車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
残姉号の新しい顔(日常篇) 今朝も、無事エンジンが始動しました。これ程かかりづらいと、セルモーターにかなり負担がかかります。◯ーグルさんからの返事は、まだありません。
 G180改からG200W改へのエンジンのスケールアップに伴い、かねてからの予定通り、エンブレムの変更作業を行いました。
 フロントグリルを取り外しましたが、バラバラな螺子で固定してありました。その都度あり合わせのものを使ったのでしょうな。無理に大きな螺子をねじ込んであるところもありました。



 車を買ったときから、グリルの「GT」エンブレムが少し傾いているのが、気になっていました。外して裏側から見ると、小さい留め金具2個で固定されています。どうも最初の取付作業が杜撰だったような感じです。



 留め金具をニッパーで切って、ボッチ部分を破損することなく、取り外すことができました。
 一応グリルを水洗いして、新に「DOHC」と「typeR」のエンブレムを取り付けます。傾かないように取り付けようとすると、取付位置が意外と思い通りになりません。裏側から、百円ショップで買ったブックエンドを切った当て板をし、3mmのブッシュナットで「DOHC」の方から固定します。「typeR」の方は、ボッチの径が2.9mmしかなく、ナットが利かないので、金槌でナットを叩いて開口部を狭めてから差し込みました。これで大丈夫なはずですが、念のためにボッチの周りをボンドで固めておきました。



 固定してから気がついたのですが、「DOHC」の当て板の(上下があるのは気がついていたのですが)裏表を間違えておりました。細かい部分は気にしないことにします。作ったのが大分前だから、上下左右があるのを、すっかり忘れておりました。
 グリルのメッキ部分をピカールで軽く磨き、固定螺子は新しいものに替えて、元通り取り付けました。



 新しい顔は、どんなものでしょう。ちょっと無骨な印象になったかなっ?


 
 サイドは今まで通り、ノーエンブレムでいきます。



 注文していた永井電子のULTRAシリコンパワープラグコードが届きました。
 自動車屋さんが付けてくれた、正体不明のプラグコード(コイルんとこは、MSDスーパーコンダクター 8.5mm)4本を、早速取り替えました。


Posted at 2016/12/04 17:28:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | ベレット エンブレム | 日記
2016年12月02日 イイね!
 ブラックちゃん号が性能のみを追い求めて、改造に改造を重ね、結局車検が通らなくなって廃車にしてしまったので、残姉号は、車検がスムーズに通る仕様に拘り続けています(ブラックちゃん号のパーツや、チューニングのノウハウは、残姉号に脈々と受け継がれています)。
 今回は、修理のためエンジンを載せ替えた訳ですが、自動車さんにお訊きしたところ、「旧い車程、エンジンスワップの公認は取りやすい」とのことで、G200のブロックを使用することについては、排気量も5ナンバーのままで変わらないし、楽観していたのですが、改めて次期の車検の時の公認車検の代行をお願いしたところ、G200にキャブ車があれば通せるが、キャブ車の設定のない場合、陸運局によっては通るところもあると思うが、(私の住んでいる)県では難しい。排ガス規制以前のエンジンで、キャブ車の設定のあるものなら問題ない」とのことです。念のために調べてみたのですが、G200Wにキャブ車の設定はないですね。ほとんど同じものですが、G180のブロックを使って、G200Wのピストンを入れた仕様だったなら、形式上は問題なかったことになります。
 公認車検については、全く知識がなかったので、代行業者さんのHPを検索してみたところ、PR20にG161をスワップしたり、PR91にG200をスワップした時の原動機型式変更・総排気量変更公認書類を売っている業者さんがありました。但し書きとして「キャブレターなど排出ガス対策装置に関連する装置が変更になっている場合、別途排ガスレポートが必要となります」となっているので、この場合必要になる「排ガスレポート」という書類が、作製にも、金額的にも大きなネックになってくるようです。
 次の車検まで、まだまだ日にちがあるので、なるべく簡単に公認車検を通すよい方法がないか調べてみます。結局はお金をどのくらいかけられるか、という問題になるかもしれませんが、当方に近い仕様で公認車検を通された方もみえるようですので、詳しい方がみえれば、ご教示ください。
 セルモーターはご教示いただいたものを、購入可能かどうか問い合わせました。
Posted at 2016/12/02 17:09:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | ベレット | 日記
2016年12月01日 イイね!
とりあえず掃除(日常篇 ) 昨日百円ショップで買ってきた車のボディクリーナーで、エンジンルームをできる限り綺麗に拭いておきます。
 4月の名阪でのエンジンブローのトラブルの時、火が出た為、たまたま3台くらい後を走っていたNEXCO中日本さんの作業車に消火剤をたっぷり吹きかけてもらいました。



 火の方は、ブロックのブローで漏れたエンジンオイルに火がついた程度で、早期消火のおかげでほとんど被害はなかったのですが、消化剤はよく拭き取っておかないと、成分によっては錆の原因になりそうです。
 お昼過ぎの暖かい時間にエンジンをかけてみたのですが、セルがなかなか回らない(^^;;。回れば一発でかかるのですが、バッテリーの容量が少ないので、すぐにあがってしまうし、この気温で、オイルも下がっていないのにセルが回らないとなると、これからの季節は、ちょっと辛いです。
 対策としては、バッテリーの容量をUPする。ブラックちゃん号では、バッテリーをトランクに移動させて40×2搭載していたのですが、残姉号はノーマルの雰囲気に拘っているので、バッテリーは移動したくありません。コンパクトで大容量のパナソニックのCAOSを検索してみると、N-60B19R なら問題なく今のトレイに載りそうです。N-80B24Rでも、ぎりぎりいけるかもしれません。
 あとはセルを(あまり大丈夫そうな感じがしないのですが)G200Wのものを使うとか、確かブラックちゃん号にはラリーベースさんが2TGのレース用セルを力業で改造したものが付いていたはず?なので、それを探すとか……。ちょっと見てみたのですが、何処にあるのか、ないのか、よく判りません。
 ベレットに2Lの高圧縮のエンジンを載せてみえた方は何人かみえると思うのですが、セルはどう対策してみえるのでしょう、ご教示いただければと思います。
 プラグコードは、永井電子のULTRAシリコンパワープラグコード(品番#3630-10)を、インターネットで注文しておきました。
 いすゞのパーツセンターからは、Gizin さんのブログでご教示いただいた、 リヤスプリングのアッパー・インシュレータが入荷したという連絡がありました。来週、ベレットの慣らしがてら、名古屋高速を走って、取りに行ってくるか。パーツ表の見せてもらいたい部分もあるしね。
 オイルが下がりきらないように、毎日エンジンをかけとかないと、ちょっとヤバいな。
Posted at 2016/12/01 18:03:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | ベレット | 日記
2016年11月30日 イイね!
復活の残姉号(非 日常篇) 午前中、奥さまと一緒に、ベレットの修理作業を担当していただいた小牧のスピードショップFIXさんに、残姉号を引き取りに行ってきました。



 元の1800GTの前期型G180エンジンは、腰下(ブロック、ピストン、コンロッド、クランク、オイルパン)が完全にブローしてしまった為、新エンジンは秘蔵のG200新品ブロックを奢り、それにブラックちゃん号に載せていた117クーペXEのG180Wヘッドを組み合わせました。G200Wのスタンダードのピストンを使用した1,949ccで、G180の後期型のブロックでも充分いけるとは思うのですが、人生最後のエンジンになるかもしれないので、耐久性を重視しました。FIXさんにお預けした後に、ヘッドが既に限界まで面研がされていることが判明しました。そのまま組むと、圧縮比が13:1くらいになるということで、燃焼室の容積を広げることによって、11以下に落としてもらっています。
 カムカバーは2000GTにヴァージョン・アップということで、G200Wのものを使用しています。



 キャブは、ブローしたエンジンで使っていたSOLEXのφ44、エキマニは117クーペのものを加工して使用しています。プラグコードは交換する予定です。
 ベレット2000GT-typeRに似合うのは、やはりSOLEXですね。
 最低限の希望を出した他は、ほとんどお任せだったのですが、流石FIXさん、ノーマルっぽいエンジンルームの雰囲気に拘る、私の趣味が判っていらっしゃる(^_^)。特にファンを、電動ファンに代えずに、そのまま使用していただいたのはグッドです。



 慣らしのため、(ビュンビュン回りたそうにしているエンジンを)3,000回転に押さえて走ってきたのですが、レスポンスが前のエンジンとは全然違います。排気量と圧縮比のUPに、セルの性能がついていっていないようなので、これからの季節に合わせて点火時期を遅らせてもらっているのですが、それでもかなり速そうです。また非常に精緻に組まれたエンジンという感触を受けるのですが、しばらくは回したいのを我慢しながら走ります。
 修理を引き受けてくださった城北ヨコハマタイヤサービスさんにも、お礼を言いに寄ったのですが、社長は残念ながら席をはずしてみえました。

 店に戻った後、残姉号にガソリンをいれがてら、再度ルーチェさんの童夢展を、ひとりで観てきました。


                  童夢-零ホイール


                 童夢-P2 エンブレム




                    童夢-P2

 本当に長かったわ。これでやっと、来週からベレットで遊べる。


                      残姉ちゃん
Posted at 2016/11/30 15:10:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | ベレット | 日記
2016年11月23日 イイね!
1960年代-70年代 新・三種の神器時代 今日は、昨日に続いて大変暖かい、小春日和の良いお天気になりました。師勝町の昭和日常博物館に、車やバイクの展示スペースが新設されたという話を聞いて、奥さまと出かけてまいりました。
 外環状線に入るとすぐに、白バイの姿が眼に入りました。奥さまが「日曜祝日は取り締まりが多いね」と言っていましたが、こんな良いお天気の祝日、皆んなが爽やかな気分で車を運転している時にわざわざ取り締まりとは KYにも程があるというか、何か納得がいきません。

 車の展示スペースは、建物の地下1階になります。その時代に、普通に使われていたような車両が並べてあります。






                    マツダK360


                    スバル360


                   トヨタ パブリカ


                    トヨペット コロナ




                  ダットサン ブルーバード


           日産セドリック & トヨペット クラウンRS21型30型

 子供の頃観ていたテレビ番組「CQ!ペット21」で、ブラックマスクの乗っていた「走るペット♪、速いペット♪」というのが、題名からしてもこれっぽいが? たいして速そうには見えないので、違っていたら御免
※違っていました。写真に撮った説明を読み直したら、展示車輌はRS30型だそうです。スタイルからは、違いがよく判らん。


                   スバル サンバートラック


                   スバル サンバーバン


                    三菱360トラック


                    マツダK360





 二輪のことはよく判らないので、画像をババッバーンと貼っていきます。











 展示スペースの整備は、まだこれからのようですね。

 こちらは、3階の常設展示場です。イベントごとに、展示物は、細かく入れ替えられています。ここでちょっとしたトラブルがあったのですが、今日のお出かけは、奥さまも大満足だったようです。



 昭和日常博物館を見学した後は、奥さまの希望で、小牧インター方面に向かったのですが、途中スピードショップFIXさんに、(当店と定休日が重なっているので、多分みえないとおもったのですが)ダメ元で寄ってみることにしました。
 おっ、工場のシャッターが開いている。中に残姉号が、ボンネットを開けて置いてある。ウォーターアウトレットも付いてテスト走行も終わり、いよいよ完成に向けての、最後の調整中という雰囲気です。ちょうどFIXさんが外から姿を現されたのですが「多分あと一週間で、お渡しできる状態になる」とのことです。
 一日千秋の思いというのは、多分このことでしょうね。
Posted at 2016/11/23 17:34:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | 日記
プロフィール
「残姉号の新しい顔(日常篇) http://cvw.jp/b/1865435/38953944/
何シテル?   12/04 17:28
 若い頃は、過激な仕様のベレットで走り回っていました。現在は歳にあった仕様のベレットをこつこつと整備して、作っています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
いすゞ ベレット 残姉号(ざんねえごう) (いすゞ ベレット)
 いすゞ ベレットに乗っています。  残念ながら、平成28年4月、高速走行中にエンジン ...
いすゞ ベレット ブラックちゃん号 (いすゞ ベレット)
 現在のベレットの前に乗っていた後期型の1800GTです。エンジンは117クーペXEのG ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.