• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月14日

ZC33Sスイフトスポーツ 6MT!

ZC33Sスイフトスポーツ 6MT!
レビュー情報
乗車形式試乗
メーカー/モデル名スズキ / スイフトスポーツ スイフトスポーツ(MT_1.4) (2017年)
乗車人数3人
使用目的レジャー
おすすめ度★★★★★
走行性能
試乗したのはセーフティパッケージ無しの6MTモデル。

先代スイフト(スポーツじゃない方)の主力エンジンだった排気量1200ccのK12Cを基に1400ccまでストロークを伸ばし、ターボチャージャーを取り付けています。



先代スイフトスポーツ(ZC32S)まで採用されていた1600cc自然吸気エンジンの名機M16A型エンジンを基に、ファインチューンを重ねながら新型スイフトスポーツ(ZC33S)にもキャリーオーバーさせることも出来たでしょうけど、あえて国内や世界中に何万といるであろうスイフトスポーツのファンに対し、新型エンジンで勝負を挑んだメーカーの自信作、K14C型ブースタージェットエンジン!

最高出力 140馬力/5500rpm!
最大トルク 23.4kg・m/2500~3500rpm!!

スペック厨なワタシは乗る前から手のひらが汗でベタベタですわww



乗車したのは私とツレとセールスの方の計3名+エアコンON。

試乗コースは店舗を左折して、交差点を3つ左折して店舗に戻るだけの地味な(笑)ルートで、せっかくの6MTも4速までしか入りませんでしたが、K14C型ブースタージェットエンジンを搭載した新型スイフトスポーツのパフォーマンスを十分感じとることが出来ました。


2年程前に試乗したアルトワークスでロケットのようなブリブリ加速をカマした反省から、アクセルペダルに右足を軽く置く程度でジェントルに半クラを繋ぎ店舗から路上に出ましたが、スイフトスポーツから急かされるように2速→3速とシフトアップしながら加速していくと、ユンケル黄帝液を飲んだ直後のようなモリモリのパワーを実感しました。


これはおそらく、ターボエンジンの常識からすると少し高めの9.9という圧縮比や、高圧で直接燃料をシリンダーに噴射するインジェクター、そしてこれらを緻密に制御して先代のM16A型エンジンに負けないフィーリングを追求した開発陣の努力の賜物だと思います。


このトルクフルなフィーリングは、デミオのクリーンディーゼルにも似てるように感じました。

加えて、タントカスタムRSとほぼ変わらない970kgという車両重量も功を奏しているのかもしれません。

地味な試乗コースだったので、スイフトスポーツの体力測定はこの程度しか調べることができませんでしたが、コンパクトカーの常識がすっ飛ぶ程の暴れ馬だと言うことはよく分かりました。



試乗コースで一番クリアになるストレートで気持ちよく4速まで加速した後、三桁目前の速度から赤信号の交差点で停止するために4→3→2とシフトダウンした時、ターボエンジンのせいなのか電子スロットルの性格なのか分かりませんが、アクセルを空ぶかしするブリッピングでは、カミソリのようなキレッキレのレスポンスはありませんでした。

それでも初めて乗るクルマで、4→3→2とステップ踏んでブリッピングを重ねながらシフトダウンできたので、6速MTの各ギヤ比は寄りすぎたり離れすぎたりせず、クセのないミッションだと思います。



それと、スイフトスポーツのブレーキの性能についてですが、店舗を左折してスイフトスポーツを公道デビューさせ、信号が赤なので前のクルマに続いて止まろうと右足をブレーキペダルに乗せた瞬間、
まるでトラックのブレーキでも着いてるのかってくらいの制動力が立ち上がり、私がこの辺で止まるだろうと狙った位置よりも手前で止まりそうになりました(^_^;)



ここでもズバリ、970kgという車体の軽さが鬼のような制動力につながっているのでしょうね。

私も最近はいろいろなクルマに試乗しますが、こんなにブレーキが効くクルマに乗ったことはありません。

ブレーキ性能を10点満点で採点すると、15点くらい付きそうですわ(笑)
乗り心地
スイフトスポーツの足まわりと言えば、2代目スイフトスポーツ(ZC31S)から採用されているモンロー®製のフロントストラットとリヤのショックアブソーバーが有名です。



日本にもKYBやショーワ、日立など有名なショックアブソーバーのメーカーはありますが、日本国内や世界中に何万といるスイフトスポーツファンの期待に応えるためには、やっぱり舶来モノのアイテムが必要だったんでしょうね~


そして、17インチのアルミホイールこそ内製品ですが、組み合わされる195/45R17サイズのタイヤは、ドイツ製のコンチネンタルタイヤを採用しています。

コンチネンタルのタイヤといえば、シビックタイプRや欧州のハイパフォーマンスカーに採用されているアツいタイヤで有名です。



まとめますと、アメリカ産の老舗ブランドのショックアブソーバーと、ドイツ産の老舗ブランドのタイヤがインストールされた一流の足まわり!

私もインプレッションしながら、この舶来モノの足まわりをじっくり舌で転がして味わいたかったのですが、あいにく交差点を4回左折するだけの地味な試乗コースだったので全く何のインプレッションにもなりませんでした(^-^ゞ

本格的なスイフトスポーツのインプレッションは自腹で購入してからになりそうです( ̄ー+ ̄)
(安心してくたさい、買いませんよww)


取材の材料が乏しいですが、凸凹だらけの幹線道路を真っ直ぐ走らせただけですぐ分かったことは、モンロー®製のショックアブソーバーが段差の乗り越えるような速いピストンスピードの時に、…ンベベベ…ンベベベ……って常によく作動して上下動をうまく吸収していることでした。

あのフィーリングは日本車じゃなかったですね~
独特の感覚でしたわ。



それと、一緒に来たツレが気づいたんですが、静止しているスイフトスポーツのリヤタイヤを眺めると、若干ネガティブキャンバーが付いてましたね。

肉眼で分かるレベルなので、相当な角度かついているのではないでしょうか。
満足している点
私がツボったのは、このムチムチでパッツンパッツンのワイドフレアーフェンダーを含んだ横からのボディラインです。



出るとこ出て引っ込むところが引っ込んだ、ボーンキュッボーーンのコークボトルシェイプのスタイルは、一目見ただけでコイツは只者じゃないぜって分かりますが、このスイフトスポーツのボディラインはまるで・・・競泳水着のようです!(大爆)



・・・突然フェチなこと語りだしてスンマセン(^^;

ただ、スイフトスポーツのオーナーになって、このボディに水かけてウエスで撫でながら洗車するのは、きっと最高だと思いますよ~(^ー^)
不満な点
気になった点といえば、信号待ちの列の先頭で運転手の心臓の鼓動がドックンドックン高まるようなシーンの時、シグナルがブルーに変わると同時に半クラを合わせて気持ちを込めて発進しようすると、若干アクセルペダルの操作に対して電子スロットルの反応が遅いかな~って感じたくらいです。



同じ信号待ちでも、車列の途中で発進する時には電子スロットルのダルさは気にならないのですが、この試乗車はマニュアルミッションなので、運転手とスイフトスポーツのコミュニケーションがダイレクトに交わされる分、こんな細かい所まで気になっちゃいました。


もちろん、感じ方は人それぞれです。
そういうスロットル特性に運転手が合わせていくか、それともアフターパーツで自分好みのスロットル特性にチューニングしていくか・・・



・・・なんだか、ワクワクしますねぇ~!
。゚+.(・∀・)゚+.・:*:・゚☆
1台欲しくなるじゃないですか!
総評
スイフトスポーツに試乗した後に、スマートフォンで様々なサイトの試乗レポートを読みましたが、どの評論家さんもお神輿ワッショイでしたね~
ワッショイ└(゚∀゚└) (┘゚∀゚)┘ワッショイ



ただ褒めるだけのインプレッションだと誰でも書けるので、プロの評論家さんたちも重箱のスミをつつくような指摘をチョコチョコ入れてますが、中には燃費が悪いからアイドリングストップを付けろって( ̄▽ ̄;)

・・・燃費重視するんなら標準車のスイフトのハイブリッド買いますわ(笑)
960kgのボディに1.2リッター+モーター&5速オートギヤシフト!
こちらもとても興味があります(^.^ )



私がこの4代目(ZC33S型)スイフトスポーツを一言で表現するなら・・・

ヨーロッパの市場でDセグメントにあたる重厚なセダン、フォルクスワーゲンのパサートと同じ1.4リッターターボエンジンを積み、パサートより約500kg軽いボディですっ飛ぶ暴れ馬。



……ズバリ、これでしょう(☆∀☆)


その暴れ馬を手なずけるために、サスペンションにもタイヤにも一流ブランド品を投入し、ボディも頑強に鍛え上げてはいますが、理性を保って乗りこなせるか、もしくは暴れ馬に振り回されるかはあなた次第σ(゚∀゚*)


「暴れ馬ですよ、あれは・・・」

ブログ一覧 | 新車情報 | クルマレビュー
Posted at 2017/11/14 08:08:10

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

キリ番ゲット❗️
naoya.sさん

スタバのプリン!!
KitKatさん

GODIVAとの共同開発のコンビニ ...
KitKatさん

いつもありがとう
WAKE 68さん

HARBS
blueskynsxさん

バレンタイン仕様のドーナツ (*´ ...
KitKatさん

この記事へのコメント

2017/11/14 08:19:34
べた褒めなので買われるのかと(^_^;)
しかし辛口の?Forestさんにそこまで言わせるとはやはりスゴい!
唯一の問題もスロコンでなんとかなりますしぜひご検討のほどを(^^)
コメントへの返答
2017/11/14 13:09:50
辛口だなんで……(^-^ゞ
私はただ運転歴が長い分、アタマが固いだけですよ(笑)
その分、好みのクルマのストライクゾーンはだんだん狭くなってますww

スイフトスポーツはZC32Sの頃からのとても気になっていました。
今のフィットがあぼーんした時の候補にも上がってましたが、結局フィットが絶好調なのでZC32Sの販売終了が先にきちゃいました。
私が一番寂しいのは、M16A型エンジンの生産が終了してしまったことですね。

ZC33Sを試乗しながらシフトダウンでブリッピングした時も、こんな時M16Aだったらどんなフィーリングなんだろう……と、浮わついた妄想をしていました(^^;;
2017/11/14 15:14:08
濃厚インプレありがとうございます!あ〜読んでてまた乗りたくなってきたじゃないですか!!(笑)

それにしても試乗コースつまらなさそうですね…
半日くらい貸して欲しいですよね(笑)
コメントへの返答
2017/11/14 21:51:37
半日借りたら今度は半年借りたくなるでしょう(笑)
ほんと、何だか分からないけど買わなければいけない気がするクルマですよね~

この気持ち、私の次期愛車候補No.1の86でも奮い起たないくらい強いです。
クルマはパワーが全てじゃないと86は教えてくれますが……、スイフトよりパワーが乏しく感じるのはちょっと寂しい(-∀-`; )

実際にスイフトスポーツを検討するとしたら、ノートやマーチのニスモやヴィッツのGR、デミオの15MBにフィットのRSなど、ライバルがたくさん現れて頭抱えて悩むことでしょう(^∇^)
2017/11/14 22:59:09
これまた興味深いレビューありがとうございます(^^)実家で親父に例の110マークⅡの話をしたら、でかいクルマにせんと、これにしとき言われました(笑)
『じゃない方』の5MT車も興味ありますね(^^)
コメントへの返答
2017/11/14 23:15:05
確かにアノ110(ひゃくとう)のマークⅡ買っても、車検や税金に追われてしまい、『じゃない方』の5MTの購入代金に追い付きそうですもんね(^_^;)

『じゃない方』の5MTの自動ブレーキレスだと車重が840kgしかないので、実際に所有するととてもキビキビして楽しそうです。
2017/11/14 23:41:03
試乗コースが残念でしたが…笑
レポート楽しませていただきました♫
…やっぱり最近のクルマなのでレスポンスが乏しそうなのは残念な限りですが、あの塊感、ターボそして軽さがとても魅力的です♫

自分もじゃない方のCVT仕様に最近乗ったのですが(ガソリンの最安グレード)レスポンスが先代72と比べて3割くらい良くなった気がします(前のがモッサいのもありますが…)
ただ乗った時の重厚感は先代の方が上で、得たものと失うものが明確でした笑
コメントへの返答
2017/11/15 12:18:49
試乗コースはちょっと残念でしたが、私の後に乗ったツレは「おったまげ~」なコトをしてくれたのでとても参考になりました(笑)

アクセルのレスポンスについては、私も重箱のスミをつついたまでで、モッサリもしてませんし少なくとも私のGD3よりはいいです(^-^)

私もスイフトスポーツに乗る前に、以前軽い気持ちで現行スイフトのマイルドハイブリッドに乗ったことがあります。
確かにそう言われれば、先代の方が標準車でもドアを閉めた時の包まれ感とやる気がありましたよね。

それでも新型スイフトスポーツのインテリアは絶妙なデザインでとてもスポーティでした。
シートポジションも下がっているので目線も低いですよ~
ガソリンタンクの上に座るGD3とは大違いwww
2017/11/15 09:42:29
 たしかにアレ(ZC33)は、暴れ馬ですね。超軽量+高トルク……。

 路面が濡れていると、僕では扱いきれませんでした。短時間の試乗中に、何度ESPを作動させたことか^^;。僕では扱いきれなそうなので、次期愛車の選択肢からは落選してしまいました……。

 じゃない方のスイフトでは、素イフトの15インチ仕様の特別仕様車、XGリミテッドが良さげです。
 15インチ+ハロゲンヘッドランプ+セーフティパッケージ。靴が軽くて、雨の日に路面が見えて、ぶつかっても安心! しかも、5MTがあるっ! RS用のショック入れちゃえば、完璧?! ……って、取り乱しました。失礼m(_ _)m
コメントへの返答
2017/11/15 23:36:54
コメントありがとうございます(*^ω^)

私が試乗した日はドライで交通量が多いコンディションだったので、とてもおとなしいインプレッションになりましたが、超軽量+高トルクっぷりはよく分かりました。
雨や雪だと私もESPのお世話になりっぱなしだと思います(^^;

特別仕様車のXGリミテッドは程よいパワーにバネ下も軽く、隠れた名車ですよね。
スイフトスポーツの予算があっても、あえてXGリミテッドを選ぶ賢者のような人間になりたいもんです。
私は間違いないなくスイフトスポーツを選びそうですが……(笑)
2017/11/19 23:30:39
参考になるimpressionを
ありがとうございます!



凄い分かりやすい例えです(ノ´∀`*)

僕も気になるので、試乗してみますヽ(・∀・)ノ


ますます、気になってきました・・・(笑)
コメントへの返答
2017/11/20 01:05:33
すごい気になるでしょ~(*^.^*)
一緒に来たあのツレも、ぐうの音も出ない程の感銘を受けてました(笑)

今はデビュー直後のフィーバーは収まってるはずなので、機会があれば是非とも試乗してみて下さい。

ギンさんが乗るとひょっとしたらLSD入れたくなるかもしれませんね。
そもそも23キロを超える大トルクにドラシャが耐えられるのか心配ですが……(^^;;
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「SUPER GT 2017 Rd.8 ツインリンクもてぎ http://cvw.jp/b/1862686/40821048/
何シテル?   12/08 17:16
小学生の時にスカイライン2ドアクーペGTS-X(R31)を見て一目惚れし、MT限定免許を取得して今に至る団塊ジュニア世代のクルマ好きです。 他にもグループAの...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ヘッドライト&ポジション LED化♪ その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/31 16:37:32
エコパサンデーラン→トリトンオフ🎶 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/11 22:46:36
ブリヂストン ポテンザRE750 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 22:55:02

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.