車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月15日 イイね!
強く美しかったマッスルカーたち 電球のLED化が、マイブームになりつつありますので、リレーが必要なところ以外はLED電球に取り替えようと、どこにどんなタイプの電球が使われているか、調べています。
 フロントのウインカーのレンズを外すと、うわぁ! 見ない方が良かった。電球も固着していそうで、無理に外すと壊れそうですが……、小さい方を外そうとしたら、やっぱり壊れました(^^;;。壊すつもりなら、外すことが出来ます。こちらは、メーターの電球と同じですね。メーターから外した電球を入れて、レンズは内側に付いた錆を掃除してから取り付けました。

 今日は、奥さまもお出かけなので、丸亀製麺で昼を食べがてら、ご近所のアウト ガレリア“ルーチェ”さんの企画展=「The Muscle cars──AMERICAN V8の世界へようこそ、 強く美しかったマッスルカーたち──」を、ひとりで観てきました。






                    シェルビーGT350


                   シボレー・カマロ350




            ポンティアック・ファイアーバード・トランザム




               フォード・マスタング・マッハ1




                ダッジ・チャージャーR/T

 70年代は、アメリカン・マッチョカーが、よく走っていましたね。
 今回は、展示会場に車の占める面積が、異常に広かったです。
Posted at 2017/02/15 17:48:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年02月13日 イイね!
メーターのLED化、完了! 夕方、追加で注文していた、イーリバースのID:42番が届いたので、残姉号のメーターのLED化作業を、完了しました。
 三連メーターと油圧計で4個、タコメーターが2個、スピードメーターは前回なかなか嵌らなかったソケットにも入ったので、パーキングブレーキ・パイロットランプとオイルプレッシャー・パイロットランプを含めて4個、メインビーム・パイロットランプが1個で、全部で11個使いました。フラッシャー・パイロットランプのLED化は、(確認はしなかったのですが)多分電球の取替だけでは駄目なので、まあいいでしょう。夜薄昏かったメーターが、明るくなりました。
 メーターパネルを固定していたナットを外すときに、ソケットレンチの8mmのソケットがどこかに落ちて消えてしまったので、バネルの固定は蝶ナットを使っています。
 ID:42番が1個余ったので、右側のテールランプに入れておきました。むしろ左側の分が1個足りないと言うべきか。テールランプが昏いと、トンネルの中などで追突される危険性があるので、こちらもLED化したいと思ったのですが、イーリバースの製品で使いたいものは、販売終了のようです。
 結局口金がT10型のイーリバースのID:63は、6個買ったものの、使わず仕舞いです。後期型のスピードメーター、タコメーター、パイロットランプは、このタイプを使っていると思います。もしご入り用な方がみえれば、差し上げます。

追伸: 使ったLED球の色はホワイトですが、オイルプレッシャー・パイロットランプの橙色はいいので
   すが、元の電球よりも明るい所為で、パーキングブレーキ・パイロットランプの赤い色が、妙に
   白っぽく感じます。ということは、テールランプの赤いレンズの所に入れるLED球は、レッドを選
   択するのが正解っぽいです。多分赤くて明るい方が、綺麗に見えると思う。
Posted at 2017/02/13 19:09:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | LED | 日記
2017年02月11日 イイね!
ショーバイねた! 店で注文の雑誌を探し出したら、裏表紙に、ちょっと興味をひく広告が載っていました。
 こんな売り方をしていたんだ。



 60年前の広告だね。
Posted at 2017/02/11 10:40:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2017年02月09日 イイね!
気分を変えて 純正ラヂオのノイズ対策が全くうまくいかなかったので、気を取り直して、メーターのLED化を完成させてしまおうかと。
 電球のタイプは、残姉号のメーターを外して確認するのも、そこそこ大変なので、手持ちの後期型1800GTのメーターで確認しております。三連メーターや油圧計は、マークx8×4 さんにご教示いただいたイーリバースのID:42番でOKです。スピードメーターやタコメーター、パイロットランプは口金の形式が違っていたのですが、T10型のイーリバースのID:63番でいけるのではないかと考えて購入しました。
 残姉号のメーターパネルを外してみたのですが、前期型のスピード、タコメーターの電球は、ID:42番の方のタイプのようです。まさか前期型と後期型で、メーターは同じなのに、使用する電球の型式を変更していたとは。
 手持ちのID:42番で、油圧計とタコメーターまでは取り替えたのですが、スピードメーターやパイロットランプの分が足りません。この際、最後までやっておこうか。スピードメーターの方の四つの内のひとつは、ID:42番では(型式は同じようですが)ソケットに嵌らないようです。フラッシャー・パイロットランプの分も除くと、あと四個必要です。

 ところで昨日この作業をやっていたら、NHKの職員の方がみえました。デジアナ変換終了でテレビが映らなくなり、NHKを解約してから来月で2年になるので、現状を確認にみえたようです。
 スターキャットとのトラブルを詳しく説明してNHKの見解を求めたのですが、こちらの主張に理解を示してくれつつも、「契約は、携帯電話が壊れて使えなくなっても、携帯会社にに解約の手続きをしないと解約にならない。テレビが壊れて観られなくなっても、NHK解約の手続きをしないと解約にならない。デジアナ変換が終了した時に、スターキャットの解約の手続きをされなかったまゆさんの方にも、落ち度はあるのではないか」との意見でした。しかし、この例えは、ちょっと違うと思います。テレビが壊れたのはこちらの都合で、NHKが契約者に対するサービスを停止した訳ではありません。その時はいい例えを思いつかなかったのですが、「NHKがテレビ事業をからの撤退を広報し、2015年3月11日で放送を全て打ち切った。しかし契約者からNHKに受信契約の解約を申し出ないことを理由に契約の継続を主張して、解約の申し出のなかった世帯については、その後も受信料の請求や自動引き落としをし続けた」というような例えが一番近いのではないでしょうか。
 NHKの方の見解は、ひとつの意見として参考にさせていただきます。
 スターキャットの走狗である、長野総合法律事務所からの嫌がらせは、7月の初め以降絶えて、半年くらいありません(読みが外れました)。
 問題が片付いた訳でも、相手が非を認めた訳でもないので、油断は禁物です。
Posted at 2017/02/09 18:49:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | LED | 日記
2017年02月04日 イイね!
ノイズフィルター取り付け(日常篇) 昨日の仕事前に、残姉号のセンターコンソールを、外しておこうと思ったのですが、思ったより手間取りました。ベレットを買って以来、コンソールを完全に取り外すのは初めてです。
 ヒーターは、買ったときから動かなかったのですが、完全に繋がっていなかったというか、コンソール側のパーツも足りませんね(^^;;。ラヂオと時計のカプラーは同じなので、取り付けの時に間違えないように注意が必要です。ヒーター関係は、これをやり出すと切りがないので、今回は無視します。
 コンソールを外したついでに、上の三連メーターをLED化しときます。去年 マークx8×4 さんのメーターLED化の記事を読んで、良さげなので、ご教示いただいて同じイーリバースのID42番を購入したのですが、わたしのベレットのスピードメーターやタコメーターの電球とはタイプが違っていました。その後調べてみると、三連メーターや油圧計の電球は、このタイプでOKでした(^_^)。
 三連メーターのパネルの固定は、残姉号は普通のナットを使っているので、外すのが、ちょっと面倒です。これは、ヤフオクで買ったFRP製のダッシュボードを取り付けるときに、奥に入っていかないので、三連メーターのナットをソケットレンチで締めて、ダッシュボード全体を奥に引き込むためです(それでも足りないので、金槌でたたき込むという、荒技を使いましたたが、あと4mmくらい。これ以上はブチ割れそうで、怖くてできない)。この機に、元の蝶ナットに戻しておきます。



 多分、電球の取り付けの向きはありません。
 前は、ぼぉっと薄昏かったのですが、普通に明るくなりました。



 残るメーターのLED化の作業は、ゆっくりやります。
 ラヂオの電源コードを、ラヂオに近いところで切って、ノイズフィルターを挟み込みました。赤いコードがラヂオ側、緑のコードが電源側になります。


 
 アースはこの長さだと、直接ボディに付けられる場所が見当たりません。
 今朝も、ここまでで、時間切れです。また明るい時にコンソールを取り付けます。エンジンをかけた時のラヂオのノイズが、気にならない程度に消えてくれればいいのですが。

追伸: 停止中にラヂオをかけたところ、明らかに音質が良くなっていました。これは期待できるかと
   思ったのですが、エンジンをかけると、やはりブツブツという大きな雑音が入ります。原因は何で
   しょうね? 新しい対策を考えつくまで、とりあえず、ラヂオ関係はここまでで。
    やはり電気関係は、知識がないので、難しいですね。
Posted at 2017/02/04 12:42:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーラヂオ | 日記
プロフィール
「機械は、使えば使うほど、調子が良くなる(日常篇) http://cvw.jp/b/1865435/39139858/
何シテル?   01/07 18:04
 若い頃は、過激な仕様のベレットで走り回っていました。現在は歳にあった仕様のベレットをこつこつと整備して、作っています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
19 人のファンがいます
愛車一覧
いすゞ ベレット 残姉号(ざんねえごう) (いすゞ ベレット)
 いすゞ ベレットに乗っています。  残念ながら、平成28年4月、高速走行中にエンジン ...
いすゞ ベレット ブラックちゃん号 (いすゞ ベレット)
 現在のベレットの前に乗っていた後期型の1800GTです。エンジンは117クーペXEのG ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.