• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

散らない枯葉のブログ一覧

2017年07月21日 イイね!

ヘンツ、サービスキャンペーン日本では実施しない。

ヘンツ、サービスキャンペーン日本では実施しない。翌日訂正: 「詳細情報出てから判断する」

 メルセデス・ベンツ日本は、ドイツ・ダイムラーが発表したディーゼル車300万台のについての概要と日本での取り組みを発表しました。 当初は 「日本に導入されているディーゼルモデルは欧州仕様とはソフト、ハードまたはその両方が異なり、欧州と日本では規制に差異があるため現時点では対象外とする。」 として販売済みの300万台を自主的に改修するサービスキャンペーンは日本では実施しないと発表した。 しかし国交省等からのクレームが付いたみたいで、実施しないと断言した前日の言葉を取り消し 「国内の車両への対応については詳細情報出てから判断する」 と訂正したそうです。

 不正疑惑が出て数日で300万台ものジィーゼル車両のサービスキャンペーン (台当たり費用8500円、ECUのアップデート程度の金額) を行うと言う発表は流石ベンツ、対応が早いと思わせるものであるが、なるべく深く突っ込まれない間になるべく安上がりの対策費で問題を終息したいと言う魂胆があるように思えてならない。 VWも米国で排気ガス基準を満足する抜本的なリコール処理が施せずバイバック等の莫大な費用を要したように、今回の場合もECUの不正ロジックを消したところでハードルの高いジィーゼル車の排気ガス基準を軽々クリアできるとは思われない。 早々と 「日本では実施しない」 とした宣言は、逆に深く追求される種まきになってしまったような感じがしています。

★7月22日追記

 今朝の新聞では前の発表を撤回して「日本でも実施します」と書かれていました。 前回の「しません」はベンツ本社からの指示でとのこと、本社から早々そんな指示が出ることはなく、販売に影響が及ぶのを食い止めようと、日本ペンツの営業の勇み足という感じが私はしています。 初動を誤ると事態が混迷してより問題が悪化する‥、難しいですね。
Posted at 2017/07/21 14:23:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ雑学 | クルマ
2017年07月20日 イイね!

高機能(遮光)カラーレンズの効果。

高機能(遮光)カラーレンズの効果。老化の始まった視力の結果報告です。

 タイトル画像は新旧のメガネを白紙の上で比べた映像です。 下のメガネに高機能カラーレンズを入れました。 ほとんど着色されたことが判らない位の差しかありません、家族も誰もメガネを変えたことに気付きません<笑>。 お店でカラーサンプルで効果はある程度確認していましたが、このカラーレンズの 「まぶしさを防ぐ」 「コントラスト向上」 「様々なシーンで快適」 という特長を実生活の中で感じることができるか・・・、私的には 「効果抜群です!」 と言うのが正直な感想で、もう古いメガネ(度数は同じ)は掛けられなくなりました。 

 「400nm以下の有害紫外線を遮断し、380nm~500nmの青色光(短波長)も効果的にカットし、まぶしさを軽減します。」 と言う効能書きを信じれば、如何に今まではこのまぶしさを感じる光に視力が邪魔をされていたことになります。 なかなかこの効果を人様に伝えるのは難しいのですが、たまたま二日前に茶臼山に行った時に、牧場で撮った下の写真を見て、「あれこんなに鮮明な景色だったのか」と驚いたことを思い出しました。 こんな経験をお持ちの方には視力回復の効果的なアイテムになるように思います。 これからはこんな鮮明な景色が常時楽しめると思うと、さらに生活をアクティブに変えて行けそうです。 

■茶臼山で撮った映像を見て、「あれこんな鮮明な景色だったのか・・」

Posted at 2017/07/20 10:57:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 健康 | 暮らし/家族
2017年07月19日 イイね!

米国アコードもフルモデルチェンジ

米国アコードもフルモデルチェンジカムリと同じで日本はハイブリッドのみ導入

 アコードも今流行りの派手派手の顔つきになってモデルチェンジが発表された。 今となってはこれらの派手派手クルマを仕掛けたのはどのメーカーか判らないくらい蔓延してしまったように思います。 クルマ本来の性能を競うムードが下火になり、モデルチェンジでは買い替え需要を喚起するためのお客さんを引き付ける斬新なデザインが今まで以上に重要な開発要素になっているように思います。 

 アコードもカムリも主戦場は米国にありと言う事情もあり、ホンダもトヨタも足並みをそろえて日本に導入するのはハイブリッドのみというのも面白いですね。 下記に米国の半年間の販売台数Top10を書き出してみましたが、カムリが176,897台、アコードが 160,091台と日本市場とは桁違いの販売台数となっており、米国でのモデルチェンジの成否がもの凄く大きな意味合いを持っていることが判ります。 この2モデルがデザイン含めて似たようなモデルチェンジを行ったということは、今の派手派手に向かう傾向はしばらくは続きそうに思います。

米国で゛売れたクルマ Top10(2017年1~6月累計)

   1. Ford F-Series PU ・・・・・・・ 429,860台
   2. Chevrolet Silverado PU ・・・ 262,940台
   3. Dodge Ram PU ・・・・・・・・・・  250,443台
   4. Nissan Rogue ・・・・・・・・・・・・  195,689台
   5. Honda CR-V ・・・・・・・・・・・・  187,256台
   6. Toyota RAV4 ・・・・・・・・・・・・・ 184,766台
   7. Toyota Camry ・・・・・・・・・・・・・ 176,897台
   8. Honda Civic ・・・・・・・・・・・・・・  175,763台
   9. Toyota Corolla/Matrix ・・・  165,596台
  10. Honda Accord ・・・・・・・・・・・・  160,091台

 こうして米国市場の実態を見ると、1位~3位と大型PUがバカ売れ!。 4位~6位まで好調と言われているSUVが占め、何か人気落ちを示すように7位~10位に乗用車と並んでいました。 それにしてもPUは米国メーカー製ですが、それ以下のSUVや乗用車は日本メーカーが独占・・。 アコードもカムリも頑張り過ぎて米国を刺激しない方がよさそうですね<笑>。
Posted at 2017/07/19 16:49:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ雑学 | クルマ
2017年07月18日 イイね!

DAYでベランダの防水補修を行いました。

DAYでベランダの防水補修を行いました。これクルマにも使えるのでは?

 タイトル画像は今回の補修作業に用いた、ファストフラッシュと言う商品です。 EPDM(エチレンプロビレンジエンゴム)+アルミメッシュ+ブチル接着剤(厚さ2.6mm)というなのでクルマのボデーに貼って制振遮音材への活用とアルミ効果?のダブル効果が期待できるのではと勝手に思ってしまいました<笑>。 今回は先日のハウスメーカーの10年点検でベランダの床に浮きが出ている、補修が必要というレッテルを張られてしまったので、DAYで出来そうな材料を物色中にこの製品に出会いました、物が届いたので早速炎天下での補修作業を行いました。

 まずはベランダ床の長年の汚れを水洗い。 床洗いだけで見違えるようになりました、ハウスメーカーの指摘は素人目には何ら問題ないと思われる程度ですが、補修は「上にテープ状の物を重ね張り」すると聞いたので、それならDAYでもやれるとの思いで取り組みました。 巾7cmのテープ状の物を10m、床の立ち面と平面の交差部分全周に貼り付けました、意地と勢いで暑い中、汗を流しながらの作業でクタクタに、でも出来はともかく完成したので満足です。 今度ハウスメーカーから「ベランダの補修はどうされますか」と聞かれたときに「DAYで済ませたよ」と涼しい顔で言ってやりたいと思っています。

■塵と埃のヘドロが溜ったベランダの床、これから水洗いです。


■ここが問題の❝浮き❞です‥写真中央部のふくらみが浮きです。


■ファストフラッシュを重ね張りしました。


■DAYで施工後のベランダの床、素足で歩けます<笑>。

Posted at 2017/07/18 11:02:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
2017年07月16日 イイね!

お盆はすでに満車の情報が出ていますよ。

お盆はすでに満車の情報が出ていますよ。中部国際空港(セントレラ)の駐車場混雑情報。

 今朝の新聞の片隅に、タイトル画像の 『満車』 を伝える広告が載せられていました。 詳しくは7月6日(木)時点で、8/11(金)~8/17(木)のお盆休み期間の予約駐車場は満車となったため予約受付を終了したという内容ですが、この広告を見落として遠くからクルマで出かけたお客さんが、搭乗時間が迫る中、駐車場を求めて戸惑う姿が見えるようで気の毒になりました。 もちろんお決まりの「空港にお越しいただくときは一般交通機関をお使い下さい」という文言は入っていますが、これで本当に大丈夫かと気になりました。 便利さでどうしてもクルマで行きたいと言う人は老婆心ながら空港島外の民間駐車場等の情報も仕入れて早めの行動が必要と思われます。

 勤めていた時は、帰省しようとするとクルマ→飛行機→レンタカー→飛行機→クルマと短い期間で出来るだけ長く滞在するための移動手段を確保していましたが、飛行機便の予約を取ることに合わせ、帰省期間中の駐車場確保が大切な付帯事項でした。 予約開始受付日には休みを取ってパソコンの前に陣取り、必死で駐車場も含めた予約を取ったものでした。 今年は飛行機で往復していた青森にクルマで少し時期をずらせて出かけます。 ・・と言うことでこの「満車」の文字は他人事ですが、どこに行くにも駐車場の確保は疎かにできる事ではないですね。
Posted at 2017/07/16 14:07:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

「ヘンツ、サービスキャンペーン日本では実施しない。 http://cvw.jp/b/1923480/40123239/
何シテル?   07/21 14:23
「散らない枯葉」です、よろしくお願いします。 団塊世代ど真中の昭和23年生れです。 40年間、大手の自動車メーカーの技術部門で働らき、定年退職した今は悠々自適...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

スズキ(純正) フォグランプ(シビエ製) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 14:32:44
FUJITSU TEN / ECLIPSE AVN AVN-G02 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 14:08:39

ファン

124 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダーハイブリッド マイ・フィールダー (トヨタ カローラフィールダーハイブリッド)
7月6日納車されました♪ 7月21日に走行距離が1000Kmを超えました。  アベレ ...
トヨタ クラウンセダン ザ・セダン (トヨタ クラウンセダン)
 16年前に、400万円越えのセダンの購入に、周りの人にも奇異に見られたが、セダンこそ“ ...
スズキ スプラッシュ 紺碧の青い車 (スズキ スプラッシュ)
スズキ スプラッシュに乗っています。奥様用に買ったクルマですが、少し欧州車の仲間と感じ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.