• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tayutayuの愛車 [ホンダ S660]

クラッチスタートキャンセル加工

カテゴリ : 電装系 > その他 > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年05月03日
1
ヤフオクで入手した2回路2接点のリレーと、自動戻りのプッシュスイッチを使って、クラッチスタートをキャンセルする配線を行いました。
リレーは通電することによって、A接点とB接点が同時に動作します。
リレーのプラス側には、一応0.5Aのヒューズを取り付けました。
2
クラッチの根元が見えるところまで何とか潜り混むと、緑と青のコネクターがあります。
コネクターには各々スイッチが付いており、緑はクラッチを踏むとスイッチが切れて、青はクラッチを踏むとスイッチが繋がります。
上の写真がクラッチを離した時、下の写真がクラッチを踏んだ時です。
3
配線加工が行い易いように、写真のクリップを外します。
4
まずは緑の配線加工を行いました。
緑のコネクターのストッパーが運転席側にあるので押しながら外します。
配線チューブをはがすと、ピンクと黒の2本の線が出てきます。
プッシュスイッチを押した時に接続が切れるようにリレーのB接点をつなぎます。
どちらを切っても良いと思いますが、ピンクを切って接続コネクターを取り付けました。
5
次に青の配線加工を行いました。
青のコネクターのストッパーは奥側にありました。
配線チューブをはがすと、茶色と黒色の2本の線が出てきます。
プッシュスイッチを押した時に接続が繋がるようにリレーのA接点をつなぎます。
両方の線を配線コネクターを使って分岐しました。
6
リレーの電源は常時電源につなぎ、アース側にプッシュスイッチをつなぎました。
A接点、B接点の配線に対応するコネクターを取り付け、接続しました。
7
写真の位置に10mmの穴を開け、スイッチを取り付け、キャンセル加工完了です。
プッシュスイッチを押しながらエンジンスタートスイッチでエンジンがかかります。
8
後日、使ってみると、エンジンがかかりませんでした。
配線を確認したところ、配線コネクターが接触不良でした。
赤色の配線コネクターから、細線用の白色の配線コネクターに変更し、接触不良は改善されました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ホーン取り付け

難易度:

スマートキー電池交換

難易度:

スマートキー電池交換

難易度:

3連ソケット取り付け手直し💦

難易度:

スマートキーの電池交換

難易度:

シビックサイドマーカー

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

tayutayuです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

パーキングブレーキ連動ヘッドライトキャンセル装置 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/15 01:03:52
停車中、エアコンの「A/C」スイッチを自動でOFFにしたい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/15 00:17:09
完成!サイドブレーキを検知して、エアコン「A/C」をOFF 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/15 00:07:48

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
2015/07/19契約しました。 グレードは、α、6MT センターディスプレイ、CT ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
2016年3月25日売却しました。
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
コペンの前に乗ってました。
ホンダ フリードスパイク ホンダ フリードスパイク
奥さんの車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる