• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Forest-Shadowのブログ一覧

2014年07月27日 イイね!

新車情報2014 N-ONE編

17日からフィットは2泊3日で車検中でした。

んで、代わりにやってきた代車がこちら!







ホンダN-ONE!
ヽ(*゚∀゚*)ノ







しかもプレミアム!!
v(*-∀-*)v







さらにターボときたもんだwww
( p゚∀゚)q







車検の時期から逆算すると、年式は2013年の3月。
グレードはプレミアム•ツアラーになります。


新車販売価格をググってみると、なんと161万円!(;゚д゚)タケェ~



車検の代車で魅力的な新車を用意して、まかり間違って新車のセールスに繋がればと目論んでるのか知りませんが…





買いませんよ(`・ω・´)





その代わり、しっかりドライブしてN-ONEの実力を素っ裸にしてやろうと思います。

私が知りたいポイントは以下の通り。




●車輌価格に見合った実力の持ち主なのか?

…あえて「軽自動車だからこんなもん」って見方はしません。
ホンダも5月のマイナーチェンジ後、外国でN-ONEを走らせるCMをしているくらいです。

コンパクトカーや輸入車を考えてるお客様に、どれだけ突っ張れる実力があるのか見てやります(^.^)




●ドライバビリティ

…私も自動車評論家じゃないのでたいしたコトは書けませんが、ネットや雑誌のインプレッションを見ると、大体は「スムーズでトルクフルな走り」って内容ばかり。


今回は1名乗車+エアコンでいつもの通勤路を走り、走る•曲がる•止まるの実力を見てみます。

なので、後席の居住性やトランクの広さとかは無視します。
あくまで運転席のみの評価です。





さぁ、ロングインプレッションの始まりです(ゝω・)




◎インテリアについて







まず目に飛び込んだのがこのオサレな内装♬


インパネ中央の一等地には内装のデザインに合ったディスプレイが目につきます。

これはディスプレイオーディオというらしいです。
カーナビではありません。


Bluetoothでスマホと連携することでカーナビにもなるみたいです。
(たぶん)







写真は逆光で見にくそうですが、全然そんなことありません。
画面上部に日さしが伸びているので、昼間でもとても見やすいです。







エアコン吹き出し口の前にドリンクホルダー。

よく冷えますわ♪

ちなみにエアコン自体の効きも不満はありませんでした。
軽自動車によってはギッツギツに狭いエンジンルームのせいで、コンデンサの能力が低いエアコンもありますが、N-ONEに関しては問題ありませんでした。







運転席のシートです。
サイズはGDフィットと同じくらいの余裕があります。

生地はフッカフカ。
よく背中の汗を吸ってくれそうなタオルみたいな優しさがありますww

ただ、鞭打ち軽減シートなので、肩甲骨をシートバックに押し当ててステアリングを両手で掴むポジションをとると、どうしても頭が前屈みになってしまいます(-ω-;)


この部分はN-ONEを返却するまでしっくり来ませんでしたね~



インテリア全体を見回してみますと、ちゃんとドアトリムまでシートの素材を貼ってたり、メッキのドアハンドルやテカテカパネルをあしらっているので、普通車と比べても全然負けてません。







センターパネルの下にはシガーソケットとUSB端子、さらにはHDMIまでwww

クルマの中で何するの?(笑)

でもこれでスマホの充電もバッチリですね(^^)







メーターパネルです。
昼間でもクッキリ見えます(^-^)







夜のメーターパネルです。
ケッコー派手www







運転席からの眺めです。

ちょっぴりケロリンちっくなヘッドライトのおかけで、ボンネットの両端の膨らみがよく見えます。

おかげで車幅感覚や前方の距離感がとても把握しやすいですね。
初心者にピッタリです(≧∇≦)b







しかもバックモニターまで付いてます(^o^)

夜にコンビニに頭から突っ込んで、バックで出る際もよく見えてましたよ。


夜といえば、ヘッドライトのlowビームの照らし具合がこちらです。







もう見えすぎちゃって困るの~♬ってレベルですね(^^;)
とても明るかったです。




◎「走る!」







エンジンの写真です。



660cc 3気筒DOHCインタークーラーターボです(^_^)

バッテリーの隣の大きなお口がターボの証。
インタークーラーへ空気を送る導入口ですね。



ついでにバッテリーもチェック(^_-)♪







38B19Lです。
アイドリングストップ用バッテリーじゃないから、バッテリーの交換は安くあがりますね(^^)




それではDレンジに入れて、まずは週末の街中をダラダラと渋滞走行します。


この速度域だとターボの出番はありませんが、ターボのブーストに合わせて設計されたエンジンがこんな低速の発進でスムーズに加速できるのかが注目でした。



いや~、最近の軽自動車の技術力はスゴいッスね(^^;)



軽く足を乗せただけのエコ発進をしてもすぐにターボのアシストが掛かり、CVTの制御も相まってとても上品な加速をしてくれました。


ターボラグが大きかったり、エンジンが唸るだけで前に進まないCVTを想像してましたが、いい意味で裏切られましたwww


試しにリミッターを解除してみましたが…







(緑色の丸いボタン^^;ww さらにエアコンもOFF)

青信号で交差点を右折する際は、アクセルワークに注意しないとロケットのような加速をしますwww
(オーバーな表現ではありません^_^;)




CVTとの協調性について。


ダラダラと前の車についていく街中の走行で、前の車が道路沿いのお店に左折した後に再び加速するシーン。

CVTの出来不出来がよく分かるシチュです。


前の車が左にウインカーを出して減速するのに合わせてこちらもブレーキを踏むと、停止寸前の領域になると一瞬CVTの駆動が抜けます。

そこから前方が開いたからといって右足を踏み込むと、再びCVTの駆動が繋がるのを待たないといけません。



「…あっ、この瞬間がCVT車だね♪」


まぁ、んなもん気にせずドンガバチョと踏み込む方が大半でしょうが、常にエンストと背中合わせなマニュアル車に乗っていると、このコンマ何秒かのCVTの繋がりをどうしても待ってしまいますね(^^;)

(だから僕はマニュアルしか乗れないww)




続いて街中を抜け、いつもの山坂道にやってきました。







これはフィットからの写真ですが、私のお気に入りのステージの倉敷市平田から総社南高校のへんに抜ける山坂道です。



たまたま前も後も車がいなかったので、60km/h定速•アクセルは一定のまま山のふもとからあえて踏み込まずに登ってみます。


普通なら登り坂で失速→ターボが効くのを待つ→ギヤが1つ下がる→スリムドッカァーン!!…な挙動になりますが、

N-ONEの場合はスピードメーターが一定のまま、タコメーターがほんの僅か上下するだけで加速にムラが出ることもなく同じ60km/hで登っていきました。


これはスゴい(≧∇≦)b
高得点です☆☆☆

例え平らに見える道でも運転手が気づかないコブのような登り坂もありますから、そんな時に運転手がアクセルを踏み足すことを忘れて渋滞のキッカケを作ってしまうことが減ると思いました。



続いて登った分だけ下ります。


N-ONEターボモデルの最上級グレードにはパドルシフトがついてますが、今回の代車にはついてません。

よって下り坂はセレクトレバーをLレンジに入れてエンジンブレーキをかけます。


もちろんパドルシフトがなくてもエンジンブレーキが効いて安全に走ることが出来ました。
しっかしまぁ、岡山県南では珍しいくらいの急な下り坂なので、金属ベルトの「ギュイーーーン」って音がよく聞こえましたwww




◎「曲がる!」







まずは装着しているタイヤをチェック。

サイズは155/65R14。タイヤはエナセーブです。

ちなみにパドルシフトが付いた最上級グレードには15インチのタイヤ&ホイールが装着されます。




再び先ほどの山坂道でチェックしていると、N-ONEのフットワークがよ~く分かりました。


コーナーリングって、ステアリングを切ったら路面からインフォメーションが伝わってきて、ドライバーはその路面からのインフォメーションと対話しながら操作するものだと思います。



N-ONEの場合、ステアリングの中立付近で電動パワステが左にも右にも強めに締め上げてるせいなのか、
ステアリングをセンターの位置から動かし始めてコーナーへ進入する際に、路面からのフィードバックがズシッと重みとしてドライバーに伝わってきませんでした。


もちろんフットワーク自体は背の高い軽自動車特有の重心の高さもなく、よく踏ん張ります。


しかしステアリングをセンターに戻そう戻そうとする…まるでグランツーリスモのハンドルコントローラーのようなパワステと、ターボモデルに装着されているスタビライザーのおかげで、
ステアリングの切り始めはとてもクイック、しかもゲーセンのようなバーチャルな操縦性という非常にデリケートなハンドリングという印象です。


街中での右左折では気になりませんが、山をええ勢いでゴリゴリ攻めたときには顔を出しましたね(^^;)




◎「止まる!」








こちらの写真はホイールの隙間から見えるフロントブレーキのローターです。

ターボモデルにはフロントにベンチレーテッドディスクが備わっています。



ブレーキを踏んだ感想ですが、当然ながらベンチレーテッドディスクの恩恵は特に感じませんでした(;^_^A

CVTのクルマすべてに当てはまる事ですが、赤信号でのブレーキでコップの水をこぼさないブレーキングをしようとした時、
ドライバーの意に反して勝手にエンブレを強くかけたり、はたまた駆動を遮断したり……んでまた停止直前にCVTのクラッチが繋がったりと、なかなか理想のCVTには出逢えませんwww



N-ONEのブレーキですが、街中を走っていて信号が青→黄色~~って変わり間際に強めにペダルを踏むシチュエーションの時に、初期の制動力の立ち上がりが遅いかな~と感じました。

そりゃガッツンとブレーキを踏めばキッチリ止まるはずです。
今回は車内を揺らさないふんわりブレーキでの話ということで理解して下さい。
(ガッツンブレーキしたら追突されますからね^_^;)




あっという間にN-ONEとの代車生活が終わり、お別れの時が来ました。







N-ONEの価格と比べると160分の1と言っていいオイラのフィットが待っています(自爆)

楽しかったよN-ONEプレミアム•ツアラー♪
2年後の車検でもまたお世話になるからね~(^^)/




最後にN-ONEについて総括。



縦3.4m×横1.48m・排気量は660ccという制約の中で生み出されたこのN-ONE。

キツい制約の中でもとてもクオリティが高く、何年も付き合っていけそうなクルマでした。


それだけ魅力的な要素が多いぶん、どうしても気になる黄色いナンバープレート。


あともうちょっと車幅が広ければ、縦横のバランスが整ってフットワークも断然変わってくるのに…

また、もう少しだけ排気量の大きいエンジンを積めば、トルクに余裕が生まれてCVTの制御も変わってくるのに…


な~んて思ってしまいます。



でもそれだとフィットJr.やん(´▽`)ノ
…って、自分でツッコミを入れてしまいますwww




軽自動車についての議論は語り出すとキリがなさそうです(^o^;
Posted at 2014/07/27 07:06:40 | コメント(16) | トラックバック(0) | 新車情報 | 日記
2014年07月16日 イイね!

スーパーGT 2014 Rd.3 オートポリスの結果&Rd.4 SUGO大胆予想

月日が経つのは早いもので、前回のスーパーGT 第3戦オートポリスから1ヶ月半経ってましたwww



まぁ、毎年この時期は耐久レースの世界選手権が続くので、日本のレース界はポッカリとスケジュールが空いてしまいます。







昨年までは6月の中旬にマレーシアのセパンサーキットでスーパーGTが行われていたので、1ヶ月半もレースが空いても船便だから仕方がないと割り切ることが出来ましたが、

さすがに大分県のレースから1ヶ月半待たされるのは寂しいです。


選手権ポイントはいらないから、若手ドライバーや浪人ドライバーを乗せてエキシビジョンとか出来ないものでしょうか?(^^;)







さて、5月末に行われた第3戦オートポリスを振り返ります。


GTレースの国際交流という名のもと、慣れ親しんだ右ハンドルのスーパーGTマシンから…







左ハンドルのDTMマシンにルール変更されたGT500。







軽くなった車体と日本製2リッター直4ターボの高いポテンシャルによって、昨年までのマシンより戦闘力が上がり日本各地のサーキットでコースレコードを更新☆☆


一方でドライバーの身の危険を案じた運営側はラップタイムを抑える目的で、富士スピードウェイ専用のエアロを使うように通達。


そんないかにも日本人らしい事なかれ主義な対応に「これでいいのかスーパーGT?!」とボヤいたのがレース直前の私のブログ(5/28付)でした。
p(`Д´)q



そんな心配をしながら第3戦オートポリスを観戦しましたが…



どうやら余計な心配だったみたいでしたね(^_^)




サッカーもそう、

ガソリン焚いて走るモータースポーツも、どっちも同じ人間が主役のスポーツだったんだな~と痛感しました(^-^;)


エアロパーツを削られダウンフォースを失った中、ライバルよりもアドバンテージを生み出し勝利を勝ち取ったのはエンジニアとドライバーの力でした。


そんなヒューマンドラマを制したのが~……







見事、日産GT-Rが1-2-3表彰台独占!!
終わってみれば完璧なレースでしたね。







高低差50mを一気に下るジェットコースターストレートからの高速右コーナーでこの火花www


サスのストロークをたっぷりとって、コントロール性を高めた結果なのかもしれませんが、ま~メチャカッコいいww







コーナーの立ち上がりでもまだ火花ブッシャーww



対するレクサス勢は登りセクションの第3セクターで、エアポケットにハマったみたいにコースアウトしていました。
しかも複数のチームが同じコーナーで失敗するあたりが、いかにもヒューマンドラマです(^.^)







他にもいくつかヒューマンドラマをピックアップしますと…







コースアウトしたNo.19 WedsSportの関口選手がフラフラとコースに戻り、タイムアタック中のNo.36 PETRONASの進路を妨害してしまう…


この瞬間、No.36 PETRONASチームの関谷監督大激怒(▼皿▼)







さっそく相手チームに抗議へ…







マサ監督「うちの若いのが何かしでかしましたかな?」


関谷監督「うちは予選アタック中なんだからレコードラインを塞がないでくれ!」


マサ監督「じゃあ追い越せばいいじゃ~ないですか?」


そんなやり取りがあったかどうかは分かりませんが… その後、







ベテランの寿一選手が関口選手に代わってすぐに謝りに行ってました(^^;)

さらに寿一選手は関口選手を引っ張って PETRONASチームに謝罪。











寿一選手「TOM'Sチームを敵に回したらあかんて。」

…な~んて言ってるように聞こえましたww


ま、その後決勝レースでも関口選手は、ヘアピンで強引にインに飛び込んで大暴れwww







まさしく独り相撲~~
これぞヒューマンドラマというか、関口選手のキャラクターとも言えますね(^_^;





GT300の予選でもトラブルがありました。







サンデードライバーが高速道路の右車線をずーっとマイペースで走ってるように、クールダウン中の白いマクラーレンが後ろから迫るCR-Zに気付かず予選アタックを妨害。







ドリキン激おこプンプン丸www







その後、2人がかりで抗議(`´)
どう見ても走り屋が山で外車ドライバーに因縁つけてるようにしか見えませんでしたwww





決勝レース中もあっちこっちでバトルの連続♪







今シーズン、相次ぐトラブルと重量ハンデのせいでレースになってないNSXも、
ようやくレクサスと同じ画面に収まるようになりました(^^ )







持ち込みタイヤをハズして満身創痍のNo.38 ZENTをオーバーテイク!!

…まぁ、NSXの見せ場はここだけでした(´`:)
ぶっちゃけマダマダ遅いですね~


ホンダ側は重量ハンデのせいとかミッドシップで排熱が悪いせいとか言ってますが、元々FRのルールなのに変化球なマシンを持ち込んだのは自分達の都合だし……


同じ2リッター直4ターボ+ミッドシップで争ってるスーパーフォーミュラでも、トヨタエンジンと比べてホンダエンジンが劣っているのは明らか。


そしてとうとう次戦SUGOから13kgのハンデ軽減と熱対策でボディをイジってもいい許可が出ました。



なんだかなぁ~

ここまで注目してないライトなGTファンならどうでもいい話ですが、私のような口うるさいGTファンからしたらシラケてしまいます(-ω-;)


せめてここまでお膳立てしてくれたんだからSUGOでは表彰台を独占して、周りから「甘やかせすぎた~!!」と言われて欲しいですww




速すぎるGT500の心配ばっかりしていたら
、GT300でアクシデントがありました。























矢印は外れたボンネットです。
フェンスを飛び越えてます(;゚д゚)







クルマがガードレールを超え、ボンネットがフェンスを超える大クラッシュでしたが、ドライバーも観客も無事でした(´θ`llll)


きっとオートポリス戦の直前に50歳の若さで亡くなられた山路慎一さんが、みんなを守ってくれたのかな…と思います。






(トロフィーを掲げてる向かって右側の方です。)




さて、今週末は第4戦スポーツランドSUGOです。



思わず第3戦オートポリスのコトを熱く語ってしまったので、ここは手短に私が注目しているドライバーを紹介します。


昨年のSUGOラウンドですが、大きい忘れ物をしたドライバーがいます。






ZENTとの激しいバトルの末、接触してしまった S Road MOLA GT-Rの本山選手です。


前戦オートポリスでも2位走行中に惜しくも追突し、優勝を逃していますよね(>_<)







もうタラレバは要らないはずです。

ぐうの音も出ないような完璧なレース運びを魅せて、スーパーGTファンに「本山ここにあり!」って所を見せて下さい(^-^)






ねっ、本山選手♪
(昔と比べてだいぶ丸くなりましたよね~)
Posted at 2014/07/16 10:36:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | スーパーGT | 日記
2014年07月06日 イイね!

ずっとGD3【22】

今までさんざんうつつをぬかして来ましたが…







次はFRに乗りたいナァ(っ´ω`c)








最近よく見かけるよなぁ♪( ̄w ̄)
ドルフィンアンテナが萌えツボwww







来月、車検です……








フィットの車検を予約しました(^_^)
こちらは車検前の検査の風景です。







メカ「Forest-Shadowさん、まだ乗るつもりですか~?」


私「ハイッ!( ^-^) 星の屑になるまで乗りますよww」


こうしたやり取りを繰り返し、てんこ盛りの見積もりが出来上がりました(;^_^A




まだまだGD3にはがんばってもらいます(*ゝω・*)ノ
代車何が来るかな~♬♪
Posted at 2014/07/06 07:50:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | ずっとGD3 | 日記
2014年07月02日 イイね!

ミナサン、オゲンキデスカ?

しばらくのご無沙汰です。
どうも、フォレストシャドーです
(*゜▽゜)ノ


ホントなら6月6日のこのオートスポーツの発売日より先に、スーパーGT第3戦オートポリスのレビューをブログに上げたかったのですが…







ちょっとした人生の一大事がありまして、とてもあわただしい日々を過ごしておりました。


決して「くうねるあそぶ」をしてたワケではありませんww
(もう26年前のネタですが、分かる人いるかな~)




その人生の一大事とは…





引っ越ししてました(ゝω∂)





パニック障害の治療で悪戦苦闘するwifeのために、国道沿いのアパートから閑静な住宅街に引っ越しました。


今まで住んでたアパートは、入居した当時は田んぼに囲まれた穏やかな場所でしたが、
私たちが住みだしてから国道のバイパスの工事が始まり、今では交通量のとても多い国道に成長しました(*_*)






しかも今まで住んでたアパートの目の前は、その国道の「ベタ踏み坂」のちょうどふもとにあたります。

ベタ踏み坂の手前には約300m程のストレートがあり、イラスト左端の交差点の信号が青になる度に、ベタ踏み坂を目掛けて通る車み~んな豪快に加速して行きます。



「ベタ踏みストレート」とでも言いましょうか(^^;)


例えて言うなら、谷田部のテストコースの脇に住んでるようなモノです。
(一部の人しか分からない例えwww)




クルマ好きならRBやJZといった完全バランスの直6が奏でるサウンドや、3SやSRなどのエグい直4エキゾーストノートww
また吸排気をイジった4A-GやB16Aの破壊力のある高音はタマんないものがありますが……


wifeにとっては全てが圧迫の要因です>_<




まぁ、田舎なので大半が軽トラや…

軽トラ「ホゥアアアアァァァーン!!!!!」


大排気量のトラック(-_-;)

トラック「ドドロロドドドドドドドド!!!!!ピルルルルルン!!」


週末になるとハーレーの団体様が通過。

ハーレー「ドッドッ!!!ドドッドドッ!!!」



近所に救急病院や消防署がある好立地(?)なので、救急車や消防車が24時間体制で緊急走行…
「ピーポーピーポー…フゥウゥゥゥゥ~!!」(-ω-;)



昼間はお仕事中のダンプ同士、すれ違う度に「プァッ!!!♬」とエアホーンで挨拶(-o-;)




wifeは自宅に居ながら、前後左右から針で刺されるような圧迫に押しつぶされてました。



例え今時の静かなクルマでも、タイヤの走行ノイズはとても気になります。

途切れる事のない国道を50~60km/hで行き交うクルマが通るので、常にシャーーッ、シャーーッ…とタイヤノイズが聞こえます。


これが雨の日になると、ザバーーッ!!ブシャーーッ!!とタイヤが水を掻く音が絶えません……



wifeにとっては頭にバケツを被せて四方八方から叩かれてる不安・圧迫だったのでしょう(>o<)




また、地図をご覧になるとお分かりかと思いますが、坂を降りた付け根に信号のない交差点があります。

たいがい、年に1回2回はこの交差点で西○警察なみのクラッシュが発生します(+o+)




そんな現状から逃げ出す思いで、夜逃げのごとく必死になって引っ越ししました(>_<)ゞ

引っ越し先の生活が吉とでるか凶とでるかも分からないけど、今よりはマシだろうという一心で私もwifeも引っ越しを頑張りました。




…現在、引っ越ししてからほぼ1ヶ月。



引っ越し前はiPodを装備しないとベランダで洗濯物を干せなかったwifeでしたが、新しいお家ではiPod無しでベランダに出ることが出来ています(^_^)


どうやら引っ越しは成功みたいです。
もっと早く引っ越しすれば良かったとwifeは言っておりますww




引っ越しの間もフィットは大活躍でした。





引っ越し屋が来るまでに荷造りが間に合わなかった僕の荷物は、2シーター状態になったフィットのカーゴスペースに助けられました♪


ちなみに写真手前の六甲の箱には貴重なカタログが多数www
(断捨離出来ませんでした^^;)


車体が沈み込むくらい荷物を満載して、エアコンMax lowでこき使っても、燃費はリッター18.3キロ(´V`)♪
(6/19の燃費記録より。)


立派なヤツです(^.^)



ますますGD3が手放せなくなりました(^^;)
(元々、手放すつもりもないけどねww)


とは言え、あまりにも閑静な住宅街なもんで、フィットのマフラー交換も気が引けます(^_^;)


また、閑静な住宅街の特徴であまりにも駐車場や家の前の道が狭いもんで…




フィットより大きいクルマを買おうかという気にもなりませんwwwwww




じゃあ最後も「くうねるあそぶ」風に…

シツレ~シマース(ゝω・)
Posted at 2014/07/02 15:59:01 | コメント(10) | トラックバック(0) | Forest-Shadowの日常 | 日記

プロフィール

「ずっとGD3【37】 http://cvw.jp/b/1862686/41110415/
何シテル?   02/17 23:36
小学生の時にスカイライン2ドアクーペGTS-X(R31)を見て一目惚れし、MT限定免許を取得して今に至る団塊ジュニア世代のクルマ好きです。 他にもグループAの...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ヘッドライト&ポジション LED化♪ その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/31 16:37:32
エコパサンデーラン→トリトンオフ🎶 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/11 22:46:36
ブリヂストン ポテンザRE750 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 22:55:02

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.