• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ほっと8のブログ一覧

2017年06月15日 イイね!

鈴鹿で気付いたもう1点&岡山国際での発見&ジオラマ製作17




またまた、
お久しぶりの
横着まとめブログです。(笑)

またまたお題の順で書いていきますね。



まず、

前回の鈴鹿で気付いた点がもう1つ有りました。

それは、
アンチロックブレーキ。。。。。

実は以前に

仕事関係のイベントで、
鈴鹿サーキットの安全運転講習会に行ったことが有るんですね。
その時に言われたのが、

「今の車は、
アンチロックブレーキが付いてるから、
ハンドル操作が緊急フルブレーキングの最中もできるから、
最後まで前を見て相手にぶつからないようにハンドル操作をきっちりやって
車を曲げて回避しないといけない!」
と聞いたわけなんです。
なるほど、
フルブレーキングをしながらでも
ハンドル操作をして車を曲げていくんだ~~
それが当たり前なんだ~~
と思い、
前回の鈴鹿でそれを130Rで実行した結果、

みごとに

曲がれず

オーバーランで突っ込んでいきました。(汗)
教習内容は嘘ですね。(笑)
曲がらんものは曲がらんです。(笑)




次、

先日の岡山国際サーキットの走行会。

いまだ、
フロントにPSS
リアにP Zero
というジムカーナ用タイヤセッティングのままのM135LCIですが、
鈴鹿のようなコーナー中心のサーキットでは
オーバーステアのオンパレードで
(これはこれで結構楽しかったです)
フルスロットルがしにくいシチュエーションでしたが、
岡山のようなストップ&ゴーのサーキットならタイム出るのかなあとちょっと思い、
このままで走ってみました。

1本目は雨。
ドリドリできて大好きなはずの雨なのですが、

このズリズリのPSSでは、
まああ雨に激弱!!!!
電子制御を入れても、
フロントがドンドンドンドンドンドン外へ外へ外へヌルヌルヌルヌル
滑っていくもんだから
怖いわ、面白くないわ、散々なタイムだわ、
なんも良いこと無しでした。

このまま2本目も雨なら帰ろうかと思いましたが、
一転ドライに!!♪♪
これは岡山でのタイヤテストができる!!っと
いそいそっと出陣。♪
現地で仲良くさせていただいたM4乗りの方の後方につき、

ストレートで離されるも

コーナーで詰めて、
という、
まるで藤原拓海のようなことをして
走ってました。
これはこれで楽しい♪♪♪♪

で、
このタイヤセッティングですが、
岡山でも



やっぱり
各コーナーでオーバーステアのオンパレードでした。(笑)
これもこれで楽しい♪
ウェットの時の遊びと似てる♪♪

で、
こんな遊びをしてると

なんと
1分54秒が出てしまいました。♪♪♪
ついでに

クラス2位、総合3位ももらっちゃいました。(笑)

M135LCIに変わっての岡山は、
新車慣らし中5500回転縛り、前後PSSで1分57秒
慣らし終わって前後P Zeroで1分57秒
今回前PSS後P Zeroで1分54秒
恐らく
タイヤをもう少し変えてあげれば
もう2~3秒は縮められるかと。(^_-)-☆
でもね、
それって、
スマホのアプリでいう、
課金すればステージクリアできますよって言うのと全く同じですよねえ。
それは結構嫌いなんで・・・・・
手元に有るタイヤでなんとかするのが楽しいかな。

で、
こんなに突っ込みをしたもんだから、
ブレーキがダメになりました。(泣)
計測表のとおり、
ベストラップの次の週でブレーキがいきなり効かなくなりました。

警告灯も出て。(滝汗)
1周クーリングしてみたけど戻らなかったので、
終了。(泣)
昔ベストモータリングで

5LAPバトル!!って
New Carのテスト含めてやってたけど
基本、ノーマルは5周しか持たないんでしょうねえ。

しばらく
走るの控えようかなあ。(ポツン)





次、

ジオラマ製作

前回は

ジオラマ全体の景色の完成まで。

さあここから本題の
雪景色製作!!!!!


豪雪地帯製作予定地から手を付けていきます。

豪雪地帯のアクセントとなる枯れ木。
まずこれの設置のため

角型にカットした白い発泡スチロールを何個か作ります。
そして、

これに枯れ木を刺して固定し、

予定場所に設置していきます。

さらに、

もう少し小さめの角型の白い発泡スチロールを
たくさん作り、

間に埋めていきます。
これによって、

積もらせる雪の高さを稼ぎます。

次に
雪そのものを積もらせていきます。
用意するのは、

以前のブログにも上げました
中性洗剤入りのボンド水と、
今回新たに重曹を準備します。
ボンド水の作り方は以前にブログに書いたとおり。

この重曹が雪の代わりになるんですが、
ここで要注意なのが、
重曹の種類!!!!!

左のような洗浄用の重曹は
ボンド水のボンドを固めてしまってオカラみたいになって使い物になりません。
右のような食用にも使える重曹を選択します。

ボンド水の中に重曹を順に加えて行って

ドロドロのペースト状になったら出来上がり。
それを
白い発泡スチロールの上に

塗るというより、載せていく感じ。
こうやって

まずは発泡スチロールの部分を中心に塗っていきます。
乾かすのも時間かかりますが。

今回はここまで。




テンちゃんトクちゃん、
現在、


換羽の真っ最中。。。。。。。
むっちゃしんどそう。。。。。。。

Posted at 2017/06/15 15:15:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月23日 イイね!

久しぶりの倉敷&再び丹波焼&鈴鹿で新発見&ジオラマ製作16



1ヶ月ぶりです。

え~~

ブログって
普通は
その日に有ったことは
2~3日以内に書くのが通常なんでしょうが・・・・・・
私には無理です。
色々ゴタゴタと有って余裕が・・・・・

という事で

まとめて書いちゃいます。

正確な日付も忘れちゃいましたので
許してくださいね。




とある日曜日、


前回の丹波焼に引き続き、
またまたこいつのお供で。
実はM135の走行距離の延びがハイペースで、
SRXの走行距離に追いつきそうなので、
ゆったりお出かけの時は、
できるだけSRXを使ってます♪。

で、
妻の鳴門の箸置き購入で鳴門を経由し、
(写真撮り忘れました(汗))
なんとなく倉敷方面へ。

お目当ては、

このお店で、
倉敷名物の、

これ、
ぶっかけうどん!
久しぶりにウマウマでした!♪
やっぱり、

美観地区は、

人がいっぱい!(@_@;)

有名なエルグレコには立ち寄らず、

蜂蜜の専門店で蜂蜜を買って、

アイビースクエアを通り抜け、

近くの箸置き屋さんで、
節句の箸置きを買って帰りました。
妻の箸置きコレクションがどんどん増えていく・・・・・・




そして次に、


とある桜の咲き始めた日曜日、

以前お邪魔した丹波焼の里の、

このお店から連絡が有り、
イノシシの箸置きが焼けましたのでいつでもどうぞって。
これは行かねば、
という事で、
またまたSRXの出番。
今度は覆面に出会う事も無くスムーズに到着。

いっぱい作っておられました。

実際に置いてみると、
なんとも可愛らしい♪。
何個か気に入った物を選んで買いました。
せっかく丹波焼の里まで来たんだから、
やはり、

ここに立ち寄らないわけにはいかないので、

ハイ! 注文しました!
卵かけ御飯定食!。

しっかり卵5個いただきました♪。
今回は、

前から気になってたこれを食べようと思い、
注文しました。

これこれ、
ん~~~
超濃厚で超ウマウマでした♪。

この丹波焼の里は何回来ても良いですね~♪。




次に、
とある雨と雨の間に挟まれた、
つい最近の晴れの日曜日、

GSS鈴鹿走行会に行ってきました。
この走行会の内容は他のみん友さんがいっぱい書かれてるので、
ここでは私ごとのみで。(笑)
で、
今のM135は、

フロントにミシェランPSS 245-35-18
リアにピレリーP Zero 245-35-18
という設定で、
どちらかというとジムカーナ仕様(笑)。
雨が降れば、ミシェランは弱いので脱ぎ捨ててP Zeroにしようかと思いましたが、
晴れたので、
大型サーキットでどういう挙動が出るか試してみようと思い、
そのままで参加。
以前ブログで書いた、高速道路でのブワンブワンした感じとか、
タイヤが外れそうにならないか、とか、
不安は有りましたが、
なんとなんと、
新発見!
サーキットではなんにも起こりません!
ブワンブワンしないし、
レスポンスが遅れてくるような感じもしないし、
なんと言っても、グイグイ頭が入っていきます。
こりゃすごい!
7.5Jに245のタイヤもなかなか良いぞっと見直してしまいました。
それからもう1つ新発見!
なんとP Zeroのグリップの弱さ!
フロントのPSSに完全に負けちゃうもんだから、

鈴鹿2コーナーでカウンターステア!

S字でカウンターステア!

デグナーでカウンターステア!
ヘアピンでカウンターステア!

スプーンでカウンターステア!
シケインでカウンターステア!
とまあ、ほとんどで、どオーバーのドリドリ状態 (>_<)。
出口でアクセルなんて踏めたもんじゃないです。
こんだけズリズリやっても、

さほど減ってないのは、
さすが!耐久性重視のP Zero!。
ジムカーナにはもってこいですな!!。

フロントも思ったより減ってないのは、
幅広が負担を軽減してくれたのでしょうか。
実際タイム比較すると、
新車時前後PSSで2分39秒、
前後P Zeroで2分43秒、
前PSS後P Zeroで2分41秒。
ん~~~~、
サーキットは車の性能次第と思っていましたが、
タイヤの性能次第と考えた方が良さそうです。(^_^;)
でも、
私はジムカーナが主体なので、
このセッティングでいきます。





ジオラマ製作ですが、

前回は、

地面の塗り分けまで。

今回は、
小物を付けていきます。

まずはバラスト。

ホントは、これ、
まかなくても良いように地面を土表現の塗料で塗ったんですが、
以前のミィクン大先生が、
仕事用とはいえ、
素晴らしいジオラマを作られましたので、
私も負けてられないと奮起したわけで。

線路わきにまいていきます。
次に、
草表現として、

これを使います。

草を植えたい所にまいていきます。
これらは、
このままだと、どこかに飛んで行ってしまうので、
固定するためのボンド水を作ります。
用意するのは、

木工用ボンドと中性洗剤。
ボンド:水=1:3で溶かして中性洗剤数滴というのが一般的ですが、
私の場合、
土台が水性の塗料なので、
水で流れても困るので、
ボンド:水=1:1と濃い目で、中性洗剤もドボドボっと多めに入れます。
で、

上から滴下して固定します。

お花畑も同様に、

まいた後、ボンド水で固定します。

次に、
畑を作ります。
用意するのは、

段ボール。
これを十分水に濡らして、

片側一面を剥がします。

そして一晩乾かして、適度な大きさに切り分けます。
端っこの穴の開いた部分にボンドを詰めて、

定規などで端っこを押しつぶせば、

ハイ!
畑の出来上がり!。

うまく並べれば、
それらしく見えませんかね。
必要であれば、

ちょっと緑を植え付けてあげると、

きれいな栽培中の畑の出来上がり!。
あとは、

木を植えたり、

タクシーを駅前に待機させたり、

駅のそばの駐輪場に自転車をいっぱい置いたり、

温泉旅館に送迎バスを置いたり、

田舎のお家に軽トラをスタンバイさせたり、

駅周辺に花壇を作ったり、
上げだすときりが有りませんしブログ2回分に跨いでしまいそうなので、
ここらで簡単に締めくくっておきます。(笑)

ざっとこんな感じに出来上がりました。
普通にジオラマ作るなら、
これでも出来上がりにしても良いのですが、
今回のジオラマ製作はテーマが雪国ですから、
次回のアップからが本題となります。

今回はここまで。




テンちゃんトクちゃんは、


なぜか、
ゴミ箱が大好き。(笑)
Posted at 2017/04/24 00:53:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月22日 イイね!

丹波焼の里 & 舞洲ジムカーナ & ジオラマ製作15



約4カ月ぶりでしょうか・・・・・

ご無沙汰しております。
生きておりましたよ。(笑)

家の事、
仕事の事、
色々ゴタゴタが有りまして、
みんカラチェックするくらいがやっとという状況でした。(^_^;)
それに車ネタも無かったし。。。。。。



ということで、
久しぶりのネタ、ブログアップです。
貯まった分いっぱい上げちゃいますね。


まずは、
この連休の19日日曜日。
子供たちが出かけて、居ないので、
ちょっとお出かけしよう!ということで
丹波焼の里の方面へ。
妻が箸置きのコレクションをしているもんですから。

今回は

SRXが旅のお供。
ゆったりのんびり行くならこれですね。
いつもなら
新神戸トンネル→六甲北有料道路→中国道→舞鶴道
と上だけで行くのですが、
六甲北のアウトレット渋滞を避けるため、
途中地道に降りて西宮北ICから中国道に。
快調に走ってると、

なにやら左車線にあやしい旧型マークXが。
近づくと、

やっぱり覆面!!
私は急減速で、
覆面さんは苦笑い。(笑)
おかげで

みんな急減速。(笑)
覆面さん、ゴメンね。
ばらしちゃった。(笑)
次のICで降りて行ってしまいました。(笑)

そして、

丹波焼の里に到着。
道路沿いに焼き物銀座のようにたくさんの店が並んでます。
一番の目的は

このお店の

このイノシシの箸置きだったんですが、
売り切れてました。(T_T)
残念。。。。。。。
とりあえずお腹がすいたので、検索してたレストランに行ったのですが、
なんとこの連休に休んでる。。。(@_@;)
仕方が無いので兵庫県陶芸美術館のレストランにもぐりこみ。


おしゃれすぎる食事をいただいて、
ふっと気がついたのが、

この可愛らしい箸置き。
これはもっと探求してみないとということで、
腹ごなしついでにあちこち歩き回りました。

このお店で

見つけました。
もちろん買いましたよ。
他にも色んな店で可愛らしい箸置きをゲット。
もちろん丹波に因んだ製品を選びました。
では散策の写真をずらり。


裏通りは車では入れません。



ここで、

焼き物の仕事場を見学させていただきました。


丹波焼最古の登窯!。

でもこういう登窯って

各店にそれぞれ有るから

大小あちこちで見られます。
いっぱい歩き回ったので(それでも全部見れなかったのですが)
最後に小腹が空いたので、
テレビでも有名になった、

このお店で食事。
卵かけ御飯定食420円。安っ。

卵、5個までかけて食べられる。
軽くで済ませるつもりが結構お腹膨れてしまいました。
帰ってから何も食べれなかったです。



そして次、

20日月曜日祝日は、
舞洲でジムカーナ。
初めはこの日予定が入ってたので、参加するつもりはなかったのですが、
急に予定が空いてしまい、
かつ、主催者から、
「台数少ないから参加して~~~」
という押しのラブコールをいただいたもんですから、急遽参加となりました。
そんなに少ないなら、
あわよくば「金」がもらえるんじゃ・・・・・・
と期待して行ったら、


全然多いじゃん!!
もう諦めモード・・・・・・・
かつ、今年のコースは、

ターンでスライドさせる所も無けりゃ
ストレートも短く
常に中低速コーナーの連続。
すなわち、タイヤのグリップが高い車が勝ち!
って全然面白くないじゃん・・・・・・
遊べないコースにはあまり興味が湧きません。(ToT)
案の定、

銅メダルと景品で終わりました。
今年はこれで終わりかな。。。。。。
参加車種は豊富でしたよ。


レヴォーグは静かに速かった~~。
ノーマルでこの速さだから、弄ったらどうなることか。







これ、なにげに欲しいなあ。。。。。

まあ、ジムカーナは来年のコースレイアウトに期待しましょう。(笑)



では貯まりに貯まったジオラマ製作。。。。

前回は番外編で、
前々回が本編の最後で

建物を建てるところまで。
今回は大まかな風景まで仕上げますよ。
まず、
建物周辺の物の取りつけから。

まずは電柱です。

豪雪地帯になる所はアクセントになるんですよね。


次に

ガードレール。

2種類有っておもしろい。

駐輪場になる場所に柵として。

橋のフェンス。

旅館の駐車場の柵と道路沿い。

駅前ロータリーに。
っと設置していきます。

そして、道路や建物の境目をつけながら地面を塗り分けます。

これを使います。


どんどん塗り分けます。


こんな感じで道路以外を土の色にしてしまいます。
ここまででも、乾かしたり、塗りなおしたりと、
日数はかかりました。

次に道路を塗り分けていきます。
使うのは、

これ。

アスファルトの色が簡単にできちゃうんですねえ。


どんどん塗り分けていきます。

こんな感じ。

豪雪地帯なんかは塗らなくて良いんじゃないかと思われるかもしれませんが、
これもまた、雪の塗りむらの隙間からスタイロフォームの青色がのぞくとみっともないので、
あえて全部塗り潰します。
これも乾かしたり塗りなおしたりで日数がかかりました。

今回はここまで。




テンちゃん、トクちゃん。
今までブログアップをお休みしてたので、
テンちゃんトクちゃんもお休み姿を。。。。

鏡越しにチラッと。



白文鳥写真の前でテンちゃん居眠り。(笑)

手の中でグリグリされて。

全く同じ格好で。

襟足でも。(笑)
Posted at 2017/03/23 00:00:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月08日 イイね!

タイヤのお話の続きPart2 & ジオラマ製作番外編



え~~~~

ホントにお久しぶりです。

2ヶ月ぶりですね。

生存はしておりましたが、
ネタが有りませんでしたので。。。。。(^_^;)




ということで、
早速本題に。

前回、
ホイール巾の既定サイズより大きめのタイヤを履いてみたらどうなるか、
というお話が出ましたので、
今回やってみました。



ウチのDはかなり協力的です。
特に担当してもらってるメカニックさんは
危険でなければ
かなりの許容範囲で的確なアドバイスを頂けます♪
助かります♪

ハイ!
実行したのは
フロント7.5Jの純正ホイールに
リアのサイズの245/35を履かせました。
余ってたミシュランPSSです。


取りつけ途中とかの写真は撮り忘れました。スミマセン

取りつけ作業は特に問題も無かったようです。

気になってたタイヤの干渉ですが、
これもすえ切りでどこかに擦れるといったことが有りませんでした。

メカニックさん曰く
このくらいのサイズオーバーなら
スポーツ走行でも外れるとかそういうトラブルは無いだろうとのこと。

ハイ、
取り付けに関しては特に問題有りませんでした。



次に見た目です。



サイドウォールが立ってます!
トレッド面がショルダーギリギリまで来ています。
なんかしっかりフロントが食いついてくれそうな外観ですね。

全体的に見てみると



今回のことで
フロントもリアも245/35 18インチで統一されています。
サイドウォールの立ってるフロントの方がタイヤが分厚く見えますね。
ホイールを目立たせるには
リアのようなヨーロッパ製のサイドウォールの丸いタイプが良いかもですね。



次に街乗りと高速道路です。
写真は有りません。撮ってません。

一般道を普通に走るにはなんにも変りません。
ただ幅が大きくなった分、
ハンドルは重たいです。
面が大きい分グリップは増えたってことでしょうか。。。。

高速道路ですが、
速度が上がるとサイズオーバーのデメリットが出てきます。
まず、乗り味が、ブワンブワン。。。。(@_@)
まるで、タクシーで高速をぶっ飛ばしてる感じ。。。。(@_@)
縦だけでなく、横方向の不安定さも出てきます。
ハンドルに力が入ってしまいます。
カーブも凄い違和感。。。。(@_@)
ハンドル切り始めは変わらないなあって入っていくと、
途中から、グワンって、インに入っていく感じ。。。。(@_@;)
最初は切り足すとグリップが高くなってる分そう感じるのかなあと思ったんですけど、



ここへ行って
事情説明すると
しゃっちょさんから、
それは、最初タイヤウォールがよじれてレスポンスが薄く、
そのあとよじれが収まった後半にいきなり操舵が効き始めるからだろう、
って。

これって



ここで教えてもらった、
タイヤのレスポンスが悪くなる、
って言ってた内容なのかあ!
体験するとやっと理解ができました!

この時点で
既定サイズ内に収める事の重要性を再認識!

でも名神タイヤさんで一言いただいたのが、
「モータースポーツは正直言ってなんでも有りだから」

ってことで

この12月4日に



舞洲ジムカーナに。

今回はこのテストのための参戦。
成績は聞かないでね。(恥)

で、モータースポーツでの感触は、

全然恩恵を感じない。。。。orz

今まで通り、
アンダー出る時は出る。。。

全日本ジムカーナチャンピオンの
小林キュウテンさんにアドバイスをもらいながら



空気圧を色々いじりなが試したけど、

大したタイム短縮にならない!!(@_@;)

ということで

今回のタイヤオーバーサイズテストでの私の結論としまして、
ジムカーナで得たことも含めまして、

1、既定サイズは全ての安全と安定のため守りましょう!
    車は既定のサイズでバランス取れるように出来てるから崩さない方が良い!
    タイヤの引っ張りや突っ張りは構造上よろしくないみたい。

2、競技では面積より面圧が重要な時が有るのでエア圧高めの設定も考慮必要。
    今回はアドバイスに沿って3.1でジムカーナしました。
    タイヤもあまり傷つかず、コントロールもしやすかった。
    プロは3.5でするらしい。これにはビックリ。

3、私はサイドウォールの柔らかいタイヤは超苦手。
    ミシェランは高性能なのは分かりますが、感覚に合いません。
    でも245にしてもWETでは滑るから怖い。。。。

以上です。

今のタイヤがもったいないので
来年のサーキットまで履きつぶして
その間は超安全運転で過ごします。





ジオラマ製作ですが、
本編の方はぼちぼち進んでおります。

今回は番外編という事で、
ちょっと息抜きお遊び弄り。

というのは

最初に作った小さめのジオラマ、



眠ったままだったので



ちょっと出してみました。
これ半年で作ったんですよねえ。
よく作ったもんだわ。
今の作ってるヤツ、
1年経ってもまだ半分だもん。。。。

で、
何を思い立ったのか、
建物に灯りを入れてみたくなりまして、



こんなの買っちゃいました。

それで作業に入りますが、



例の棒状のスチロールカッターで建物の底に穴を開け、



電球を埋め込みます。

出来上がりは、






まあ
自己満足の世界でございます。(笑)
下手なりに雰囲気は出てるかなっと。
進行中のジオラマの雪景色にうまく反映されるかなあ。。。。





今回のテンちゃんトクちゃんは
甘えん坊特集です。
背景が醜いのは許して下さい。(笑)







こんだけ懐かれると
癒されて
しっかり息抜き出来ますね。


Posted at 2016/12/08 20:55:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月16日 イイね!

タイヤのお話の続き & 噂のアルミテープ & ジオラマ製作14




まず、

前回のブログで
タイヤが引っ張り気味と指摘を受けた件・・・・・



サイズを大きくすれば、
って言われて
Dでどこまで可能か聞いてみて、
前245、後265ぎりぎりとまで教えてもらい、
ホントに大丈夫か確認のため、
タイヤの専門店に相談に行ってみました。



いつもお世話になってる
ここ名神タイヤさん。

で、
ここの方、曰く、
これは
引っ張りでなく、
タイヤの形状とのこと!
ピレリやミシュランなどヨーロッパのタイヤは、
サイドの剛性と乗り心地を両立させるため、
丸い形状をしているとのこと。(゜_゜)
前7.5Jに225、と、後8Jに245、は
全然引っ張りでなく、
いっぱいに入ってるとのこと。
もしサイズを大きくすると、
ステアリング時にサイドがよれてレスポンスが凄く悪くなる、
とのこと。
それに、前はサイズ大きくすると
操舵時にどこかに干渉する可能性が出てくるとのこと。
日本のメーカーのスポーツタイヤはサイドが丸くないので
引っ張りにはならないとのこと。

ん~~~、
なるほど・・・・・
情報は色々聞いてみるもんですな~。(-.-)

そうするとタイヤ代が余分にかかるなあっと思い、
じゃあ流通の多い1つ扁平率の大きいタイヤにすればと思い、



もう一度Dのメカニックにお尋ね。
しか~し、
今度はそれすると、
外径が変わって空気圧警告が誤作動を起こす可能性が大とのこと。(@_@;)

ん~~~
なかなか難しい・・・・(+o+)

ってことで、
家に前使ってたミシュランPSSが残ってるので、
後の245を前にはめてみて、
干渉が無いか、サイドが変な形にならないか、
作業時間が結構かかるみたいなので、
後日改めてテストということになりました。

また結果は報告致します。(^_-)-☆




次、

ちまたで
噂の
あれ、

そう



アルミテープチューニング!

トヨタ86等で純正で売られてますが、
一般の普通に売ってるアルミテープでも可能ということで、
やってみる事に。(^^)/



普通にコーナンで売ってます。
500円!
まあこの値段で失敗したって
全然損しないし、
別に車両を傷つけるわけではないので。

AZORAさんに
うさんくさい!!っと野次られながらも
せっせと貼り付け。
とにかく非金属部にあまり目立たないように。
かつ、辺縁の長さが長い方が良いようなので、
細長いのを細切れにたくさん。



フロントバンパーの下。


エアロパーツの裏。



リアディフューザーの下。


ミラーの内側。

とりあえずこのくらいで。

で、
一般道、高速道路でそのフィーリングはというと、
ん~~~~
ちょっと違うかなあ・・・・・程度で
明らかな変化は感じず。

しかし、
サーキットでは、

実は9月の鈴鹿は貼ってなくて
10月の岡山は貼ってたんですが、
条件が違うので何とも言えませんが、
ミィクンさんのカレラ4Sの最高速のDATA記録と比較すると、
貼ってない鈴鹿では
ミィクンさんの4Sが245km、私のM135が232km。
貼った岡山では
ミィクンさんの4Sが204km、私のM135が218km。

ん!!!!
貼った方が最高速でポルシェに勝ってる!!\(◎o◎)/!
絶対的な結果ではないが、
逆転してるということは、
やっぱり
効果有るのか!!!!

エアロダイナミクスがちゃんと仕事出来てるんですかねえ。(・。・)

気のせいかもしれませんが、
まあ無駄ではなかったとしましょう!(^O^)/





ジオラマ製作ですが、

前回は



山の緑の植え付けまで。

次は
建物を固定していきます。

まず、





建物の周囲の情景の下書きをしていきます。





この棒状のスチロールカッターを使って




穴を開けておいて
建物を固定します。
この穴は後で気が変わって建物に照明を入れたい時に使います。

今回はここまで。



テンちゃんトクちゃん、



木の陰に潜んだり、



壺巣に潜んだり、



自由にやっております♪


Posted at 2016/10/17 00:41:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@lapichin さん、私は次は走らないかと・・・・・」
何シテル?   06/22 16:46
ほっと8です。よろしくお願いします。 基本ノーマル大好き人間です。 日常の安全運転にフィードバックできるスポーツ走行がモットーです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

凄くリアルですね🎵 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/10 09:04:55

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

キャデラック SRX キャデラック SRX
家族親族人数の多い時に利用することが多いです。希少性あり。迫力あり。意外と運動性能は良い ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
130の極度の老朽化により、 発表前の2月末に発注。 7月24日に納車となりました。 自 ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
車歴の中で一番スポーツして楽しんだ車でした。 ハイパワー、コンパクト、FRでサイドブレー ...
日産 レパード 日産 レパード
初のターボ車でした。当時のドッカンターボは結構癖になります。パワーがNAから70psも上 ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.