• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kranzのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

まさかこの日が来るなんて…

タイヤも替えたし、オイルも替えた。
あとは走るのみ!


サーキットを走る508を探したんですが、残念ながら見た事がありません。
いったいどうなるんだろう?
考えてても仕方ないので、自分が走ってみることにしました。



フルノーマル、ブレーキパッドもなにもかもが工場出荷状態です。
袖ヶ浦の走行会に参加して、20分1本だけ走りました。残りの2本は秋のマル耐参加予定の友達に走ってもらいます。(20分3本はクルマがもたないと思ったんで)

予想通りというか、無理があったというか。


とにかくアンダーに注意して走ったのですが、これがかなーり難しい。いける!と思ってアクセル踏むとタイヤがむにょんとしてズルズル~。舵角はじわっと進入ねー、と言いながらやっても途中からアンダーを出してしまいます。
20分1本勝負後のフロントタイヤ

買ったばかりでグズグズにしてしまいました。IN側が使えてないのはロールの大きさとアクセル開度があってないから。
リアタイヤはまずまず接地してます。


今回やってわかったこと
508はスピンしない。電子制御が入ってきてリアがブレークするのを抑えます。もうちょっとリアが出てくれたほうが曲がりやすいと思いますねぇ。
Sモードのトルコンはなかなか優秀。減速時にちゃんとギアを落としにくる。まずまずパワーバンドに乗せてくれるんで予想外でした。
全開走行時の燃費は3.2Km/l  やっぱりターボだな、と思いました。
純正ブレーキでも充分いけます。効きに不足なし。
とにかく簡単に前過重になるので、進入を誤るとずーっと苦労します。えぇ、コレで?というところでトラクションコントロールのランプが点灯します。絶対的なパワー不足は否めないのですが、意外とストレート伸びます。

全開にしないとわからないところがありますし、なんだかんだ言っても面白かったですよ。
あ、サーキットの往復、超絶楽です。こんなに楽に往復できたのは初めてかも。


Posted at 2017/07/23 18:14:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | プジョー | クルマ
2017年07月21日 イイね!

タイヤ交換

タイヤ交換508のタイヤを替えました。
さんざん考えた末にFALKEN ZE914 にしました。


履いたことのないタイヤにしたかったので、最終候補はピレリP1かジークス914。
最後の決め手はロードインデックスです。最近のタイヤは転がり抵抗軽減のためなのかサイドウォールを硬くしている傾向があるように見受けられます。P1は純正サイズだとXLなので95が選べるジークス914にしました。(60タイヤでXLって508に合わないと思います)

我らの世代ではFALKENといえばオーツタイヤ、羨望のアゼニスとなるのですが、いままで一度も買ったことがありません。初メーカーの初ブランド、サイドもトレッドも新品タイヤは柔らか。タイヤのインプレは走って熱を入れてからにしますね。
Posted at 2017/07/21 18:16:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | プジョー | クルマ
2017年07月19日 イイね!

508のペダル

508のペダルわたくし、誰に教わるでもなくATのときは左足ブレーキなのです。強いて言えば遊園地でゴーカートに乗って以来です(笑)

さて左足ブレーキで困るのが508のペダルレイアウト。レイアウトというかペダルが小さいんです。自分の着座位置からするとつま先を内側に向けてブレーキを踏むようになります。
それでは充分な踏力が得られないので、気持ち右詰めに座るようになります。
左足ブレーキの運転では両方のかかとを常に床に置いてるので、腰の位置が大事なのですが、ペダルに合わせると右Aピラーの方にわずかに寄って座るようになり気になってました。
慣れたといえば慣れたのですが、ちょっとしたイベント前なので市販品で対策、サイズはLをビス留めです。

これでまっすぐ踏めるようになりました。
Posted at 2017/07/19 15:44:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | プジョー | クルマ
2017年07月16日 イイね!

久々の火入れ

本日、墓参のあとに実家に寄りました。
久々に明るい時間に愛車と対面。全然かまってやれないですが、かれこれ20年以上手元に置いているまぎれもない愛車MGFです


一応、屋根のあるところで厳重シート保管中(笑)。専用内カバーと外カバーの二重にくるんでます。
(これをとるのが面倒で実家に寄っても乗らないし良し悪しですねぇ。吹き込んだ雨に濡れてるときは、めくろうとも考えないです)


外カバーのおかげで高価なテクナロンカバーに痛みは見られません。10年以上使ってますから充分に元は取れてると思います。ココで買えます。多分、今もやってるはず…

さて、ずいぶん乗ってないのでどうだかな?と思いつつ火入れしてみました。保管中はバッテリーは外してるのでボンネットを開けて電流オン、一連の儀式をすませて始動!


イッパツでかかりました。ジャンプも覚悟してたので拍子抜けです。
計器みながら、外周チェック。ダンパーもハイドラも抜けきってバンプラバーにあたってるみたい。ペタペタに下がってタイヤとホイールアーチ、指1本入りませんがな…
一回りしましたが超ソリッドな感覚で、タイヤのグリップのみで走ってます。
面白いっちゃ面白いですが、いつすっ飛んでくかわからないトリッキーな動きをします。

「コレはカートだ、もはやクルマではないw」

タイヤには前の全開走行の名残りが残ってます。



また走らせたいなァ。多分、以前とは違う乗り方が出来るようになったはず。

その前にはやらなきゃいけないことが山積みですが、自走できることが確認できたのは大きな収穫でした。

のんびりしてられるのも、スーパーサルーンカー プジョー508のおかげなんですけどね。








Posted at 2017/07/17 01:06:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | Fマニア | クルマ
2017年07月10日 イイね!

余ったオイルについて考えてみた!

余ったオイルについて考えてみた!このパワステオイルはDIY交換しようと思って購入したものの、やれ雨だ、今日は暑い、ちょっと忙しい、予定が入った、などということで、少なくとも3年は転がってます。もちろん未開封です。
「今日、時間があるので作業しよう!」  


皆様はコレを使う?
それとも新しく買いに行く?


「このまま使う」の方、わたしも同じです。素人なりの理由を納得できるかどうか試しに読んで下さい。
「新しく買う」の方、たぶん品質にこだわる方なのでしょう。わたしとは妥協点が異なると思いますので延々と平行線です。読むと腹立たしくなると思われますので閉じてください。

クルマは油と電気で走ります。当然、使えば消耗するので補充も交換も必要です。その頻度は使い方によって大きく左右されるので、補充・交換についてはここでは割愛。ここでは備蓄したり余ったりしたオイルについてだけ考えます。

オイルが劣化する原因は「剪断」「熱」「酸化」です。大雑把にいって、使用中のオイルは「剪断」と「熱」によって劣化していき、保管してあるオイルは「酸化」によって劣化していくと考えて良いと思います。
オイルの酸化はなぜ起きるかは完全にはわからない部分もあるようですが、炭化水素から遊離基がでるところから始まるという事です。

酸化劣化については、酸化防止剤の記事のこちらがわかりやすくて参考になりました。
ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/13/11/13_11_512/_pdf
ttps://www.juntsu.co.jp/qa/qa1103.php
(直リンク回避のためh抜いてます。コピペしてググってね)

となると、保管時のオイルの場合、劣化要因は自然発生するフリーラジカルであって、反応する相手は容器内の酸素となります。そして酸素がなくなれば反応は終わります。容器に圧はかかってないので、どこからか空気は入るでしょうが未使用、未開封での容器内酸素量などオイル全体の炭化水素とモル比でみたらたかが知れてると思います。
そして一番大事な点は、市販のオイルにはベースオイルに添加剤としていろんなものが含まれているということでしょう。それには酸化防止剤も含まれています。使用状態を想定して劣化を防ぐために添加されている酸化防止剤は、保管状態であれば作用して反応をとめるには有り余る量のはず。想像してみてください。

自然発生するフリーラジカル量、未開封容器の酸素量とオイル内炭化水素とのモル比、そして酸化防止剤の存在。

分子レベルでの酸化は起こるでしょうが、わたしには品質を左右するものとは思えません。10年放置したらわかりませんが未開封数年で変質してしまうとは考えにくいと思うのです。


最後に一つ。
FT900ユーザーとしてトタル・ルブリカンツ・ジャパン株式会社に「通販で届いたものだ」と断った上で聞いてみました。折り返し担当の方からとても丁寧な対応と、「蓋を閉めた屋内保管であれば、開封後2年程度は問題ありません」との回答をいただきました。
これをもってオイル保管に関しては答えが出たな、と思います。

「オイルは開けたら劣化する、半年置いといたらダメになる」
前半はともかく、後半は都市伝説級の根拠なきモノだと思います。
劣化は起こるべくして起こるし、延々とは起きません。

酸化は化学反応だもの(笑)




Posted at 2017/07/10 13:42:33 | コメント(5) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ

プロフィール

「まさかこの日が来るなんて… http://cvw.jp/b/190225/40134219/
何シテル?   07/23 18:14
40代、千葉海岸沿い居住、子供2人。 思い切りスーパーカー世代です。カウンタックは300キロ、BBは302キロ出ると信じていました。消しゴムをはじいて競争もし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ブログ初心者なので皆様よろしく。オープンカー乗り、小型欧州車、少数車オーナーの方々、よろしくお願いします。ツーリングも時間が許せば参加させていただきたいと思います。こんな流用パーツ利用法があるよー、なんて情報など先輩諸氏の知恵をお借りしたいです。
66 人のお友達がいます
woody728woody728 * しったかた~しったかた~ *
naopeinaopei * take037take037
タカ407タカ407 たかまくたかまく

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ローバー MGF ローバー MGF
いまやメーカーとしては消滅してしまったMG最後のオールニューモデル。MGA-MGBと続く ...
プジョー 508 プジョー 508
フランス版クラウン。 おもてなし度抜群、家族の評判上々です。
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
必要にして充分、日本の軽規格って凄い! コペンは最小の電動ハードトップ搭載車で実に快適 ...
BMW X3 BMW X3
家族でお出かけ用です。 乗ってみるといいクルマです。 気に入りました。 2016 3月 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.