車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月22日 イイね!
『富士山』 が見えた!やはり 『富士山』 は特別なお山ですね。

 飛行機に搭乗していても、新幹線に乗っていても、富士山が綺麗に見えると 「富士山が見えた!」 と歓声を上げる人、カメラで撮影する人がいる。 自宅からは全く見えないが、クルマで半日も走れば様々な角度から富士山が見れるし、現役の時は富士の裾野に研究所があったのでもう飽きるほどに見ている自分ですが、やはり旅先で富士山が見れると何か得した気分になります。

 先のプログに書いたドライブ旅行でも、頂上に真っ白な雪を抱いた富士山を色々な場所から見てきました。 どこから見た富士山が一番印象に残ったかと、勝手に順番を付けるなら、朝の7時半頃に伊豆長岡公園の展望台から見た富士山が一番でした。 伊豆長岡は少し盆地的な地形のために少し高い場所に登らないと温泉街からは富士山は見えません、標高50m程度高い目の前の公園に上がれば見えるかもと言う淡い期待で登ったら、樹木の間に富士山の姿が、そこからさらに高台に見える展望台に登ればもっと富士山が見えるのでは‥、結果は写真で見て下さい<笑>。 何事も執念で頑張ってみるものですね。

■伊豆長岡公園の展望台から見た朝の富士山。

Posted at 2017/02/22 10:10:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 趣味・趣向 | 旅行/地域
2017年02月20日 イイね!
伊豆半島周遊のドライブ旅行早春の富士山と河津桜と海を満喫してきました。

 まだ寒さに震えている我が身ですが、何故かこの時期になると伊豆半島には春が早く来ているような気持にさせられるので、何年か振りに伊豆半島を海沿いに一周するドライブ旅行を計画して愛車フィールダーHVで二泊三日の予定で出かけてきました。 暖かい日に恵まれたこともあり、すっかり春めいた伊豆半島の花咲く春を満喫することが出来ました。


▼一日目:2月18日(土) 走行距離 294Km

 自宅を午前9時前に出発、新東名→東名と乗り継ぎ富士ICまで高速道路走行し、お昼頃に予定通り沼津魚市場に到着。 市場で食事後、西伊豆の海岸沿いに大瀬埼、戸田へと走りました。 あいにく天気は薄曇りで富士山は見えるもののすっきりしません。 上天気なら‥と想像しながらも、この日は海岸沿いの国道を一度離れて、宿のある伊豆長岡まで引き返しました。 伊豆長岡でこの日の旅程に組み込んでいた世界遺産の反射炉を見物、良く整備された観光施設になっていました。

▼二日目:2月19日(日) 走行距離 143Km

 朝起きたらお天気は快晴、富士山が見たい、宿から伊豆長岡公園の展望台までウエーキング、朝日に輝く富士山を見ることが出来ました。 結果的には今日は一日中富士山を色々な角度から見ることが出来ました<笑>。 宿を出て土肥まで走り、土肥から反時計周りで伊豆半島の海岸線を熱川まで走りました。 アップダウンの激しいワインデング連続する道は走行距離以上に走った感が増しますね。 今日は天気が良く温かく、富士山も河津桜も早春の海も、期待以上の感動を与えてくれました。

▼三日目:2月20日(月) 走行距離 332Km

 春の嵐とはよく言ったものと思わされるお天気。 旅の目的は昨日までで満喫したので、暴風雨波浪警報の出てている中を旅程に沿って無事に帰るのみ。伊東も熱海も途中走ってきた小田原も箱根も観光客で大賑わいでしたが、皆さん突然の雨風に大変そうな様子でした。 こんな時にクルマはあり難いですね‥、バスがフラつくような強い横風の吹く中を、そこそこの安定感で走り抜けてくれたフィールダーHVに感謝しなければならない旅でもあります。

■菜の花の背景に富士山を見る(恋人岬)


■早春の海と遠くに見える南アルプス(黄金埼)


■満開の河津桜(みなみの桜と菜の花まつり会場)

Posted at 2017/02/21 11:41:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月17日 イイね!
dela(でら)ふぁーむ/名古屋農業センター開園50周年記念で愛称がついていました。

 「しだれ梅まつり」 が開催される名古屋農業センターに様子見に行ってきました。 何となく施設名が現代的でないなと思っていましたが、開園50周年記念で一般募集して施設の愛称を 「delaファーム」 としたそう、この愛称が門に書かれていました(タイトル画像参照)。 愛称には名古屋弁の 「でえーりゃー」 を捩って 「dela(でら)」 とされたという意味合いも、垢抜けしたようで垢抜けしていないところが名古屋的かも知れませんね。

 今年の「しだれ梅まつり」は2月23日(木)~3月20日(月)の間で開催されます。 一週間前の昨日様子を見に訪れましたが、まだ蕾は硬いと言う感じだったので、満開のしだれ梅が見れるのは来月初め頃と思われます。 梅はまだでしたが、蝋梅(ロウバイ)は見頃でした。 しだれ梅の咲き具合を見に、何度か 「delaふぁーむ」 に出かけたいと思っています・・、やっぱり昭和の私には 「名古屋農業センター」 の方が似合いそうな感じがします。

■ 「delaふぁーむ」に咲くいていた蝋梅(ロウバイ)

Posted at 2017/02/17 14:17:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 趣味・趣向 | 旅行/地域
2017年02月16日 イイね!
2.6倍電気で走れるようになりました。月販2,500台が目標、目標は達成できるかな?

 新型プリウスPHEVが昨日発表されました。 内容的には電気自動車(EV)として走行できる距離を先代モデルの26.4kmから68.2Kmへ、約2.6倍に延ばしたのと、モーター出力を向上して走りを良くしたと言うのが主な変更点のようです。 目立つのは素のプリウスとは一見して違いの判るデザインと、さらに充実させた装備ということではないかと思います。 先代の素のプリウスをPHEV化しただけでは商品魅力に欠けて期待ほど売れなかったことの反省かも知れませんね。

 「先代は電気自動車として走れる距離が短く不評だった」 と書かれるメデアが多いが本当だろうか?、このクルマのペースとなっている4代目プリウスは実燃費で優々20Km/Lを超える実力を持っており、満タンにすれば800Kmは走れる。 私の場合ならわざわざPHEVを充電の手間暇をお金を出して買おうとは思わない、現在のハイブリッドの性能で十分だと思う。 ノートのe-Powerと言う電動車が売れている、やはり充電の手間暇を考えなくてよいクルマだから売れるのだと思う。

 トヨタもそのあたりは十分判っており、乗車定員も4名として一段高い(価格も高い)位置のクルマとして、量を売る戦略には出なかったと思う。 本音は海外にありと言うところか、日本の月販目標2,500台、目標は達成できるかな・・・。
Posted at 2017/02/16 10:30:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | プリウス | クルマ
2017年02月15日 イイね!
今では普通のクルマになった。フィールダーHVも1000万台分の1台です。

 トヨタのハイブリッド車の累計販売台数1000万台を達成したそうです。 1997年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車 『プリウス』 を発売。 約20年かけて1000万台ものハイブリッド車を販売したと言うことです。 初代プリウスは 「発売当時はハイブリッドと言う言葉に馴染みもなく、乗っている人は"オタク"だと言われた」 と開発責任者の内山田さんが語っておられる。 私は他のクルマの開発に従事していたが、一度乗ってみて欲しいと頼まれ1日試乗した覚えがあるが、未完成の癖のあるドライバビリティとブレーキ性能に、正直このクルマの将来は無いなと思ったものであった。 それに損得抜きの価格設定は 「売れば売るほど損が膨らむ」 と社内悪のようにも言われていました。

 1000万台を達成した今、内山田さんは「未知のクルマ(ハイブリッド車)に期待を寄せ、乗ってくれた多くのユーザーに支えられて、ハイブリッド車は今では "普通のクルマ" になるまで普及することができた。」 とコメントされている。 世の中の普通のクルマになると言うことは本当は大変な事なのですね。

 現在私はフィールダーHVに乗っています。 旧車の15クラウンから乗り換えるときに次はハイブリッドが欲しいと思うようになっていました。 色々と車種を物色していた時にフィールダーHVの試乗記で私の思いを代弁しているような 「ハイブリットが普通のクルマになった」 と動的な印象を含めて書かれていた記事を読んで、このクルマを買うことを決め、販売店で値踏みだけで買いました。 愛車なったフィールダーに乗った第一印象は 「普通のクルマ」 そのものでした<笑>。 と言うよりハイブリッド車が普通のクルマになったと言う方が正確かも知れません、欲目で言えば 「普通を乗り越え新しいジャンヌを創ったクルマ」 とも言える新しい価値観を感じています。 そう感じる人が増えた結果が1000万台に通じていると私は思っています。
Posted at 2017/02/15 10:34:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | カローラフィルダーHV | クルマ
プロフィール
「『富士山』 が見えた! http://cvw.jp/b/1923480/39357938/
何シテル?   02/22 10:10
「散らない枯葉」です、よろしくお願いします。 団塊世代ど真中の昭和23年生れです。 40年間、大手の自動車メーカーの技術部門で働らき、定年退職した今は悠々自適...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
スズキ(純正) フォグランプ(シビエ製) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 14:32:44
FUJITSU TEN / ECLIPSE AVN AVN-G02 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 14:08:39
お友達
ファン
123 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド マイ・フィールダー (トヨタ カローラフィールダーハイブリッド)
7月6日納車されました♪ 7月21日に走行距離が1000Kmを超えました。  アベレ ...
トヨタ クラウンセダン ザ・セダン (トヨタ クラウンセダン)
 16年前に、400万円越えのセダンの購入に、周りの人にも奇異に見られたが、セダンこそ“ ...
スズキ スプラッシュ 紺碧の青い車 (スズキ スプラッシュ)
スズキ スプラッシュに乗っています。奥様用に買ったクルマですが、少し欧州車の仲間と感じ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.