車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
紅葉を天空の高嶺から眺める
「紅葉」って皆さんは、どんな所から眺めますか?

過半数の方々は紅葉の名所に行き、紅葉を愛でて来ると思います。

毎年、車で出かけては車中から、ちょっと車から降りて散策する「紅葉見物」をして来ましたが、今回は「ちょっと10km程歩いて」海抜1,786mの高嶺から紅葉を眺めて来ました。

ちょうど「体育の日」ですので、今週も身体を鍛えて来ました。



自宅を午前2時出発、栃木県 那須塩原市「沼原湿原」へ向かいます。

前回は東側の「殺生石」「鹿の湯」のある「那須ロープウェイ」登山口を出発、朝日岳、茶臼岳を制覇しましたが、今回は反対側の西側からの登頂します。



まだ暗い午前5時過ぎ「沼原湿原」正確には『沼ッ原湿原』入り口駐車場に到着、
外気温6℃、登山道が明るくなるのを待ちます。



午前6時、夜明けと共に登頂を開始します。
まだ夜明け前の「沼ッ原湿原駐車場」からの紅葉。



普通に書いてますが、実はこの時点で駐車場はほぼ満車です。

では、行って来ます。



夜明けの登山道、
実は確実に「居ます」



「クマさん」が、登山道には動物園で聴いた事のある鳴き声が聞こえています。



とにかく、熊鈴は鳴らして行った方が良いです。
じゃないと熊の方から「おはようございます」と来るかもしれないです。



陽が射して来た登山道からの紅葉。
今回は往復約10km、標高差も少ないので約6時間、お昼過ぎには戻れるコースです。



確かに綺麗ですが、登山は「自己責任」の世界です。
今日のニュースのように「秋田山中で茨城からの7人行方不明」とありますが(帰宅後のニュースで無事発見されたそうです)
そうならない為にも、時間に余裕を持って自分自身の体力を考えて行きましょう。



今年の紅葉ですが、昨年は例年より2週間程早い紅葉でしたが、今年は天候不順からまだまだ中腹では早いです。

那須塩原市では初夏の花「紫陽花」が咲いてました。
今年は本当に「異常」です。



こんな看板も、
先日、阿蘇山が噴火し、噴石や火山灰が被害を及ぼしましたが、日本列島、いつ、どの山が噴火してもおかしくない状況です。

が、不安要素ばかりでは何処も行けないので危機対応には心の準備だけはしておきましょう。



体力の温存と体温調整を考えて登って行きます。
ちなみに携帯は既に「圏外」です。



命名「根性のある木」岩の上から根を下ろして地中の養分を吸収しています。



登山道の「ジャンクション」こんな感じで三又に分岐しています。



進路は「茶臼岳」方面。



山歩きでしか味わえない「空気感」です。



そしてちょっと寄り道して「ひょうたん池」へ。



1人分の木道が整備されています。
結構、高い場所もあるので「すれ違い」には注意しましょう。
高所恐怖症の方は、なるべく足元を見ないで遠くを見るように歩いちゃいましょう。



本線の登山道より200m(道標には0.2kmと書いてあるけどウソだと思う)行くと見えて来ました。


紅葉が映る「ひょうたん池」



もう少し晴れてくれると嬉しいのですが、あいにく上空には雲が、



でも、こんな綺麗な景色が見れる所です。
この「ひょうたん池」もう一度見られます。



そして「姥ヶ平」へ、
紅葉のトンネルを抜けると、急に開けた場所に出ます。



茶臼岳の雲も切れて来た感じ!
なのでリュックを降ろし、ちょっとゆっくり休憩。



雲が切れ、茶臼岳山頂が見えて来ました。
次の目標地点は画像右側の稜線上「牛ヶ首」

中腹に見えるのは火山性ガスの噴気孔からの煙です。
姥ヶ平からは絶えずジェットエンジンのような音が聞こえています。



とにかく登っちゃいましょう。
そしてたまには後ろを振り返って見ましょう。



森林限界を超えて画像左側の逆コの字に見えるのが「姥ヶ平」



「牛ヶ首」0.2kmと書いてあるけど絶対ウソだと思う。



等高線を無視して直線距離の数字が書いてあると山に登るたびに思う。
なかなかたどり着けない「ガンダーラ」のような所(古ッ!)



「立ち入り禁止」の看板もないので、ごく自然にガスの噴気孔に近寄れます。
次回は「温泉卵を作ろう」にチャレンジ!
(絶対にやらないです)



そして、



標高1,722m「牛ヶ首」到着。
目の前の標高1,915mの茶臼岳には、手が届きそうですが、今回は前回と違い折り返し地点にすぎないので体力を考えてここまで、



広がる高嶺からの景色は同じ蒼い空が広がっています。

そして、



太陽の下には「彩雲」!



判りますか?
高層雲が螺鈿色に光って見えています。




登って来た西側の斜面には紅葉が見渡せます。



ズームで、先程立ち寄った「ひょうたん池」と木道、そして「姥ヶ平」

どう見ても0.2kmではないと思う。



現在時刻、午前10時07分、登山に約4時間かかりましたので下山します。
「日の出平」を目指します。


下山と言っても「日の出平」標高1,786m今日のピークです。



かなり上空は西側からの雲に覆われて来ました。
天気予報のウソ付き。



気をとりなおして紅葉を楽しみながら下山して行きます。



ナナカマドにしては細長い赤いボンボ、



コケが作った自然の芸術作品



ここを降りて行きます。



とにかく熊笹が多いのなんの、お隣の「南月山」下草が全部「熊笹」



ちょっとの晴れ間を狙って紅葉撮影



そして白樺の落葉した世界



奥日光の白樺とは違い、真っ直ぐじゃないです。
でも絵になる景色。



まだまだ遠いけどゴール地点兼、スタート地点が見えて来ました。



中央に見えているのが「沼原湿原駐車場」
その奥のまぁるい池が「沼ッ原調整池」
さぁ「プリウスを探せ」の時間です。
駐車した私は確実に判ります(笑)



眼を移すと眼下は紅葉が広がっています。

そして、



今の若い人は知らないと思う道具、私はとっても懐かしいです。
答えは「となりのトトロ」を見てください。
さぁ、これは何でしょう?



変な謎なぞなんか考えているうちに駐車場手前1kmの「沼原湿原」(ぬまっぱらしつげん)に到着。



ぐるりと一周回って見ます。



さすが湿原!パサパサして無い!(←クライマーズ・ハイになってますので失言を!)
湿原で失言、ハイ、すいませでした。



「プリウスを探せ」の答えです。「建物の影なので見えない」が正解です(笑)

あ、ちなみに、この建物「公衆トイレ」です。



つまらぬ事をしてるうちに「今日の温泉」のコーナー(いつから出来たん?)

今日の温泉は、那須塩原市の保養施設「板室健康のゆグリーングリーン」です。

浴室内は撮影して来ませんでしたが(←ボカシだらけになるので、←バカです)

中はとっても広く、座敷にごろ寝も出来ますし、内湯も露天風呂も最高でした。

入浴料、大人500円。



なので大人気の為、駐車場は満車!



ひとっ風呂浴びて涼んでいると、すぐとなりは「那珂川」。



こちらが下流の水戸方面、運転する気が無いので、この川を流れて行きたい。
(↑そのまま開門橋をくぐって太平洋が見たい)

でも運転して「道の駅 明治の森・黒磯」に到着。

毎回、脚力は付くけど「知力」が付かぬこの私。
明日から「さんすうドリル」10問解きまぁす。



私の那須の別荘にも同時に到着(←いつ買った?)




ウソです(笑)
その前に自宅のローンをなんとかせねばならないので、「青木邸」です。

「道の駅 明治の森・黒磯」の内にあります。



目の前には「秋桜畑」が広がっています。



今日のラストショットは「青木邸と秋桜畑」。

今回の旅はいかがでしたでしょうか?
ちょっと気象庁には裏切られましたが、無事、自宅に到着しました。

紅葉を眺めるのにも色々な角度から見るのも面白いと思うのですが、とにかく今回も「爽やかな疲れ」で終われる事が出来ました。

画像にはあまり人が映り込みたく無いので写っていませんでしたが、実は朝から登山道はたくさんの人、
山ですれ違う時、道を譲る、譲られた時、「こんにちは」「ありがとうございます」と、見知らぬ者同士が言葉をかけ合いながら登って行きますが、本当に疲れた時、
お互いを励まし合いながら登り、下山の時は讃えてくれてるようで、本当に安心しながら登山が出来、そんな所が登山の醍醐味かもしれないです。

では「活動限界」の24Hを迎えましたのでこの辺で。

最後に、明日は(正確には今日)代休でお休みなので存分に寝ます!

おやすみなさい・・・

















ブログ一覧
Posted at 2016/10/11 02:36:05

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/11 07:47:59
おはようございます(^^)
一足早い紅葉見せていただき
ありがとうございます(^^)
我が家にも、写真の井戸と同じものありますよ(^^)
今日は、ゆっくりお休みください
(_ _)
コメントへの返答
2016/10/11 08:57:37
おはようございます(^ ^)
まつもと泉★ さん、お気使いありがとうございます!

ただいま6時間の充電が終了、「ヤバイ遅刻だ!」と飛び起きたのですが、起きた後が一番辛い所ですが、無事、身体は何処も痛くも無く、良かったです。

今日は逆に身体を少しずつ動かした方は良いので千波湖外周でも歩いて来ます(笑)

でも今回は緩やかな登山道から姥ヶ平から牛の首までの「岩登り登山」でしたので、ギアの切り替えが難しく、他の方面から登って来る登山者とのすれ違いが大変でした。

でも、那須地方を含め、既に落葉している所があると思えば、まだまだ緑色をしている木々がありますので、なかなか紅葉の最盛期の見極めが難しいです。

大子町の紅葉はどんな感じですか?
「月待の滝」の紅葉、楽しみにしています。

早く「例年通りの紅葉」に戻って欲しいですね。
しかし、「紫陽花が咲いているのは驚きでした。

それか「井戸ポンプ」昔は何処の家にもありましたよね、朽ち果ててはいましたが、とても懐かしい道具が見れるて良かったです。

では、今度は何処の絶景を見るか、タイミングを見て登って来ようと思います。

なかなか仕事が忙しく、みん友さんのブログを拝見出来なかったので、今日は逆走して拝見したいと思います。

では、コメント、ありがとうございました。
また面白い所に行って来たいと思います。

お楽しみに。
2016/10/11 20:10:13
こんばんは☆
沢山の綺麗な写真ありがとうございます(^人^)
紅葉まだかなぁ〜と、思っていたんですが那須山は綺麗に紅葉が始まっていたのですね!
ひょうたん池の写真とっても綺麗です(^^)
コメントへの返答
2016/10/11 20:51:17
こんばんは(^ ^)
紅葉、平地ではまだまだ先のようですね。
なので早朝からたくさんの人で登山道はにぎやかでした。
これでは熊も逃げちゃいますね(笑)

ひょうたん池、もっと近くで撮影出来るのですが、木道から降りられないルールになっていますので、ちょっと離れたところからの撮影でした。

山はだんだん秋が深まってますね。
では、もう少し経てば近くでも紅葉が楽しめますので、目の保養、たくさんしてみてください。
2016/10/11 20:24:23
こんばんは♪
連休もお仕事で忙しいのかと思っていたところです。
秋を楽しんでたんですね(^^)

夜明け前は、かなり冷え込んできたのではないでしょうか?

写真から、とっても綺麗な景色だと分かります♪
彩雲もステキですね✨
コメントへの返答
2016/10/11 21:23:29
mokarin♪ さん、こんばんは(^ ^)

仕事の方は稼働していない時の仕事が多くなったので、とても帰宅時間が遅くなってしまいました。

でもその分、連休は充分、秋を楽しんで来ました。

夜明け前ですが、沼原湿原の駐車場に着いた時は真上にオリオン座が輝いて見えて小さな星も手に取れるようでした。

外気温は6℃、やはり寒いので、レインウエアを着て出発しました。

約4km程、紅葉樹林帯を歩くのですが、空気もとても澄んでいて、身体の細胞一つ一つを綺麗にしてくれるようです。

風は微風が西から吹いてましたので、前回のように硫黄の匂いはしませんでした。

森林限界を超え、標高が高くなり、後ろを振り返ると紅葉の絨毯が敷き詰められているようで、本当に自分の足でしか行く事の出来ない高嶺からの景色を見る事が出来ました。

「彩雲」も牛ヶ首で休んでいる時、高層雲がたまたま太陽の近くを通り撮影する事が出来ました。

実際に見ると本当に立体的に螺鈿色に輝いて綺麗でした。

今年は昨年より、気温の変動が少ないので、地上の紅葉も遅れそうですね。

季節の中でも一番色彩が鮮やかな時期ですので、またお休みは紅葉を満喫してみたいと思います。

では、また何処かの綺麗な紅葉と景色、探して来ますね。

コメントありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
2016/10/11 21:47:14
姑息な展開友の会会員No.2さん今晩は。

本日の代休の成果は如何でしたか?

絶対04:00から21:00まで百里基地に貼り付いていたと信じてますよ(≧▽≦)/
コメントへの返答
2016/10/11 22:17:44
姑息な展開友の会 会長、コメントありがとうございます(^ ^)

百里基地ですが、多分「航空自衛隊保養老人施設」に変わったと思います。

とにかく飛ばない百里基地。
通常ファントムでしたら家からでもエンジンチェックの音が聞こえるのですが、最近はナイトもやらないです。

04:00から21:00どころか、今でも寝袋の中でランウエイ03エンドに張り付いてます(ウソ)

百里基地で張り付くなら、茨城空港内の「すぎのや」で、「和風割烹御膳」を食べながら、生ビール飲んで貼り付いてます(笑)

会長も茨城空港でビールを飲みながら「ホットスクランブル宴会」いかがですか?
2016/10/12 00:08:46
こんばんは

お久しぶりです。

登山お好きなんですね?
いつか、私も登山してみたいと思わされました。
まずは、低い山から、日帰り、お弁当、温泉付で! (^0^)/

ところで、今年はスズメバチが多いそうです。
山歩きの時は、是非お気をつけて。
コメントへの返答
2016/10/12 23:09:14
お久しぶりです。
本当にお世話になりました!
またお話ししたいですね。

登山は昨年と今年の霧降高原での1,445段の階段登りがきっかけで、まずは近くの山から始めました。

10数年前、会社の仲間に誘われて「富士登山」は経験があるのですが、酸素が少なく、頭痛はするしで、二度と登山なんてしないと思っていたのですが、標高1,500メートル級の山なら何とか行けそうで、日帰り出来る山々で登山と温泉を楽しんでます。

とにかく上には何も無い、頂上からの眺めは格別です。
地上の空はフィルターがかかっているようですが、山頂の空の色、本当に綺麗です。

また、わざわざ身体をいじめた後の温泉は格別で達成感と爽やかな疲れは最高です。

でも、滑落や天気や気温の急変、熊、そしておっしゃる通り「スズメバチ」等、危険な所がたくさんです。
携帯もほぼ圏外ですので、連絡も取れないのでいざと言う時は「自己責任」ですね。

でも、1,000メートル級の山なら登山道も整備され、朝、景色を楽しみながら登り始めて頂上でお弁当というのも本当に楽しいですね。

地元では、筑波山が中腹まで車で行き、ロープウェイを使わず登山するのが人気です。

関東平野を一望できるので子供からお年寄りまで頑張って登ってます。

今は特に紅葉が楽しみますので、お近くの山から始めるのが一番ですね。

最後に一番の醍醐味は、ドライブしていて自分が頂上に立った山を地上から見ると「あの山の山頂に立ったんだ」と、とても優越感に浸れるます。

是非、リュックとトレッキングシューズで始められる趣味ですので一味違う自然を満喫してみてください。

では、返信遅くなり申し訳ありませんでした。

また「奇襲展開」も視野に入れてますので、その節はよろしくお願い致します。

またコメントお待ちしております。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@naoky さん、画像で年齢がバレバレですよ(笑)

せめてこの辺の時代にしておいて下さい。

何シテル?   12/03 19:52
NSX2780です。21年積年の思い遂に我が手に!NSXのゼロからのフル加速は、航空機の離陸時のよう、低く構えた車高、直接的なフォルム、ドアを開けた瞬間、本革シ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
2016年11月9日(水)松島基地展開(1st金華) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/19 22:50:31
話題の場所へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/21 23:01:15
メルセデス・ベンツ Aクラス 銀ちゃん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/17 20:10:53
お友達
車種を問わず、24時間、年中無休でお友達募集中です。もちろん登録は無料!

なるべく楽しんでもらえるブログ、整備手帳をアップしますので、皆さんよろしくお願いします。

ハイドラも走行中は必ず起動してますので、ハイタッチ、よろしくお願いします!
59 人のお友達がいます
もりもり☆N5Vもりもり☆N5V * hayatonhayaton *
根崎根崎 * pJUNqω・)pJUNqω・) *
アグレスアグレス * naokynaoky *
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
NSXとは全く正反対の車 「トヨタ プリウスG ツーリングセレクション」 5年落ちの中古 ...
ホンダ NSX NSX vr.1.5 (ホンダ NSX)
21年の積年の思いを果たすべく住宅ローンもあと15年も残っているのに無謀にも購入、(20 ...
ダイハツ ミラ 短距離汎用型輸送機 (ダイハツ ミラ)
短距離連絡および輸送機、4ナンバーなんで経費もかからずマニュアルミッションなんで燃費も最 ...
ヤマハ TZR250RS TZR子ちゃん (ヤマハ TZR250RS)
脳みそが後方へ置いて行かれるほどの超加速力、乾式クラッチなんで街中ではトルクが細いので苦 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.