちろん始動前の儀式 あのかたにお祈り したから☆バッチリ☆でございました



さて残るはサクションパイプとなりまして 天候は心配ではありますが もうひと踏ん張り♪です

【フルコン】 魔改造!? IHI RHF3 VQ37タービンをEF-VE+DETエンジンに取り付けるための下拵え 【ミラバン】
【フルコン】 ターボのサクションパイプをFRPで自作してみよう★その1 【ミラバン】
Posted at 2017/09/18 00:08:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミラ | クルマ
2017年09月16日 イイね!

【マツダ】 ロータリーエンジンの終焉!? 【全車電動化@2030年】

みなさま お姉様 ごきげんよう TヘT

複雑な想いとなるニュースです

「マツダは2030年代前半にも、全車をハイブリッド車(HV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・電気自動車(EV)など電動化モデルにする方針を固めた」

・・・・だそうです

新型ロータリーエンジンを積んだ「RX-9」が2020年登場予定(3年後ですョ!!)と先日発表されたワケですが??

熱効率がレシプロ系エンジンに比べて良いとはいえないロータリーエンジンであるのですが
(レシプロエンジンのピストン&シリンダーヘッド&ブロックに対してローター&ハウジングは燃焼熱を多く奪ってしまう=燃費悪)

申し訳のモーターを積んでハイブリッドっと世間に対してのエクスキューズ
ラ フェラーリのように 走るのに電気(モーター)も使っているヨ と

ロータリーならではのハイパフォーマンスといったプレミアム路線で存命する算段なのでしょうかネ♪


このところ急加速した電気化への世相的流れにキナ臭さを感じますわ
中東ミリオネアに頭が上がらない現状からの脱却=頭下げないとガソリンもらえない=ガソリン車動かない
電気でクルマを動かすなら 元の電気はガソリン以外のガス・炭などからでも作れるからネ♪ という筋書きなのでしょうか
そして内燃機関はそれなりにメンテすれば燃料さえあれば半永久的に走れる=買い替え進まない
EVはバッテリー終わったら終わる=クルマにS○NYタイマー内臓=バンバン買い替えないとダメ
そういうコトでしょうか


余談です
松下さんの会社の斜めドラム洗濯機のモーターは高級グレードであってもあの国製です
モーターに関してはメーカーの保障は1年しかついておりません 高級グレードであっても!!
そしてこのモ-ターは実はよくアレします
アレしたら新たなブツに換えればいいんじゃない 信頼はカネにならない あの国ではそういうものみたいです
そして あの国ではEV車がバンバンと走っているようですが 使い捨て なのでしょうネ


さてさてこうなってくるとガソリンエンジンによる「トップカテゴリー」のモータースポーツも言い訳が効かなくなってくるのでは と思いますわ
人々が夢を馳せ そしてクルマに対しての夢を与え続ける「トップカテゴリー」であるが故にガソリンだけでスピードを追い求めることが 車界的に容認されなくなるのではないかと

ロータリーエンジンやV12はモーターのようなスムースさ と伝え聞きます
それが「トップカテゴリー」でも本当のモーターにとって変わられてしまう未来 来てしまうのやもしれませんね

さてさて 世のエンジンチューナー達と呼ばれるひとたちは エンジン弄るよりも モーターのコイルを手巻きで巻き直すスキルが大事! 今のうちに取得しておかないとイケませんわネ★

あてくしですか?
マブチモーターの株 全財産で買い占めようと思いますわ川^a^ノ
Posted at 2017/09/16 22:14:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 時事 | クルマ
2017年09月14日 イイね!

【こんなコトもあろうかと】 フランソワ助教授の語学講座 【イザというトキ役に立つ】

みなさま お姉様 ごきげんよう♪

フランソワ助教授の語学講座へ☆ようこそようこ☆
国際化社会となった昨今ですが いつ何時 外国の乙女からアプローチされるやもしれません
そんなラッキーチャンス 逃してはなりませんわね
いざそのトキ!のためにも 外国語は覚えておいてソンはありませんわ

さて本日は中国語について学んでゆきましょうネ

日常生活でよく使う言葉ですので しっかりと覚えてくださいまし

「底底=パンティ」
「真空=ノーパン」


ハイ これ大事です!
これさえ覚えていれば なにがあっても大丈夫!! 太鼓判押しますわ
Posted at 2017/09/14 21:45:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | ビジネス/学習

プロフィール

「☆会社より無事帰宅☆」
何シテル?   09/20 00:44
みなさま お姉様 ごきげんよう♪ パリジェンヌのフランソワです 川^a^ノ ロドスタクラブR-Junkieの会長代行しています 本名は鈴木”角(かく)”っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

走る実験室 第二催事場 ”スリー..ツー..ワン. ブレイクアウト!!” 
カテゴリ:フフランソワのHP
2017/08/14 21:27:28
 
乙女のお茶会 
カテゴリ:ロードスタークラブ
2006/03/30 00:18:00
 
ロドスタ+ターボを庭先で作ろう♪ 
カテゴリ:フフランソワのHP
2006/03/28 02:49:03
 

お友達

デンパでヨゴレな私ですがよろしくお願いします
みなさま お姉さまに 「くすっ」と微笑んでもらえるブログを目指しています
57 人のお友達がいます
RS500KRS500K * y402y402 *
mistbahnmistbahn * キムキム(&#180;・ω・`)キムキム(´・ω・`)
tommmytommmy みかりん with NDみかりん with ND

ファン

69 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
LE-L250V 4ナンバー 通称”ミラバン” いい車ですよ でも3ATは走りませんね
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
MegaSquirt3+MS3XというフルコンでVVT+ターボ+ミラーサイクル制御してお ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
平成元年発表のロドスタを先行予約して購入しました 面白さにどっぷりとハマってます 色んな ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
走る実験室 ☆ 実験結果報告集 ☆です クルマ&エンジンの性能にまつわる疑問の数々を大 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.