• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mrトヨタのブログ一覧

2017年05月03日 イイね!

エアコンが復活か?

エアコンが復活か?昨年の夏からクーラーが効かなくなっていました。
厳密に言うと、一時間ほどは効いていて、途中から効かなくなるという厄介な症状でした。

去年はこれから冬ということで、そのまま放置していましたが、さすがに最近はもう暑くてしんどいっということで修理に。

原因はコンプレッサーのスイッチを ON/OFF しているヒューズの劣化。
ヒューズボックスを揺らすとエアコンが入ったり切れたりすることで判明しました。

ヒューズといえど、純正のものは高いそうなので、社外品で容量の大きなものに交換してくれました。値段も安かったです。

これでとりあえず夏を乗り切れるか?

Posted at 2017/05/03 11:02:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | セリカ | クルマ
2017年02月19日 イイね!

Nostalgic 2days

TOYOTA CELICA
Nostalgic 2days というイベント情報を知り、急遽 行ってみました。
「旧車トレードショー」と謳っており、旧車販売ショップが商品(レストア車)を展示するイベントです。なので、展示されている車両のほぼすべてにプライスが付けられていました。ほとんど「ASK」でしたけどね。

TOYOTA 2000GT Bond-car
一部メーカーやオーナーの協力を得て、希少車も展示されています。

NISSAN SILVIA S13 Convertible '89
ドノーマルのコンバーチブル S13 です。
照明の関係もあって、写真でうまく色が出なかったのですが、いま見ても「ライムグリーンツートン」いいですね。

MAZDA Savanna GT '76
1967 年にコスモスポーツが誕生し、2017 年はロータリー 50 周年の節目の年。
秋のモーターショーでは、マツダに注目でしょうか。

HONDA CIVIC RS
シビック RS。Road Sailing を冠し、1974 年に登場した初代シビックのスポーティーモデルです。1200CC でコンパクトかつハイパワー、燃費もリッター 23Km だったそうです(当時のデータ)。

日本市場に再投入されるシビックは、ただのシビック(市民)ではなく、値段もスペックもボディサイズも巨大な高級車セグメントの上級市民なのでしょうかね(英国版シビック TYPE R は日本円で 450 万円程度)。

MAZDA RX-7
このあたりはノスタルジックにはまだ早いですが、このデザインだけでも永久保存ですね。

Nostalgic 2days 2017
このイベントは基本的に国産車が中心なのが特徴のひとつでしょうか。
外車についてはこのショップはこういうクラシックカーを出していましたが、ほかのポルシェショップも 930 くらいのまだ新し目のものを持ってきていました。

NISSAN Fairlady Z
このイベントは販売がメインとなるため、ハコスカを中心に Z がほぼ半分のようです。
レパードに特化したショップや、いすゞ車を扱うショップ等尖ったショップもいくつかありますが、基本的に商売としてやっていける知名度のある名車でないとやはりだめなのでしょう。

昨年 行った外車中心の旧車イベントでは 1,000 万円以上のプライスがザラでしたが、それに比べるとかなり安いもの(上にあるシビック RS は 95 万円でした)もありました。

そうはいっても、日常の下駄代わりに買うことはほぼないでしょうし、保管場所も考えるとやはり旧車は高尚な趣味ですね。

そういえば。
会場に入った瞬間に、旧車特有の排ガスの匂い(たぶん体に悪い系w)を感じました。
パシフィコ横浜周辺にも旧車が走りまくっており、後ろについて走行していたら、やっぱり同じ匂いがしました。

目だけではなく、匂いでも感じることができますね。
Posted at 2017/02/19 17:52:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月13日 イイね!

Motor Sports Heritage でトヨタ WRC を振り返る

Motorspots Heritage in MEGA WEB Odaiba, Tokyo
トヨタが今年から WRC に復帰しました。二戦目で優勝と復帰から活躍しているようですが、去年末からひっそりと、お台場の MEGA WEB にトヨタ WRC の歴史を振り返る特設コーナーができています。

上の写真は、撮る時にちょうど誰もいなかったのですが(笑)、マニアックすぎるのか、それほど人がいないことは確かです。お台場に遊びに来ている外国人は喜んでいるようでしたけど。

Celica GT-Four (ST205)
個人的には常設でこれがしばらく見られることに胸が熱くなりますね。
実は ST205 だけレプリカだったり、紹介コーナーでも「黒歴史」的な扱いなのがやや残念ですね(まぁ、公式にも記録は抹消されているので実際そうなのですが…)。

Celica GT-Four (ST185)
ST185 は当時の実車が展示されています。サビてたり、へこんでいるところがあったりしますが、ラリーの過酷さを間近で体感することができます。

Celica GT-Four (ST165)
ST165 はやはりこのカラーリングです。

Celica GT-Four (ST185) Engine compartment
私があまりに熱心に見えたのか、係の方が話しかけてくれました。
ボンネットも開けてくれましたよ。

Toyota Corolla WR-Car (prototype) in Odaiba, Japan
いま特集されているのは、トヨタの WRC の歴史なので、もちろんセリカ以外の車(クラウンや MR2 など)もあります(入れ替えはあるようです)。

今、参戦しているのはヤリス(ヴィッツ)なのですが、やはりこの歴史を知っている人たちは、トヨタ WRC といえば、"セリカ GT-FOUR" なのでやや淋しいところ。

セリカ自体、もう販売終了してだいぶ経ち、今では 86 と車格がかぶるため、量産車として登場する可能性は極めて低いのでしょう。

この Motor Sports Heritage コーナーの一発目の特集が WRC(=セリカ)というのは、WRC 参戦のタイミングとかぶったということもあるでしょうけど、トヨタの中でもセリカというのはすでに Heritage(遺産)として位置づけられている、という意味なのかもしれませんね。
Posted at 2017/02/13 23:26:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月23日 イイね!

足回りのリフレッシュ

CELICA GT-FOUR
先月、車高調から純正形状のアシとダウンサスに換えました。
車高調からの変更なので、アッパーマウントやブッシュ類などの純正パーツをはじめ、交換時にベアリングとドライブシャフトのオイル漏れも発覚したため、それもすべて交換。
正直、アシとバネよりも、純正パーツを揃えるほうが高かったです。

まぁ、今まで狂いまくっていた(らしい)アライメントを調整してもらったため、別のクルマになった感覚です。
リヤのトーに関しては、出荷時はやはりアンダーセッティングだそうですが、これをオーバーセッティングに変更してもらっています。

CELICA GT-FOUR
車高は車高調の時よりも 2cm ほど上がった印象です。
これでフロントを擦ることも少なくなるでしょう。

足回りのリフレッシュ(もはやレストアに近くなってくる)は、乗り続けるためにはいつか必要になります。コストはかかりますが、その分、効果もわかりやすくて満足度は高いですね。
Posted at 2016/11/23 16:48:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | セリカ | クルマ
2016年08月08日 イイね!

CLASSIC MEETS MODERN

Porsche 904 Carrera GTS
オートモビルカウンシルへ行ってきました。
このイベントでは「ヘリテージカー」と呼称していますが、古い車にも文化的な価値を見出し、それだけではなく、最新の車も展示し、車の魅力を発信していこうというコンセプトのようです。

Prince R380
イベントの規模としてはかなり小さく、コンパニオンなし、という硬派なイベントであるため、車が好きな人はじっくりと一台一台を見ることができる「健全な」イベントでしたw

McLaren F1
今後もぜひハードボイルドな路線を貫いていってほしいところです。

ABARTH 124 Spider
このイベントはレストアされたヴィンテージ・カーも展示即売されていましたが、わりと普通に 2,000 万とか書いてあるんですよ。

ABARTH 124 Spider
確かにレストアの苦労はわかるし、歴史的な価値、ということもあるでしょうが、それは「自動車の文化です」というわけではないですよね?

MAZDA COSMO SPORT
そういう部分は一般人には理解できないし、そういう部分を全面に押し出しているわけではないですが、全く知らないとやや引く感じではないでしょうかw

COROLLA Levin TE27
そういう意味では、トヨタのカローラ生誕 50 年は、会場で見た時は「なんだこれ」って思いましたがw
古いカローラの前で、老夫婦が懐かしそうに談笑しているのを見て、こういうのはすごく良いな、と。

さすがは「お客」の方を向いているなぁと改めて考えると思ったのですよ。

MAZDA MX-5 RF (Roadstar)
そういう意味では、日産はやはり某刑事ドラマに出てきた名車を持って来るべきでしたね。

MAZDA RX-Vision
感動って、共感だと思うのですよ。

MAZDA RX-Vision
昔乗っていた車は、きっとその人の人生にとってはどれも名車なはずです。
それが一般的にはなんでもない量産車だったとしても。

TOYOTA CELICA 2000 GT LB
そんなありふれたように思う誰かの「名車」が、歴史を作っているじゃないですかね。

某スバルの CM じゃないですが、車は一番小さなコミュニティーである「家族」と乗る時間が一番長いことが多いじゃないですか。

そのそれぞれのシーンを彩るんですよ。車って。
私はそういうところが車の魅力の一つだと思っています。

TOYOTA CELICA 2000 GT LB
とりあえず来年も開催決定しているようで、今後が楽しみなイベントであります。
くれぐれもオートサロン路線へは進まないで欲しいですw
Posted at 2016/08/08 23:15:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | D/DEVIL活動 | クルマ

プロフィール

「Nostalgic 2days http://cvw.jp/b/192980/39343386/
何シテル?   02/19 17:52
山梨でスポーツカーのツーリングチームをやっています。 定期的に活動しています。 http://www.ddevil.jp/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

D/DEVIL 
カテゴリ:Cars
2006/04/12 18:28:01
 

お友達

ウサギ好き、スポーツカー好きの方、写真好き...お気軽にどうぞ!
35 人のお友達がいます
セリカTA45セリカTA45 * bowっと♪bowっと♪ *
ぴょろぴょろ * ゆきこん☆ゆきこん☆
ゆげっちゆげっち めりーめりー

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
ライトチューン仕様。 コンディションを維持するため、真の意味での 「チューニング」 を定 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.