• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

古本まゆのブログ一覧

2017年08月08日 イイね!

中島春雄さんが、亡くなられましたね

中島春雄さんが、亡くなられましたね 役者さんとしての演技よりも、ゴジラの中の人として有名かもしれない。
 私の場合は、「モスラ」からはリアルタイムで観ています。特に人生初のゴジラ映画である「キングコング対ゴジラ」には感動して、親に頼み込んで、3回も映画館に足を運びました。今のようにDVDもない子ども時代、少年マガジンの巻頭グラビアでその存在を識った「ゴジラ」や「ゴジラの逆襲」、「空の大怪獣ラドン」といった映画を、いつか観るのが夢でした。「へえっ、アンギラスという、ゴジラよりもでかい怪獣もいるのか」という感じで。東宝の初期の特撮映画は、テレビで野球が雨で中止になった時にしか放映されなかったので、試合中止の場合上記の作品の放映が予告されていた時には、雨が降るように必死で念を送っていました(何回も失望を味わったけれど、どの作品も観ることができた)。
 それに比べるとアチラモノの「キングコング」は、昼間の映画枠で、普通に何回も放映されていましたね。まあ、これはこれで良かったのですが……。

…""

 遂に「ゴジラ」を観ることができた時の感動は、忘れられません。人間ドラマと特撮との見事な融合、今もって「この作品を超える怪獣映画はない」と断言できます。東宝の怪獣映画が、特に「怪獣大戦争」以降、お子様向けのストーリーになり、制作予算が削減されたのか、特撮技術も劣化していったのが残念です。本当は、大人の鑑賞に堪えられる作品でなければ、子どもに深い感動を与えることはできないはずなのですが。
 どのくらい前のことだったか(少なくとも、ヴィデオやLDで観られるようになる以前)、栄のエンゼル東宝で、上記の作品を一日限定で上映した時は、蟻の這い出る隙もないほど多くのファンが押しかけ、映画のタイトルや、オープニングで「音楽 伊福部昭」、「特殊技術 圓谷英二」、出演者「平田昭彦」、「監督 本多猪四郎」と表示されると盛大な拍手がわき起こり、これらの人たちと比べると知名度は劣るものの、劇中中島春雄さん演じるゴジラが「ガォー」と吼える度に、やはり拍手がわき起こる、熱い一日だった事を記憶しております。


      中島春雄さんの名前は、「ゴジラ」では出演者のトリ。本多監督の前

 皆んな東宝の怪獣映画が、別けてもゴジラ映画が、大好きだった。謹んで、ご冥福をお祈りします。
Posted at 2017/08/08 10:25:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 普通の日記 | 日記
2017年07月26日 イイね!

不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀

不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀 ご近所のアウト ガレリア“ルーチェ”さんの企画展=「A PIONEER OF RACING DRIVER “HIROSHI FUSHIDA” ――不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀――」を、買い物のついでに、今回はひとりで観てきました。
 昨年、「林みのる=童夢展」を観た時に、童夢関連はあと一回はあるだろうと思っていたのですが、なるほど、こうきたか! 日本のモータースポーツの黎明期、皆ンなが若く野心的で、夢に向かって突っ走った時代の「群像シリーズ」ですね。




                  トヨタ7 415S レプリカ






                    トヨタ・ニュー7 474S

 415Sのうねるようなボディラインに対して、こちらは何とものっぺりとしたデザイン。フェンダーミラーは、オーテック・ステルビオのように、ボディに埋め込まれています。
 このエンヂンを持って帰れば、「サーキットの狼」に登場したモンスター・セリカLBを製作できるなどと考えている私は、一体 何者??






                   トムス・エンジェルT01

 前に、ヤフオクに出品されていたやつですね。確か、私が外野から踏んでいた値段の、二倍以上の高値で落札されていた。稀少性と、製作や登録にかかった費用を考えれば、妥当な値段だとは思います。あとは入札者がこの車に、趣味の世界で、どの程度の魅力を感じるかです。
 リアガラスに、「みんカラ」のシールが貼ってあった。








                   童夢S102.5

 童夢のル・マンカーです。個人的に、ル・マンは童夢が出場しないと、いまいち熱く盛り上がれません(^^;;。




            トヨタ2000GTスピード・トライアルカー レプリカ











 今回も、DVDを購入しました。多少残念なことに、ほとんどがエンジェルとトヨタ2000GTで、一番観たかった童夢S102の激走する姿は、入っておりませんでした。



 暑いんで、駐車中も、窓は全開!にしております。
Posted at 2017/07/26 17:43:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年07月10日 イイね!

エンブレム取り付け(日常篇)

エンブレム取り付け(日常篇) 塗装の強度がある程度出たところで、古くなった歯ブラシで、凹部の塗料の削りカスを掃除します。金属部分の傷をを800番のペーパーで磨いていたところ、強く磨いたところに、(何故か)黄茶色の光彩?が出てきたので、それ以上磨くのを止めて、錆止めのクリアを吹いておきます。元々中古品ですので、あまり細かいところは気にしません。
 慎重に取付位置を確認して、ボディに穴を開けてポッチを差し込みます。



 やや小振りですが、このくらいのさり気なさが良いのではないかと(^_^)。このままでも抜けてこないと思いますが、プッシュナットで、裏から完全に固定しときます。
 純正風のエンブレムの製作も諦めた訳ではないので、まったりと構想を練ります。
 さて、またリアの足回り関係の、地道な作業に戻るか。
Posted at 2017/07/10 11:10:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | ベレット エンブレム | 日記
2017年07月06日 イイね!

2000GT-TypeRだぜ(日常篇)

2000GT-TypeRだぜ(日常篇) 残姉号の新エンヂンは、G200のブロックを使用している為、ボディに2000GTのエンブレムを追加したいと、つらつらと考えておりました。排気量だけなら、ブラックちゃん号の方が大きかったのですが、あちらはG180のブロックのままでボアアップしています。当然「ベレット1800GT」のエンブレムを元に、「1800」を「2000」に変更したものを考えていたのですが、どうも違和感なく、綺麗に造る方法が思いつきません。1800のエンブレムから数値化して外注に出せる方なら、別に問題はないのでしょうが、私には無理です。
※タイトル画像は、パソコンに入っていたものですが、写真を撮った記憶がないので、インターネットで拾ったものの可能性があります。問題があれば削除します。
 仕方がないので、別の車の「2000GT」のエンブレムをヤフオクで検索してみたところ、スカイライン用で、辛うじて使用できそうなものが二種類見つかりました。片方は金属製ですので、焼くことのできる金属製の方を入手しました。



 はこスカの、コンソール・エンブレムのようです。男っぽいベレットのエンブレムと比べると、やや文字の間隔が間延びした、ゆる~いイメージです。裏のポッチの径は、3.3mmになります。
 スカイライン臭さを消すために、ベレットのエンブレムと同じようなカラーに塗装します。



 塗料を剥がして、400番から800番のペーパーを軽くかけておきます。



「GT」の部分の凹みは、塗装表面にベレG用と同様の凸凹をつけたいので、CARVEKの黒の結晶塗装用のスプレーを、その為だけにわざわざ1本購入しました。素人作業ならではの拘りです。
 純正のエンブレムでも、結構表面の塗装が剥がれてくるようなので、ミッチャクロンによる下地塗装は必須です。



 小さいパーツは、ペール缶温風循環焼付乾燥機に入れて焼くので、綺麗に縮みます。
「2000」の部分はCARVEKの赤の結晶塗装用のスプレー(カムカヴァーを塗装した残り)を使いますが、こちらは焼きません。



 半乾きの状態で、スクレイパーで余分な部分の塗料を剥ぎ取り、一晩寝かしてから、800番のペーパーで表面を磨き直します。
 後は、ある程度塗装の強度が出た時点で、凹部に残った塗料の削りカスの掃除と、仕上げ処理をする予定です。
 リアアームのパイプ部分の研磨は、現在30.75から30.8mmくらいまで進んでいます。あと片側0.1mmくらいなのですが、もう一方の時も、何故かこの辺りから、作業がなかなか進まなかったんだよね。
Posted at 2017/07/06 13:41:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ベレット エンブレム | 日記
2017年07月02日 イイね!

イベント初参加

イベント初参加 昨年はエンヂンを壊して、ろくに残姉号に乗ることができなかった反動からか、今年に入って、ベレットでお出かけがしたくて仕方がありません。近くで、観に行けるイベントがないか調べていたら、「まいこサン」と、オートプラネット名古屋「Cars&Coffee(カーズ&コーヒー)」コラボイベントというのが引っ掛かってまいりました。
「まいこサン」とか、「オートプラネット」という名前は、みんカラで何回か見たことはあり、「何だろう?」程度に思っていたのですが、調べてみると、「まいこサン」というのは、新舞子で開催される車好きの人の集まるイベント「カーくる新舞子サンデー」の略で、毎月開かれているようです。「Cars&Coffee(カーズ&コーヒー)」も毎月開催される車好きの人のイベントで、新舞子が行楽シーズンに入る夏の間は、合同でオートプラネット名古屋で開催するということのようです。
 オートプラネット名古屋は、場所を検索してみると国道153号線を豊田方面に向かって走っていくと、丘の上に見える大きな建物だったようで、郊外型のスーパーかホームセンターだと思っていたんですが、自動車屋さんだったのですね。
 参加費は、コーヒー一杯分100円、時間は店が始まる前の8時から10時ということで、これなら、朝ちょっと奥さまに店番をお願いすれば、参加できそうです。

 会場には、7時半前に到着しました。会場で観た車を、旧車を中心に紹介していきます。




                    トヨタ2000GTレプリカ

 最近よく紹介されている、ロードスターベースのレプリカのようですが、細部の細部まで、大変良く造り込まれています。ボンネットを開けなければ、本物のボンドカーか!と思ってしまいます。




                  ニッサン・フェアレディZ 3L


                  ニッサン・サニー1200GX




                     ルノー8


                  ルノー・アルピーヌA110


                ランチア・デルタHF と 残姉号


                   フェラーリ328GTS




                     トゥクトゥク


                   いすゞジェミニZZ

 いすゞ勢は、この車と、わたしのベレットだけだったと思います。




      最近の車のようですが、判りません(^^;;YES! ロードスター

 どっかで見たラインのような気がするので、考えていたのですが、そうだ! トミーカイラZZのEV車か!! と思って検索してみたのですが、違いました。


                     シムカ1300


                     マツダAZ-1

 最近流行の痛車です。車の楽しみ方は、色々です。


                     日野ルノー


                ダットサン・フェアレディ1500


                ニッサン・スカイライン2000GT


                  シェルビー・コブラ427

 初めての参加で、普段の様子がよく判らないのですが、会場の東側駐車場は満車状態で、屋上駐車場に誘導されている車もあったようです。
 イベント時間中も、車の移動は自由なようでしたので、9時15分くらいに会場を後にしました。オートプラネット名古屋は、何年か前、うちの奥さまを激怒させた店と同じ会社の経営のようですが、このイベントはなかなかグッドな企画だと思います。近いし、長く続けていただきたいものです。
 苦節?年。やっとイベントの見学者から、参加者に昇格したぜ。

追伸: 写真を追加しました。
Posted at 2017/07/02 15:02:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | 日記

プロフィール

「 定休日、奥さまと、名古屋市博物館の「ゴジラ展」を観に行ってきた。

何シテル?   07/19 18:06
 若い頃は、過激な仕様のベレットで走り回っていました。現在は歳にあった仕様のベレットをこつこつと整備して、作っています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ ベレット 残姉号(ざんねえごう) (いすゞ ベレット)
 いすゞ ベレットに乗っています。  残念ながら、平成28年4月、高速走行中にエンジン ...
いすゞ ベレット ブラックちゃん号 (いすゞ ベレット)
 現在のベレットの前に乗っていた後期型の1800GTです。エンジンは117クーペXEのG ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.