• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-りょ-のブログ一覧

2015年09月30日 イイね!

Garage Life 11

作業2日目。


1人作業の翌日は休息を、ということで家にいたが、姪っ子襲来で13kgのウェイトを上げたり降ろしたり肩車したり…
数時間ぶっ通しで遊んで(遊ばれて)、余計に疲れてしまったわ。
楽しいんだけどね。


で、その次の日。
この日はいつものペアに加えて助っ人1人追加の3人工体制で臨む。

壁も屋根もパネルは1枚1枚全てに保護ビニールが貼ってあり、これが劣化してなのかむちゃくちゃ剥がしにくい。
取付作業のたびにビニール剥がしの一手間を強いられて効率が悪かったが、助っ人さんにこれから使う全パネルのビニール剥がしを黙々とやってもらった。
凄く地味だしつらいメニューを任せてしまったけれど、おかげで作業効率がぐんと上がり、今回の連休中に目標達成できた勝因とも言える程に重要な役割だったと思う。
大変感謝しております。

で、それと同時並行し、前回に勾配を出した連棟部の谷のカバーと屋根用の桁を固定する。
カバーの連結はコーキングをバッチリ打って対応。
この上に雨水処理の一手間入れるけどね。
カバー自体の加工なんかもしてたら意外と時間がかかり、この日は1本目の谷のみしかできなかった。


また、風対策で最下段のみ貼ってなかった壁パネルも、あと数日の問題なので塞いでしまい、全部の壁貼りが完了。
前回までの目隠し程度だったのが…

こんな感じに♪

また一歩、完成に近付いた感じ。

この日は結構頑張って、翌日の屋根葺きの目処がついたのでここまでで終了。
暑くも寒くもなく、カラッとして最高の気候だったが、既に体力的にはかなり厳しい状況で、あと2日続くことに若干不安が…
Posted at 2015/09/30 21:13:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | Garage | 日記
2015年09月28日 イイね!

Garage Life 10

ちと間があいたけれど、ガレージの報告をせねば。

今回のシルバーウィークは、取れてなかった夏休みを2日絡めて取り9連休にできたので、前半にイーストサイドステイにし集中的にガレージの作業を実施。
これまでの作業で事前の準備はほぼ整った状態にあり、後は残った壁パネルの全貼りと屋根葺きが主に残っていて、これらは風をはらんで飛ばされたりしないように一気に仕上げなければならず、集中的な作業が求められシルバーウィーク前半を優先的に費やした。
日数にして4日間、1日目は1人の作業だったが、その後はいつものペア以外にヘルプ要員も揃えてもらい、合計で10.5人工を費やして、それでもギリギリで何とか間に合ったという感じだったよ…
毎日毎日、早朝起きで動きづくめでさすがに体力的にはかなり厳しかった。。。

何はともあれ今回の目標は達成できたので、その報告を何回かに分けて報告致します。


先ず1日目。

前述の通り、この日は1人での作業。
屋根葺きに向けて事前に必要な準備をコツコツと実施。
具体的には、1つは屋根材の軒先カットで、もう1つは連棟部の谷の樋設置準備。

屋根材の軒先カットは、元々のキットが連棟を想定していない物で軒先が10cm程飛び出るサイズのため、連棟部分は隣棟の屋根との干渉を避けるため長さを詰める必要があるのね。
サイズを測って丸ノコでジャーっと切るだけで、画像も撮ってない地味なメニューだけれど、全部で44枚も切る必要があり、結構な労力だったよ。

続いて谷の樋設置準備。
この連棟の谷はガレージ建築で一番頭を悩ませた部分で、雨仕舞いをどう処理するかとっても難しく、一時は職人さんに任せるかという案もあった程。
けれど、その職人さんからアイディアをもらって、出来合いのパーツで納めることができそうだったので、この日はその準備を。

こんな感じ。

ポイントはシルバーの谷のカバー兼樋ね。
これ、住宅用屋根の頂点の棟カバーで、それを逆さに使っているの。
これがなぜか両方の屋根の勾配にほぼマッチし、かつ、屋根材を固定する桁にちょうど乗っかるような形状になってるんだわ。
まさにこのための材料なんじゃないのかっていう位にぴったりで、合わせてみた時にちと鳥肌立った位。

ただ、これをそのまま固定しても雨水が排出されないので、建物奥行き方向の中間を頂点に、フレームと桁の間にプレートを挟み樋の勾配を作ることに。
フレームにテープで止めてるのがそのプレートね。
完璧とは言えないものの、一応樋の勾配を取れる目処はついたので、この日はこれにて終了。
1人だったし探り探りの作業だったため、あまり進まなかったという感じ。
Posted at 2015/09/28 20:39:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | Garage | 日記
2015年09月13日 イイね!

Garage Life 9

この週末は凄く天気がいいし湿度も少なく快適だったけれど、夏が遠くなりつつあるのが寂しいね。
あっという間だったなぁ。。。
今年こそガレージでBBQやるつもりだったのに間に合わなかったわ。


さて、今回はガレージの続きで、現場に行かなくてもできる作業を進めておいた。

前回のガレージ日記で書いた通り、普通に完成させてもアチコチに隙間がある建物なので、雨水と虫の侵入を防ぐため、各所の隙間対策を実施する。

前回取り上げた軒先と側面壁の上端との取り合いの部分の隙間は、対策用の材料を手配してもらったので、次回作業時に使ってみる予定。
これでここの部分の隙間は解決できるはず。


で、次に問題となるのが屋根の頂点、棟の部分。
参考画像がないのでわかりづらいけれど、ここは壁と同じ角波のパネルを使い、頂点部に棟カバーを上から固定するようになっている。
棟カバーはパネルのリブの山部分に固定するので、当然ながら谷の部分は塞がれず隙間が生じたままになってしまう。
それでも棟カバーがしっかりしていればまだしも、キットに入ってるカバーは小さ過ぎてて、強風とかで雨水が屋根の勾配をちょっと登ればパネル端に届いてしまい、室内に吹き込むことが予想される。

ということで、パネルリブの谷部を埋めるものを用意することに。
いわゆるケミカル面戸ってヤツね。
既製品であうものがあるかも知れないけれど、ここは自作してみる。
ホームセンターで3X6尺のスタイロフォームを20mm幅の棒状にカットしてもらい、そこらに転がってた木片で治具を作ってひたすらカットしていく。


切って切って、切りまくり、必要数の330個+予備数個を切断完了。

スタイロフォームの切れ具合が気持ちよくて癖になる感じはあるけど疲れる。。。

これをコーキングで貼り付けれて棟カバーをつければ雨水の侵入は防げるハズ。
やってみてダメそうなら棟カバー自体を大きいものに変更してしまおうかと。


ついでに何個か壁パネルの面戸も作ってみた。
屋根とは違って山部を塞ぐものね。

例えばここ。

入り口側面はパネルリブの山部が隙間空いてるでしょ。
ここにはコの字のカバーをつけるが、きっちり隙間が埋まるようなものでもないので、この隙間にも面戸を突っ込んでおくつもり。


着々と屋根葺きに向けて準備が進んでいて、メチャメチャ楽しみだぜぃ♪
Posted at 2015/09/13 22:02:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Garage | 日記
2015年09月12日 イイね!

Garage Life mini 37

久しぶりの入庫報告。

と言っても本日の入庫はなく、前回7月の初めの報告以来2ヶ月間溜まっていた未報告のものを一気に消化してしまおう。
が、一時の怒涛の入庫ペースからはすっかり落ち着いていて、この2ヶ月で僅か3台という超スローペース。
ホットウィールは新作が毎月出てるけれど、これという物もないんだよね。

それでは各車の報告をいってみよ。


1台目、918(マジョレット)。

これはスゲー欲しかった。
ライトはクリアパーツだしフロントシールドは厚ぼったさがなくて、ホットウィールのよりかっこいいと思うんだな。
オープンは基本的に好きじゃないので、できればルーフをつけて918RSRを作ってみたいね。


2台目、レヴェントン(マジョレット)。

アヴェンタドールが出る前の試作車的なポジションだったんだろうね。
レヴェントン単体だとかっこいいけど、アヴェンタドールの洗練さと比べちゃうとデザインに隙があるように思う。
作りはまぁまぁってとこかな。
マジョレットはスーパーの買い物ついでにお手軽に確保できるのがいいんだよね。


3台目、ラングラー(トミカ)。

トミカの新作。
まぁまぁかな。
マッチボックスのホイールに交換すればもっと良くなるかな。
オーバーフェンダーもつけて、ディフェンダーみたいにしちゃうのも手やね。
デタッチャのルーフが外れるのはいい♪



4台目、NSX(F-toys)。

コレ、欲しくなかった…
R30かNSXが入ってるっていうヤツで、鉄仮面が欲しくて買ったら見事大外れ。
こんなんいらんわ。
悔しいからもう買わない。

以上。


で、本物のガレージの方は、来週末からのシルバーウィークに集中的に作業して一応の完成を目論んでおります。
まだ、シャッターレール部のハツリはお願い中だけど、各材料の調達は順調に進めているとこ。
Posted at 2015/09/12 23:05:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2015年09月06日 イイね!

Garage Life 8

今回は作業報告ではなく、材料選定についての業務連絡がメインです。


元々の建物のキットは掘っ立て小屋に毛が生えた程度のクオリティなので、アチコチに隙間があいている。
まだ屋根材を設置していないから言い切れないけど…さすがに雨漏りする程ではないものの、例えば屋根と壁の取り合いの部分や壁の出隅なんかも隙間だらけ。
場所的に虫がとっても多いし、できるだけそれらの隙間を解消していきたい。
大半が建物が完成した後の作業になるけれどね。

が、屋根の流れ方向の軒先と側面の壁上端部との隙間は、屋根材の設置と同時に対策しなければならず、その材料選定を。
参考画像がないんだけど、確か屋根の軒先は20ミリ程側面の壁から突き出してて、一方で壁は屋根材は屋根材の裏より少し下で終わってる。

↑の側面壁パネルと屋根材を固定する桁との細長い隙間が問題の隙間ね。

で、材料はなるべく加工が少なく、かつ低コストで流用できるものがないか、ホームセンターで調査してみた。
昔、住宅用の屋根材やら壁材やらを扱う仕事もしてたことがあるので、何となく想像ついたが、屋根材の部材(役物)がどうやら使えそう。
その中で、何点か候補を見つけてきた。
以下の通りね。

1つ目、雨押さえ。

サイズ的に少し大き過ぎるかな。

しかもちと高い。
長さは1.8m位かな。
いや、4尺だったのかな?


2つ目、ケラバ。

そう!この形。
1つ目より余計な加工がなくていい感じかも。

値段は同じ位だな。長さも同じ。


3つ目、捨唐草。

値段は安いが、片側の長さが足りない気がする。
これも長さは同じ。


他のホームセンターも行ってみたけれど、あまり上記3つ以上にいい物はなく、これらで調達するか、或いは鋼材屋に直接行ってみるかやね。

2つ目が形的にはいいけど、片屋根に6個で左右合わせて12個。
トータルで9千円ちょっとってとこか。
しかもそんなに数は揃ってないんだな。
どうしたもんだか。

そして、連棟の樋に使う棟も売ってた。


以上、業務連絡おしまい。
Posted at 2015/09/06 21:24:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | Garage | 日記

プロフィール

「Zero type52 <5> http://cvw.jp/b/1868621/40580960/
何シテル?   10/15 20:30
りょです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

お友達

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991 Targa 4S
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.