車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
ハイビーム
ハイビーム 最近発表される新型車は安全に対する取り組みには積極的で、ヘッドライトも単眼のHIDから多眼のLEDも登場し、対向車を検知するとその部分だけを照射しないなど進化も著しいようです。
ただ私の愛車2台ともHIDで、もちろんハイ、ローは自身で切り替えなければなりません。

しばらく前「夜間は基本的にハイビーム」と言う事が話題になりましたが、実際のところちょっと違和感を感じませんでしたか?
確かに道交法ではそう記載されているようですが、現状でそれをそのまま運用してしまっていいのでしょうか?何か「自転車は基本車道通行」と似たような印象があります。
今日も交通量の多い県道を、おじいさん二人が自転車で縦1列に並んで走っていましたが「いつ並走するのか」と思うと追い越すのにずいぶん神経を使いました。脇のガードレール左側には狭いながらも歩道があって、全く人影もありません。
私なら自分の安全を考えたら迷わず歩道に入るところです。

また昨晩帰宅途中で前を行く高齢者マークのクリッパーバンは、とにかく対向車がきれるとハイビーム。カーブミラーに対向車が映っていてもお構いなしです。街灯があるなしかまわず対向車が現れてからローに切り替えるのでは対向車は「イラッ」とするはず。事実パッシングも喰らってます。

単に「基本はハイビーム」なんて新聞に大きく出れば「やっぱり私が正しいんだ!」と思うのでしょう。

何のためのハイロー切り替えかと考えた時、やはり安全のためと思うのです。
ですから相手を幻惑することだってできる限り避けるべきです。自転車や歩行者に対してだってハイビームは大迷惑。自転車なんかは自身のヘッドライトが車よりかなり暗いので、”ハービーム攻撃”を受けると全く見えなくなってしまいます。

私は基本ロービームで安全走行のため必要と思う場合にハイを使います。
ただ暗い山道では基本ハイビーム。なぜならローで走っていると、狸君などが直前で飛び出てくる確率が高まることを経験的に知ったためです。
それでもブラインドコーナー手前では必ずローにします。でないと対向車が判りにくく、また対向車を幻惑する(コーナー途中で幻惑されたらそれこそ危険)可能性が高いためです。
また濃霧の時にハイにするのも意味がありません。前方すべてがホワイトアウトしてしまい、対向車の発見も遅れます。ロービームのまま速度を落とすのが正解と思います。(フォグランプもハイケルビンは効果が少ないと思います)
調整不良のロービームやドライビングランプなんてもってのほか!

自分は何か判断に迷った時は、どちらの方が安全かを基準に決めるようにしています。

最近オート何とかと言う機能はずいぶん増えましたが、長い歴史を持つオートエアコンでさえ不完全と思うし、以前セルボに付けたオートライトですら普段はオフにしています。現在装備されつつある自動運転なんかも使える状況は少ないと思えてしまいます。

昭和30年代に作られた法律がそのまま放置されていることって、他にもたくさんあるのでしょうね。

マスコミの報道もそこを踏まえたうえで、現実に則した解釈を付け加えるのも責任ではないでしょうか?
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/14 14:44:32

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/14 20:20:27
こんばんわ。
ハイビームという書き方がいけないと思います。
私は整備を仕事にしていたため、いわゆるハイビームは主光軸。
ロービームがすれ違い前照灯という認識でいます。
日本語を正しく使ってくれると意味もしっかり通じるんですけどねぇ。
コメントへの返答
2016/10/14 20:58:15
日本語だとそうなりますね。

要するに安全優先で考えた場合、幻惑するような対象(歩行者等含む)いない場合は主光軸の方がより見通せて安全だという事だと思います。
ただし現実は対向車等がいない交通状況は一般的ではなく、自然とすれ違い前照灯がメインになってくるのだと思います。
また走行速度が低く街灯もある市街地では、主光軸の必要性、出番は非常に低いはずです。
主光軸で走ることによるメリットは少なく、対向車等を幻惑する確率はが相当高くなるからです。
相手の安全確保は自身にもつながります。

私は自転車通勤中に対向車のハイビームのために縁石に接触し、転倒しかけました。

主光軸は相手がいない場合に限った方が良いと思います。

後続車でも近くなってもなかなかすれ違い前照灯にしない人がいます。
すれ違いでないのでいいのでしょうか?

違いますよね!
2016/10/14 22:25:45
なんかすいませんね。
言葉足らずだったようで。
基本はハイビーム、という見出しについて書いたつもりだったのですが。
当然ながら私自身、街中での走行ではほとんど主光軸にすることはありません。
ただし狭い路地など、こちらの存在をアピールするために点けることはありますが。
当然前走車があればロービームです。
そんな当たり前のことで書いたわけではなく、以前より基本は’主’光軸でありそれがハイビームなわけです。
それを、さもハイビームが基本だからそうしなさいと言わんばかりの新聞の書き方に疑問を感じるわけです。
すれ違い前照灯には対向車や前方の車への眩惑防止という事も書かれています。
決められた規則も大切ですが、だからこう。ではなく状況に合わせた行動が必要だと思います。
紛らわしい書き方申し訳ありません。
コメントへの返答
2016/10/15 16:44:22
こちらこそ勘違いをしたようで申し訳ないです。

車の歴史上最初から切り替えができたわけでもなく、またシールドビーム初期の6Vでは光量自体も現在の1/3以下?だったので、幻惑の度合いもたいしたことなかったと思いますが、現在ではハロゲンを大きく上回るHIDやLEDも増え、その光量は過大とも言えそうなレベル。
また後付けHIDやLEDでは光軸や配光も狂いがちで「この野郎!!」レベルの車も散見されます。
私のベンツにもフォグにクリヤレンズの社外品が付いていて、どうにも光軸がとっ散らかって調整できず純正品に戻し、セルボも前のオーナーが付けた眩しいのに役に立たないLEDバルブはハロゲンの戻した経緯があります。
上にも書きましたが、自転車通勤している時に複数回危ない目にも合っています。

などなど、ただでさえ夜間の運転には注意が必要なのに、幻惑するような行為を大して気にしてない人が少数でもいる事にずっとストレスを感じていたので、感情的とも言える表現になってしまったようです。

ただ「主光軸」では主に使うととらえることもできて、意味から考えるとかなり以前の考え方と言う気もします。
広範囲光軸?とかでもいいんじゃないかと。
2016/10/14 23:31:53
クルマの運転って、いくらセンサーが発達しても最後は自分の目で見た情報がモノを言うはず。その情報をより正確に得るために、対向車が来ないなどの条件が揃った時にはハイビームを欲してしまうってな感じに考えています。

前を行くクルマが街路灯の無い直線路で対向車が来ないのにいつまでもロービームだったりすると、後ろの私がハイビームにしたい時はありますけれど。

コメントへの返答
2016/10/15 06:29:58
センサーが得た情報を処理して人の頭脳のように、或いはそれ以上に予測までできない限り、オート何とかが本当の意味の実用性は持てないのでしょう。それには天候とか前後百メートルほどの交通状況や、時間帯まで考慮が必要になると思います。

人の感覚は優れていて、その瞬間の状況から次を予測しつつ行動しているので、ハイビームが必要なときは自然と切り替えるものです。
多少街灯があっても速度域が高くなれば、自然とハイに切り替えたくなるもの。
真っ暗な山道でもごく低速度なら、ローでも気になりません。
それでも安全に走れる情報は得られるからではないでしょうか。

私はまだ免許に”眼鏡等”の条件はありませんが、10年ほど前から運転時は必ずメガネをかけています。少なくとも運転時は1.2程度の視力は確保しておきたいからです。
運転にとってそれほど視覚情報は大切だと思うからです。
2016/10/15 19:21:14
こんばんわ!

私も、ハイビームが正義!のような風潮に急に舵をきった業界に疑問です。

本来は安全確保のためのライトですから、それぞれの環境で最適なライト操作が必要。それはハイだ、ローだ、のどっちかではないと思います。

トヨタのHPで見ると、「オートマッチックライト」と称して
「単眼カメラで先行車や対向車のライト、街路灯などを検知し、
ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも解消。」と書いてます。

つまりトヨタはハイビームのことではなく、自動○○を自慢したがために
ライトをツールの一つにしている気がします。

事故の防止はとても重要ですが、「運転免許証」を取得し、数トンの鉄の塊である車を運転しているにもかかわらず、安全確保のライト操作を「煩わしい」と言う奴は免許を持つ資格は無いですね。メーカーも。

あと、そもそも最近の自動○○には非常に懐疑的な私です(笑)

コメントへの返答
2016/10/15 20:59:05
私もローが基本と書きましたが、正しくはローを使うべき状況が多いのでしょう。
オートナンチャラは設計側も”エイヤ!”の世界にならざる得ないかもしれません。
個人差があって統計学で処理するしかない場合が多いと思います。

オートライト義務化は「無灯火よりはマシ」と言える程度ではないでしょうか?
ただ今日のドライブのように、山間部のバイパスや新東名では重宝します。

自動運転もいろんな経験をしつつ良くなっていくのではと思います。その間の犠牲が最小限で済むよう祈るばかり。
逆手にとってスマホゲームに熱中するバカがいなければいいですが・・・。
2016/10/22 23:23:45
私はハイビーム滅多に使いませんねぇ。前走車が無くて見通しが良い時くらいですか。後はノロノロ走って迷惑な前走車に注意を喚起する時くらい(笑)。あんなの普通に使ってたら眩しくて迷惑ですよ。特に最近のHIDやLEDは眩し過ぎて危険すら感じます。

自転車の車道通行も平成になって公安が勝手に言い出した事でしょう。それまでは歩道を走るのが社会通念でした。その証拠に自転車横断帯は歩道を走って来た自転車が歩行者と同じ様に交差点を渡る位置に引かれてます。車道を走るのが基本ならそもそも自転車横断帯なんか存在しない筈ですから(笑)。

昭和30年代どころかアメリカ占領下で作られた法律が今でも生きてる例がありますからねぇ。原付の30km/h制限。元々は時速20マイル=32km/hから端数の2km/hを落としたものだったそうで。自転車に補助エンジン付けただけの車輛(ホンダAとかカブFとか)を基準に作られ、しかもまともな自動車なんか殆ど走ってなかった時代の道路事情に合わせた法律が今でも生きてるんですから異常です。その異常事態が放置されたまま現実に則して改善される兆候が無いわけですから、日本は法治国家でなく放置国家なんでしょうね(笑)。
コメントへの返答
2016/10/23 08:01:49
ハイビームも気になりますが、ハイケルビン調整不良ロービームやフォグ??ランプはもっと苛立ちますね。
夜でもヘッド点けずにこの手のドライビングランプのみで走ってる黒いベルファイヤとか、どこがかっこいいの?大馬鹿野郎!

自転車も何か車道走らないとまずいみたいな雰囲気すらあります。どちらが安全か考えないのでしょうか?

私も自転車通勤中、わざわざ横断帯に入るなんてことはしません。

原付30キロも完全にまずい。
昨日もたいして広くなくて、センターライン上に赤ポールが立ってるバイパスで、原付を抜こうと大型トレーラーが苦慮していました。(後続は渋滞)

制限60キロで幅が狭いバイパス(流れは70キロ)に原付30キロはどう考えても無理があります。
このバイパスでは、途中で軽車両、原付NG区間もあり、気づかず自転車が走ることもしばしば。現状なら原付1種は全線NGでしょう。

行政もどうかしてます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「長距離通勤に備えて http://cvw.jp/b/1876173/38965295/
何シテル?   12/06 13:26
giantc2です。よろしくお願いします。 歳甲斐もなく、休日はもっぱら車2台をいじってます! 2013年2月に1台をセルボに変えたところですが、久しぶりの...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
調整式にしました(お手軽ブーストアップ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/19 09:43:23
600円でお手軽ブーストアップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/19 09:42:32
タイロッド ドラッグリンク アッセンブリー交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/18 20:04:37
ファン
27 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ セルボ ちゅん君 (スズキ セルボ)
通勤快速仕様です! 少しずつ自分好みに仕上げています! 車庫に止めてある姿が、なぜか雀 ...
AMG Cクラス AMG Cクラス
小さめの車で役に立って、いざと言う時は速い車が好きでVW VENT VR6から2005年 ...
輸入車その他 GIANT 輸入車その他 GIANT
片道約20㎞の通勤がメイン。現在11,000kmですが最近あまり乗ってません…
その他 アンカー アンカー君 (その他 アンカー)
実はGIANTよりこちらが1年先輩です。通勤状況により歩道や砂利道走行の可能性があり、最 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.