車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年03月14日
たまには最近の車インプレッションなど。アウディTT編
たまには最近の車インプレッションなど。アウディTT編 昨日夜に wonder_95218氏の粋な計らいでアウディTTロードスターを味見させていただきました。それと以前東京に出張したときにshumai氏のフォードフォーカスSTを試食させていただいたので、昨今のターボFF欧州車では評価の高いこの2台を完全素人のワタクシが独断と偏見でインプレッションしてみます。あくまでも一個人の独断と偏見ですんで厳しい突っ込みは勘弁してくださいませ。

まずは声をかけていただいたお二方に感謝の念を。ちなみにwonder_95218氏はシトロエンC4VTS乗りでshumai氏は以前ルノークリオRSを乗ってました。

てことでまずはアウディTTからですが、写真並べて気が付いたんだけど両車はフロント周りはなんとなく似てますな。ヘッドライトの部分とボンネットのラインが奇しくも同じテイストになってる(^^; 今ヨーロッパではこういうのがはやってるってことなんでしょうかね?TTの場合ロードスターだからグリル部分を隠してしまうとなんとなくS2000っぽく見えてしまったり。全幅1.8m越えのリアビューはまさにデカ尻女@キリンって感じで迫力がありますな。ところが横から見るとほぼ4メートルなんでユーノスロードスター並のコンパクトさ。この全長と幅のギャップはなかなか独特でアウディTTならではなデザインなんでしょう。ただ全体的にすっきりしたデザインなんで個人的には初代TTのファニーで押しが強いデザインの方が好きかな?R8なんかは好き嫌いがはっきり出るような押しの強さがあるけどTTの場合は少し控えめな印象ですな。

この控えめな感じは内装にも言えて、初代のグローブの様なシフトやシートはすっかりふつうな感じになってます。逆にアウディらしくなったといえるけどちょっと寂しい気がしないでもない。ただ操作系に関してはよく作り込んでるようでウインカーやパドルシフトなどの位置は実にしっくり来るから初乗りでも全然違和感なく操作できます。この辺が人間工学を考えてるドイツ車だねって感じですな。シートもたぶんレカロ製だと思うんだけど座り心地、ドライビングポジションともドンぴしゃで言うことないです。ただオーディオとエアコン系は操作し辛い。ボディ剛性を上げるためかセンター部分にゴッツいフレームが通ってるので仕方ないんだろうけどブラインドタッチするまでに慣れを要すでしょう。またそのボディ剛性と安全性のためかサイドシルも乗り降りに難儀するほど分厚いです。まあトミーカイラZZやエリーゼほどではないからまだマシかもしれないけど、スカート姿の女性は注意された方がいいでしょうね。逆に男性は進んでエスコートしてあげましょう(笑)

でもって実際に走り出すとそのボディのしっかり感はかなりのもの。段差なんかじゃまるでびくともしないです。その代わりドアのラインの高いこと!Aピラーのまあ太いこと!ロールバーもゴッツイからたぶん3回転ぐらい横転してもキャビンの空間は確保できるでしょうな。ただそのことでオープンカーに乗ってることをすっかり忘れさせてくれることと街乗りの見切りが厳しいのが若干惜しいかな?ただこれは後述するエンジンを考えたら安全性を上げるためには必要なことなんだなと思いますが。

次第に車になれてくると面白いのが6速シーケンシャルシフトのDSG。なんでもツインクラッチ式のという詳しいことはわからないけどかなり自然なシフトチェンジをしてくれます。前に乗ったMR-SやスマートシーケンシャルのはかなりもどかしいものがあったけどこのDSGは反応も早いし変速ショックもほぼ無いですね。技術の進歩って凄いんだなあ~。注意深く走ってると微妙に半クラをしてたりするのが面白いですな。ついつい不必要にシフトチェンジして遊んじゃいました。

心臓部のTFSI2000ccターボエンジンもかなり美味しい。結構なロングストロークで圧縮も10.5と高め。それにロープレッシャーのターボの組み合わせは1800rpmから最大トルクを出すそうでどの回転域からでも車を前に押し出す感触は自分好み。街乗りペースで走ってるときは全く不満はなく2000ccとは思えない静かさとスムースさを持ってます。この辺はさすが500万級のプレミアムカーでしょうな。

ではワインディングでペースを上げていったときはどうか。
ここからが本領発揮をなるわけですが、まずこのエンジンは200馬力とは思えない力強さで、R32スカイラインより100kg重い車重を全く感じさせず、純正とは思えない野太い排気音とともに車体を加速させます。1800prm~5000rpmまで28キロのトルクを出してるからどの回転域でもグイグイきますね。最後の最後5000rpmからレッドの6200rpmは詰まり感はあるけれど早め早めのシフトアップであっという間に非合法の速度まで誘います。いやー本当に速いエンジンだこれ。それに併せてDSGもかなり早い反応でシフトアップダウンをするんでかなり楽しく走れます。

ただこういう領域になると気になるのはアクセルを多く動かしたときに若干ターボラグですね。電子制御スロットルのためかターボラグかわからないけど、右足の踏み込みにリニアに反応せず若干のずれが感じられます。慣れかもしれないけど、この部分は最後までちょっと釈然としなかった部分の一つです。それとDSGはブレーキを踏みながらシフトダウンするといい感じだけど、アクセルオフのエンジンブレーキのみでコーナー侵入した時シフトダウンすると回転あわせる為か一瞬空走するような状態になりエンジンブレーキがと切れるんでちょっと焦ります。なるたけブレーキを踏みながら早めのシフトダウンしなきゃいかんです。

そのフットブレーキに関して全然問題なし。17インチホイールいっぱいいっぱいまで納められたブレーキは前後いいバランスで減速します。車がぐっと沈み込むような感じで姿勢変化も少なく安心感のあるブレーキは脱帽ですね。

とまあ褒めたり貶したり好き勝手のこと言ってますが、もう一つだけ言いたいことありまして。それは上記に全然出てこないけど個人的に最重要な要素の足回りのことです。

というのも正直足回りに関してはあまりよくない印象でした。確かに45タイヤ履いてるにしてはそこそこ許容範囲の乗り心地に仕立ててるのは凄いなと思うものの、ワインディングではロールを嫌った設定なのか凸凹を拾いすぎるしイマイチグリップしてるという感触が薄かったんですね。幅広なタイヤだからその限界は高いし安定してるけど、限界を越えそうな領域での動きが最終的にピーキーそうな気が抜けない感じを受けたことがマイナスです。一回潜って足回りを観察してみたいですなあ。ちなみに悪印象の最たる原因が電動パワステに有るんじゃないかと思います。速度感応式だけど全体的に軽すぎるのと、ロードインフォメーションが全く伝わってこないんでタイヤの状況が感触でわからないんですよ。

確かにステアリングによけいな振動があると安っぽくなるし、ハーシュネスを嫌うのはわかります。幅広いタイヤを老若男女でも運転できるように軽いパワステにしたほうが一般的には受け入れられるでしょう。ハンドル操作に敏感に反応して曲がる方が一般的にはシャープでスポーティと喜ばれるでしょう。普通に走る分にはその方が間違っちゃいないんですよね。でもちょっとやりすぎちゃう??

タイヤの状況がここまでわかりにくいってのはドライビングを楽しみたい自分には致命的問題です。最近の電動パワステは搭載車は全体的にこういう感じを受けることが多くなんかプレステのゲームみたいってのは言い過ぎだけど、そんな感じもしてしまうわけなんです。まあ単に最新技術に付いていけないロートル人間のぼやきなんですけどね(^^;

アウディTTはもの凄くよくできてます。コストもたっぷりかけ、安心安全に格好良く走っても速いし燃費のよい車です。

チラシの裏でした。
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2008/03/15 15:19:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ
この記事へのトラックバック
んなわきゃない」 From [ アカイクルマ ] 2008/03/16 00:23
車検年だしと物色してたら高年式で新古同様の個体を発掘したのでお乗り換え、ではなくて。 車検前だと買い換え検討していないとハッキリ表明してても当選するだろうと謀って申し込んだ Audi TT 5 da ...
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「S2000 エンジンマウント交換 http://cvw.jp/b/194116/38709319/
何シテル?   10/16 22:25
自分の日記的に整備記録を作ってみました。こっそりと更新しております。あまり公開するほどの物ではないのでタイトルは@名称未設定ってことで。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ホビーサーキットへ行ってきました(*・∀・)ノ゛ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/21 00:16:18
こんなCMダメだろ、ダイハツ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/02 11:20:08
カングー アーシング施工 大成功! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/21 23:09:59
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
AP1-100 とても素直でよく走る車ですなあ。
ルノー メガーヌ クーペ ルノー メガーヌ クーペ
17年11月に手に入れ18年の1月に自力で車検を通した黄色いヤツ。昔から好きだった車です ...
ホンダ パートナー ホンダ パートナー
働く車ホンダパートナーです。月に3000km弱走行という過酷な使われ方をしてるけど今のと ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
もう普通のセダン車乗りになります!4枚ドアでシルバーで、これ以上ない落ち着いた車です。し ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.