車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月02日 イイね!
帝国陸軍由良砲台跡視察団第二波画像は艦これの軽巡洋艦「由良」

当然、今回の話には関係ない←


フォトギャラリーに先に上げたのでお分かりだと思いますが、和歌山県の「加太(かだ)砲台跡」を見てきました。前回の沖ノ島砲台跡がラピュタのふるさとなら、こちらはバイオハザードです。私が行った時はひとっこ1人居ませんでした。後でちょこちょこ来たけど。ここ、沖ノ島へ出る船着き場から四キロしか離れてないんだよね・・・。知ってりゃ前回に言ったのに↓。ここの砲台は三群六門。戦後まで砲台として生きてましたが、備え付けられた砲は幕末というか明治初期というか、まあ古いやつ。蒸気船相手の砲でレンジも威力もお察し(第一次大戦の戦艦の実交戦距離は3キロ。今の戦車が有効レンジ2〜3キロ)です。普通に敵国の軍艦に直接乗り込まれても手も足も出なかったでしょう。


でまぁ写真を見るとわかりますが、1列に三群の砲台列があって、そことは別に斜めに地下建物があります。全てが砲弾庫です。もうね、ゾンビしか出てきそうにない。なにせ動物すら(虫すら)居ないのですから。後から来た人、車で特殊メイクやってたから、我々が居なくなってから存分に貞子ごっこかゾンビごっこかしてますね。丸腰が不安になる所です。今回はRAで行ったので、LEDライトが載ってたから良かったけど、古いライトだからパワー不足でした。それが写真でさらにバイオハザード感が出てる要因だったりする(笑)

砲台上の観測所跡地は更地になって展望台になってます。遠くは淡路島も見えて風光明媚です。


で、ここだけには実は内陸部に向いている失われた第四・第五砲台群が存在しました。そこは現在は完全に潰されて国民休暇村になっています。どこ狙ってたんでしょうね?アメリカ人?日本人?

ともあれ、友ヶ島に行ったならついでに寄るのをオススメします。友ヶ島より綺麗な形で残ってますし、自衛隊レベルの山越えをする必要もないです(沖ノ島を全周しようと思うなら一日中ランニングするかテントで泊まりですよ?(笑))




さて最後に。由良砲台は3つの砲台群で成り立ってます。ラピュタのふるさと沖ノ島砲台、バイオハザードの加太砲台、あとひとつは淡路島にある生石山砲台です。それぞれが海を向いてます。神戸大阪という重要拠点へ至るにはここを通るか、四国との間を抜けるかしかなく、海から一気にならこのルートしかないです。まぁ結局、本土決戦にはならなかったので無駄でしかなく、なったところで効力も抗力もなかったわけですが・・・

生石山砲台跡は整備が開始されて、その後の作業が中断しています。Googleマップで見ると「元自衛隊跡地」になってます。ここは砲台群の整備が進んでおらず、ほとんどがバリケードの向こう側になってます。ここへは12月7日に行く予定です。さて、どうなるやら・・・。




動画↓なんだろう・・・笑える。
Posted at 2016/12/02 15:28:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月29日 イイね!
矜持と後悔全日本ラリーも終わって、今シーズンも終了。なっちゃんと観に行く予定もあったんだが、向こうに彼氏が出来ちゃったので、取り止め。ラリーと彼氏を天秤にかけた結果なので、向こうは何も言えんわな。


でまぁ私はあんま興味無いのでリザルトだけ見てたんだが、TRDラリーチャレンジ西日本シリーズE-3クラスにカルディナがいる!なんじゃこりゃ?
調べてみると、E-3クラスは「トヨタ車なら何でもいい。気筒数無制限(つまり排気量問わず)」ってクラスらしい。周りはヴィッツで唯一のカルディナ。写真見る通り、カルディナGT-T(ST215W)です。いちおう、TRD規定パーツを組むって条文があるのだが、ST215に規定パーツがあるわけもなく、さりとて無制限とした以上は出さないわけにもいかない、そんな条文の隙をついた感じだね。まぁ腕もあるんだろね。いくらヴィッツとカルディナでパワーが違うっても、腕が無ければ負けちゃうのがラリーの世界。

ST215WはST205セリカGT-Fourの兄弟車とも言え、乱暴な言い方をすれば、GT-Fourからスーパーストラットサスペンション→FFセリカサス、とアルミ4ポッドブレーキ→FFセリカブレーキ、とミッションオイルクーラー排除されたシャシにカルディナのボディが乗っかってる感じです。足やらなんやらのパーツの大半がGT-Fourのを使えます。とはいえ、私が乗ってた時代(10年前)ですらチューンドパーツが枯渇してましたから、ほとんどがワンオフパーツになっちゃうでしょうね。

まぁラリーは目立ってナンボ。ギャラリーにもスポンサーにもです(笑)今さらGT-Fourを使う理由もないしね。GT-Fourが現役時代はキャリパーを軽いからってFFセリカキャリパーに換えてた(1個で二キロ軽くなる)くらいだしね。


てか、メーカーが過去の車両でのラリーを捨てたがってるしね。まぁ新たなスタートを切るって意味なら分からんでもない。TTE主導でもないしな。メーカー主導だし。でも明らかに過去の汚点を切り捨てたいだけにしか見えない。トヨタは日本にある唯一のST185すら手放したしね。どうも205はどこかにある(トヨタテクノクラフトの倉庫?)みたいだが、出す気はないだろうしね。今年は185が手元に無いから引っ張り出してたみたいだが。

更に、TTEのコレクションにも205は存在しない。ギャラリーには165.185.カローラ2台しか展示されてない(FRセリカとかはある)と来ると、まぁそう考えるよね。
でもそれならST205に価値と矜持を持って乗っていた私のような人間も一緒に切り捨てられるのだろう。新たなる時代は大いに結構。他のメーカーが久しぶりのトヨタ復帰と、レギュレーションに合わないヴィッツを認可してくれたのは過去の努力(まぁオベ・アンダーソンの努力だが)があってこそ。その事を忘れ、今のトヨタの力だと思ってるとこが甘いっちゃ~甘いよね。


あの当時、リストリクターに小細工するのはどこでもやってたのは当時を知る人間なら誰でも知ってる。労働基準監督局がたまに大会社にガサ入れするのと同じで、「お前らも黙ってやってるうちに止めろよ?」って脅しでしかない。当時、参戦してた他のフォード、スバル、三菱に同じ事やったら参戦中止どころか撤退してたと思う。トヨタにしかカマせなかった事情もある。


正直、ヴィッツでの参戦に興味はない。市販車で日本仕様のカローラに2リッター四駆ターボが出るなら考えるけどね。サイズ的にベストサイズだろうし。それ以外の価値は私は感じない。
それでも今でもST205はカストロールカラーを纏って戦ってる。イタリア選手権にはいるようなので、参戦停止処分喰らってた頃にグリフォーネに供されたカスタマースペック改のセリカだろう。他の国のはたぶんTTE製のセリカをカスタマースペックにして全て売り払ったのだろう。でないと数が合わない。トヨタはカスタマースペックをほとんど生産してない。勝ちにくい車だったからね。数年前にネット見てたら、海外のラリー車中古屋に150万円で出てたわ。



過去を振り替えるのは日本的には恥か?教訓か?結果が全てか?


前の日記で、零戦の動体保存機が日本に一機しかないという話を書いたが、これは車にも当てはまる。トヨタはたぶんラリーカーではカローラがあるかないか。スバルはGC8のラリーカー(S8?)のみエンジンが入ってるが、メンテナンスは受けてない。S12+とS14(鷹目とGRB)にはエンジンもミッションも入ってない。三菱はラリーカーそのものが保存されてなさそう。当然、限定車も保存してない。日本ってそういう国なのかねぇ?




動画↓。価値って人間の判断基準だけど、どうなのよ?
Posted at 2016/11/29 23:01:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月26日 イイね!
滅びゆく幻影2つ目の日記です。内容が特殊なので分けました。片方は友人限定にしてあります。


さて、昨日は前職で良くしてくださってたお客様のところに顔出しに行って来ました。
開口一番に「やっぱあんたがいいわぁ~。戻って来ぉへん?」って言われた時点で全てを察した。会社では聞いていたが、お客様にも、とばっちりが行っていた。話にならんよなぁ・・・


お客様が神様なわけではないが、お客様にも都合ってものがある。ワガママと都合は違う。同じ「10時に家に来て」でも、朝寝てたいから10時なのか、10時に必要だから10時なのか?その分かれ目は行ってる営業マンしか分からないし、それを現場を知らない上役が勝手に想像してこっちの都合で動かせるのも間違ってる。どうも私は沈みゆく泥舟から避難出来たようだ。

想像するのは社会の未来のことであり、目の前の事象の事ではない。社会の流れがどう流れていくかを読むのが経営で、現実目の前にあることを事実に則してこなしていくのが仕事。経営者としてどうあるべきか?そこをどうするか?だよね。


まぁ難しいんだけどね。自分や周囲を外側から客観的に見るって、言葉じゃ簡単だけど、やってみると漠然としてて分からない。
運だけでは乗りきっていけないよ。




動画↓20年以上前の映画が、現代の有り様を正確に予言してる。未来予想図だよね。凄いわ。これ観てると、ちょっと前の関連URLに載せた実写パトレイバーがコレ(劇場版パトレイバー2)のセルフオマージュなんだなと思う。
Posted at 2016/11/26 12:18:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月25日 イイね!
Inherit the ・・・さて、今日は2.3速ギアの入りが渋くなったワゴンRのミッションオイル交換にジェームスに行って来ました。オイル交換よりチタン&モリブデンの添加剤のが高いという馬鹿らしい話(笑)いや、添加剤を買った私がバカなだけですよ。全量は使わない(走行五万キロ以上はミッションオイル全容量に対して8〜10%)ので、残りはRAにでも入れようかなと。エンジンオイルにも使えるらしいが、ミッションのが交換サイクルが長いので、添加剤の効果も意味あるものになるでしょう。


で、作業を頼んでしばらくして


店員「ミッションオイルが0.5Lしか入らないのですが・・・」
C9「そんな少ないの!まあいいや、んじゃそれで」


0.5Lに三千円も取るとはボッタクリやな(ジェームスでは純正オイル使用なら何リッターでもミッションオイル交換値段は同じ)今度トラックでも持ってきたろか!(笑)


で、作業終わって、引き渡して貰って、家帰ってふと気がついてワゴンRの整備マニュアル見たら「ターボは2.7リッター」ってなってる・・・。めまいがするな(苦笑)

その後はジェームスに電話→「いや実はあの後、もっと入りまして、入れられるとこまで入れてます。係のものから話しありませんでしたか?」とのこと。いや、お前ら先に詫び入れろや!客んことナメてんだろ?この時期、コンクリ抱いての寒中水泳は寒いぞ?


でまぁ、ショップのオヤジがジェームスの上の方に顔が利くので告げ口した(笑)まぁ親会社が変わって、人件費削りまくった結果として人員の流出が止まらないらしい。実際、ここ2年で松阪店の顔ぶれが全部代わったしな。ジェームスそろそろ潰れるわ。どこの店も三重県内では一緒の状況らしい。事実、目に見えて客数が減ってるしな。



でまぁ添加剤入れたワゴンRですが、ギアは多少マシになったかな?程度。カジり始めてから入れても遅かったね。RAはまだギアがカジったりしてないから、早めに入れとこう。


で、オヤジに連絡したついでに、オヤジからノワールの一時返却のお知らせ。オイル漏れの原因が判明して、犯人はカムシャフトシールからでした。で、オヤジんとこにはカムプーラーが無いのでディーラー入庫しようということになり、ディーラー出禁のノワールはオヤジが適当な予備ホイールとタイヤを見つけてくるまで返却って事になりました。ちなみにダダ漏れとは言いませんが、オイル臭いです。プーラーさえあれば楽勝作業なのですが、専用工具なので三万円とかしちゃうので、それだけのためには買えないって。でもタイヤとホイール買ったらプーラーくらい買えるよ(笑)

作業自体はタイベル外してカムプーリー抜いて、ドライバー等でカムシールをコジって抜いて、新品入れるだけ。タイベル交換のついでにやるなら楽勝作業なんだそうな。どのみち走行97000キロのノワールはタイベル交換時期なので、ちょうど良かった気もするね。ついでにクランクシールも換えるとベストらしい。
でまぁ、そのついでに終了してるエンジンマウントも交換しようかなと思ってる。ディーラーのが工賃安いって話だし。まぁそこは見積り取ってからだな。


で、GDAマウントを再度付ける気の更々ない私(笑)GDBマウントにするかSTI強化マウントにするか悩み中。そもそも、GDAマウントとGDBマウントの違いが調べても出てこない。GC8とGDAとGDBはエンジンマウント形状が同じらしいが、硬度が分からない。乗り心地ならF型以降の液体封入マウントなんだろうけど、あれ、どこのメーカーのも直ぐ死ぬんだよね。うちのパッソは三万キロ保たなかったよ・・・

お値段はGDB純正が約七千円、STIマウントがブラケット抜きで一万二千円+税。ブラケットは別売りなんだけど、純正ブラケットは遮熱板付き(マウントが二番と四番エキゾースト出口近くに付く)でSTIブラケットは遮熱板無し。ブラケットは劣化するものでもないし、さほど軽くならない。ノワールはハードユースしないから、程々でいい。
程々でいいならGDBマウントにしとけよって意見もあるでしょうが、プラス五千円で乗り味が良くなるなら入れない手はないでしょ♪。どうせ段々柔らかくヘバっていくのだから、固いの入れておけばヘバるまでの時間も延ばせる。STI強化マウントですらヘバるらしいしね。RAは距離を乗らないから傷みは少ないけど、ノワールは距離を乗っちゃうから、パーツの強度や寿命は長い方が良い。そのあたりも勘案してます。



とりあえずオヤジがホイール探してこん事には何ともなりませぬ。って感じ。

あとはピッチングストッパーかな?あんだけエンジン揺れてたら、中のブッシュが死ぬのも早そうだ。こっちは強化品を入れるとうるさくなるから、GDB純正で行くつもり。

てか、ミッションマウントも一緒にやるべき?どうせエンジン吊って作業するんだしなぁ・・・。
まぁディーラーに聞いてみるか?
Posted at 2016/11/25 20:48:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月24日 イイね!
給料3ヶ月分の結婚指輪  VS  ケッコン指輪54個分のローファー(笑)さて、今日は久しぶりにRAを引っ張りだして名古屋の三越百貨店へ。まぁ艦これコラボなんだけどさ。私は行く気なかったんだが、相方が「ほっぽちゃんいる!行かなきゃ!」とか寝言言い出したので仕方なくです(笑)とはいえ、前回の遠出で出てたRAの右前足のカチャカチャ音の経過も診ないといけないので、まあついで仕事だ。


結果としてRAのリバウンドストローク時のカチャカチャ音は消えました。やはりストラットアッパーのネジの緩みでしたね。ネジ半周の緩みなど誤差の範囲と言えますが(実際それでストラットがスッポ抜けたりはしない)それでも結果としてこうなった以上は、ネジ半周の緩みでも車にとっては作用する看過出来ない事なんだろね。
まぁそのおかげか、ステアリングの応答性と正確性が戻った。弛んでる時は何か信用出来なかったハンドリングが元に戻ってる。ちょっとしたことで大きく違うもんだ。

こういうガタってガタが出始めるとドンドン弛んでいくから、気付いた時に早めに対象しておくと、どっかのドリフト車みたいにロアアームが取れたりしないんですよ。チューンドにはチューンドの整備ってのがあります。
一度リフトに上げて、アームのネジも全部増し締めしたいなぁ・・・。




C9「すまんね、うるさい車で…」
相方「うるさい?そうかなぁ?」
C9「かなりのもんやで?」
相方「こんなもんちゃう?」
C9「あっはっは(笑)まぁ知らんとそんなもんかもな。」



GDAとて大して静かじゃないんだよね。確かにGDB標準車とspecCなら重量差はあるけど、遮音材での軽量化はほとんどないんだよね。鉄板とガラスの厚みでほとんどの軽量化をしてる。GDB標準車とほぼ同じと思われるGDAでも遮音はさほどされてない。実際、静かじゃないんだよね。GDAとGDBspecCがカタログスペックで同じ1380キロな以上、そうなんだろね。まぁうちのノワールはホイール大径化とリアスポイラーで20キロくらい重くなってそうだが。でもリアスポイラーで後ろが重くなってるから、前後重量バランスは良くなってると思いたい。実際、羽根無しの方が切り返しの多い酷道では軽快なんだが、少しでも車速が乗る峠では安定性いいしブレーキングバランスもいい。高速道路での旋回も安定感が増すしね。




で、名古屋三越栄本店。三越の創業者は松阪市出身なんだそうで、松阪市では誘致やらなんやら色々やってるそうです。
それはともかく艦これコラボ。三万オーバーのローファーはともかく、18000円の財布は全種類売り切れ。三越としても予想外の展開なんやろな(笑)艦これは男が多いから、黒い財布なら買える。普段使いにも使えるデザインだしね。
でもさ、スタート23日だよね?なんで24日に売り切れてるの?(笑)あ、あとこれ「第一弾!」ってなってたから、コラボ続くよ。何やるか知らないけど。

あと、カバンは残ってたね。ポスターと。でもポスター安いよ。千円だけど、B1サイズだから。馴染みのないサイズだと思いますが、728 × 1030 ミリ でございます。1番くじとかプライズがバカらしくなる値段の安さ。ただ、貼る場所には困ると思うよ。

で、売り切れの商品ですが、まだ買う方法があって、予約注文を受け付けてます。これなら確実に買えますよ。
ただし、納品は来年4月です(笑)まぁフィギュア(AGPやグッスマ)で半年や1年まちがザラな訓練された提督には4〜5ヶ月待ちなど短期間の部類だけどねwww


相方は、ほっぽちゃん手提げビニールカバンと海風ポスター。私は海風手提げ、明石×大淀手提げとポーラポスターにしました。
隣の部屋にはパネル展をやってたので、写真撮ってきました。フォトギャラリーに上げておきます。


まぁ楽しく過ごせた1日だったかな?







動画↓CV金田朋子(41歳)の地声。これでも声のテンション下げてます(笑)
Posted at 2016/11/24 23:27:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「夜更かしし過ぎた。寝る。」
何シテル?   12/05 03:14
車を改造する、という病は治らないのだろうか?
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ポジションランプ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/19 05:51:26
燃料ポンプ交換とその結末 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/03 12:21:33
タイベル交換見積書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/31 14:36:27
お友達
数増やし、未成年者、礼儀知らずはお断りします。特に数増やし!
21 人のお友達がいます
タケラッタタケラッタ * JyaianJyaian *
KAZZ☆5KAZZ☆5 * STI/スバルテクニカインターナショナルSTI/スバルテクニカインターナショナルみんカラ公認
あぁやあぁや TAKITTTAKITT
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI spec C RA (スバル インプレッサ WRX STI spec C)
いつの間にかグレード選択でRAが選べるようになっていた! いやまぁそれはともかく、3 ...
スバル インプレッサWRX Noir (スバル インプレッサWRX)
14年落ちのミッドナイトブラックマイカなオートマWRXのNB。 免許取り立ての彼女の、初 ...
スバル インプレッサ WRX type RA STI L'oiseau bleu (スバル インプレッサ WRX type RA STI)
「電脳空間にダイブせよ!(バー○ャロン風に)」 助手席ハイドラ用の機体。助手席なので運 ...
スズキ ワゴンR RR RR (スズキ ワゴンR RR)
ザ・足車!なのに燃費の悪いRRの四駆をチョイス。旨味無し!なんでこれにしちゃったかな・・ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.