• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mitsueのブログ一覧

2017年09月09日 イイね!

デンマークへの旅 1

前回のブログから随分と時間が経ってしまって、オランダはもう秋の入り口です・・・(;_;)。

久しぶりのブログですが、実は夏の前の6月の出来事になります。

諸用で北欧はデンマークのフレデンスバーグ(Humlebæk)という町まで行く予定が出来ました。

はじめは普通に飛行機でと考えていたのですが、調べてみるとうちから片道1,000kmほどの距離。車でも行ける距離です。

今回の旅の日程に少しの余裕があったことや、車の調子も悪くなかったのでロードスターでの初デンマーク旅行を行うことにしました。

地図上ではこんな感じのルートになります。


オランダからだとドイツ北部のフェーマルン島 (Fehmarn)という北端部からフェリーでデンマークへ渡るルートが最短ルートになるのですが、初めての北欧への旅という事もあって、出来るだけ陸続きを車の運転で行きたいと考えました。

旅の旅程は往復で5日間。
昨年の南フランスへの旅は犬のHanaも一緒でしたが、今回は一人旅です。

旅の目的地であるデンマークのHumlebæk(フレデンスバーグ)には一日滞在し、あとは片道2日間のロードスターでの旅になります。往復の走行距離は約2000km程です。

南フランスへの旅は約3000kmでしたので、去年の旅を思い出すとすこしは距離感をつかむことが出来ます。とは言え長距離のドライブ、ロードスターが旅の途中で故障しない事を願うばかりですが、せっかくの機会ですので楽しんでみようと思います。

出発は6月7日、初日はドイツ北部のアルト・ドゥヴェンシュテット(Alt Duvenstedt)という町までのドライブです。自宅からは約550kmほどの距離です。


初日はあいにくの天気・・・。雲行きは怪しく目的地までは雨雲の合間を縫っての道程になりそうです・・・。


(写真を沢山撮りましたが、変わりのないグレーの景色ばかりが続きます・・(^_^;)。)

何とか雨を避けたいところですが、今すぐにでも降ってきそうです。


雨雲に突入です。
せっかくのロードスターでのドライブですが、オープンにするのはしばらくお預けです・・。


出発から一時間半ほど東へ走ったでしょうか、ハイウェイのサービスエリアで最初の休憩です。オランダとドイツとの国境はもうすぐです。


コーヒーで一息ついて再び出発です。


ドイツとの国境まであと1kmです。


再び雨も降り始めました・・。


国境はただ通り過ぎるだけですが、以前の国境の名残が見られます。
(時々、国際警察などの取締の検問にあたることもあります。)


この国境付近はハイウェイは130km/h、市街地は100km/h、市内は50km/hの速度制限のようです。国が変わると道路交通法も変わるので、少し気を引き締めて気をつけないといけません・・・。



長い道のりです。アクセルペダルを踏んで先へ進みます。


この日2回めの休憩です。
道程の半分ぐらいは来たでしょうか。トイレだけが併設されているパーキングスペースで休憩します。

ナンバープレートが外された車がこのパーキングスペースに数台乗り捨てられていて、ドイツの警察が確認に来ていました。違う国に来たのだと感じます。


再び出発です。
だんだん雨脚が激しくなってきました。



ドイツのブレーメン(Bremen)の近くまでやってきました。ブレーメンの音楽隊のお話で有名ですね。


3回目の休憩です。雨が強くて車の外に出られないほどです・・・。


ブレーメンを通り過ぎた後、ドイツの港町ハンブルク(Hamburg)までやってきました。時間は午後4時頃。ちょうど帰宅ラッシュと重なります。ハンブルク市街地の高速道路が工事中で酷い渋滞です。なかなか前へ進みません・・・。



景色の向こうにハンブルクの港のコンテナ用のクレーンが見えます。


渋滞を抜けるのに結局2時間ほどかかりました・・・疲れました・・。
(渋滞の中にデンマークナンバー車少しずつ増えてきました。)


ハンブルグを抜け、目的地まではもう少しです。
長いドライブの後の渋滞で疲れてしまって、カメラを構える気力が無くて、これが初日最後の写真になってしまいました・・。



初日の目的地、アルト・ドゥヴェンシュテットの宿です。

宿の隣のレストランでシュニッツェルとビールをいただいて、その後宿で疲れてすぐに寝てしまいました。

初日は天気に恵まれませんでしたが、明日は良い天気になるでしょうか。

デンマークへの旅2 につづく・・。
Posted at 2017/09/09 20:56:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2017年05月28日 イイね!

旅の後・整備その3


フランス旅行の最中に、運転席側のリモートロックが掛からなくなりました。

それと同時に運転席側の窓を一番下まで下げると、何かに引っかかっている(当たっている)のか、金属音が聞こえます。




ドアの内張りを外して原因を探ってみます。


ドアのインナーハンドルの構造が見えました。
緑色の囲いの部分が怪しいです・・・。


ドアロックのアクチュエーターを動かして確認してみます。

アクチュエーターの動きに合わせて何だかブラブラしています。 その部分が窓が下がる時に何処かに当たって金属音がしているようです。

ドアの内側にカメラを入れてみます。
やはり緑色の囲いの部分が外れているようです。


動画で確認してみると。

アクチュエーターとインナーハンドルのパーツが繋がる箇所が外れているようです。

外れている部分が何処と繋がっているのか、助手席側のドアの同じ部分を確認してみます。

ブラブラしている部分、先端の四角い金属が、インナーハンドルのバーに繋がって、アクチュエーターがドアロックを動かす仕組みのようですが、その部分が外れているようです。


運転席側の窓を外して作業スペースをもう少し確保します。


先端の四角い金属にはインナーハンドルのバーにハマる溝が掘ってあるのですが、そのままではインナーハンドルの動きを支えられるように固定しません。

よく見てみると四角い金属部分にはイモネジが切ってあって、このイモネジを締めることでインナーハンドルのバーにアクチュエーターからの支柱が固定されるようです。

インナーハンドルのバーに金属部分を取り付けてイモネジを締めて固定すると。


アクチュエーターとインナーハンドルがしっかり連動して動くようになりました!


今回の作業と同時に、外した内張りのビニールとブチルゴムも新調します。

木べらで古いブチルゴムを大まかに取った後、 ミネラルスピリットで残りのブチルゴムを綺麗に掃除して。

きれいになって気持ちがいいです。ドアの内側も手が届く範囲ですがきれいになりました(^_^)

新しい内張りビニールとブチルゴムを用意して。


内張りビニールの位置決めしてから、形に合わせて新しいブチルゴムを張ります。


新しいブチルゴムがドア側に張れたら、次は内張りビニールをブチルゴムを接着。


反対も同様に!



内張りをもとに戻して作業は終わり。


写真を撮り忘れましたが、両ドアの窓も外して、ガイドレールのグリスも新調しました。ドアも窓も普通に戻ってすっきりです!
Posted at 2017/05/28 21:57:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガレージワーク・整備 | 日記
2017年05月08日 イイね!

5月5日

今日はオランダの事を少し・・。

日本では、5月5日はこどもの日ですね。

オランダの5月5日は 「オランダ解放の日・(Liberation Day in the Netherlands)」でした。 オランダでのドイツの占領が終了した日で、その日を忘れないための記念日です。

僕自身は特に普段と変わりない一日を過ごしましたが、Enkhuizeの街は多くの家がオランダ国旗を家の前に揚げていました。



どの家の国旗も殆ど同じサイズで統一されていて、そのまとまり感がオランダらしいなあと思いました。
Posted at 2017/05/08 15:33:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 身辺雑記 | 日記
2017年05月04日 イイね!

旅の後・整備その2

旅の後・整備その2です。

前後ブレーキのローターとバッドを新調したのは約3年前。交換直後から左フロントのブレーキにジャダーがありました。

何度かブレーキを組み直したり調整したリしましたがジャダーは消えず。
はっきりとした原因はわからないままでした。

ジャダーは出るもののブレーキ自体の効きには不満が無かったので、「パッドとローターが馴染めば同時にジャダーも収まるだろう」と思ってそのままにしていましたが、それから数年、フランス旅行中もその症状は消えず、ずっと気にしていました。

低速(~60キロぐらい)でのブレーキングではジャダーは出ないのですが、60キロぐらいからのスピードではその速さに応じて徐々にジャダーが大きくなります。

実は疑っていたのはローターの歪み・・・。でも新品からだしそんなふうには考えにくい・・・。

もしくはハブベアリングの問題かも・・・。
左フロントをジャッキアップしてタイヤの上下を掴んでタイヤを揺すってみます。

「うーん・・・、シッカリしてるようなガタがあるような・・」。経験が無いので明確な判断が出来ません・・・(^_^;)

一つづつ疑うことにして、ハブベアリングの交換をしてみることにします。

ブレーキキャリパー一式を外した後に、ハブナットのカバーを外して。


ブレーカーバーでハブナットを緩めます。


ハブナット、そしてハブも外れました。


ダストカバーにサビ添加剤を塗っておきました。


今回交換したハブは社外品の Blue Print 社製です。 Blue Print はヨーロッパのマーケットでは知名度高い社外パーツのブランドで、純正パーツと同等の品質を保っていると宣伝しています。



右が新しいハブです。 
綺麗なパーツを見るとワクワクします。


新しいハブを元通りの位置に戻したら、ハブボルトを規定トルクで締めて、最後にハブナットのカバーを取り付けます(サビよけにシーリング剤を薄く塗りました)。


最後にブレーキキャリパーをもとに戻して終わりです。


ハブ交換後、少し走ってきました。
残念ながら変化、ありません・・・。

試走後、古いブレーキローターに交換して再度走ってみました。

ジャダー、ありません・・・。(^_^;) フルブレーキ、全然スムーズです。

う~ん(゜゜)、これだから車イジリは止められません(笑)

Posted at 2017/05/04 19:32:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガレージワーク・整備 | 日記
2017年05月01日 イイね!

旅の後・整備その1 

去年のフランス旅行後の話です。

3000キロ強を無事走りきったロードスター。
油脂類交換も含めて車をチェックしました。

まずはリジットラックに上げて目視で下回りを確認。




あれ?マフラーのこんな処に線ってあったっけ?



サイレンサーの付け根の部分に亀裂を見つけました。
マフラーの中にライトをかざしてみると、外へ光が漏れます。割れてます・・。



この亀裂が原因かどうかわかりませんが、旅の間マフラーの音量が以前より大きくなった様に感じてました。

購入したショップに問い合わせたところ、マフラーの保証期間内だったので、運良く新しいマフラーと交換してもらえることになりました。

一週間後、新しいマフラーが到着。
センターパイプもセットなので、新しいものに同時交換です。



センターパイプのラムダセンサーのメクラボルトは以前のものを移植します。



後は新しいマフラーを元通りに取り付けして。



新品になりました!
(見た目は同じですが・・・(^_^;))

試走しましたが、アイドリングから凄く優しい音に感じます。
あの亀裂が原因か、はたまたただ単に製品が新しいからなのか・・。

その2に続く。
Posted at 2017/05/01 01:35:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ガレージワーク・整備 | 日記

プロフィール

「フランスへの旅 3 http://cvw.jp/b/1904295/38878466/
何シテル?   11/19 22:23
オランダで92年登録のNA MX-5に乗っています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ロードスターは皆、兄弟。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/27 19:28:35

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
オランダで NA MX-5に乗っています。
フィアット プント (ハッチバック) フィアット プント (ハッチバック)
初めての輸入車でした。1.2 L のCVTでしたが運転がとても楽しい車でした。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.