車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
3連休最後の夜、いかがお過ごしでしょうか?
楽しい思い出が出来ましたでしょうか?

私は全く関係無く、決算期ラストウイークを会社で満喫してました。

そんな中、唯一楽しみにしていたのは、毎年恒例のイベント



隣町の大洗、イベントがとても上手です。




今回の花火のプログラム、打ち上げは、偕楽園夜梅まつりに引き続き、最高レベルの「野村煙火工業」の花火です。



ガルパンファンの皆様には大変申し訳ありませんが、午後6時の到着でしたので、会場から遠〜いサンビーチの駐車場へ。
会場の歌と大歓声は良く聞こえました。

私はロケハンの為、変わりはてたサンビーチの海岸へ。


防潮堤の工事が進み、ここを越えなければ海は見えなくなってしまいました。


こちらが大洗港方面、たった1年で海の見えないビーチに。



もう、車を止めて海を眺める事は出来なくなってしまいました。

今回は、この防潮堤の上からの撮影です。

午後7時30分、打ち上げ開始。
全く間があかない花火大会ですので、画像も連続して掲載します。

では、打ち上げスタートです!
























































































































はい、終了。
打ち上げ時間はちょうど30分

ガルパンの主役の声優さんが今後は何の花火が上がるか、プログラムをアナウンスしてくれるので、スターマインの時は寄りで、10号玉の時は引きで、と撮影するには最適な環境、しかも初めての場所からの撮影でしたので、全く画角が解らない撮影でしたが、無事撮影出来ました。




海に映る花火は撮影出来なくなってしまいましたが、毎年人出が多くなって来たイベント、来場者から一口500円のカンパで打ち上げられる花火、益々盛大に行われそうです。

春の夜空の花火、いかがでしたでしょうか?














Posted at 2017/03/20 21:36:58 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年03月12日 イイね!



またまた再開しました「川口 浩探検隊シリーズ」
今回は、せっかく買ったスタッドレスタイヤ
茨城では雪は降っても道路にうっすら、タイヤの性能試験も兼ね「全天候型長距離ステルス偵察機」プリウス!(単に、いっぱい走っているので目立たないだけ)を出動!

ついでに(ついでかよ ´д` ;)「裏磐梯に生息しているかもしれないけど、多分いないかもしれないビッグフット」を探しに行く。
単にブログのタイトルを面白くしたいだけの探検隊。

そこには数々の試練が待ち受けていた!



朝、5時ちょうどに出発、6時には全く誰もいない「道の駅さとみ」に到着!



と、通報される前に憧れのトトロとツーショット!



私が完璧な「メイちゃん」になりきりました
\(//∇//)\



そして8時に白鳥が飛来している猪苗代湖畔に到着!






くちばしの先端まで黒いので、多分オオハクチョウ。



南の空に飛んで行きました。



気温2℃、でも全く寒さを感じ無い、不思議なポカポカ陽気、
防寒着を何枚も準備したがフリース一枚で余裕。
茨城の方が寒いかもしれない。



午前9時
物資補給のため、昨年秋、磐梯山登頂、山頂制覇の後、開店一週間前の残念な時に通過した「道の駅 猪苗代」今は綺麗に完成



磐梯山を背景にステルス偵察機の撮影



道の駅猪苗代の駐車場の雪、1m50cmくらいありました。



脳内に糖分を補給するため、朝飯を兼ねた「粒あんクリームどら焼き」を食べる。
分厚いどら焼きなのでクリームがはみ出ないように食べるのが難しい。

味は甘さ控え目のクリームに粒あんが入って絶妙な美味しさ、「来たら食べておくんなんせ」

午前10時22分、五色沼の入り口「裏磐梯物産館へ到着!



物産館は外周を板で閉鎖され休業、五色沼の方に降りてみる。
が、どうしても雪の壁に阻まれて五色沼が見えない!



なんのでもう一つの「五色沼自然探勝路」入り口へ。



全ての施設は雪のため閉鎖、全く誰もいない白い世界。



ビッグフットか!
雪に埋もれた銅像でした。



雪に埋まりながらも五色沼が見える場所へ到着



秋の紅葉を映し出していた湖も一面の銀世界

周りもこの通り自然の雪山






サクラのつぼみが、ひたすら春の訪れを待っていました。



みんカラ的には車も押さえておきます。



裏側、ごっついタイヤに除雪盤。
この画像、良く見てください



なんと、カワイイ雪だるま!
裸の大将「山下 清画伯」の作品

マジックペンと「この後の準備の為」に用意した蛍光ピンクで作成、メイクも完了!

芸術作品を残し、山下先生は静かに五色沼を後にしました。




桧原湖の湖面の様子が見たいので、再び「裏磐梯物産館」へ
道路を渡れば桧原湖が見えます。



完全結氷した桧原湖
ワカサギ釣りの人で賑わってました。






送迎はスノーモービルで、雪の上を気持ち良さそうに走ってました。



鋭い巨大なツララ、ビッグフットの罠か?

もっと標高を上げなければ幻のビッグフットは探せない!(まだやってたの)




積雪の状態、人の背丈と比較して見てください






ちなみに「吾妻スカイバレー」と「磐梯山ゴールドライン」は完全閉鎖、曲がろうとしても雪の壁があるだけ、
除雪さえしてません。



「道の駅裏磐梯」に到着!
駐車場は除雪されてましたが、この雪の量



地デジアンテナもご覧の通り、雪で破壊されないように軒下に設置してありました



日に溶けるツララに水の滴り。
ここから秋に登った磐梯山の登山口「裏磐梯スキー場に向かいます。

ビッグフット探しも大変です(笑)



半凍結路



プリウスのトラクションコントロールが大活躍!
横滑りしそうでもモーターが絶妙なタイミングで補助してくれます。







裏磐梯スキー場からの磐梯山の眺め。

秋の寂しいススキ野原のゲレンデを薄暗いうちから登ったのを思い出します。

そして再び無人の「裏磐梯物産館」へ。

そこには先ほど来た時には無かった巨大な足跡が!



「ビッグフットだ!」
靴底の跡は無く、裸足の痕跡が確認されています!



大きさの比較に50円玉を隣に置きました。
ビッグフットの足跡のサイズは26.5mm

なぜそんなに正確に解るのか?現代科学を駆使して・・・

ではなく、



自分を犠牲にして裸足で足跡を付けました(笑)
タイトル通り、何とかせねばと苦肉の索、いわゆる「やらせ」です(笑)



おかげで「コールドフット」になってしまいました(笑)

でもサラサラのパウダースノー、足にも衣服にも付かないんです。

光の反射でこんなに綺麗なイルミネーションを見せてくれます。



太陽の光で色々な色にキラキラ光る雪




なんともきめ細かい雪。
茨城では味わえないので、実際に味わってみます!

来る時、カキ氷のイチゴシロップを探してコンビニに行ったのですが、真冬にカキ氷を食べる人はそんなにいないのでありませんでした。

先ほど雪だるまに使った「ピンクの蛍光ペン」をイチゴシロップに見立て食べる振りをする「やらせ撮影」という姑息な手段も考えましたが、やはり実際に雪を食べたくなったので、



長距離運転の疲れを癒す「ファイト一発!リポビタンD」




手掴みで食べるなんて下品な事は出来ないのでスプーン持参(笑)



新雪の上にリポビタンDを投入!



良く混ぜて、



体力も回復する「リポDカキ氷」いただきま〜す!



「やらせ」ではなく実際に本当に食べましたが、高山の為、氷が全く不純物の無い味、それにリポDが相まった不思議な味わい、「美味しゅうございました」(笑)

とても美味しい雪でしたので「おにぎり」にして持って来れば良かった。




「闘いは終わった、ビッグフットではなくコールドフットは発見した、リポDカキ氷の味も最高だった」
このままでは裏磐梯の雪を食い尽くしそうなので下山します。



朝はたくさんいた白鳥も一羽だけ、

帰る前にもう一度、秋に山頂を制覇した磐梯山を仰ぎ見ます。



よく登ったものです。



パナマウント映画の山に似ている(笑)



夕暮れの帰り道、夕日に照らされる雲が虹色に、「彩雲」を眺めて本日の雪の裏磐梯で遊んだ「川口 浩探検隊」は終了。

探検隊、次はどこへ!



Posted at 2017/03/13 10:18:45 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年03月12日 イイね!
2017年 水戸偕楽園「夜梅まつり」に行って来ました。



昨夜同様、夜の偕楽園は大変な賑わい。



梅林通りのメインストリートから東門に向かい撮影、ちょうど満月の月が東門の真上にかかります。




梅をモチーフに形作られたキャンドルライト



好文亭もライトアップ






夜空に浮かぶ白梅、紅梅。



白梅の銘木「月影」の合間から照らす満月。



東門から好文亭中門へ抜け、私の一番好きな場所へ、



表門(黒門)へ続く竹林、華やかな梅林は賑わいますが竹取物語の光景のような幻想的な竹林、昨年とは違う場所からの撮影。

静寂な竹林を渡る風の音しか聞こえない場所です。




一転して、春の花火大会



数々の賞を受賞している茨城の野村煙火工業が今年も打ち上げ















夜梅まつりのフィナーレを飾る花火。



偕楽園の高台から千波湖を望む。

夜梅まつり、昼間とは違う夜の偕楽園の風情を楽しめました。


Posted at 2017/03/13 10:18:26 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年03月04日 イイね!


ナレーション 田口トモロヲ

毎日、陽は昇り、陽は沈む。
そんな日常の、まして都会のビルの立ち並ぶ所では「夕日」を見る人々は数少ない。

1日の疲れを癒すかのような、刻々と変わりゆく夕空。

その中でも「ダイヤモンド富士」は有名だが、茨城県、日本百名山の一つ「筑波山」

その筑波山の頂上に夕日が一致する瞬間を撮影する為、男は動き出した。

撮影は2017年2月19日から始まった。
なお、これから掲載する画像、
自然のありのままの夕日の違いを実感してほしいので、カメラの機種、設定は全く同じ、画像加工も一切していない。

男の挑戦は茨城町、涸沼前川の堤防の上から始まった。



2月19日 17時8分、撮影開始。


















始めからうまく行くとは思ってなかった。自分の中ではダイヤモンド筑波、あと600m北側くらい。
次回の参考にする。



涸沼前川堤防からの夕日の全景。
二本の電線が邪魔(笑)



撮影第2回目
2月28日、親沢公園から撮影
撮影開始時刻17時20分。
























なぜか山頂手前に沈む夕日、ちょうど知り合いのおっちゃんが通りかかり
「親沢は3月2日がいいあんばいに沈むんだ」とアドバイスをもらうが、あいにくの天候不良の為断念



今日も虚しく陽は沈む。



親沢公園からの夕空。



撮影第3回目、3月3日 親沢公園の対岸、網掛公園からの撮影

前述した通り、カメラの機種、設定は全く同じ。
しかしこの日の日没は異常だった・・・




17時19分撮影開始。
夕方なのに一向に太陽の光が弱まっていない。
当然カメラの設定は変えないのが前提なので、ありのままの撮影。



夕日の輪郭がはっきりしない程の明るさ。


















今回も筑波山頂の手前に沈む夕日。
でも明るさが普通ではない。
夕日の輪郭がわからない程、強烈な夕日。






17時35分、やっと夕空に、それでも異常に明るい夕空。
今回も山頂手前に沈む夕日だったが今迄にない光景を見た。



高い空に月。



そして今日、3月4日 撮影4回目
昨日と全く同じ位置、網掛公園観察台前からの撮影。

今日を逃すと涸沼湖畔からの「ダイヤモンド筑波」は撮影出来ない。



17時20分、撮影開始。
昨日とは打って変わり輪郭のはっきりした夕日。



涸沼湖畔からの「ダイヤモンド筑波」ラストチャンス!



湖面に反射する夕日。
穏やかな夕暮れ。
























ダイヤモンド筑波、撮影成功!



























毎日違う夕空。
1日として同じ夕暮れは存在しない。



高い空には昨日より太った月。



黄昏の筑波山、まさに「紫峰」と呼ぶのにふさわしい山。



涸沼湖畔からの「ダイヤモンド筑波」撮影は成功した。

やはり水面に映る夕暮れの光景が一番だと思う。

今度は6月から見られる「霞ヶ浦湖畔」からの「ダイヤモンド筑波」を狙う。

一度として同じ夕暮れのない夕日を追って、男の堤防を走り回る日々は続く。










Posted at 2017/03/04 23:08:05 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年02月27日 イイね!
茨城空港へ就航している「スカイマークエアライン」

私も2回程、会社の出張と旅行で茨城空港から千歳空港まで搭乗しました。

羽田からだと搭乗するまでが疲れますが、我が茨城空港、チックインして20分で空の上。

日帰りで本場のサッポロラーメン食べて来るのも夢じゃないです(笑)

コンパクトだけど機能的な空港です。



夜の茨城空港、会社から帰って機材を積み込み自宅を出発!
午後7時半、空港到着。

茨城県民の娯楽の場所も夜は寂しい。



夜の空港ロビー、人、いないです。







ロビーの雛人形を眺めつつ、「もう春だなぁ」なんて、外は北東の風が吹く寒い夜。



新横綱「稀勢の里」の直筆サインを眺めて時間潰し。



20時ちょうど、沖縄発、神戸経由、茨城空港の「ヤマトジェット」到着!
イスカンダルから来たのではありません。




カラーリングは左右非対称。



誘導路からスポットへ



古代君と森 雪デザイン側。



機体は旋回しながら、



スポットへ到着



タラップを接続



三脚担いで良く見える位置に移動



ほぼ展望デッキの端っこ



空港のライトに照らし出される「宇宙船艦ヤマト」



隣にはノーマル仕様の福岡便が到着



今宵は茨城空港にお泊りの2機
ランウェイ03エンドに向かう道から撮影

就航したての「ヤマトジェット」
今度は昼間に撮影に行こう!

ちなみにスカイマーク ヤマトジェットには「波動砲」は装備されてません(笑)

なんだか言って、午後10時まで撮影。
身体が芯まで冷えたので味噌ラーメンを食べて帰りました。

スカイマークさん、
今度は「デスラージェット」お願いします(笑)



スカイマークエアライン「ヤマトジェット」来年の夏頃まで運用します。

是非、皆さんもご覧ください。
Posted at 2017/02/28 01:15:29 | コメント(5) | トラックバック(0)
プロフィール
「@u-pom さん、是非、ビッグフット捕獲したいのですが、雪遊びに夢中になってしまいました(笑)
秋の紅葉、春の芽吹きの季節も良いですが、冬景色も新らしいカテゴリーに加えられて、オールシーズン出掛けてしまいそうです(笑)」
何シテル?   03/13 20:10
NSX2780です。21年積年の思い遂に我が手に!NSXのゼロからのフル加速は、航空機の離陸時のよう、低く構えた車高、直接的なフォルム、ドアを開けた瞬間、本革シ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
七ヶ宿町と「そば街道」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/05 13:17:19
夕日を追って! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/04 23:34:58
【リリース事前告知】「車種別情報の表示改修」のおしらせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/16 20:12:58
お友達
車種を問わず、24時間、年中無休でお友達募集中です。もちろん登録は無料!

なるべく楽しんでもらえるブログ、整備手帳をアップしますので、皆さんよろしくお願いします。

ハイドラも走行中は必ず起動してますので、ハイタッチ、よろしくお願いします!
64 人のお友達がいます
ウェランウェラン * ns-autons-auto *
NONO☆ΔtNONO☆Δt * hikaru1322hikaru1322 *
根崎根崎 * ふじきち。ふじきち。 *
ファン
43 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
NSXとは全く正反対の車 「トヨタ プリウスG ツーリングセレクション」 5年落ちの中古 ...
ホンダ NSX NSX vr.1.5 (ホンダ NSX)
21年の積年の思いを果たすべく住宅ローンもあと15年も残っているのに無謀にも購入、(20 ...
ダイハツ ミラ 短距離汎用型輸送機 (ダイハツ ミラ)
短距離連絡および輸送機、4ナンバーなんで経費もかからずマニュアルミッションなんで燃費も最 ...
ヤマハ TZR250RS TZR子ちゃん (ヤマハ TZR250RS)
脳みそが後方へ置いて行かれるほどの超加速力、乾式クラッチなんで街中ではトルクが細いので苦 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.