• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sniper-sinのブログ一覧

2017年10月01日 イイね!

タカ渡り

タカ渡り 金曜日仕事休めず、離島遠征を断念。
近場にタカ渡りを見に行きました。
毎年、9月中頃から10月中旬を中心にタカ類が群れをなして越冬地に渡って行くのが見られます。
太平洋側のルートは、愛知県の伊良湖岬から伊勢市へ、中央構造線に沿って紀ノ川沿いに四国へ渡って行きます。

今回は和泉葛城山の展望台で待ち構える段取りです。



展望台からの見晴らしは抜群で、泉南地方は丸見え。



関空がよく見えます。後ろの山は淡路島。



和泉山地の西、淡輪方面を望みます。





南側は和歌山県、紀ノ川を挟み高野山に連なる山並みが続きます。
肝心のタカ類は全く飛んできません。天気予報はハズレ、奈良、和歌山方面は曇っています。北側の大阪方面は良い天気なのですが。



渡ってくるのはツバメ類ばかり。 この群れはハリオアマツバメ。



時速300kmを超えるともいわれる速度で大空を滑空する姿は圧巻で近くを飛ぶと風切り音が凄い。
結局、午後3時過ぎまで待ちましたが、渡って来たタカ類は数羽で大ハズレ。(ゔ_ゔ)

翌日、リベンジを果たすべく東側に位置する五条市の5万人の森へ。



朝からカフェを楽しむ人たちが多数居られる公園です。



本日はタカ渡りの観察会が催され、観察者が沢山集まっています。



綺麗なトイレがあり、木陰や段差のある観察場所もgoodです。



三重県境のピラミッド型の高見山を通過してタカは渡ってきます。



遠く、タカ柱が見えました。タカが高度を稼ぐため上昇気流をつかまえ羽根を広げ回転しながら昇ってゆきます。



この時期の主流はこのサシバというタカ。そこに少し大きいハチクマが少数まじります。



この日は大きな群れが、何度も頭上を通過し、大当たり! 



午前8時半過ぎから午後2時頃までの間で1000羽を越えるタカ類が観察され。
リベンジ達成できました。 \(^_^)/
Posted at 2017/10/02 23:39:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月24日 イイね!

離島遠征秋期1回目

離島遠征秋期1回目秋の渡りのシーズン到来です。
天気を見て2泊で行って来ました。

いつも通り自宅を19時頃出発、R1ー琵琶湖北回りーR8で能登入りです。能登道で3時間普通充電で仮眠します。



輪島港到着午前5時40分 386km走って 表示燃費 19.9km/L 秋は燃費が良くなります。

初日は大陸からの涼しい風が吹いていましたが、その後南寄りの風に変わり蒸し暑い日が続きました。





初日の夕暮れ、夕焼けは今一でした。



翌日も曇っていて日の出はなし。



遠くを新日本海フェリーが航行して行きます。

鳥の渡りも良い天気が続き個体数は凄く少なかったのですが、成果はまずまず。
買ったばかりの新しいカメラの初撮りも、設定変更を一部忘れて初期設定で撮影してしまうヘマも。JPEGのノーマル画質。 (^▽^;) 
それでも綺麗に撮影できていました。 さすが4575万画素です。



秋の日本海は透明度も抜群です。 海中にはブリがわんさか泳いでいるとか。
釣屋さんも大漁でした。



港から海を覗くと何か浮いてました。 クラゲが沢山。



タコクラゲでした。 ココでは初めて見ました。

行きの燃費が良かったので輪島で給油せず、そのまま下道走って帰ります。



生駒の安いGSまであと少しのところでガソリン走行可能距離表示が50kmを割りーーー表示になってしまいました。 いつものことなので余裕です。(^▽^;)



自宅から往復 756km走行 満タンで38.85L入りました。 まだまだ余裕で走れますね。



そこから自宅まで17kmをEV走行してのこり1km走行可能でビンゴならず。
表示燃費 19.8km/L 23時45分到着。 輪島より下道連続走行7時間でした。
いつも通り、疲れ知らずのアウトランダーPHEVです。 (^_-)☆
途中、琵琶湖道路で運転下手くそワゴンRに阻まれACC走行では燃費が平均2km/L 悪化してました。
Posted at 2017/09/26 00:13:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月18日 イイね!

硫黄島クルーズ 2017 【その2】

硫黄島クルーズ 2017 【その2】父島19時出港で335km離れた南硫黄島めざしクルーズの始まりです。



南硫黄島手前で日の出を迎えます。





今一の日の出でした。(^▽^;)



団体ツアー客や常連さんでデッキの場所取りは大変!!一番の人は午前1時起きで並んで居ました。



南硫黄島はいつも通り島の上部は雲に覆われています。 そのため島の上部は雲霧林が生い茂っています。
島の廻りを2周して北上、硫黄島に向かいます。



硫黄島では輸送艦くにさきが待機していました。





揚陸艦2機(ホバークラフト)が上陸訓練してました。



島のあちらこちらから噴煙が上がり、風に乗って硫黄が臭ってきます。



毎年ここでは献花と黙祷が行われます。1周回って北硫黄島へ。



海からそそり立つ火山島です。



頂上の雲も消え島の全貌が。



午後7時半前に父島到着。 荷物を宿に運び夕食はいつものパクパク食堂。
店を出るとどこからか太鼓の音が響いてくる。
音をたどりイベント広場に行くとスクリーンに映像が映し出され、舞台にも。



悪のアノール軍団、アノ−ル将軍VS常夏戦隊ボニレンジャ−でした。





https://www.youtube.com/watch?v=2wdB3IWQYYk

なかなか凝った設定で本格的に撮影してます。



翌日は母島へ



バードウォッチング&イルカ/クジラウォッチングを考慮した設計の新造船。 前方視界も良好。





父島最終日、行くところもなく朝からぶらぶら。 港よこの海岸も朝は人気がない。



恒例の父島お見送り。





マッコウクジラの親子が2度ほど見られました。



帰りの聟島列島も視界がよく、綺麗に島が見えていました。









日が明けて最終日、御蔵島沖でハンドウイルカの群れが何度かでましたが、近すぎて望遠レンズでは画面からはみ出し撮影失敗。 (^▽^;)



伊豆大島沖では海上に発煙筒を焚き救助訓練?



東京湾入り口で潜水艦の航行を確認して今回の旅は終了。



前回様子見したおみあげ、今回は買って帰りました。
小笠原特産のアカガシラカラスバトをイメージした鳩サブレ? 
本家鳩サブレを想像してましたが、おおはずれ、同様に鳩の形をしたビスケットですが、凄く小さい。
6枚入りで650円は高すぎる!!
Posted at 2017/09/18 13:46:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月09日 イイね!

硫黄島クルーズ 2017 【その1】

硫黄島クルーズ 2017 【その1】毎年恒例の硫黄島クルーズに参加してきました。
予約しているカメラの発売日が出港日なので間に合いませんでした。 残念!

秋雨前線は南下して東京湾はもやっていますが、まずまずの天気です。
出港してすぐに見慣れない船?が前方を横切って行きます。



調べるとホタルナという観光船で松本零士さんがデザインしたとか。



帆船の前に護衛艦たかなみが停泊。

東京湾を南下していくと毎回軍艦が続々とみられます。



いきなり大きな特殊船。見るからに空母ですね。うわさの護衛艦いずもです。
19,500t全長248mで、新造船の小笠原丸が11,000t全長150mなので遙かに大きいです。 \(@o@)/

次に登場の軍艦、大勢の人が甲板に並んでいます。いろんな装備もありかっこいい。見慣れないマークがありアメリカ海軍?



後から調べるとアメリカ海軍のミサイル駆逐艦バリーでした。



千葉県側の沖合には海洋観測艦しょうなん、潜水艦の探査等が専門みたい。



お次は掃海母艦うらがでした。
狭い浦賀水道を速度を落として東京湾を抜けると天気も晴れてきました。



いよいよこちらは戦闘開始です。 レンズや雲台は潮風、雨対策でバッチリ、カメラはこのぐらいならまだ大丈夫です。 三宅島が近づいてきました。



硫黄島クルーズはいつもの小笠原航路と違い三宅島の西側近くをサービスで航行してくれます。



三宅島の隣は御蔵島です。切り立った崖の島で僅かな平坦地に人家が密集してます。
新造船になり出港時間が遅くなったので八丈島手前で日暮れ撤収です。





夜中に前線通過したみたいで多少揺れていましたが、日の出頃には天候も回復し朝焼けが。

鳥の方はぽつぽつと珍し系がでるものの全体に数が少なく外れです。
トビウオも小さく全然飛びません。



魚が少ないわりにカツオドリの数が多いです。 なかなか餌がとれないので長いこと船についてきます。



そうこうしている間に父島到着です。
いつものパクパク食堂で野菜多めの定食食べて付近を散策、硫黄島クルーズ集合時間まで暇つぶし。(^▽^;)



展望台近くに洞窟発見。戦時中使われていたようです。



港に戻って前回みた水面を。



まだ居ました、アオリイカ。  友人に教えたら足を広げディスプレイのような行動を何度もしていたとか。
急いで再度撮影試みるも、ダイビングボートが帰ってきて波立ち、足も広げてくれません。(^▽^;)
そのうち突然逃げていきました。



すると突然サメが現れましたとさ。
硫黄島クルーズ その2に続く
Posted at 2017/09/17 18:33:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月27日 イイね!

大丈夫ですよ!

大丈夫ですよ!遠出からの帰り道、自宅まで約35kmぐらいの地点で2回目の給油警告がでました。ガソリンの走行可能距離51kmを表示していたのにいきなりーーーkm表示です。  過去に2度ほど経験しているので慌てない。(^▽^;)
バッテリーは半分強残っているし、天理の下り坂で10kmほど回生できるので大丈夫なはず。

自宅到着時はバッテリー残量は後2km走行可能表示。
夕食を食べに行く途中、自宅より5kmほどのGSに到着。



バッテリーもガソリンも空表示。



それでも39.5Lしか入らなかった。 まだまだ走行できそうです。
給油の警告を大げさに表示するのは良いのですが、実際との乖離はちょっとなんとかならないかなぁ。
現在ならもっと正確に表示できるのにーーーkm表示は早く出しすぎですね。
前回と今回の経験からーーー表示出ても余裕で後5L以上は残っています。



名阪国道、天理の下り坂を下りてEVのみで帰ってきたので葉っぱ5つです。
Posted at 2017/08/27 23:03:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「小笠原丸、父島出港お見送りです。」
何シテル?   09/12 16:00
アウトランダーPHEVは写真撮影の足に大活躍。 週末ドライバーですが、撮影旅行の長距離走行が多い。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

パワステ震動とブレーキフィールの改善 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/06 21:45:34
スマホアプリ「EvBatMon」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/26 22:57:09
発売延期! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/04 17:59:25

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV 三菱 アウトランダーPHEV
12月初めに予約、2月中頃納車予定が初期トラブル対応で遅れ、3月2日に納車。 ギャランF ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
10年乗り続けたXーTREILですが、アウトランダーPHEVを買って息子の車に。15万㎞ ...
三菱 デリカスターワゴン 三菱 デリカスターワゴン
初代パジェロはショートボディーのため2人目の子供ができた期にタイミングよくデリカがモデル ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
初代パジェロに飛びついた。 アウトドアーで快適に運転できる、スタイリッシュな4WD。 こ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.