車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月29日 イイね!
戦闘機、特にF-4、F-15等は、現代の戦闘に合わせレーダー等の電子戦機器、航法装置、等、外観はそのままでも内部はバージョンアップされています。
これら近代化改修を受けた機体をF-4EJ改と呼称されています。

今回は、最近導入した「中距離偵察機」ダイハツ・エッセ

オーディオはCDですが、音がしょぼい高音域からボーカルが前に出て来ない「くぐもった音。

ナビゲーションシステムが無い。

そんなにスピードは出さないけどレーダーが無い。

あくまで内装、外装はこのままで充分カワイイので全くノーマル、乗れば全く別物の車にしちゃいます。

ちなみに予算はゼロ!
固定資産税やら、自動車税やら、保険料やらがかさむ時期、庭に「現金のなる木」や「金の卵を産むニワトリ」がいればいいのですが、今回はこれまで乗って来た車から下取り時に外したパーツを利用して「近代化改修」を行います。




開始時刻
物置にある「100均の時計」案外使えます

まずは一番めんどくさい部分から、純正オーディオをそのまま利用し、音質を最大限にアップさせます。



これは「くぐもった音」の純正デッキ



パネルをバラして行きます。



デッキを固定しているネジ4本を外し



デッキをガバッと前に出します。



アンテナ、コネクター2つを外すとデッキは取り出せます。

エアコンパネルに傷が付かないようにタオルをかけておきましょう。



そして黒い箱が「サウンドシャキット」
もう2台の車を渡り、今度はエッセに搭載です。

まずはテスターでアースの位置の導通を確認します。



このサウンドシャキット、NSXにはコントローラー付の上位機種、プリウスにはこの機種と同じ物、ハーネスもトヨタ・ダイハツは同じなので、「逆カプラー」を使用して純正オーディオの配線を明確化します。



純正オーディオに逆カプラーを取り付、全てのスピカー配線をサウンドシャキットへ、サウンドシャキットの出力配線を純正オーディオコネクターにつなぎます。

コネクターが多いので、IN,OUTの順で接続して行きます。



サウンドシャキットへのコードとコネクターはセンターコンソールのカーペットの下から、



センターコンソールの中を通って、



助手席下に持って来ました。

ここまでが何回やってもめんどくさい作業、ここまで来れば「最高の音」が純正オーディオから聞く事が出来ます。



次は「バッ直」
オーディオ常時電源をバッテリーから直接取ります。
当然、配線も太くし中間にはヒューズ、バッテリー裏、エンジンルームヒューズボックスそばのグロメットから配線を通します。



電源端子は丸型を使用、圧着端子で固定、確実にバッテリープラスに接続します。



グローブボックス裏のアースボックス、ちょうどグロメットの出口の位置がここでしたのでエンジンルームから室内へバッテリーからのコードを引き込みます。



アースは確実に!






ついでにヒューズボックスACCヒューズを電源取り出しヒューズへ交換、アクセサリー電源をアース線を固定しながら作っておきます。

オーディオから分岐させるのもいいのですが、電源安定の為にはヒューズボックスから取った方がノイズも無く綺麗な音が出ます。

とにかくオーディオ電源は余計な物を接続しない電源を使うのがノイズ対策で一番です。




オーディオコネクター接続



サウンドシャキット接続



ただし、リアスピーカー左右の配線はここへ出しておきます。
理由は後でわかります。



配線が増えたので挟み込みが起きないように慎重に純正デッキを戻します。



パネルを全て戻してオーディオコネクター部分の改修終了。

外観は全く変わってません。
しかし音はその辺の高級オーディオシステムには絶対負けない自信があるます。



これが今回の配線図、デッキからの信号をサウンドシャキットへ、シャキットからスピーカーの出力するという事です。



ここまでの経過時間

柏餅食べながら休憩



うちのメダカです。



毎年卵産んで増えてます。



タニシもいます。





駐車場も花盛りです。



作業再開
4枚のドアパネルを外します。






















用のあるのはこのスピーカー



純正10cmスピーカー



パジェロミニで使っていた無名だけど音がいい16cmスピーカーを取り付けます。



マグネットもそこそこ大きいです。
これで2ウェイ。



リアスピーカーはありません。
当然、配線すら来てません。
純正配線を買うと2,400円、馬鹿ばかしいので配線を引き込みます。

まずはフロントスピーカーの取り付け



ほとんどがコネクターの大きさでプラスマイナスがわかります。
大きい方がプラス。



純正スピーカーはコネクターを外すと極性がわからない上、取り付けも余計めんどくさいので切っちゃいます。



スピーカーコードの色は把握してますので、まず間違い無いです。



コードストリッパー



綺麗にコードが加工出来ます。



私は自動車用のコネクターはひ弱な感じで「かしめ」も不完全な時もあるので、工業用圧着端子で接続しています。
車両火災のほとんどがこの処理の過失からです。
確実に絶縁接続します。






スピーカーの準備




接続して



取り付け。今回はドアパネルと干渉するのでボディーに直接取り付け、でも取り付け面とスピーカー裏のボディーには防振材「レアルシルト」が貼ってあります。



続いてリアスピーカー、フロントスピーカーをリアに転用します。



防水シートに穴あけて、
今回は「デットニング」は重力増の為やりません「三菱アイ」の時はやり過ぎでドアが重くなって、ドアの閉まる音はベンツのようになりました(笑)



Bピラーを開けて



このジャバラグロメットに配線を通します






スピーカーの穴から通した方が楽でした。



左右のスピーカー線を引き回し、サウンドシャキットリアLR OUTへ接続。



グローブボックスを閉めると全くわかんない。







左右リアスピーカーも接続完了



リアドア左右に取り付け。

こちらもバッフルボードが付けられないのでレアルシルトで防振



パネルを戻して



アンプ付き4スピーカーシステム完了。



ヒューズボックスから取り出したコードに電源ソケット取り付け



ナビゲーションシステム取り付け完了。
これもミラからの転用、ワンセグも観れます(笑)



そんな飛ばさないけどレーダー探知機取り付け完了。



シートに座るとこんな感じ。
ナビゲーションシステムが一等地に来てるので、これで道に迷ったら阿保です。



で、買った時から気になる⚫️
エッセのダッシュボード、デッキ取り外しの時に解ったのですが、実は塗装されてます。
下手に溶剤使って剥がすとダッシュボード全塗装になる所、でも前オーナーが貼った⚫️。



部屋に転がっていたwebカメラ
もうパソコンに内蔵されているので使わない。



それらしくコードを付けて台座にピンバイスで穴を開けコードを入れる。



ダミーカメラ完成!
障害物を検知しても止まりません。
ダミーですから(笑)



乗せてみた。



まぁ邪魔にもならないので、それらしくていい感じ。



最後にキーに「ピクルス君」と「パセリちゃん」のストラップを付けて完成!



「中距離偵察機 ダイハツエッセ」
「近代化改修」終了。



半日で終わりました(笑)

家にある物でのバージョンアップ
外観そのまま、内装はちょっと変更、でもデッキの音は最高!

聞こえなかった音までクリアに聞こえ高音から低音域まで澄んだ音、ボーカルは頭の中心で聞こえて来るのでデッキ載せ換えたようです。

経費はゼロ。いかに使わないガラクタが多いかよくわかりました。

久しぶりの車いじり「整備手帳」だと細分化されるのでブログで載せちゃいました。

おかげで昼飯が遅くなりました(笑)





Posted at 2017/04/29 15:59:52 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年04月23日 イイね!
昨日の福島県桜遠征に続き、昨夜はブログアップして「活動限界」

リチウムイオンバッテリー並みの急速充電で爆睡!

今朝は早朝5時より出発、プリウスは昨日の雨でドロドロなので、今回は「中距離偵察機エッセ君」での初の県境越え、
車両重力700㌔のエッセ君、今回は抜群の機動力を見せてくれました。

自宅出発からちょうど1時間、午前6時 栃木県市貝町「芝桜公園」に到着。



走行中はぬけるような青空だったのに、ちょうど谷間に位置する「芝桜公園」
朝霧が立ち込めてました。



「まぁ、待てば霧も晴れるベェ」とコンビニおにぎりで朝食。



だんだん霧も晴れ、朝飯も済んだので撮影開始!


徐々にベールを脱ぐように全容を現す「芝桜の絨毯」






展望台から徐々に勾配があるので、上から下に霧は晴れて行きます。



すると、



おっ!
鳥か!
霧の中から謎の飛行物体が接近して来ました!



正体は「ドローン」
今日は早朝から芝桜公園で「ドローンの空中撮影会」が開催され、飛ぶ物大好きな私はドローンばかり撮影(笑)



私がカメラを向けていると、



わざわざ近くでホバリングしてくれました。







ランデブー飛行。



どんな景色が見えるのか?



操縦はここから、芝桜で「いちかい」と書いてある所。

色々な大きさ、さまざまな機種が飛行してました。
amazonで調べたら、20諭吉くらいで買えます。
夏の棒茄子はドローンにどろんと化けたりして(笑)



真面目に芝桜の撮影を再開



朝霧のおかげでキラキラ光ってます



やはり花の撮影は早朝、目が覚めたばかりの芝桜。



綺麗でしょ






ドローンの飛び交う中、






市貝町「芝桜公園」を後に、次の「花の絨毯」を見に行きます。



開門と同時に中央ゲートの1番近くに到着!
撮影時刻午前9時7分!

茨城にはナビでは経路図に出て来ない「広域農道」があります。
皆さんは「農道」というと草の生えた未舗装の狭いカエルの鳴いている道路を想像すると思いますが、農業県茨城!

でっかいトラクターや田植え機、秋にはコンバインが走行出来る立派な広いアスファルト舗装の直線道路が張り巡らせてあります。

別名「田んぼのアウトバーン」
その道を上手く使うと栃木県の山中から海の見える「国営ひたち海浜公園」へあっと言う間に到着します。




私が「ひたち海浜公園」にアプローチするのは、ナビが示す一本手前の道路、他県の皆さんは高速を降りて真面目に「西ゲート」へ向かいますが、私はあえて反対車線を渋滞する車の列を見ながら「観覧車」を目指し中央ゲートへ。

西ゲートはネモフィラの咲く「みはらしの丘」に近いので、そちらに集中、なのでちょっとは歩きますが渋滞でイライラしない中央ゲートへ向かいます。

でも、この作戦は開門直前だけの必勝法、
午前10時には大渋滞になってしまいます。

ネモフィラを見たい方は、まず早起きして来てください(笑)



「みはらしの丘」無事到着。
午前9時半の画像です。



菜の花とネモフィラの「みはらしの丘」全景。



空のブルーとつながるようなネモフィラブルー






でも、人がいっぱいいるので空との境は簡単に判ります(笑)



「ひたち海浜公園」のポスターになっている場所



ネモフィラ見頃です






みんなそろって太陽の方を向いてます



毎年恒例「レアネモフィラを探せ」
よ〜く見ると変わったネモフィラを見つけられます。



ブルーとパープル



ライトブルーのネモフィラ



白いネモフィラ



とにかく人多すぎ!



10時くらいで人、人、人!
駐車場も満車!



人多すぎで疲れたので、帰ろうっと!

帰りも反対車線の渋滞の列を見ながら、阿字ヶ浦→平磯→那珂湊→大洗の海岸線をエッセ君と初めての海を見ながら、のんびり帰りました。

今度は閉門ギリギリに来園して「夕日のネモフィラ」撮影してみようと思います。

とにかく「早起き」が基本です。
では、「国営ひたち海浜公園」にお越しの方々、お気を付けて来てください。





Posted at 2017/04/23 22:01:01 | コメント(6) | トラックバック(0)
2017年04月22日 イイね!
茨城県央では、桜はすっかり葉桜。
「桜の季節も終わりかぁ」
と、過ぎ行く季節を感じているのも良いのですが、「もう一度、桜の花を見たい!」と思って行って来ました。

午前2時。



自宅を出発!



ガソリン満タンでのプリウスの航続距離。
余裕で福島往復が可能です。

で、
午前5時ちょうど、走行距離151kmで福島県三春町「滝桜」に到着。
でも・・・
小雨そぼ降る三春町。
1時間程、天気の様子を見ていたのですが、ちょっと行って「何シテル」用の画像をiphoneで撮影。

とてもデジタル一眼を出せる状況ではありませんでした。

なので、福島県二本松市へ北上、天候が回復するのを待ちます。



午前9時
二本松市「中島の地蔵桜」へ到着。
お天気は雲が西に流れ太陽が復活!



「お地蔵様、ありがとうございます」



この「中島の地蔵桜」は、しだれ桜の下がたんぼになっています。
まだ田植えの時期ではありませんが水が張ってあります。



そしてこんなふうに青空になると、



鏡のような水面に、しだれ桜が映し出されます。



風も無く条件も良かったので無事撮影に成功!
午前中の限られた時間にしか撮影出来ない光景です。



七福人様にもお礼!

そして同じ二本松市の「合戦場のしだれ桜」へ。



しだれ桜に覆われた坂道を下って行きます。






ピンクと白が入り乱れる桜のトンネル



景色を眺めながら下って行くと、



「合戦場のしだれ桜」へ到着。
去年は三春の滝桜が満開の時、まだ蕾との情報でしたが今年は満開!



二本のしだれ桜が織りなす光景
菜の花とのコントラストが綺麗です。



桜の裏側にも行けます。
まるで桜の滝の裏側みたいです。



二年ぶりの「合戦場のしだれ桜」撮影成功!

そして再び三春町へ、
なぜ「三春」なのか?
それは梅、桃、桜が同時に開花するからとの事、実際に三春町、梅桃桜が同時に咲いてます。












幾何学模様の綺麗な橋を渡り、まずは三春ダムのあるダム湖「桜公園」へ。









色とりどりの桜の花



桜の遊歩道を歩いて行きます。



複雑に入り組んだ湖にせり出すような公園、



渡って来た吊り橋も見ることができます。

どうせ混んでいるので、「地蔵桜」へ寄り道



プリウス、地蔵桜の手前で待機中。



地蔵桜の名の通り、桜の下にはお地蔵様



そして満開の「地蔵桜」
毎年、滝桜の手前のこの桜を見るのですが早朝の為、逆光。

太陽に照らされた地蔵桜を見たのは初めてです。

そしていよいよ「滝桜」へリベンジ!



駐車場まで30分待ちの渋滞。



そして晴天の中の「滝桜」



長蛇の列。



菜の花で人を隠して撮影(笑)



菜の花とのコラボレーション



見上げれば青空
自分的にとっても満足な光景(笑)



気が付けば日傘の太陽。
お天気が崩れる前兆

案の定、県境で豪雨の中の走行。



そして出発から15時間、無事帰宅。
桜の世界からの帰還。
今度こそ今年の桜は来年まで見納め。

桜いっぱいの福島県、一年に4回くらい春じゃなきゃ全部見れない程、桜の名所がたくさんです。

秋の紅葉、冬の雪景色、春の桜。
春夏秋冬を通し楽しませせてくれます。
夏は、

登山で、また福島県へおじゃまします。

では、もうそろそろ私も今夜は、










Posted at 2017/04/22 22:56:44 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年04月15日 イイね!
朝、目が覚めると晴れでした!
寝てなんかいられないので早速出発!

まずはご近所の立派な「一本桜」


桜の木の下には、小さな祠が、



朝日を浴びて咲く桜、やっぱり青空が一番似合います。



当然、ここだけでは済まないので水戸方面へ。



あっと言う間の茨城県庁!
ここも桜の名所です。


県庁前通りは桜並木



県庁近くのバスロータリーに車を止めて撮影開始。


しだれ桜と県庁



やっぱり撮影は朝一が最高!




そしてウロウロと、



税金払ってるので大威張りで県庁の庭を散策。

タイムカプセル発見!



開けるのは、2025年 あと8年
私も子供の頃、庭にビンに詰めたタイムカプセルを埋めたけど、すっかり忘れて今は自宅の下。

永久陽の目を見ない私のタイムカプセル。
ろくな物は入れて無いです。



県庁前の歩道、桜並木が続く綺麗なトンネル









日本人で良かったと思う。



立派な松の下とのコラボレーション
もっと質素にして税金下げてちょうだい!



県庁、ぐるっと一周、



エッセ君と県庁の桜。
菜の花畑で撮影したら車わかんないかもしれない。

左上の時計で撮影時間がわかると思います。



そしてこちらへ。
完全「撮り鉄」です(笑)



朝の爽やかな千波湖の桜並木、千波湖ぐるっと桜並木は続いています。






桜も綺麗だけど、柳の芽吹きも本当に綺麗。
生まれたてのグリーン。



はと。



逃げちゃった。



先日の風雨で大丈夫かと思っていたのですが、千波湖の桜、まだ綺麗に咲いてます。



やっぱり「撮り鉄」



偕楽園へ向かう坂道
もみじの新芽が出ています。紅葉も綺麗だけど芽吹きの季節も綺麗です。



偕楽園 東門に到着。
梅まつりの賑わいはどこへ?



でも、桜も綺麗なんです。



好文亭と桜。
朝早いので雨戸が開いてない、何となくさまにならない写真(笑)



梅まつりに来てもまだ咲いてない「左近の桜」
見られなかった方々の為に撮影して来ました。



満開を通り過ぎ、花吹雪が舞う左近の桜。



ピンクの雪みたい。



桜色の絨毯。

でも、



他の桜はまだまだ見頃です。

そしてまだまだ歩きます。



歩道橋の上から撮影「桜と特急」
スマホで水戸駅着の時刻表調べて待ちました(笑)
やっぱり「撮り鉄」



歩道橋の上から見える綺麗な景色
「護国神社」も桜の名所です。















護国神社 入り口の桜。
完璧な満開とはこうゆう桜を言います。



護国神社へ到着。



「幸せ」になりたい方は何往復もしましょう。



石段を登ると本殿。
桜を見させてもらいますので、御賽銭をはずんで参拝。












護国神社の上から



また「撮り鉄」(笑)



桜の向こうは「常盤陸橋」方面。
本当、いい眺めです。



偕楽園公園を歩いて千波湖まで、
途中の「ネモフィラ」



もう、こんなに咲いています。



千波湖方面から偕楽園公園の眺め。
薄雲が出て来たので、そろそろ帰ります。

水戸市中心部の桜、いかがでしたでしょうか?

来週には葉桜かな?

いよいよ来週は桜前線を追って、もっと北上して行きます。
とにかく「青空」お願いします!

2017.04.15





























Posted at 2017/04/15 15:21:37 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年04月13日 イイね!
今日の会社からの帰り道、
夕日に照らされる桜が綺麗なので、昨夜の出来事のリセットの為、
水戸市(旧内原町)の安国寺へ「しだれ桜」のライトアップを見て来ました。



内原イオンから1km程の所に「安国寺」はあります。
ライトアップは夜6時から4月15日まで行われます。



ちょうど今が満開の「しだれ桜」
「安国寺」さんのライトアップは、
しだれ桜を立体的に見せてくれる上手なライトアップ、夜空に浮かび上がるような「しだれ桜」






花は小ぶりで、淡いピンクと白が枝により違い、本当に綺麗な桜です。






ピンクの滝が流れるようなしだれ桜









枝ぶりが本当に見事です。






風の無い穏やかな夜、「安国寺」一番人気の撮影スポットがこちら



山門の下が御影石になっていて、水を打ってあり、そこに夜のしだれ桜が鏡のように写し出されています。




「安国寺」のしだれ桜、いかがでしたでしょうか。
昼間の桜もいいのですが、幻想的な夜桜、「さくら色」は本当に心を癒してくれます。

今が一番の見頃、是非ご覧になってください。













Posted at 2017/04/13 22:36:14 | コメント(3) | トラックバック(0)
プロフィール
「@naoky さん、そこは昼間行くのもいいのですが、夜の方が綺麗ですよ。

私は高い所が大好きなので最高の眺めですよね。

高所恐怖症を克服する為、夜まで粘っていて下さい(笑)
暗いと怖くないですよ!」
何シテル?   04/30 11:18
NSX2780です。21年積年の思い遂に我が手に!NSXのゼロからのフル加速は、航空機の離陸時のよう、低く構えた車高、直接的なフォルム、ドアを開けた瞬間、本革シ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
栄光富士 純米吟醸 無濾過生原酒 白燿2016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/27 22:50:09
七ヶ宿町と「そば街道」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/05 13:17:19
夕日を追って! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/04 23:34:58
お友達
車種を問わず、24時間、年中無休でお友達募集中です。もちろん登録は無料!

なるべく楽しんでもらえるブログ、整備手帳をアップしますので、皆さんよろしくお願いします。

ハイドラも走行中は必ず起動してますので、ハイタッチ、よろしくお願いします!
65 人のお友達がいます
64836483 * DAIGO太郎(仮)DAIGO太郎(仮) *
ns-autons-auto * DABAZI!!DABAZI!! *
NSXDAYSNSXDAYS * mokarin♪mokarin♪ *
ファン
41 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
NSXとは全く正反対の車 「トヨタ プリウスG ツーリングセレクション」 5年落ちの中古 ...
ホンダ NSX NSX vr.1.5 (ホンダ NSX)
21年の積年の思いを果たすべく住宅ローンもあと15年も残っているのに無謀にも購入、(20 ...
ヤマハ TZR250RS TZR子ちゃん (ヤマハ TZR250RS)
脳みそが後方へ置いて行かれるほどの超加速力、乾式クラッチなんで街中ではトルクが細いので苦 ...
ダイハツ エッセ 中距離偵察機 (ダイハツ エッセ)
サンシャインイエローのエッセです。 コンビ二へ行ったついでに見つけて衝動買いをした、まさ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.