• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PP01Zの愛車 [マツダ アテンザスポーツ]

【圧入】ロッドエンド(M10)にスペーサー(M8→M10)を。

カテゴリ : 補強 > 補強パーツ > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2017年12月07日
1
【フロント・サイドフレーム連結補強】

…のテストが好感触だったので、バーの仮留めから本締めに移行で本採用決定!


そこで、ひと準備が必要に。


フロント補強で使うボディ既存の穴は「M8」。

しかし補強バーのロッドエンド穴径は「M10」。

このまま使うと画像の通り、ロッドエンドの穴が大きすぎてボルトがゆるゆる。

締め付けも剛性も本来のそれではなくなります。

ボディの穴を広げてM10ボルトを使うのが最善ですが、サビのこともあるのでボディを削りたくない。

2
そこで、M8のボルトを使えるよう、赤丸の「スペーサー(M8→M10変換)」をロッドエンドに圧入することにします。

圧入済みの完成形は、左のロッドエンド。
3
スペーサーよりロッドエンドの穴がほんのわずかに小さく、スペーサーは手で押し込めないので。

このようにワッシャーやらラチェットやらレンチやらを駆使して、簡易圧入します。

万力よりこっちのほうが「軸」が取れてスペーサが真っ直ぐ入るので、やりやすいです。
4
ラチェットでそのまま締めこんでいくと、このようにスペーサーがロッドエンドの中に入っていきます。

圧入されてゆく感触が…、
なんか…けっこう気持ち良いです。
5
圧入後。

きれいにスペーサーが入りました。


補強バーは2本連結するので、
ロッドエンドは4個使用します。

残りの3個も同じように圧入しました。
6
スペーサーを圧入後は、このようにM8ボルトでもピッタリ。

隙間ゼロで、ガタ無く使えるようになります。
7
補強バーをサイドフレームに無事取り付けて連結し、
完了です。

ホンダ旧タイプR流で言うところの―
【パフォーマンス・ロッド】。

サイドフレームの連結は、
思った以上に、効きます☆


でもこの補強は、アテンザ乗りの方々の中では、今度誰もやらないでしょうけどね(汗)

個人的記録として後で見返せるために、整備手帳を書きました。

このバーの上側に、もう一本バーが連結してあります。
2本仕様で強固に連結補強。
8
バーに付属している「ブラケット」は使いません。

ブラケットを介してだと、剛性が落ちるので。

何かに別の場所の補強に使えそうなので、大事に補完しておきます^∀^)/☆

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

フロアクロスバー 取り付け

難易度:

洗車、ワックス実施

難易度:

自作フロントリップ

難易度:

オートエグゼのマフラーをいい加減に装着完了←オジサン疲れた...()

難易度: ★★

e-くるまライフ

難易度:

MOULD L・R 作業

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2017/12/07 22:07:52
こんばんは!

なに用のバーなのか気にまります…
コメントへの返答
2017/12/08 05:38:54
どうも、こんにちわ!

いつもありがとうございます。


これは、三菱・EKワゴン用のバーです^^
2017/12/10 17:53:45
返信有難うございます!

補強の参考にさせていただきます!

プロフィール

「【ガソリン】米の爆弾寒気と好景気による原油在庫激減のせいで、ちょっと尋常でない値上がり傾向です。このさき今よりも+10~20円/Lとか十分ありえますね、可能性的に…(泣)」
何シテル?   01/10 14:12
Simplicity is the ultimate sophistication.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

お友達

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザスポーツ マツダ アテンザスポーツ
“鞍上人なく、鞍下馬なし”。 コーナリングは快感・快速に進歩。 人馬一体の普段の脚。
ホンダ S2000 ホンダ S2000
血が沸騰するクルマ。 ガチ・峠専用なので内容は公開しません。
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
意のままに反応してくれる良いクルマ☆ まさにFFフォーミュラー。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.