• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ccdのブログ一覧

2012年10月04日 イイね!

北海道2012

そんなこんなで会社を辞めることとなり、27日分もの有給が目の前に現れた。

 出勤最終週の火曜日まで悩んでいたが水曜日に決心してフェリーの往復チケットを取った。往路は日曜夜に敦賀発、月曜夜に苫小牧到着。復路は10/1から運賃が安くなることもあって月曜夜発で火曜夜に敦賀到着となるようにした。 

 自身初となる1週間を超えるツーリング。キャンプ道具着替え諸々を積むとなると先達てしつらえた60Lの箱だけでは心許ない。ナンカイのサイドバッグを購入し、右にテント、左に炊事道具とカッパを納めた。箱には予備のレバーと工具、チェーンオイル、シュラフと着替え、防寒具を。若干の空きがあるが、土産や買い物などですぐに満杯になりそうだった。後部に折りたたみ椅子と就寝用マットを括り付けたら総重量はおおよそ40kgといったところだろうか。週末に急ぎでクラッチレリーズとオイル交換を依頼していたバイクも日曜日午前に引き取って、これら荷物の積載を行う。

 日曜の午後、ガソリン満タンでフル積載のZZRはセンタースタンドを下ろすとズシッとリヤを沈み込ませた。平地でこれだから、上り勾配でスタンド掛けたりすれば恐らく独力では下ろすことは出来ないだろう。押し歩きですらどうしょうもない重さを感じる。リッターだとこれが普通の世界なんだろうが、やはりこかしたら起こせなさそうというのが正直な感想だ。空荷のZZRで一度立ちゴケしたことがあるが、そのときですら起こすのにウンウン唸ったほど。

 夕方出発なので上下メッシュの夏装備。走り出せば荷物の重さは感じない。途中一宮のカルコスで「人類は衰退しました」原作の1~4巻を購入。片道20時間のフェリーで読むためである。なんだかんだで晩ご飯など寄り道しながら午後9時に敦賀港FTに到着。乗船は午後11時過ぎだから大分早着だが、深夜に走り回りたくないのはどのライダーも同じく。で当日乗船予定の4台がもうこの時点であつまっていたというね。

 トレーラーを引っ張るトラクターが忙しくフェリーから出入りした後、定刻に乗船開始。ランプを登って船に乗った瞬間は、この後北海道上陸したときと並んでしばらく忘れられなさそう。荷物を下ろして、係員がバイクの固定をするのを見ながら船室へ。

 新日本海フェリーの敦賀~苫小牧直行便にはいわゆる座敷の設定が無い。どうやら団体用の船室として存在はしているらしいのだが、一般向けの最安ランクでツーリストAという個別寝台からである。コンセント付の小さな照明とカーテンが備わった2段ベッド(固いけど一応マットレス+薄いふとん+まくら)にちょっとした荷物置き場があるだけで、雑魚寝よりマシだけど・・・という代物。空いてたので知らない人と対面って事は無かったけど、繁忙期ならツーリストS取るかな・・・

 荷物を置いて軽めの服に着替えたら売店でサッポロクラシックを買う。北航だろうが南航だろうがフェリーと言ったらコレでしょう。呑みながら定刻に出港する様子を後部デッキで見届けて、就寝は2時前。

月曜の朝:
 翌朝は旅行の時独特の目覚めで、パンと紅茶で朝食を取ったら朝風呂へ。その後デッキで読書。食堂で午餐のち昼寝、読書。船旅って贅沢だなーと思う。津軽海峡にさしかかり船は若干揺れた。20時半には苫小牧入港・下船とスムーズだったが、天候は非常に怪しかった。泊地である「道の駅むかわ」(鵡川町)へはおよそ15分ほどで到着出来た。フロントに断りを入れて芝生広場にテントを張らせてもらう。張り終えるやいなや雨がぽつぽつと降り出してしまった。念のためレーダーで見てみると沖合に強力な雨雲、発達中。ペグを増し打ちして、ロープは駐輪場の柱に括り付ける。不安を抱えながらも就寝

 火曜日の未明、顔にぴたっぴたっと水滴が落ちてきて目が覚める。メガネを探して床をさまよった手は濡れ・・・。余りの豪雨でフライシートが雨漏りし、駐輪場から排水しきれない雨水がテント下に押し寄せてきた為にフロアシートからも染みこむように浸水、風でフレームがグイングインと歪んでいる。北海道上陸初日がこんな始まり方をして、すぐにでも復路のフェリーを手配しようかと少し悩んでしまった。眠気には勝てず、寝る場所を移動して雨漏り箇所にはタオルを敷くという消極的方法でもって睡眠続行。

 そして雨は止むことが無かった。朝風呂に入ったりネットをして粘るがレーダーは相変わらず大きな雨雲を表示したままだった。ラチがあかないので晴れてそうなニセコ方面へ出発。しかし途中で寒さと空腹に耐えられず昼過ぎに支笏湖畔のライダーハウス「樽前荘」に迷い込んだ。これが結果的に大当たりで、ここは一泊1500円(二泊目から1000円)で屋根付きバイク置き場と整ったキッチン・ロビーがあり、広々した客室に泊まれた。

つづく。
Posted at 2012/10/04 22:39:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク関係 | 日記
2012年09月02日 イイね!

機種変と違和感

「ソフトバンク 抱き合わせ SD」での検索結果

 そんなこんなで、ヤボ用で実家に帰ると父が携帯を機種変していた。雨の中屋外に放置したため浸水、しばらくは動作していたもののやはり調子が悪かったらしい。

 SDカード32GにBTヘッドセットがサービスで付いてきたという。しかし契約書を眺めたらしっかりと割賦に入ってた上、“頭金”と称した費用も上乗せされていた。通常、ローン契約の頭金と言えば分割支払総額に含まれるという認識なのだが、コト携帯販売店の言うところである“頭金”は電話機の代金に含まれない。店が独自に設定する部分、指定オプションに加入でこの部分が安くなりますよと言う。人気のある機種はこの金額が高くなるようだ。利用代金と機種代の分離が始まってすぐに問題出てたのにこの制度はまだ変わっていなかったらしい。

 機種変前の携帯に4G位のmicroSDが刺さっているのだから普通なら入れ替えするだけだし、ヘッドセットが必要なら自分で必要性を感じたときに買いに行けば良いだけのこと。さて、そんな状況でわざわざ追加で15kローンに入れてまで買わねばならぬ物だろうか。

 まともに「機種代金に15kプラスされますけど」と説明受けていたら大抵、NOだろう。念の入ったことに、契約書の1ページ目には「プレゼントと称して付属品類を添付することはありません」といった趣旨のことが書いてある。契約書をよく読んで電卓を叩いていれば気づくことも出来たろうけど、SDカードがサービスだのプレゼントキャンペーンやってます、といったことは一切書いていない。

 利用者の使用状況を聞いて最適な料金プランやその人に合った機種を勧める・・・のが販売店店員の仕事だと思っていたけど。 このポストはただ、それが自分の思い違いだったというチラ裏ブログである。
 twitterでその店の公式アカ宛にツイートしてみたので返事待ち中。放置アカでなさそうなので2日ほどリプ待ってみる予定。
Posted at 2012/09/02 21:15:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 携帯関係 | 日記
2012年07月24日 イイね!

ナイトツーリングのようなもの

昨日は寝落ちしそうだったのでその続き。

 整理券は多分1000番からスタートしてたんでは無かろうか。自分は実質700番目、それでも大層な量である。受け取って早々にまたライブ会場への入場待機列へと並ぶ。前回来たときにソフトバンクの電波はあまり良くなかったのでネット見ながらの暇つぶしは出来ないと判断。 ラノベ「のうりん」を持って行ってたのでしばし読む。

 入場開始、会場入りしてまた待つ。マジで曇りで良かった・・・

 16時、大歓声と共にnano.ripeライブスタート。ステージバックに掛けられた白い布が払われるとそこには喜翆荘の描かれた巨大看板が登場して会場がどよめいた。イベント情報に書かれていた意味深な文章はこれのことかーと納得。んでもってすごい音圧。自然と体がスイングして、腕を振り上げ、足がリズムを刻んで、知ってる曲は一緒に歌って、あっという間の1時間半。帰るときには汗だくだった。

 曲間、しんと静まりかえった会場に遠くからの蝉の声が響いて「あぁ、夏の野外ライブってすばらしい」としみじみ思ったりもした。で、帰ってから上がってたセットリスト見て「リアルワールド」って曲が人類は衰退しましたというアニメの主題歌になってるのを知って今ニコニコで見はじめて、ループ中。

 翌日は仕事なので元々早めに帰投する予定だった。点灯式最後まで見てると帰宅は早くて0時過ぎになってしまうためだ。ハーフパンツ&サンダルからメッシュジャケット&パンツ&ブーツに着替えて軽く腹ごしらえして、18:20出発 GSで満タン給油後山側環状から金沢森本IC→小矢部砺波JCT→東海北陸道→一宮木曽川IC→R22→R155というルートをノンストップで走った。
 日も落ちた途中の山岳地でぐんぐん気温が下がり飛騨のあたりでついに18度。メッシュジャケだとすこし肌寒い。分かっていたのでウィンドブレーカーを持って行ってたのだが、どうせ関辺りまで我慢して行けばまた暖かくなるしめんどくさいしで結局カウル伏せ作戦で乗り切った。体力の消耗は激しく、火曜の夜となった今でも足首に筋肉痛が残る。ヘルメットとスクリーンは虫まみれ。夜の高速は昼間より幾分怖いし、ナイトランはあまりやるモノじゃないなと改めて思う。空いてるから良いけど。

 点灯式は見られなかったけどやっぱり湯涌、金沢、能登はいい。のぞみ札奉納するのも忘れちゃったし食べてないものも多いし、また行かねばならんようだ。
Posted at 2012/07/24 21:22:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ・ゲーム | 日記
2012年07月23日 イイね!

ぼんぼり祭り-点灯式(には参加出来なかった)-

今週もツーリング。

 アラサーと呼ばれる年齢に差し掛かって(今年30)今更バイクに乗り始めて、もう一度青春している気分になってくる。”走り”よりツーリング・通勤志向のおかげか運良く重い事故には遭わずに済んでいる。あの当て逃げ犯は未だ見つからず。またあんなもらい事故はしたくないものだと、夜走りするときは自転車用のマーカーライトを後方に付けるようにしている。

 そんなわけで今週(以下略

 土曜日朝発で滋賀まで移動。法事を済ませて午後発、八日市ICより名神経由北陸道を金沢へ。天気が余り良くないし大雨洪水警報も出てたのでキャンプをあきらめて金沢駅前のビジホを取った。前回の点灯式でも泊まった「ビジネスホテル河口」さんへチェックイン。ちょっと場所が分かりにくいけど安いし駐車場はあるし、雰囲気が良い。今回は申し込まなかったけど朝食もうまい。瓢箪から駒で、シングル・喫煙で取ったらなぜかツインルームがあてがわれた。

 せっかく金沢まで来たのだから市内観光すべきだったのだろうが、風呂装備をリュックに詰めて湯涌まで走った。総湯はそこそこの客の入りだった。風呂上がりの柚子乙女で一服した後帰りにコンビニ寄って酒とつまみを調達。しかし飲みきる前に疲れがドッと出て間もなく轟沈。

 翌朝6時半発で能登半島行けるとこまで行って、宝達志水町でオムライスを食べて、14時に湯涌入りというプランを漠然と考えていたのだが現実は7時起床、パッキングと積載を済ませて出発したのは8時を回ってしまっていた。市内を脱出して能登有料道路から一路西岸駅へ。ピーカンでも無く雨が降るわけでも無く実に過ごしやすい天気になった。
 
 西岸駅の駅名標がもうひとつ増えててホームに立つとここはどこだろうと一瞬迷う。お昼を食べるにしても宮本水産に寄るには少々時間が早かったため、今回もカキをあきらめて穴水駅に向かう。

 穴水駅では「花咲くいろは」ラッピング車両が車庫に入って清掃作業中だった。のと鉄道はよくやるね・・・で、クリアファイルは前回入手したのでのと鉄の手ぬぐいを購入。

 穴水から湯涌へ向かう途中のもう一つの目的地 宝達志水はオムライス発案者の出身地と言うことでオムライスの町を標榜している。その紹介ページで一番上に載っていたのが聖蔵という喫茶店。見た目に鮮やかなトッピングのオムライスは”ふわとろ”な食感で、ソースとの絡みで実にうまい。また行こう。

  湯涌へは13時半到着。すでに公民館Pが埋まり始めている・・・ということはもう上のPは埋まったのかーと思いきや、上がってみるとみどりの里Pには十分空きがあった。ハーフパンツとサンダルに着替えてナノライプの応援ライブ整理券配布列へGo。すっごく並んでる列見て笑えてくる。もらった整理券番号は1700番台。多分1000人もいないだろうと踏んでたけどどっこいこれがなかなか。

 ライブ内容は・・・眠いのでまた今度に。
Posted at 2012/07/23 23:03:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ・ゲーム | 日記
2012年07月16日 イイね!

手元に車が無いというフリー感

兄に車を貸し出して最初の週末。

 2ヶ月ほど車無しなので雨が降ろうがなんだろうがバイクもしくは自転車・徒歩移動。そういえばこれほどの期間、手元に車が無いと言うことは免許取って以来無かった事態だ。

 土曜日早朝に出発して岡山に向かうはずが、荷物のパッキングをしていて困ってしまった。寝袋とコンロと折りたたみテーブル、カッパ、予備のレバーと工具入れたらメインのバッグがいっぱいに。この間の経験からしてサイドバッグが必要とは思っていたものの購入を見送っていた。このままでは着替えと食料を入れるスペースが無い・・・というわけでドラムバッグの横にデイパックをぶらさげた。これなら泊地でテント設営した後メインのバッグと分離して温泉や買い出しに背負って行ける。あとは前回同様テントとマットとチェアを縛り付けて完成。パッキングサイズは幅90cm、高さも結構ある。ガソリン満タン、フル積載で240キロぐらい?これでめげたら大型とか無理かな。取れる気がしない。

 懸案だったアクセサリ電源ラインも引き直して、家を出たのが14時を回っていた。天気も悪くなりそうだしルート変更もやむなし、と自分に納得させて「HATINOSU」で紹介されていた海津大崎キャンプ場へ。

 ホントに500円でOKだった。ただしシャワー無し、ゴミ捨て場無し(バイクの人は捨てさせてもらえる・・・らしいけど小心者なので持って帰りました)、流し場とオールドタイプなトイレが備わっている。テントを組んで荷物を置いたらマキノ高原スキー場へ。温泉でさっぱりしたらメタセコイアの並木道を抜けてコンビニで酒と食料を調達。酒飲みながら久しぶりにE-Radioを聴く。他にすること無いので早めに就寝・・・のはずが、21時を回って新手のグループがやってきた。学生だろうか。テントを立てるのが初めてらしく、説明書を見ながらわいわいと1時間近くやっていた。時間も遅かったしもうどこかで飯を食ってきたのかなと思いきやそこらの岩をゴロゴロ集めてBBQ&酒盛りを始めてしまった。無駄に明るいランタンを持ってきてて、おまけに周囲に無遠慮な学生(と思しき団体)の宴会。寝られるはずが無い。午前1時前までそれは続いた。

 この時期のテント泊は周囲が明るくなる5時半には自然と目が覚める。隣のグループも例に漏れずで、でもって朝から騒々しかった。ヘタレなので注意出来ないけどね。
 小雨に濡れつつ撤収を済ませ6:30出発、京都まで下道を使って移動。もちろんヤエーも忘れない。高速道路網はさっぱりわからんのでナビ任せで。
 名神→近畿道→阪和道→湯浅ICで降りてR42→やべぇ道わからんwww→また高速乗る→みなべICで降りて紀州備長炭振興館へ。びんちょうタンの故郷である。すいませんアニメ見てないのでさっぱり分かりませんでした。ただ、去年の豪雨の爪痕か、そこかしこの道路が工事中あるいは真新しいコンクリの擁壁が。

 再びR42に戻って潮岬 望楼の芝生のキャンプ場へ。特定期間外は無料(ただしエリア制限有り)ながら、管理は行き届いていて気持ちよく利用できた。しかし張った場所が悪かったのか、立ててる最中から蚊に刺されまくった。こりゃいかんと買い出しの時に虫除けスプレーを購入。しばらく大丈夫だったけど翌朝虫刺されのかゆみで目が覚めた。ムヒも買っとけば良かった。そして降り出す雨。キャンツーデビューから3泊とも雨中撤収とかなんか祝福されてるなぁ俺。

 岬を巡る道はすばらしい眺望。紀伊大島に渡って樫野崎灯台を見て、またR42に戻る。信号はほとんど無く、車の流れも悪くない。天気は曇りから晴れ間も覗くようになり熊野に差し掛かる頃にはピーカンとなった。気温は30度を下回り、走ってさえいれば涼しいのだが休憩のタイミングが難しい。1時間半毎に水分補給しながら走っていたけど松阪に入る前にギブアップ。勢和多気ICから伊勢道経由東名阪で帰ってきた。

 そんなこんなで。
・何泊かするならUSB電源取れるようにしといた方が良い。ナビ使ってると結構消耗する。
・チェア出してくつろぐのに屋根が無いとなんか落ち着かない。タープか張り出しのあるテントが欲しい。
・荷物をコンパクトにするためダウンシュラフが欲しい
・ちゃんとしたサイドバッグが欲しい。やはりメインの40Lクラス1つでは不足気味・・・
・がっちり荷物を固定する方法を考えねばならない。
・雨の日はあきらめて宿に泊まる勇気(と金)
Posted at 2012/07/16 20:22:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク関係 | 日記

プロフィール

「トラブルの種はジェネレータ~ヘッドライトリレーの配線かリレーそのものか。」
何シテル?   05/16 00:34
免許取ってビート→ 現在40エスティマ+ZZR400 N8+XR250 MD30 車歴 ビート+B4(BE5D)→  ビート1本 →  ハイゼット...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Soapbox on MSN 
カテゴリ:動画投稿関連
2006/10/20 23:37:06
 
エキサイト・ドガログ 
カテゴリ:動画投稿関連
2006/10/20 23:35:23
 
アメーバビジョン 
カテゴリ:動画投稿関連
2006/10/20 23:34:16
 

お友達

車いじりとかカメラとか好きな人、気楽に追加してください。

コメント・トラックバックはお友達登録如何を問わず募集します。
7 人のお友達がいます
D3_plusD3_plus なま さんなま さん
リーダー。リーダー。 CROW-HCROW-H
しいしい (o&#180;ρ`)ノ(o´ρ`)ノ

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ エスティマT えすてぃま (トヨタ エスティマT)
12/10現車確認 12/12成約 12/22納車 ・AT車 ・ミニバン ・トヨタ車 ...
カワサキ ZZR400 カワサキ ZZR400
2011/5/2納車 普通自動二輪免許取得に伴い購入。 2003年ので乗り出し48万でし ...
ホンダ XR250 MD30 えっくすあーる (ホンダ XR250 MD30)
ある日突然オフ車に乗りたくなったので購入。 かなりいじってあって、相当走りこんだ感じの個 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
購入時フルノーマルがサーキットにハマり1年経たずにコテコテ弄り(外観はずっとノーマル)・ ...

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.