車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月12日 イイね!
モダン・クラシックカー5選 日本車は3台入選

SUBARUのインプが
入選素晴らしい🙌
やはり良いものは良いですね!



買えないクルマが多すぎる。あのクルマもこのクルマも値段があがり、気づけば投資家やコレクターが買い占める。もうそんなのはイヤだ。だったら先を見越して買うっきゃない。これから ‘アガりそうな’ 5台のクルマをAUTOCARが独断で選んでみた。

スバル・インプレッサP1

トップの写真をご覧になって22B? と思われた方、残念。このクルマは英国で1000台限定で販売されたインプレッサ ‘P1’ である。

英国で「インプレッサ」と聞いて思い浮かべるイメージは、アンダー・ネオンをまとい、ドコドコとダンス・ミュージックを垂れ流し、ツバを逆にしたキャップをかぶった若者が乗っているというものになるかもしれない(ワイルドスピードの見過ぎかもしれませんね。偏見もすごいですね)。

しかし最近は、そういうイメージとは違い、無傷でキレイな個体が珍重される傾向にあり、モダン・クラシックカーとしてもファンやコレクターを惹きつけてやまない。

状態がよく、スタンダードな2000ccのボクサー&ターボのモデルは価値を維持する傾向にある一方で、コレクターズ・アイテムのP1に関しては値段が上昇傾向だ。

BMW M3(E46)


歴代のM3シリーズで、一番最初のM3は丸目四灯のE30だ。いまの中古車市場を見てみると、気絶しそうなくらい高い。

続けて2代目のM3となるE36も高騰の兆しを見せている。これはもしかすると、最悪の場合E46までもが続くこととなるかもしれないということが考えられる。

魅惑のハンドリング、印象深いパフォーマンス。2ドア・クーペの美しい佇まい、BMWの最後のシルキー6を積む美徳……。

現在の市場価値を考えると、値段は下がりきっているような感じもする。可愛がられた、低走行の個体を見つけることができたならば逃す手はない。投資と考えるのもひとつの手だ。


フォード・レーシング・プーマ


普通のフォード・プーマはモダン・クラシックカーとは言えない。また、フィエスタ・ベースのモダン・クラシックカーとも違う。

ただ、この限定車のレーシング・プーマは別格で、まさにモダン・クラシックカーと言える。特徴は、ワイドなトレッド幅、それを収めるための左右に張り出したボディ。強力なアルコン社製4ポッド・ブレーキ、鍛え抜かれたギアボックスと、153psを出力する1.7ℓの16バルブ・エンジン。

この限定車は当初500台の生産計画だったが、実際には1000台の車両が製造され、そのほとんどが英国にてデリバーされた。

速いフォードのモデルのほとんどがそうであるように、希少性がレーシング・プーマの価値を高めた。しかしその価値の真の意味は希少性だけでなく、素晴らしいハンドリングや、ドライビングに集中できる環境も含めたモノでもある。アナタが思っているよりもスペシャルな感覚なのは間違いない。

ホンダS2000


ホンダS2000はマツダ・ロードスターの販売台数が霞むほど完成度の高い素晴らしいオープンだが、英国の道で見かけることは稀である。ヨーロッパ向けの生産台数は2万台に満たなかったからだ。

どことなく人間的なデザインのロードスターと比較すると、少々控えめすぎともとれるデザインだが、これにも意味がある。

50:50の理想的な重量配分を実現したうえ、エンジン・フードの下に隠れているのは自然吸気の2ℓエンジン。獰猛なそれは247psを生みだし、レヴ・リミットの9000rpmまで一気に駆けあがり、目眩がするような陶酔感に浸ることができる。

6速のギアボックスや、トルセンLSDなどを考えると、S2000はバーゲン・プライスとも言える。これが値段上昇の秘訣だ。

日産350Z


カリフォルニア・デザイン・スタジオのジェリー・ハーシュバーグがスケッチした ‘240Zコンセプト’ と命名されたクルマが1999年の北米モーターショーでヴェールを脱いだ。‘Z復権’ へ向け、日産が第一歩を踏みだした瞬間であった。

その少し後となる2002年、満を持して350Z(日本名:Z33型フェアレディZ)が発売され、多くの人に受け入れられたのだ。

低く構え、魅力的なクーペ・スタイル。サイド・ビューははっきりと力強く、240Z(S30型フェアレディZ)を意識したスタイリングだ。初代のスピリットを彷彿とさせた。

意外にも(?)値上がりする可能性が高い。

Posted at 2017/02/12 12:34:30 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月11日 イイね!
3月11日(土)開催の
第3回オフ会本日が最終締切日
です。参加希望の方は本日中に
当方メッセージより御連絡下さい。
Posted at 2017/02/11 09:19:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月09日 イイね!
この記事は、法令違反!について書いています。
Posted at 2017/02/09 19:05:04 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月07日 イイね!
懐かしのどっかん
ターボなクルマ5選

①ホンダ シティターボⅡ

シティ ターボⅡ、通称「ブルドッグ」の名で親しまれたモデル。

1983年に登場したシティ ターボⅡは、1.2リッターターボに、インタークーラーを装備し、0.85kg/cm2の過給圧から110psの最高出力を発揮。さらに、4,000回転以下でアクセルを全開にすると、過給圧を10秒の間に約10%アップする「スクランブル・ブースト」機構を備えるなど、過激な仕様でした。

外観は、前後オーバーフェンダーにビッグパワーバルジ、エアインテークを備えたリアフェンダーなど、アグレッシブな印象。そして車重はなんと735kg!熱い走りを予感させる佇まいが魅力でした。

②三菱 ランサーターボ

ランサーEX1800ターボGT、通称「ランタボ」の名で親しまれたモデル。それはつまり、ランエボの祖先であることを意味します。

現在も根強いファンを持つ1979年から1987年にかけて生産された、ランサーとしては2代目にあたるモデルです。

1.8Lエンジンは、電子制御燃料噴射と三菱重工製TC05型ターボチャージャーを装着し、最高出力135psを発揮。水冷式インタークーラーが装備された1800GSR発売は1983年。エンジンの最高出力は、160psでした。

③日産スカイラインターボRS(6代目)

アメリカの俳優、ポール・ニューマン氏が出演するCMを鮮明に覚えている方も多いのではないでしょうか?

「至上最高のスカイライン」のうたい文句を掲げていました。

1983年に登場し、市販車の雰囲気を色濃く残したシルエットフォーミュラとしてサーキットを走ったり、西部警察の劇中車としても起用され、当時の少年達の心を鷲掴みにしました。翌年には、2.0L DOHCターボにインタークーラーを搭載したRS-X ターボCは、最高出力205psを発生しました。

④スターレットターボ

スターレットターボGT、通称「スタタボ」の名で親しまれたモデル。

発売されたのは平成元年ですが、4代目スターレットにあたる、GT(EP82)はどっかんターボとしてその名を歴史に刻んだと言えるでしょう。

1.3リッターターボに、車重はなんと830kg!安全装備等々で車重が増加した現代からは信じられないほどの軽量なクルマでした。現行ヴィッツの各グレードの車重が1,000kg前後なので、いかに軽いかが分かるはずです。

⑤ポルシェ911ターボ(930)

日本において「ターボ=速さの象徴」として君臨していたクルマに、ポルシェターボの名を連想する方も少なくないはず。

2017年現在から約30年前で、すでに300馬力近いパワーをたたき出す性能、左右に大きく張り出したリアフェンダーや、大型のスポイラー、レースでの戦績。あらゆる側面において当時の日本車を圧倒する存在でした。

若いときにこのクルマの後ろ姿を見せつけられ、憧れと悔しさの複雑な感情を抱いた人も多いのではないでしょうか。

改造することで、あえて強烈などっかんターボに

容量の大きいターボに交換するなどの改造を施すことで、意図的に「どっかんターボ」の特性を手に入れたクルマも存在しました。

一例として、R32型GT-Rなどに大型のタービンを組み込み、ノーマル状態ではツインターボだったものをシングルターボ化。ノーマルのカタログ数値である280馬力の倍近い、500馬力をたたき出すマシンが現れたかと思えば、800馬力を標榜する個体が登場するなど、最高出力が急激に高まっていきました。

このように、かつてターボが搭載されたモデルは「速さやパワーの象徴」として位置付けられていたように思われます。

しかし、最近のターボは、これまで大排気量だったエンジンをダウンサイジングする際に用いられる「効率や環境への配慮の一環」としての側面も持ちはじめています。その波は、ポルシェやフェラーリなど、本来NAエンジンだったモデルにまでおよんでいます。

技術の進歩により、どっかんターボは過去のものとなりました。と同時に、高回転型のNAエンジンも絶滅危惧種となる時代が訪れるのでしょうか?

Posted at 2017/02/07 21:59:25 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年02月05日 イイね!
この記事は、【ヤフ○ク!】はじめてのおつかい大失敗 10万コース♪について書いています。ヤフオクだから安心は出来ない!
Posted at 2017/02/05 07:49:18 | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール
「@plain71 さん
お疲れ様です(*_*)
横に彼女を乗せてる時は安全運転でお願いします。大事な宝物と思って下さいよ!」
何シテル?   02/25 22:46
CORAZON PLEO RSです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
スバル プレオ RS  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 19:39:53
いすゞ フォワード  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/12 22:27:14
2016年9月29日 変な紙を入れられたので… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/04 18:57:52
お友達
E型RSオーナーの皆様情報交換しましょう
89 人のお友達がいます
たにたんたにたん * SHUGOSHUGO *
plain71plain71 * kan@ta(かなた)kan@ta(かなた) *
やまちゃん@8148やまちゃん@8148 * もん吉君もん吉君 *
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
スバル プレオ RS スバル プレオ RS
スバル プレオ E型 RSに乗っています。 色は定番スバルカラーWRブルーです。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.