車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月05日 イイね!
2015年10月9日

いよいよこの旅行も終わりに近づいてきた。


泊まったホテル『伊勢志摩ロイヤルホテル』の窓から。

まずは、伊勢志摩スカイラインを走ってみようと思い立つ。


早朝はほとんど通行する車もなく、快走できた。
料金所のおじさんとしばし語る時間もあったり。

伊勢志摩スカイラインを抜けると、伊勢神宮が見えてくる。
信仰心は強いほうではないけれど、一度は訪れたいと思っていた。

伊勢神宮内宮の鳥居。この後外宮にも立ち寄った。

何だろう、神宮の敷地内は空気が澄んでいるというのか、
清々しさを感じさせてくれた。


奈良県の香落渓を通り

向かったのは京都。

今回はあまり市街地に長く滞在する時間はない。
時間次第で、この日は1つか2つ名所を訪れられたら、と思っていた。


日も傾きかけた頃に、着いたのは東福寺。





秋がわずかに顔を覗かせていた。

この日は東福寺だけにとどめ、ホテルにチェックイン。
次の日、向かう先は決めていた。


2015年10月10日

いよいよ、旅の最終日。

まずは、京都にくれば必ず立ち寄る、渡月橋へ。

この橋を見ると、京都にきたんだな、と思う。
いつか、イルミネーションの渡月橋を見てみたい。

そして、嵯峨野の竹林を抜けて、向かった先は

美山の茅葺屋根。

白川郷とは少し趣が異なり、屋根の形状も異なる。

ここも十分堪能し、南下する。


竹中半兵衛重治の墓に手を合わせて、この旅を締めくくった。


ここからは、大阪南港からフェリーに乗り、
一路、鹿児島県志布志港へ。

旅の終焉を迎えた。


昨年のこととはいえ、この旅のことを記しておかなければ、
この後の旅行記も進める気持ちになれなかった。

これから、どれだけの旅ができるかわからないけれど、
まだまだいろんなところに行ってみたい。

やっぱり旅はやめられない。



Posted at 2016/11/05 01:08:46 | トラックバック(0) | V40 TIMES | 旅行/地域
2016年10月29日 イイね!
2015年10月8日

いよいよ、西に向かって走り出す日だ。
この日からは、走行距離からだいたいの到着場所を決めていった。

この日の到達目標値は、三重志摩。

と。
いきなりの絶景。


静岡県御前崎灯台に続く道。

つくづく、静岡は贅沢な場所だと思う。
至るところに心を落ち着かせたり、昂らせてくれるスポットがあるのだから。


浜松湖に続く国道1号線。あの上を走って抜ければ、愛知県だ。

愛知県といえば喫茶店。
名前はもう忘れたが、道沿いの喫茶店にフラッと立ち寄る。

コーヒーを待っていると、エントランスのほうから、
「オーナー!鹿児島ナンバーがあるよ!鹿児島のお客さんいるの?」
「俺も鹿児島だから、つい懐かしくなったー(^^)」
というおじさまの声が。

声を掛ければ、一期一会の話でもできたんだろう。
しかし、人見知りの性分、結局声をかけられず。

これが、この旅で数少ない未練の一つ。


そこからは、愛知を颯爽と抜け、三重に入る。
目指すは伊勢志摩。

鳥羽パールロードシーサイドラインの展望台にて。

写真ではわからないが、強烈な風が吹きすさぶ。
それでも、気持ちの良い遠景が、来て良かったと思える。


ともやま園地桐垣展望台より。

思った以上に雲がかかり、鮮やかな夕焼けとはいかなかったけれど、
満足感は胸いっぱい。


明日は一路、京都へ。

Posted at 2016/10/29 21:06:12 | トラックバック(0) | V40 TIMES | 旅行/地域
2016年10月25日 イイね!
2015年10月7日

この日も星が名残惜しい時間に塩尻のホテルを後にする。

旅が始まる前は、まさか長野県に一泊すると思っていなかった。
次はもっとゆっくり滞在したいな、と思いつつ

向かったのは、美ヶ原。
美ヶ原美術館までひた走ってみた。


・・・濃霧Σ(゚д゚lll)

しかし、結構な速度で流れていたから、
すでに何台もクルマはいたし、後30分もすれば晴れたかもしれない。

でも、待てない性分。というかじっとしていられない。
この時点ですでに富士山を見たくなっていたので、
諏訪湖方面に向かうことにした。

すると。


美ヶ原の比類なき初秋の朝が迎えてくれた。


紅葉が霧に飲み込まれようとしている。
あの上に、さっきまでいたんだろう。


澄み渡る空に、演出を理解しているかのようなちぢれ雲。
黄金色の高原。

なんて贅沢な空気に浸っていられるのだろう。


遥か彼方に、富士山が顔を出す。

そして、美ヶ原を後にした。
ツーリング好きな人々が、惹きつけられて止まない理由を、
これ以上ないくらいに理解した。


そして、富士五湖の一つ、精進湖にたどり着いた。


湖畔にボル。きっと撮ってみたいと思っていた。

まさか、こんな快晴に恵まれて夢を叶えられるとは。
惜しむらくは、冠雪している富士山が良かったが、望み過ぎだと解っている。


本栖湖(千円札の構図?)

本当は富士五湖すべてを堪能したかったけれど、
この日は、さらに思いつきで行きたいところがある。

その前に。


人生で二度目の白糸の滝。

日本全国に滝は数多あれど、あえて二度訪れた滝はそう多くない。
なのに、南九州から1000㎞超の場所にある滝を、訪れることができた。

相変わらず、美しく帯を成していた。
また富士方面に来る機会があれば、きっと寄りたい。

そして、向かったのは、富士山そのもの。


この日はあいにく霧が強く、六合目以上は登れなかった。

それでも。

この日、富士山を訪れてよかった。

富士登頂。
人生の目標がまた一つ生まれたから。


この後、フラッと岩本山の茶畑に立ち寄る。



日が相当傾く頃に、日本平を訪れる。




駿河湾と富士山の遠景は、言うなれば正統な美意識をくすぐる。
すっかり見慣れた桜島と錦江湾の遠景と全く異なる意趣を醸し出していた。


この時、ふと帰路のことを考えねばならない、と思ってしまった。

伊豆にも訪れたかったけれど、仕方ない。
明日からは、西に向かうことにしよう。


今夜は、美ヶ原の余韻に浸りながら、静岡市内に泊まることにした。



Posted at 2016/10/25 19:54:36 | トラックバック(0) | 日記
2016年10月21日 イイね!
2015年10月6日

白じんでくるにはまだ早い時間、旅支度を整えてグーグルマップを開く。
東か、それとも南か。

しばらく悩んだ結果、東に行くことに決めた。

行先は、白川郷。


遠景。
散策する気持ちが逸る。


コスモスも可憐に咲き誇る。








美しく群生する茅葺屋根。

日本の素朴な自然と文化の調和は、奇跡であり、宝だと思う。


十分に堪能した後は、さらに東へ。

向かった先は、自動車進入不可の観光地、上高地。


水が、青い。
これが水色というのか…。




針葉樹林が、南国育ちの心を躍らせる。


カモの水中ダンスΣ(゚Д゚)




ヨーロッパのような一枚写真。


こんな素晴らしい旅を堪能していると、明日が少し怖くなる。

この旅だけは、最後まで思い切り味わい尽くしたい。


この日の最後に。


鉢伏山スカイライン。怖かった…

Posted at 2016/10/22 00:36:15 | トラックバック(0) | V40 TIMES | 日記
2016年10月19日 イイね!
2015年10月5日

長距離移動にハプニングが祟り、フェリーでは爆睡…

気づけば福井県敦賀港に到着寸前だった

グーグルで、石川県への距離を測ってみる

約170㎞
近所じゃないか、行ける!
(完全に距離感がマヒしている)

ただ行くだけではつまらないから、海沿いを走ってみる




名も知らない一本松

快走路に気を許しているうちに、着いたのは東尋坊

風が吹きすさぶ、猛々しい断崖



高所がもともと苦手な性分、早々に退散

近くの雄島周辺を散策ドライブ




何気に、お気に入りの一枚

その後、石川県までひた走り、向かったのは兼六園



『雪吊り』を見られるのは、11月以降
少し残念だったけれど、十分に堪能した



そして、石川県を訪れた最大の目的

千里浜なぎさドライブウェイ



最高!!!



旅、してきたんだな


明日は、どこに行こう

起きてから考えればいいか
Posted at 2016/10/19 18:58:44 | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「ピレリチントゥラートP1装着。走行性能↑ 静粛性↓」
何シテル?   09/28 14:47
少しずつ。気ままに。日常と非日常を綴っていこう^^ 愛車遍歴 2004年 LEGACY B4 RSK 2006年 R1 R 2006年 LEGACY...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
ボルボ V40 ボル (ボルボ V40)
これからよろしく^^
スバル レガシィB4 レガ (スバル レガシィB4)
この上なく楽しい、愉しい時間を共に過ごしました。 レガシィと叶えたかった夢は、V40と ...
スバル R1 アル (スバル R1)
所有期間は一番短かったけれど、未だにこのR1としか訪れていない場所がたくさんあります。
スバル レガシィB4 レガ (スバル レガシィB4)
車のある生活が、こんなにも人生を楽しいものに変えてくれることを気付かせてくれた車。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.