• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺ウサギのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

みんカラ:モニタープレゼント!【プロスタッフ】

Q1. 普段お使いの洗車用品は何ですか?
回答:シュアラスターのカーシャンプー1000と、CCIのスマートミストです。

Q2. あなたが使った事のあるプロスタッフ製品何ですか?
回答:すみません、御社の製品は一度も使った事がございません。

この記事は みんカラ:モニタープレゼント!【プロスタッフ】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/06/22 14:25:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年06月21日 イイね!

エクストレイルでもプロパイロット付きが出たようですが・・・

まずは↓のようつべ動画をご覧下さい。



ちなみにボクは、プロパイロットの付いたセレナに一度乗ったことがあり
まして・・・

高速道路上で実際に試すと車線を瞬時に認識して、車線の真ん中をキープ
してくれるわ、車間距離を保ってくれるわ、カーブがあればそれに合わせて
ハンドルを切ってくれるわで、便利な機能だなと実感しました。

ただ、試せた時は晴れた昼間でなおかつ車線がハッキリしていた高速道路
(首都高湾岸線)だったので、例えば夜間でなおかつ千葉東金道路みたいに
ライトの少ない場所や、昼間でも雨降りだったらどうか?はわからないし、
一般道だと高速と違って信号があるので今のヤツはそこまで認識出来ない
だろうから、冒頭のCM動画でも表示されている通り、あくまで高速道路上に
限定された運転支援装置なんですよね?!

なので・・・

”帰りも気にせずに”とか”クルマが運転をサポート
してくれる”というCM文句はちょっとおかしくね?!

とボクも思いました。

たとえ動画の中で、”高速道路での運転支援”って文言や注意書きが表示
されていてもナレーションの方に注意が向いて、そこまでしっかり見る人は
少ないでしょうし、中には途中で居眠りするほど疲れていてもクルマがある
程度勝手に運転してくれるんだよね?と勘違いなさる方だっていらっしゃる
でしょうから・・・。

まだまだ完全な自動運転までには課題が山積みであっても、その萌芽を感じ
させるような興味深い技術を商品化出来たのは立派なんですが、正しく啓蒙
していくのもまたメーカーとしての務めだと思いますね。

※現にとあるディーラーでは一般道で(しかも雨の夜に)プロパイロットをお客
さんに試させ、前走車にオカマを掘るなんて事例もありましたが、それだって
プロパイロットの使い方が正しく周知されていないことも原因の一つと見ており
ますので。(ちなみにこの件でも日記を書かせていただきました。)


この記事は、日産CMに異議あり!について書いています。
Posted at 2017/06/21 23:14:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年06月20日 イイね!

トールとソリオを乗り比べてみた・・・その2

トールに試乗した後は、さほど間を置かずにソリオに試乗させていただき
ましたが、感想は以下に。

※トール/ルーミー/タンク/ジャスティを所有されている方、及びこれからお考えの
方にはちょっと耳の痛いお話をさせていただくので、もしお気に召さないならば
ブラウザのバックボタン等でお戻り下さいm(_ _)m


ソリオはソリオでも、今回試乗させていただいたのはソリオ・バンディット
ですが、バンディットと聞いて・・・




パイプフレームが美しい中型バイクをつい思い出してしまうのですから、
オレも歳なのでしょうかね?!( ;´Д`)


まぁそれはともかくとして、まずは外観から・・・



カスタム系とは言っても割合控えめなルックスなので、そんなに悪い感じは
しませんね。

続いて内装については・・・





ドアやインパネの質感は先に試乗したトールと殆ど変わりませんが、センター
メーターを採用するなどインパネ周りの処理が上手く、前方視界もメーターの
視認性も申し分有りません。

室内に関しては、車幅が5cmばかりトール/ルーミー/タンク/ジャスティより
小さいために横は気持ち狭いし、後席のスライド幅やリクライニング角度も
若干劣るものの・・・

それでも前後長や頭上高では勝っているし、前席後席ともにシートの掛け
心地が良く座面が長いこともあり、居住性はソリオに軍配でしょう。

ステアリングの位置についても適切で、ドライビングポジションがトールよりも
取りやすいと思いました。

そして今回試乗したのは新たに登場したストロングハイブリッドモデルで、先に
出たマイルドハイブリッドモデルと違い、EV走行もサポートしておりますが・・・



モーターの出力や電池の容量が小さいためにEV走行は限定的で、エンジン
動力のアシストがメインです。

そのシステムに組み合わさるミッションは、搭載スペースの関係でCVTでは
なく、先にアルト(ターボRSやワークスも)やエブリィ及びキャリィに搭載された
AGSで変速時にガクンとなりやすいのが泣き所ですが、ハイブリッドとの組み
合わせだとどうか?!と言うわけで路上に出てみましたが・・・

新規開発されたプラットフォームのおかげで、ストロングハイブリッドでも1tを
切る車重に1.2リットルのエンジン(ちなみに90馬力オーバー)を搭載しており、
それにモーターのアシストが加わるので走りが軽快なばかりか静粛性も結構
高いですね♪(*´艸`*)


そして懸念されたAGSについては、変速時にモーターでアシストされている
ため、アクセルベタ踏みなどハードな走らせ方をするでもなければガクンと
来るクセがかなり抑えられているのに感心しました^^

※惜しむらくはパドルシフト及びシフトレバーにMTモードが付いていない
ところで、それがあればなお良かったですね。


乗り心地についてはトールと同じく硬めでも、トールと違って収まりが良く
揺り戻しが少ないため良い部類に入るでしょうし、カーブを曲がる時でも
動きがシャキッとしている印象を受けました。

と言うわけでトールとソリオを短時間ながら乗り比べてみましたが・・・

ルーミー/タンク/トール/ジャスティは”ソリオを徹底的に研究した”とは
言うものの、こう言っては申し訳ありませんが手持ちのコンポーネンツを
使って急ごしらえした感アリアリで、使い勝手とカラーバリエーションの
多さでは勝るものの、走りやパッケージなどその他の面ではちょっとずつ
劣っていると思えました。

対するソリオ(ソリオ・バンディット及びデリカ D:2)ですが・・・

居住性のみならず動力面やパッケージ面にも気遣ったクルマ作りが出来て
おり、あの四兄弟がお買い物及び近距離ドライブに向いているのに対し、
ソリオはお買い物や近距離のドライブに使えるのは勿論ですが、高速を利用
して中距離をドライブしても良い出来映えなので・・・

販売台数ではトヨタの全販売チャネル、ダイハツ及び
スバルのお店で販売されるだけにあの4兄弟に負ける
でしょうが、クルマ自体に関してはソリオが圧倒的に
上ですね♪(*´∀`*)


”ピンクスパイダー”って曲に喩えれば、ソリオがHideさんが歌ったオリジナルで、
あの四兄弟が倖田來未さんがカバーしたバージョンみたいなもので・・・

ピンクスパイダー by Hide



ピンクスパイダー by 倖田來未



歌手に喩えたら、ソリオがaikoさんであの四兄弟は大塚愛さんなのかな?!w

初恋 by aiko



大好きだよ by 大塚愛



どちらにせよ、オリジナルには敵わないと言ったところでしょうか?!(;´Д`)

以上ソリオとトールの比較はソリオに軍配を上げますが・・・

貴重な機会をいただけたことをダイハツ東京販売(砧店)の方及びスズキ
アリーナ(成城)の方に感謝致しますm(_ _)m
Posted at 2017/06/20 22:05:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年06月19日 イイね!

今年のル・マンに於けるもう一つの戦い。

またも今年のル・マンについて日記を書いてみます(;´∀`)

総合優勝はポルシェ919ハイブリッド(LMP1クラス)の2号車で、レース開始から
3時間が経ったところでフロントアクスルのトラブルに見舞われ、修理に1時間半
以上要し、一時はトップから18周遅れの60台中57番手まで順位が下がったため、
万事休すかと思われましたが・・・



それから以降はトヨタの7〜9号車の相次ぐトラブル及びリタイヤ、そして楽勝と
思われた僚機の1号車がリタイヤしていくのを尻目に快調にラップを重ね、残り
1時間のところでトップに立ってフィニッシュですから・・・



速さだけではなく、強さも兼ね備えていなければ、
ル・マンで勝つことは出来ないんだなと思いました。

”優勝まであと一歩”が途轍もなく長いあのチームがポルシェを倒してル・マンで
勝つには・・・

ル・マンでの戦い方や勝ち方を熟知した人やチームの
協力を仰ぐことが必要なんでしょうね・・・。

そして2位にLMP2クラスのジャッキーチェンDCレーシング(オレカ07:ギブソン)が
入りましたが・・・



LMP1クラスのマシンがトラブルやリタイヤに見舞われた中で2位につけ、優勝が
確実視されたポルシェの1号車が残り4時間でリタイヤした後は総合首位に立ち、
あわや・・・




もとい大金星か?と思われたものの、残り1時間でポルシェの2号車にオーバー
テイクされてこの順位でしたが、それでも大健闘でしょう♪(*´艸`*)

前置きが長くなりましたが、ここからようやく本題・・・

ル・マンに於いてはプロトタイプ(LMP1及びLMP2クラス)のみならず、市販車を
ベースにしたLM-GTE(Pro及びAm)クラスも混走しており・・・


毎年激戦になるLM-GTE Proクラスでは、今回も残り1時間ぐらいからカーNo.97
番のアストンマーティンとカーNo.63番のコルヴェットとのクラス優勝争いが繰り
広げられ、度々ライブ映像でもその模様が映されておりまして・・・





”鍔迫り合い”とか”ドッグファイト”って言葉がぴったり
来るような熾烈な戦いぶりに思わず見入ってしまい
ました!!


※ちなみにその模様は↓のようつべ動画でどうぞ^^



しばらくは追い縋るアストンマーティンがタイヤが終わりかけのコルヴェットに
プレッシャーをかけ続け、それをコルヴェットが必死に抑える展開が続き、この
ままフィニッシュかと思われましたが・・・

その後コルヴェットが第2シケインでグラベルに乗り上げてコースアウトし、それ
からはペースが鈍りファイナルラップ直前でアストンマーティンがかわし、その
ままフィニッシュラインへ。

そしてコルヴェットはどうなったか?と言えば・・・

その前の攻防やコースアウトでタイヤが終わり、ついには左前タイヤがパンク
してにペースダウンを強いられる中、後ろを走っていたカーNo.67番のフォード
GTにも抜かれ、クラス3位でフィニッシュ。

コルヴェットが満身創痍ながらも無事にゴールラインを通過したのを見届け・・・

”お疲れ様、素晴らしい戦いぶりだったね!”と思わず
画面に向かって言いそうになりましたし、ほんの少し
だけ目が潤んでしまいました・・・( ;∀;)

是非来年も参戦してリヴェンジを果たしてほしいものです。


今回のル・マンは、LMP1のマシンが揃ってトラブルに見舞われる中にあっても、
ポルシェの粘り強さに驚かされましたし、'92年のF1モナコGPに於けるマンセル
vs セナの激戦を彷彿とさせるような熱いLM-GTE Proクラスの優勝争いに興奮
させられたりで、トヨタの失速は残念に思うもレースそのものは素晴らしかった
ですね♪(*´艸`*)
Posted at 2017/06/19 22:05:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年06月18日 イイね!

今年もまた・・・

トヨタはル・マンの魔物に取り憑かれてしまい、'91年のマツダ787B以来
途絶えている日本車でのル・マン優勝は果たせませんでしたが・・・


以下はYahoo!さんの記事を転載します。

---------------------------------------------------------------------------------

【ル・マン24時間レース速報】2号車ポルシェが優勝。
大波乱の24時間を制す。トヨタは9位

ル・マン24時間レースの決勝が行われ、2号車ポルシェ919ハイブリッドがトップチェッカーを受けた。

【リザルト】2017年ル・マン24時間レース決勝結果(暫定)

LMP1クラスで出走した計6台全てがトラブルに見舞われ、最後まで走りきったのは2号車ポルシェ
919ハイブリッドと8号車トヨタTS050ハイブリッドの2台のみだった。

一時はLMP2クラスの38号車ジャッキー・チェンDCレーシングが首位を快走したが、残り1時間と
いうところで2号車ポルシェが追いつき、奪首。結局そのまま最後の1時間を先頭で走り、トップ
チェッカーを受けた。

総合2位には38号車ジャッキー・チェンDCレーシング、3位には13号車ヴァイヨン・レベリオンと、
LMP2クラスのマシンが上位に入った。

完走したLMP1クラスのもう1台、8号車トヨタTS050ハイブリッドは、総合9位でフィニッシュしている。
1号車ポルシェ、7号車と9号車のトヨタはリタイアとなった。

LM-GTE Proクラスは97号車アストンマーチン、LM-GTE Amクラスは84号車JMWモータースポーツ
のフェラーリが優勝を果たした。

 詳細は追ってお届けする。

---------------------------------------------------------------------------------

※ちなみに以下にてかなり独断と偏見が入った話をさせていただきますので、
もしお気に召さないのであればブラウザのバックボタンでお戻りいただく、または
ブラウザの×ボタンで消して下さいm(_ _)m


うん・・・

たとえ自分がトヨタ嫌いでも、この運の無さには
大いに同情します・・・(´;ω;`)


しかしながら冷静に考えてみて・・・

マシンの戦闘力は低くないし、ドライバーの顔ぶれだってポルシェに決して
引けを取りませんし、それでいて何故ル・マンでは今の今まで勝てないまま
なんだろうか・・・?!

※ちなみに今年のWEC(世界耐久選手権)ではトップランカーであるにも
かかわらず・・・。


マシンの信頼性がポルシェや昨シーズンまで参戦していたアウディに比して
低いことがまず挙げられますが、過去を繙いていくとレースマネジメントの
悪さが挙がっているんですよね(;´Д`)

※参考文献はこちら

にもかかわらず、百戦錬磨のレース屋とのジョイントやレースのみならず、
FIAやACOとの交渉事に長けた人材の存在がなくとも、自分たちが経験を
積み重ねていけばいつかは必ず勝てるだろう的なチーム運営を続けている
わけですが・・・

まぁ正直なところ甘すぎるとしか言いようがあり
ませんね!ヾ(*`Д´*)ノ"

'91年にマツダがル・マンに勝てたのは、長年参戦してきた経験だけでは
なく、”ル・マンのキング”と呼ばれたジャッキー・イクスさんをスーパー
バイザーとして招聘し、その仕事をきっちりとやってのけたことも大きな
理由ですし・・・

※子細はこちらをご覧下さい。

アウディが何度もル・マンで勝ててきた最大の要因として挙げられるのは、
かつてはポルシェでル・マンを何度も勝ってきたヨースト・レーシング
ジョイントし、マシン開発やレースオペレーションに深く関与してくれた
ことですから・・・

以上を踏まえ、もしもトヨタがル・マンで勝ちたいのであれば・・・

百戦錬磨のレース屋さん、出来ればヨースト・
レーシングとジョイントし、昨年までのアウディ
同様にマシン開発やレースオペレーションに深く
関与してもらうことでしょうね!


さもなくば、8シーズンに渡って多額の予算を注ぎ込んだにも関わらず、
ついぞ勝つことなく終わったトヨタF1の二の舞いになるのは火を見るより
明らかですから。
Posted at 2017/06/18 22:21:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「あっ、この瞬間が日産車だね!じゃなかった、この感じが哲麺のラーメンだね♪(*´艸`*)」
何シテル?   06/22 21:40
紺ウサギです。 ゴルフ5 GTI海苔になってはや4年が経ちましたが、マッタリと楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていることが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

イグニッションコイル交換。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/11 21:30:47
批判を恐れずに言う 東京オートサロン2017について これが最後のブログになるかも~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/22 23:32:48
マイラバAkko安保巡る国会に疑問符 なぜ可決されてしまうのか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/21 01:03:43

お友達

出来れば一度以上リアルに絡んで下さってから申請いただければ、大体オッケーでございます^^

ただし、高圧的ないしは心無いコメントやメッセージを多くなさる方に関してはこちらから解除させていただく場合がございますので、その旨宜しくお願いします。

115 人のお友達がいます
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 ヨー魔ヨー魔 *
スカランですスカランです * アンクルライダーアンクルライダー *
キャンにゃんキャンにゃん * 麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 *

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.