車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月16日 イイね!
エンデューロから無事帰還しました(笑)



自転車も同じなので怪我は置いといて、自走バイクは部品破損で帰れないという
想定もある程度はしながらも、神経質になりすぎない程度で挑んでます。

前回の、「前日のオイル交換でレース出れない」事件からの復帰レースで
実は昨日に純正マフラーに戻したのがちょっと不安でもありましたが
大きなトラブルも無かったです(小さなトラブルはありましたが...)



リザルトはほぼ中間(汗)

途中危ない箇所が2回ありましたが、転倒は無く終えることができました。
こかすと、ガソリンこぼれるわ、プラグがかぶって復帰できないわですので
他の人よりも絶対避けなければいけないんです。
リザルトの自分より下位の選手は、全員転倒によるものと言っても
過言ではありません。それくらい転倒が多かったレースでした。



本日は暑すぎる快晴でしたので砂埃がひどく体もバイクも砂だらけです。

Posted at 2017/04/16 21:28:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動二輪 | クルマ
2017年04月09日 イイね!
あなたは成金ですか?
いぶし銀ですか?
それとも鋼鉄の処女ですか?



シルバーメッキされたいぶし銀を選びました。
オフ車でスチールはまあ無いなあということで
ゴールドかシルバーかで悩みしたが、より高価なゴールドである理由がいまいち見えなかったのでシルバーにしました。

で、国内3メーカー大同工業DID、高砂チェーンRK、江沼チェーンEKで
KAWASAKIは元々EKがOEM供給されており、パーツリスト上もそれなんですが
自分のはDIDに変更されておりました。走行距離8000km購入ですでにチェーン交換って怪しいですね。
で、先日の大阪モーターサイクルショーでDIDとEKに話を聞いたのですが
DIDの方が質問に対する回答が一番印象良かったのでこちらにしました。

DIDと言えば以前ZEPHYRで適合表が間違っていたことを
メールで問い合わせたら、あくまでも適合表は参考でパーツリストで自身で責任持って確認しろという回答が来たことでかなり印象悪かったのですが
店の人の勧めもありこちらにしました。



フロントスプロケットは1丁増やしましたので高速型になります。



消耗はほとんどありません。古いほうはストックしておきます。





フロント交換完了。でかくて特殊なC型が結構面倒。





リアは一風変わったステンレススプロケットです。軽量化です。



チェーン交換完了・・・と言いたいところですが
やっぱりDIDにやられました。
オフ車なんでカシメではなくてクリップジョイント方式を選んだんですが
DIDはクリップジョイントも軽圧入が必要でプレートが手でははまりません。
結局古いプレートを仮付けして店までもって行きました。
なんのためのクリップなんかわかりません。結局圧入しました。



走ってみましたが、パワーダウンは少し感じますが60km/hくらいの
巡航では楽チンになりました。フリクションロスの低減により
加速性が向上したのもあるんでしょう。

来週のレースにエントリーしました。
前回のように何事も無いように(汗)
Posted at 2017/04/10 00:02:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月08日 イイね!
シフトペダルが入荷しました。



KLXはキャブもFIも全年式通じてフレームとエンジンは基本設計が同じなんでパーツの互換性が多いのですが
細かい部分で違ってきます。
このペダルは年式違いで適合しないはずなんですが純正ペダルは同じ品番です(笑)

まあこういうことはよくあるので一応の確認はして購入しました。
注文してからペダルは同じでもオルタネーターカバーの形状が変わっていることを思い出してちょっとあせりましたが(汗)

問題無く付きました。



っていうか、こんなにカバーとのクリアランスが広かったんですね...



ペダルとレバーは転倒ですぐに曲がるといいますが本当でしたね。

ただ、ペダルの軸のシャフトはクランクケースに差し込んでいるだけです。
ペダルの剛性が上がると当然シャフトとケースに負荷がかかるので
心配ですが、それを言い出したらきりがないですね。
一応ペダルには逃げの稼動部が設けてありますし、いいでしょう。

このペダルの名称は「リボルバーシフトペダル」と言います。

オフブーツは足首の稼動域が制限されて基本膝でぺダルを蹴り上げるようにチェンジします。
自分のブーツはそこまで剛性が高くないのですがモトクロスブーツってのは本当に操作性悪いらしいです。
そのことに配慮してペダルの先端の位置が上下前後変えられるようになっているのですが
その仕組みがこれです。



なるほど、商品名の意味がわかりました(笑)

固定軸が偏芯軸になっておりました。仕組みも名前も
上手いこと考えたというかありそうでなかった単純な発想というか...
Posted at 2017/04/08 21:17:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動二輪 | クルマ
2017年04月02日 イイね!
ある意味、点が線となり線が面となる(笑)

昨日バイクに乗ろうとしたところ、エンジンは問題無く始動。
というか調子絶好調。皮肉にも前の不調の時から始動は絶好調なんです(汗)
(それは圧縮がいい具合に落ち気味だからこそキックしやすいだけという不安も)

で、走り出したのですが、2速に入りません。

何をどうやっても2速に入りません。

前から2速は特によく失敗していたのですが、それがついに噴火したのか!?

この書き方ですと、もうオチはしょうもないことだということは予測できるでしょうが、
実は「ある修正」をシフトペダルに施しておりました。
しかし、そのこととは直接関係しないというかむしろシフト不良は起きない方向になると思い、行なったことなんですが、以前からのシフト不良はトランスミッション内に原因はあるだろうと思っていたので、近所のヘッドOHを依頼したメカニックにバイクを持ち込まずに相談に行きました。

こちらは腰下OHの依頼を前提に伺ったんですが
2速に入りませんということを伝えると「3速は?」と質問されたので
「2速に入らずニュートラルのままなので3速以上は無いです」
メカニックの方は「全然入らへんの?」と聞かれたので「そうです」
と答えると「それは腰下OHやな」と珍しくあっさり断定(笑)
そこまで言うということはそうなんだろうと思ってたまたまあった廃棄用トランスミッションやクランクケースを元にアドバイスしてくれました。

で、腰下のみの分解、組み立てを依頼しようとお願いしようと思ったんですが
「もちろんそれはええけど、腰上ができたんやったら腰下は組むだけやからできるで?割るときに工具がいることくらいかな?それが問題ないんやったら、特にオフ車みたいな単気筒はAPEみたいな小型のエンジンの構造のまま大きくなっただけやし、やってみたら?」
といわれたのでOHを決心しました。

ああ、中旬のエンデューロ、また出られない(泣)

で、もし腰下を分解する場合、KLXの初期型はフロントスプロケットが付いているアウトプットシャフト(カウンターシャフト)のスプロケットの固定方法が



大きなC型リングでして、これが元々ガタがあります。
おまけに低速で大トルクで走るようなオフ車の使い方だと
この部分のスプラインが磨耗してきてシャフト自体を交換しないといけないので
この際、これを後期型のナット留めのシャフトに交換しようと
WEBIKEで注文しても延々長期欠品ですので行き着けの店に注文に行って
そこでも事情を説明して色々しゃべっておりました。

で、その前にトランスミッションに問題があるかどうかを見る前に
シフトメカの方に問題があるのでは?と思い、そちらは前から交換部品を持っていたので早速分解してみました。



画像はありませんが、終了しました(笑)
しかしその時にポカミスをして



カバーを割ってしまいました(汗)
ここは予備エンジンの出番です。



難なくリカバー完了。
で、動かしてみたのですが、やっぱりシフト不良は直りません。

で、上記の店で話をしていたのですが、どうも事情を聞いていると
トランスミッションの不具合だと若干矛盾を感じた要素があったそうで
もう一度シフトメカの部分を見てみたほうがいいとのことで
家に帰ってまず外観からチェックを始めました。
昨日入れたオイルをまた今日も交換するのは中々大変なんで...

とここであることに気づきました。



オルタネーターカバーのKAWASAKIロゴのaの部分に小さいけど深い削れがあります。

当たってる???

ここで、冒頭のシフトチェンジペダルにある修正を加えたということが効いてくるのですが
実はシフトペダルの取り付けネジが緩んでいたのでそれを増し締めしました。
それが原因でした。



前からちょっとおかしく感じておりましたが、どうもこのペダル曲がっているようです(汗)



一度こけたときかな???

それが原因で内側に曲がったため、カバーと干渉していたようで
今までそれでもチェンジできていたのは取り付けネジが緩んでいたからであって
毎回カバーに当たってネジのガタがあるためカバーの表面を撫でながら変速していたようです(汗)
それがネジを固定してしまってレバーの剛性が高くなってカバーへの干渉を避けられなくなった、と。

思い込みや不具合が色々重なったせいで危うくOHとなるところでした。

これでなんとかエンデューロは出られそうです。
Posted at 2017/04/02 20:28:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動二輪 | クルマ
2017年03月26日 イイね!
エンジントップからカチカチというプラスチッキーな高速音が聞こえてくるのですが、これがタペット音ってやつでしょうか?
ZEPHYRはカタカタという中速音が聞こえてましたが、4気筒と単気筒の違いですかねえ...

それとイメージが違うタペット音ですが、エンジントップから聞こえてくる音で、
実際タペットクリアランスが大きいところがあるのは事実ですので
先入観にとらわれすぎるのもいけませんがそういうことにしましょう(笑)

って、じゃあ空けたらええやん?ってことで



中間チェック。

タペットクリアランスを測りました。



KTCのシクネスゲージですが、2枚重ねだと露骨にクリアランスが違いますねぇ...
仕事で一時期毎日使ってましたが、0.1mmのギャップを決めるのが主目的でそれ以外の測定には使ったことがありませんでした。
実際、「ギャップを知る」目的で測ると難しいもんですね。
一番欲しい0.15mm~0.3mmくらいが0.05mm飛びでしか設定されていない。
前回計測した結果とは違う結果が出ました。
まあ、ちょっと狭かった部分も広くなってたのでいいでしょう。と思う。



かじりは一切ありません。ひとまず安心しました。
オイルもちゃんと回っているようです(笑)

あ、カムホルダーのネジの緩みチェックするの忘れた!
Posted at 2017/03/26 23:04:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動二輪 | クルマ
プロフィール
車も人も軽量高剛性
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
何度かコメントのやり取りをしましょう。
突然のお誘いには無視することがあります。
品のないプロフ画像等もお断りすることがあります。
5 人のお友達がいます
さん坊@N.E.J.St-Bowさん坊@N.E.J.St-Bow * やせふくろうやせふくろう *
MORI  MORIMORI MORI * パッツン@グラド紳士パッツン@グラド紳士
Noritama2Noritama2
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
カワサキ KLX250SR カワサキ KLX250SR
シクロクロスを優先してZEPHYRを手放して2年ちょっと。 バイクが欲しいと相談されてい ...
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
2017年納車。 17年落ち15万km超のCELICAのフューエルリッドのヒンジが壊れた ...
カワサキ ゼファーχ カワサキ ゼファーχ
KAWASAKI ZEPHYRχ 1998年式の中古車、手元に来て9年超えました。 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
可変バルブリフトのSS-2です。可変する瞬間はほとんど体感できません。 この車の最大の特 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.