車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月24日 イイね!
WRC第6戦 ラリーポルトガル終了WRC第6戦ラリーポルトガルが終了しました。

結果はMスポーツのオジェが優勝、2位にヒュンダイのヌービル、3位もヒュンダイのソルドと言う結果でした。

序盤は上位陣にもマシントラブル等があって順位の目まぐるしく変わるラリーでしたが結局はオジェの快勝と言う形でした。




オジェは序盤こそ出走順の不利もあって、振るいませんでしたがルーズグラベルのお掃除から解放されてからは着実にタイムを並べ気づいてみれば圧勝となっていました。


オジェはここまでらしくない、つまらないミスも目立ってましたがポルトガルでは彼らしいクレバーな走りでしたね。走行順の不利も去年の『オ○ェいじめ』に比べればどうという事もない(^^;)という事なんでしょうか。
それにここぞという勝負所での集中力、速さは尋常ではありません…まさにオジェの『強さ』だけがクローズアップされたラリーでした。




今回ヌービルはオジェの後塵を拝する2位でしたが2連勝のあとの2位獲得+パワーポイントですからまずまずの結果でしょう。


オジェの総合力には及ばなかったヌービルですが局地的にはオジェを凌ぐ速さも見せていました。いまのところ王者と渡り合えるのは彼しかいないようですね。

現在ポルトガル終了時のドライバーズポイントはオジェの126ポイントに対してヌービルの106ポイント。
シーズンはやっと半分を消化しましたがドライバーズチャンピオンの争いはこの2人の熾烈な争いになりそうですね…去年までのように圧倒的な戦力を誇るチームが無いだけに今シーズンは最後までわかりません❕




トヨタはこのラリーで初めて3台のマシンを投入してハンニネンが7位、ラトバラが9位。初出場のラッピが10位となりました。
数字だけ並べると物足りなく感じますが、ラトバラはDAY1の途中まで堂々のラリーリーダーでした。(その後転倒し優勝争いからは脱落)


これまでのヤリスのグラベルラリーの走りを考えるとちょっと考えられない長足の進歩といえます。
一時的にもグラベルで真っ向勝負して他チームを凌ぐタイムで走っていたのですから(^o^)単純に考えてもグラベルでのセッテイングが熟成しつつあるのを感じますね。後半戦のグラベルに期待が持てそうです。

そして、もう一つの驚きが今回初出場のラッピ♪チーム戦略や慣れないWRカーでミスありトラブルありで苦難の連続でしたが苦戦しつつも10位での完走、そして最後のパワーステージでなんと4位獲得❕であっさり初ポイントをとりました。こりゃなかなかの大物の片鱗を垣間見た気がします(*^^)

これは経験を重ねると…楽しみが増えてきました。ハンニネンもこれまでリタイヤ等もあり苦戦が続いていましたが今回はきっちり役割を果たしています。

3台がコンスタントに完走を重ねればヤリスの熟成も進むはず…です。




あとは個人的に気になっているドライバー、Mスポーツの、タナク…DAY2の途中までぶっちぎりの速さを見せていてこれはいくか❕なんて思っていたのですがSS12アマランテでバンクにヒットして万事休す(^^;)彼らしいといえば彼らしいですが後ろから猛烈にプレッシャーをかけてたのがオジェではいたしかたないか(-_-)いつになったら優勝するんでしょう(笑)ちなみにパワーステージは一番時計でした。


そしてもう一人気になっていたドライバー、アンドレアス・ミケルセンが次戦サルディニアでシトロエンのC3WRCをドライブすることが決定しました\(^o^)/シトロエンからというのが意外でしたがついに17年スペックのWRカーでの初参戦です。

ここまでの彼は突然の浪人生活からWRC2でのラリーへの出場とこれまでのキャリアを考えると「悲しい現実」でしたがついにその鬱憤を晴らす時が来ました❕
WRC2のシュコダワークスでも全く他を寄せ付けないスピードを見せていましたから17スペックWRカーでどんな走りを見せてくれるのか♪

個人的にはサルディニアでの一番の注目ポイントです(*^^)


次戦はサルディニア(ラリーイタリア)はポルトガルに続くグラベル戦です。ツイスティな高速グラベル戦となりますがフォードとヒュンダイの激突以外にも見どころ満載の一戦となりそうです(^o^)



Posted at 2017/05/25 00:36:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | クルマ
2017年05月17日 イイね!
ノースアタックラリー2017観戦記先日の5月14日に砂川市オートスポーツランドスナガワで開催された北海道ラリーシリーズ第3戦『ノースアタックラリー2017』を観戦に出かけてきました。

ノースアタックラリーはウィンターラリーから短いシーズンオフを挟んでの今シーズン最初のグラベルラリーです。
しばらくぶりのラリー開催という事で私もウキウキで砂川市に向かいました。

そして事前のエントリーリストを見ると…なんか「身内」率が高いな(笑)しばらくお目にかかっていない方もいますし、そんな方々の顔を見ることも楽しみに出発です。

レキ後にのんびり到着すると、色とりどりのマシンがすでに集結しています。

顔見知りのエントラントの方々と挨拶しているとお馴染みの姿を発見!やった(^-^)かわねこさんだ♪スナガワは遠いし今回は来ないかも…でも道○イメンバーが集結してるからもしかしたら、と期待していたのです♪これは楽しい観戦になりそうです。

そしてテントの奥に555の正装に身を包んだエンツォ・フェ○ーリ風の威厳のある人物を発見😲貼物組合の監督の方かと(笑)思いましたが今回はのんびり観戦モードの555レプソルベルグさんでした。

途中てらまこさんが応援にいらしたり、完全な関係者❔のとらっちょさんとお話ししたり、この日は組合のテントで過ごしてワイワイと楽しいひと時を過ごしました。

じつは余りに話に花が咲いてSSを何本か見逃してるのは内緒です(^^;)



また午後からはオフィシャルではなく観戦にいらしていた初心者シビック乗りさんとも会えました♪

お馴染みのtypeRが見えたのですぐにわかりましたよ(^o^)





24号車 谷岡選手・taka‐ponさんのタイヤ館ビィワークスヴィヴィオ


谷岡選手の24号車はウィンターラリーでは信じられない、まさかの苦戦でここまで未勝利でこのノースアタックラリーを迎えました。谷岡選手もいつもと変わらぬ笑顔でお話して下さいましたが、チャンピオンが「熱くなっていないはずがない」(笑)と思っていましたが、その予感はラリーが始まるとすぐに現実のものに…それも想像以上でした。


ラリーが始まるとぶっちぎりのタイムを連発😲一つのSSで10秒以上のマージンを築いていきます。

見ているギャラリーから「谷岡さんやっぱり速いなぁ全日本で見てみたいね。あ、だめかヴィヴィオホモロゲきれてるや(笑)」「ヴィヴィオ以外の谷岡さんて想像つかないなぁ(笑)」なんて会話が交わされていました。
スナガワは見られるコーナーが限られていますがそれでも、素人目にも速度の落ちが少ないスムーズなコーナリングです♪



あまり履いたところを見た事のないTE37が装着されている❕(2回だけと言うレアでした)それに、このタイヤって…これが気合の表れか(笑)



気づくと同クラスとは1分半近い差をつけてK-Carクラス優勝でした。それどころか遥か上のクラスのRA-3クラス😲でも上位に当たるタイムでした❕おめでとうございました。


私の地区戦の応援歴はtaka‐ponさんの応援から始まっています。

それだけにこのマシンへの思い入れも相当なのです。今回は長く話す時間がありませんでしたがtaka‐ponさんが楽しそうに頑張っている姿にはいつも元気をもらってきました。

シーズンはこれからですよ。今年もチャンピオンです❕




GUTSさん・在りし日のyellow Bulletさんの19号車 佐藤りあ・DL・プロトンサトリアネオ


札幌の某所では生○スコちゃんが見られるため相当数の組合員がそちらに駆け付けたとか…(笑)
しかしスナガワも負けていませんよ♪こちらには『りあたん号』がいます❕それにしても19号車と29号車はある意味このラリーで一番目立っていたかも。テレビの取材❔があれば一番映っていたことでしょう。


今回りあたん号は念願のクロスミッションを投入して参戦。それが功を奏して上位と肉薄したラリーとなりました。昨シーズンはストレスのたまる展開も多かっただけに今回は手ごたえがあったんじゃないでしょうか( ^^)

ウィンターラリーの時とドラとコドラ交代で今回はコドラで参戦の在りし日のyellow Bulletさん。初めてのコドラで大変そうでしたが後半は「やっとコドラの役目を果たせた♪」ときっちりとサポート。さすが道スイコンビ息が合ってました( ^^) でも…ますますドラで出たくなったんじゃないですか(笑)


最後はスーチャー付きの格上マシンを追いかけまわしてJr.RA-3クラス2位獲得❕おめでとうございます。マシンもまだ完全ではないという事なのでまだまだ期待しています♪



久野さんご夫妻の29号車 ZC31S・YUKIKAZE


今回ついにグラベルラリーに初参加のゆきかぜ。ついにここまで来ましたか…目の前でギャラリーサービスした時はどうしよう(笑)と思いましたが(びっくりしてカメラを構えられませんでした…)、大きなトラブルもなく無事完走でした♪

今回はドラとコドラを仲良く交代制での参戦でそれに起因する苦労もあったようですね(^^;‥ですが『一粒で2度おいしい♪』いいアイデアじゃないですか(^o^)これからも仲良く参戦してください。


あのゆきかぜがグラベルを疾走❕


愛車を溺愛している面々が競技を始めるにあたってまず考えてしまうのが…車両の破損(泣)なかなか踏み出せませんよね。ましてや貼物している車両ともなれば…それにあの『ゆきかぜ』ですよ❕
普通出れますか?ただグラベルを走っている姿はカッコよかったです(^o^)

ゆきかぜには美しいレプリカと競技車両の両立という新しい地平を切り開いてほしいですね(笑)



井土卓司選手・松川選手の3号車 YH・マル井・山岡家・ランサーX


おまちかね今シーズン初登場の井土選手のランサー。個人的には井土さんのランサーの走りを見なければ北海道のラリーを見た気がしません(*^^)v

今回ももうもうと砂煙を上げて走る姿は迫力ありました。

いつも笑顔で接して頂いてありがとうございます(^o^)



阿部敬珠選手・阿部祥吾選手の12号車。ISMF‐DXL‐ZESTINOヴィッツ


こちらも地区戦、今シーズン初出場となった阿部選手のヴィッツ。ついに今年からマシンをスイフトからこのヴィッツにスイッチ。お話を伺うとこのヴィッツは大会のギリギリ直前まで製作されていたそうで、なんと阿部選手もこの日の朝のレキで初めてドライブしたとか…祥吾選手もなんか疲れが見えます(笑)


ご本人もマシンについて『パワーが全然ない…』なんて感想を話されてましたが道外遠征のお話も聞けましたし、早くこのマシンの熟成がすすんでステップアップの武器となってほしいです。そしてスイフト以上のご活躍を期待しています(*^^)



井土正高選手・河野功選手の9号車。マルイMotys・Kzf・YHヴィッツ。

ウインターラリーから続く悪い流れを断ち切れない9号車。河野選手も『苦戦してます…』と言っていましたがこのマシンも今シーズンからの投入でなかなか難しい部分もあるのでしょうか。

また去年までのような豪快な走りの復活を願っています。


松波選手・伊勢谷選手の2号車。DL・SPMイッツマグナムランサー。Ch.RA-5クラス優勝でした。おめでとうございます。


山田選手・瀧選手の1号車。DL・IRS・itzz・GセキネンWRX

どうしたんでしょう…今シーズン未勝利の山田選手。今回はCh.RA-5クラス2位でした。次戦の巻き返しに期待がかかりますね。


山口晶洋選手・山口美由紀選手の5号車。ガレージセキネンミラージュ・CJ・山口。Ch.RA-4優勝でした。おめでとうございます。


室田選手・鎌田選手の10号車。DUC☆ちのねスポーツ☆ルート6Vitz


岡田選手・藤井選手の28号車。マイマイVitz


早坂選手・西野選手の16号車。AKTインプレッサWRXSTI


菅原選手・村上選手の13号車。CMSC☆ヤマショウOAS赤ヴィッツ




午後からは雨も降り出しました。ラリーについては雨量も少なく影響はさほどなかったようですが、お気楽な観戦者にとっては風も出てきて寒さが身に沁みます(^^;うーんカメラの故障が怖くて写真も事実上終了です。

ほんとは表彰式まで見ていくつもりでしたがSS5まで観戦したところで寒さに耐えかねて今日は撤退することにしました。まったく根性がありませんね(笑)

短い時間でしたが今回は久しぶりのラリーでみなさんの元気な姿がみられてホントに良かったです。やっぱりラリーはイイですね♪

今回は肌寒い天候の中、運営にあたったチーム、オフィシャルの皆さま、素晴らしい走りを披露してくださったエントラントの皆さま大変お疲れ様でした。

そして現地でお世話になった皆さま、楽しい時間をありがとうございました♪また次回のラリーでお会いしましょう。



Posted at 2017/05/18 01:46:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | ラリー | クルマ
2017年05月06日 イイね!
WRC第5戦アルゼンチン終了❕4月30日までの日程で行われていたWRC第5戦ラリーアルゼンチンが終了しました。

ラリー終了からはだいぶ経ちましたがGWの前半と重なっていたこともありますし、中継を見た方や結果等をフォローしていた方も多かったんじゃないでしょうか。

結果は優勝がヒュンダイのヌービル、2位がフォードのエヴァンス、3位にもフォードのタナクが入りました。

アルゼンチンといえば熱心なファンと『悪路』だと思うのですが、今年のラリーを見て改めて思いましたがホントひどい道です(いい意味でですよ)昔のアクロを思い出させるダスティーでラフなステージは見ている分には非常に面白いコースですね(^^;‥まあよくパンクするラリーです(^^;

ラリーもエキサイティングなもので2位のエヴァンスとヌービルの差は全日程走り切って0.7秒❕という信じられないくらいの大接戦で、最終SSまで全く勝者がわからない展開でした。



このラリーの勝利で前戦から2連勝になったヌービルですが完全に波に乗った状態です。

ヌ―ビルも完全にラリーを支配していたわけではなく前半戦はフロントのダンパーを壊したりパンクがあったりと決して順調ではありませんでしたが(前半のラリーリーダーのエヴァンスとは1分程度の差がありました)粘り強く走って後半戦は完全に調子をつかみ遂に最終SSで大逆転勝利となりました。

これは完全に勝ち方を『覚えた』んじゃないですか❕ヌービルは去年までも一定の条件ではとてつもなく速い事がままありましたが、こんなふうにラリーを組み立てて勝ちを拾うというところまではいってなかったような気がします。今年の前半の2戦も自分のミスから立て続けに2勝を失うこともありましたがその頃のヌービルとは隔世の感があります。
それに裏返せばあの2戦も勝てていた可能性があったという事にもなりますしね。

現段階ではヌービルとi20クーペWRCの組み合わせは最速なんじゃないでしょうか?今のところ、どんな路面でも満遍なく速さを見せていますし…この『覚醒』が本物ならばこれは選手権争いはもしかするかもしれませんね。



2位のエヴァンスは今回の一番のサプライズでしたね。彼の快走がアルゼンチンを面白くしました。やはりMスポーツのラインナップは今回3位を確保したタナクと言い活きがイイ(^o^)両ドライバーの才能は確かだと思うのでこのまま成長していってほしいですね。あと個人的にはエヴァンスのコドラのダン選手も応援していたので優勝までほんの一歩でちょっと悔しかったですね(-_-)


このエヴァンスの快走を支えたのがDMACKタイヤの存在だと思うのですが、実際、今のWRCはミシュランの独占状態。
やっぱりタイヤはワンメイクより、このように複数のタイヤメーカーが争うほうが単純に面白いですね…様々な大人の事情もありますがタイヤ戦争の時代を知るだけに今回のようなサプライズが起こると昔の方が面白かったかなと思ってしまいます。


オジェは今回4位でしたが、ちょっとおかしいですね…あのオジェらしくないミスが多いのです。
確かにこのダスティーなコースで出走順の不利等がありましたが、なにか乗れてない印象です。

本人の表情もなにか冴えないような(^^;

これは選手権連覇に向けて黄信号かもしれませんね…




深刻なのがシトロエン陣営。クリスミークは時折、速いラップを刻みますが結局はクラッシュ…そして修復して再出走してまたクラッシュ(泣)と師匠と同じ『クラッシャー』ぶりでした。


さすがのイヴマトンもラリー後、これからは勝てるラリーでの勝利を狙っていくというような意味の
コメントをしていましたが事実上のマニファクチャラー争いでは白旗という事でしょうか…今回のラリーを見た限りでは仕方ないのかもしれませんね。

これは深刻です。




トヨタ陣営はメキシコでも出ていたエンジンの水温上昇のトラブルでラトバラが5位に入るのがやっとでした。

さすがにトラブルが出ては今のヤリスでは勝負はできません。


それでもタイムは悪くはありませんし完全では無い中でも5位で帰ってくるラトバラは安定してます。
彼の調子は非常にイイんじゃないでしょうか。

トラブルを解消して後半戦の巻き返しにも期待が膨らみます。


次戦はラリーポルトガルとなります。私の記憶のポルトガルはミックス路面でしたが…いまはごくフツーのグラベルです。それだけにチームの実力が直に出る戦いになりそうです。

トヨタは遂に3台目のラッピの投入がアナウンスされていますし、水面下ではミケルセンがヒュンダイと交渉しているとか(これは本気でヒュンダイはタイトルを獲る気ですね)楽しみは尽きません(^.^)

選手権争いはヒュンダイとフォードに収斂してきましたが、がっぷり四つで目が離せなくなってきましたね。



Posted at 2017/05/07 00:18:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRC | クルマ
2017年05月05日 イイね!
GW気ままににドライブ旅(^o^)GWも後半に入りましたね。昨日は空模様も奇跡的なほど良くせっかくなので久方ぶりのドライブに出かけました。

GRBは近場をうろちょろしているだけで最近は遠出に余り乗っていませんでした。そんなわけでちょこっとは距離を乗ろうと考え、目的とか場所は決めずに当てもなくゆったり気分で出発しました。
ただ食いしん坊の私の事なのでお昼ごはんについては密かな計画があったりします…と言うか食べるため出かけたとも言う(笑)


途中、車載の気温計もどんどん上がる快晴の中、国道を北上します。GW真っ最中ですが交通量は少なく気分よく移動できました(^o^)



到着したのはサフォーク種の羊の生産で有名な町です。



そうです❕ お目当てはこの牧場で生産された、道民のソウルフード!ジンギスカンです♪

最近は独特の風味を抑えた上品なラムを焼肉にしたりステーキで出すお店も増えてきましたね。それはそれでとても美味しいのですが、やっぱり私の中の『ジンギスカン』といえばちょっと甘めの味付きのお肉とひたひたの、もやしと言うことになります。

味付けも文法通りでお肉も柔らかくとても美味しかったです。



ここの牧場はレストランが併設で丘の上の放牧地で実際に羊さんを見ることもできます。写真には撮れませんでしたが働き者のシープドックも可愛かったです。


可愛い羊さんを見ながらちょっと複雑…やっぱり美味しそうに見える(^^;




他にも世界のめん羊館というめん羊の歴史を学べる施設やウール製品の販売所や体験コーナーなんかも併設されていました。
この時期なら薄手のストールなんかもいいかもしれませんね(^o^)



デザートは別腹…という事で市内にパフェが自慢のレトロ喫茶店があるようなので、そこに甘味を補給に伺いました。

昭和な雰囲気の階段を上って2階に行くと、これまた昔ながらの喫茶店(カフェではありません)です。


注文したのは『3色パフェ』。ほんとは『スペシャルパフェ』を頼もうかと思いましたがチラッと覗き見た隣の席の方の器が驚きの大きさだったので心が折れました(笑)それでもマダムが運んできたパフェはこの大きさ😲

私だから完食で事なきを得ましたが危険な量ですね(笑)


その後、地図とにらめっこして1年近く海を見ていないことに気付いたので更に北上してオホーツク海に向かってみることにしました。

途中はずっと山道でしたので思う存分ドライブを満喫できました…そのため写真もなかったりします(^^;



途中、おこっぺの道の駅で一休み、可愛い緑の電車がお出迎え。


写真の『銘菓牛乳の里おこっぺ』でまた甘味補給。牛乳を使用した白あんで懐かしい味でした(^o^)
海までもう少し❕


海岸線まででて「日の出岬」に到着。

相変わらずいい天気ですが潮風でひんやりしています。気温計で見ると、さっき見たときより4度ほど低い。


ここは初めてきました。波も穏やかで静かだなぁ。



それにしても北海道は広いなぁ。結構走ってるのにまだ行ったことがないところがあるとは…行き当たりばったりもイイものです(^o^)


そして夜はせっかくオホーツクまで来たんだからと紋別市内に出て、〆にお寿司を頂いてから帰路につきました。

…というかこうやって書いてみると、ただただ一日中、食べ歩いているだけでした(笑)皆さんも残り少なくなりましたがGW楽しんでくださいね(^o^)



Posted at 2017/05/05 12:19:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年05月03日 イイね!
ASL砂川オープニングトライアル 2017観戦記去る4月30日にスナガワオートランドにて開催された北海道ダートトライアル選手権 第3戦《ASL砂川オープニングトライアル》を観戦に行ってきました。

当日はすっきりしない曇り空で風も強く、午前中は若干肌寒さも残る天気でしたが途中晴れ間がのぞくこともあり、まずまずのダートラ日和でした。

また午後からは降雨があるかもしれない予報もあり、雨を心配されるエントラントの方もいましたので競技中に雨が降らなかった点も幸いでした。

今回はオートランドをしばらく訪れていないという事もありましたし、みん友さんの初心者シビック乗りさんがエントリーされているという事で応援に砂川に出かける事にしました。





初心者シビック乗りさんの3号車EP3シビックR。
何時もはオフィシャルで頑張っている初心者シビック乗りさんですがこの日はドライバーとしての雄姿を見ることが出来て良かったです♪


あれ、去年のエントリー時とマシンの様子が違う‥お話を伺うとやっぱり足を新調されていたんですね。
益々ダートの深みにはまっています(笑)次はデフをいっちゃいましょう(^o^)


いつも心からダート走行を楽しんでいる笑顔を見るとこちらまで楽しい気分になります(#^.^#)

VTEC炸裂❕

今回はステップアップしてJ-1CLASSでの参戦でした。マシンも徐々に仕上がってきましたし、そろそろタイムも気なってきたんじゃないでしょうか❔これからのレベルアップも期待しています。



カッパ@インプさんの15号車ルート6HSOCインプレッサ。

ブログは何時も読ませていただいていたカッパ@インプさんに今回初めてご挨拶させていただきました。
私の場合みんカラをやっていると、よくあるのですが初対面なのに初対面の気がしないと言う、あるある(^^;当日は初対面にもかかわらず気さくにお話していただきました。ありがとうございました(^o^)





さすが2リッター4駆ターボは迫力あります。立ち上がりの速度の乗りも違いますし、巻き上げる砂塵の高さも違います。しかしその砂煙の量はこの日の強風でこちらに降り注ぐ砂の量に比例しますが(笑)

応援する方が増えるのもモータースポーツ観戦の大きなたのしみです。
今年はまだ、どんどん参戦されるとのことで、また豪快な走りを見せてくださいね(^o^)



ラリーでもお馴染み仲田選手の36号車Pガレージブーン。

壊さないように楽しんで走ります…なんて言っていましたが、いざスタートすると流石のいぶし銀の走りを披露していただきました(*^^)



南出選手の30号車KYB・YH・ミナティVITZ。
某有名ラリーストと同じデザインのレーシングスーツもカッコよかったです(^o^)

当日はいろいろお話を聞かせて頂き勉強になりました。ありがとうございました。



菊地選手の35号車DL北條塾SCENEセリカ。FF2/4WD1 Class優勝でした。おめでとうございます。


中村選手の14号車ミナティーランサー。J-2 Class優勝でした。おめでとうございます。


古谷選手の19号車MJ・MOTUL・BRZ。RWD Class優勝でした。おめでとうございます。


室田選手の1号車DUCちのね☆ルート6Vitz。AT1 Class優勝でした。おめでとうございます。



白尾選手の7号車HUAC☆CJ4AAsti。J-1 Class優勝でした。おめでとうございます。




高山 選手の13号車ルート6インプレッサ。3位入賞でした。おめでとうございます。



岡田選手の20号車オカダオートパーツ赤Vitz。




岡村選手の31号車YHダイシンクニイスイフト。



熊谷選手の18号車TSMCの残党RX-7。









おまけ

あれ、45号車ってこんなに派手だったっけ?一番目立ってるんだけど(^^;

久野さん現地ではどーもでした❕14日期待してます ^^)



選手の皆さん、オフィシャルの皆さん強風の中、お疲れ様でした。現地でお世話になったみなさんありがとうございました。



この日は寒かったので昼食はこの頃はハマっている砂川市内でお気に入りのラーメンを♪


この店の魚介系のあっさり塩味がこの頃お気に入りです。スープは澄んでいて、だしの香りが強く、どこかおでん屋さんのようなお出しです。麺もしっかりした食感でこのスープに負けていません!(^^)!
メンマも追加トッピング❕

そのあとせっかくの『スイーツの町』ですから甘いものも、はしごして(あ!写真撮り忘れた‥)ダートラ観戦に美味しい物もたくさん食べて大満足の一日でした(*^^)v



Posted at 2017/05/03 10:07:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | ダートラ | クルマ
プロフィール
「@555レプソルベルグさん こちらも明日購入予定です♪ツインチャージャーよ永遠に… 」
何シテル?   05/25 00:43
れいぽんです。よろしくお願いします。スバリストで現在はWRXSTIに乗っています(^_^)/ ラリー観戦が好きで北海道のラリーにはちょくちょく出没していま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
8 人のファンがいます
愛車一覧
スバル WRX STI スバル WRX STI
サテンホワイトパールのWRX STI spec Cに乗っています。
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
黒のインプレッサWRX STI A-Line(GRF)。オプションでブレンボを装着して乗 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
ピュアホワイトのレガシィGT-B E-tune。 インプレッサWRX STI A-lin ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
チャンピオンシップホワイトのインテグラtypeR(DC5)。ホンダイズムを感じる1台でし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.