• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月19日

T-33A入間川墜落事故

昨日、百里基地においてF-4EJ改の炎上事故が発生しました。



離陸の為、タキシング(誘導路)を移動中の事故。
左主脚の破損により燃料タンクが破損 引火炎上したのが原因とみられています。

戦闘機の燃料、皆さんは「あんな高出力のエンジンを動かすのだからガソリン以上の燃料を使っている」と思うでしょうが、戦闘機の燃料、以外にも灯油とほぼ同質です。

航空祭などで目の前を戦闘機が移動する時、排気の臭いが灯油を燃やした時と同じ匂いと思われた方もいると思います。

戦闘機の燃料は灯油とほぼ同質、正式には「ケロシン」と呼ばれ、
酸化防止剤や腐食防止剤が多めに添加されています。

燃料には JP-4、JP-5、JP-8と3種類があり、航空自衛隊では JP-4を使用しています。

JP-4はケロシンとガソリンを1:1の割合で混合したもので、引火点は-17.8℃と低い(火がつきやすい)燃料です。
高高度や低温下でも気化しやすいのが長所ですが、被弾時の火災発生を招きやすくなります。

JP-5はアメリカ海軍の艦載機が使用しているもので、引火点が60℃と高いので揮発性が低く、空母上で安全に離着艦できる為に使用されてます。

JP-8はアメリカ空軍が使用し、民間機用のJET-A1とほぼ同等規格、引火点も38℃と同じです。

事故当時ランウェイ03からの離陸、ランウェイチェンジがなければ、同じランウェイ03へ着陸、もしその時事故が起きたら、



百里基地は茨城空港と向き合う型で滑走路が平行に 03、21leftとRightの2本、
自衛隊機はほとんどはRightを使用していますが、たまにleft側からランディングする時があります。




私もよく「03L」付近で撮影してますが、03 leftに着陸する時は目の前で着陸する迫力ある戦闘機の撮影が出来ます。

今回の事故は離陸の為、誘導路を移動中の事故、
もしこれが引火性の高い燃料 JP-4を使用した機体が着陸時に「左主脚」が破損し、ランウェイ03 eftに着陸しようとしていたら、
訓練後でも燃料には余裕があるはず、左側には隣接する茨城空港、民間人が被害にあったかもしれません。

誘導路移動中の事故、まさに「不幸中の幸い」でした。

今回、私も良く行く身近な百里基地での事故

テレビの画像から炎上する機体を見て、パイロットが無事だったのは幸いでした。

航空自衛隊の事故、あってはならない事ですが、私の一番忘れられない事故があります。


「T-33A入間川墜落事故」



平成11年11月22日
数字が揃った日には何かが起こるのでしょうか?

航空自衛隊入間基地所属のT-33ジェット練習機が入間川河川敷に墜落

この事故機に乗っていたパイロットは、二名ともベイルアウト(緊急脱出)を試み
いずれもパラシュートが開く高度を遙かに下回る機位からの脱出であったため、
一人は全くパラシュートが開かないまま、
もう一人は開きかけたところで地面に激突し、死亡。

二人の飛行時間はいずれも数千時間を超え、年齢は47歳と48歳。
いかなる事態にも対応可能なベテランパイロットであったはず。
なぜもっと早くベイルアウト(緊急脱出)しなかったのか。

年間飛行(パイロットの技量維持目的)のため、入間基地を離陸したのは13時2分。

30分の訓練を終了し、帰投のため管制塔と通信をした直後に異常が発生

13時38分、マイナートラブル(軽微な問題)通告。
(Minor trouble, request direct initial. Present position now 21 NM north)

事故機は、異臭、振動、異常音、オイル臭を通報。

13時40分、緊急事態を宣言。
(Declare emargency, now 10NW north)

13時42分14秒 ベイルアウトを通報。

この頃、機は急激に高度を下げ(高度約1000フィート、約300m)

13時42分27秒 最初の通報から13秒後、再度ベイルアウトを通報。(高度700フィート、213m)

13時42分34秒頃 後席操縦者は事故機が送電線に接触する直前に脱出。

13時42分36秒頃 前席操縦者は事故機が送電線のグランドワイヤーに接触直後射出による脱出。

13時42分36,6秒 事故機はグランドワイヤーの下線を切断後、90m離れた位置に墜落炎上。

最初にベイルアウトを通告してから、再度ベイルアウトを告げるまでの13秒。
なぜ最初の通告でベイルアウトをしなかったのか・・・

最初のベイルアウト宣言後、眼下に広がる住宅地に気づいたパイロット。

住民を巻き込む災害を防ぐため、必死の操縦によって入間川の河川敷まで事故機を誘導し、
それを確認したのち、13秒後にベイルアウトを行った。
だが、そのときすでに機位は脱出に必要な最低高度(300m)を下回っていた。




【墜落の原因】
主燃料、緊急用燃料コントロールユニット付近の燃料ホース等から漏洩した燃料が発火、
同ユニットを加熱、エンジンへの燃料供給が絶たれたことから事故機の推力が急激に低下した
事故機は点検においてこの半年以内に一度も異常は見つかっていない。


民間人の死傷者が全く出なかった一方、
墜落直前に送電線を切断したため首都圏の大規模停電を惹起したうえ、
マスコミがT-33Aを「練習機」と報道し、当初一部から批判が出た。
しかし、実際には技量に優れたベテランパイロットが服務の宣誓通り「危険を顧みず」に被害の低減に努めたことが次第に明らかになり、反響が広がった。

最終的に、パイロットおよび整備員に過失はなかったとして、2002年(平成14年)9月に埼玉県警および狭山署は被疑者不詳のまま航空危険容疑で書類送検した。
この時点までに、両パイロットともさらに1階級特進し、それぞれ空将補・一等空佐となっている。

2014年3月22日の防衛大学校卒業式で、安倍首相が訓示の中で本件での両パイロットの行動に触れ、自衛隊員としての使命感と責任感について説いた。

一部Wikipediaより抜粋

この時、2名のパイロットの極限状態からの判断、皆さんはどう思われますか?

脱出に必要な高度が取れず殉職したパイロット

現在は



2003年9月14日、アイダホ州マウンテンホーム空軍基地における事故の際
サンダーバーズ6番機のF-16からのACES II射出座席による脱出。パイロットは無傷

先に吹き飛ばされたキャノピーと、続いて射出される座席。

現代の射出座席は大きく進化を遂げ、射出可能な速度域が広がり、
高度0、速度0の状態からでも、パラシュートが十分開く高度までパイロットを打ち上げる「ゼロ・ゼロ射出」が可能な射出座席がほとんどとなっています。

そして、
この事故により「T-33」は、どんな運命を辿ったのか、

「事故翌日の11月23日に、残存している全T-33A及び入間基地の緊急用を除く全機の飛行停止命令処分が課される」

「11月29日に入間基地の航空機飛行停止命令は解除されたがT-33Aの飛行停止命令は継続され、そのまま翌年2000年(平成12年)6月に全機除籍された」

こうして「T-33」は空から消えて行きました。
ゼロ・ゼロ射出が可能であれば、パイロット2名も助かったかもしれないですね。

今回の百里基地での F-4ファントムの火災事故。
すでに2020年には「飛ぶ姿が見られない」運命の機体、この事故で「F-4」が空から消えてしまうのが早まるのでは、と危惧しています。
あともう少しだけ、F-4の腹に響く「アフターバーナー」の轟音、聞いていたいです。




ブログ一覧
Posted at 2017/10/20 01:36:12

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

いまや貴重なF4・ファントムが・・ ...
waiqueureさん

タイヤバーストか・・。エンジンブロ ...
ジェームスアングルトンさん

オスプレイ事故の続報、マスゴミが伝 ...
☆大佐☆さん

イーグルの今。。。
masacatさん

オスプレイ不時着、ニコルソン中将が ...
wasa@11ukさん

トランプのおじちゃん
DABAZI!!さん

この記事へのコメント

2017/10/20 07:14:07
小松でも昔、いい夫婦の日にF-15がAIM-9でしたっけ?誤射してしまいましたね。先日は地元福井でセスナが墜落と、航空事故は怖いですね。

個人的には、スタイルはF-15が一番好きですが音に関してはファントムが一番好きです。新婚旅行で嘉手納でラプターを見ましたが、やっぱりちょっとカッコがイマイチ。まぁ頻繁にステルス機を見るようになると見慣れるんでしょうけど。
コメントへの返答
2017/10/20 07:40:39
おはようございます。
なんか異変が起こる時って数字が不思議な並びになりがちですね。
阪神大震災 117
東日本大震災311
同時多発テロ911
日航機墜落事故123便
と、妙に数字が揃ってる感じです。

戦闘機のスタイルですが、F-14,F-15,F-16F-18,それからもちろんF-4もそうですが「兵器」と言うカテゴリーの中でも極限の戦闘の中で、いかに優位に闘うか、そこから生まれた機体ですので、妖しい美しさを感じます。

ラプターを含むステルス機、全ての兵装を胴体に収められていますので、ちょっと不細工ですね。

この先も兵器開発は進んで行くと思いますが、今後は人口知能 AIを搭載した「無人機」が主役になりそうです。

戦闘兵器が使わずに済む世の中が一番理想ですが、抑止力としての兵器開発はまだまだ進みそうですね。

入間川事故、人口知能搭載機なら、どう判断したのでしょうね?
2017/10/20 08:49:45
おはようございます😃恐ろしいです、画像を見た限りでは、私ならパニック🌀😱です。
コメントへの返答
2017/10/20 09:03:43
おはようございます。
今回の事故、画像を見ただけでどの場所か見当は付くのですが「もしも」を考えると大惨事になっていたかもしれないですね。

いつ起こりうる可能性がある事故、アクシデントになる前インシデントの段階で防止出来たら、と考えてしまいます。

半世紀にわたり日本の空を守って来たF-4、
こんな幕引きで終わらせてしまわないよう、原因究明の方をしてもらいたいです。

2020年に全機退役するファントム、最後は華々しく見送ってあげたいですね。
2017/10/20 14:00:15
お疲れ様です。。。

入間の墜落事故

一度目のベイルアウト宣言時、射席作動させていれば二人のパイロットは助かっていた可能性は高かったでしょうね。

一般人の被害を出さない為
最後までコントロール困難な機体をねじ伏せて、入間川上空まで機体を運び住宅街が無いことを確認

もう手遅れな事はわかっているのに、二度目のベイルアウト宣言後射席作動・・・

一説には射席座席は正常に作動したことを示す為だったとも言われてますね。

整備員にあらぬ責任を追わせない為に・・・

米軍には二人のパイロットの心境は理解できないでしょうね。
コメントへの返答
2017/10/20 15:05:12
DABAZI!! さん、コメントありがとうございます。
航空自衛隊の事故が起こるたび、このT-33の事故を思い出します。

空自の機体選定時、双発エンジンを採用基準にしているのも「片肺でも着陸出来る」を前提に選考しているそうです。
なので、F-16をベースにした単発の「F-2」を採用する際は、だいぶ揉めたようです。

この時のパイロットの心境は、どうだったのでしょうね。
とにかく市街地だけは避けたい、それだけの思いで操縦桿を握っていたと思います。

でも緊急脱出を試みていますので、最後まで「死」という事は考えなかったと思います。

そして、ひっそりと幕引きしたT-33
幾人ものパイロットを育てて来た名機です。

今回の事故でF-4も同じ運命を辿りそうな、そんな気がします。

もし、これでF-4が抹消されたら、老兵の身の引き方には、あまりにも寂しい退き際ですね。

今は事故調の結果を待つ事しか出来ません。





2017/10/22 10:25:26
おはようございます♪

T-33Aの墜落事故、自分の命は顧みず、最後に整備員を気遣ってのベイルアウト。
この13秒の間にベテランパイロットの資質すべてが詰め込まれていたんですね。

ファントムは必ず復活すると信じています(^^)
コメントへの返答
2017/10/22 11:04:44
mokarin♪ さん、おはようございます。

この「入間川事故」
一回目のベイルアウト宣言の時に脱出していれば両パイロット共に助かったかもしれません。

でも眼下の市街地に機体が墜落するのを避けるため必死で入間川河川敷まで操縦、そしてベイルアウト。

パイロットは市街地の被害を避けた上、最後まで諦めずに脱出行動を行なっています。

住民の命を優先に、自分達も最後まで機体を操った時の気持ちを考えると「美談」と言う言葉で終わりにしたくないですね。

mokarin♪ さんのコメントの通り、パイロットの資質、最後の13秒に思いが全て詰まってますね。

T-33の末路も寂しい幕引きになってしまいましたが、私もファントムは空に戻ると信じています。

日本の空を半世紀 守って来た英雄ですからね!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「なんか最近のみんカラ、広告、宣伝が多い気がするのは気のせいか?
まあ、運営も慈善事業じゃないから仕方ないけど。
PV数異常増加もそんな事かもしれない。

何シテル?   11/25 20:29
NSX2780です。21年積年の思い遂に我が手に!NSXのゼロからのフル加速は、航空機の離陸時のよう、低く構えた車高、直接的なフォルム、ドアを開けた瞬間、本革シ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

会津若松からの 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 09:50:58
空への憧れ、鳥の目から見た世界へ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/28 21:05:25
私、最低です・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/12 05:23:12

お友達

車種を問わず、24時間、年中無休でお友達募集中です。もちろん登録は無料!

なるべく楽しんでもらえるブログ、整備手帳をアップしますので、皆さんよろしくお願いします。

ハイドラも走行中は必ず起動してますので、ハイタッチ、よろしくお願いします!
69 人のお友達がいます
ns-autons-auto * NSXDAYSNSXDAYS *
NマユNマユ * おくジュ3R*おくジュ3R* *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 渥美格之進渥美格之進 *

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス 長距離ステルス支援戦闘機 (トヨタ プリウス)
NSXとは全く正反対の車 長距離全天候型ステルス支援戦闘機 「トヨタ プリウスG ツーリ ...
ホンダ NSX 主力戦闘機 NSX vr.1.5 近代化改修機 (ホンダ NSX)
21年の積年の思いを果たすべく住宅ローンもあと15年も残っているのに無謀にも購入、(20 ...
ヤマハ TZR250RS TZR子ちゃん (ヤマハ TZR250RS)
脳みそが後方へ置いて行かれるほどの超加速力、乾式クラッチなんで街中ではトルクが細いので苦 ...
ダイハツ エッセ 全天候型中距離偵察機 (ダイハツ エッセ)
サンシャインイエローのエッセです。 コンビ二へ行ったついでに見つけて衝動買いをした、まさ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる