• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

DellPieroのブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

ぶらっと白老カーランド--ラストラン!!

ぶらっと白老カーランド--ラストラン!! 某日と某日、ぶらっと白老カーランドに走りにいきました。

 前回行った時は体調悪かったり、タイヤとアシのバランスが悪かったりして、あまり楽しめなかったので、アシも換えたことだし、今度はそれなりにちゃんと走ってやろう、そして残り少ないせっかくの機会を楽しんでやろう、という意気込みで行って参りました。

 やはり、アシを換えると(へたった純正アシからビル・B12へ)、0541・十勝ジュニアで走った通り、以前よりだいぶ良い感じで走ることができます。
(本人のウデは変わりませんが)

 その日のベストは、1分18.26秒でしたが、ヘアピン以外のコーナー、安全マージン取り過ぎで、あまりにぬるーい走りだったのが気になって、もう一回行ってみることにしました。

 で、ラストラン。

 ちょっとだけ安全マージン削って、もう少し本気モードにすれば、簡単に18秒は切れるだろうと安易に考えていましたが、意外と防衛本能が先立ち、やっぱりブレーキがあまる、あまる(^^;)。

 トランスポンダーもったないので借りず、iPhoneアプリの計測ですが、1分18.05秒と、あと0.05秒削ることができませんでした。ま、誤差の範囲かもしれませんが、、、

 ウデはあまり上がらなさそうなので、イジリたい気持もありますが、ファミリーカーとしての、

・安全性
・経済性
・利便性
・快適性
・趣味生


を考えると、難しそうです。

※ふだん、運転下手なヨメが運転しています。
Posted at 2017/10/28 19:34:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | AUDI | クルマ
2017年10月14日 イイね!

秒殺トレーニング、今年も参加しました。

秒殺トレーニング、今年も参加しました。 10/14、ジムカーナ界では知らぬ者がいない、あのスーパー・オーリンズの川村さんがやっている「秒殺トレーニング」、今年も参加しました。

 去年はけっこう難しいコースでしたが、今年は比較的シンプルなコースを午前・午後走り込む形式になりました。(午後用のコースが用意されていたものの、覚えるのが難しすぎるということで、午前のコースを午後も使用)

 走る前の慣熟歩行では、川村さんの解説が色々聞けて勉強になります。今回のポイント(私の中の)は、丸と直線

 要は、コーナーリングでは、蛇角もアクセル開度も一定で余計なことをしないのが良い。そして、コース内でなるべく直線を作り、アクセルをできるだけ開ける。

 この二つは、今まで意識してきたことでした。(もちろん、実際はできないことが多いのですが)

 MR2が、相対的にコーナー勝負ではなく、立ち上がり勝負のマシンなので、直線をなるべく多く取りたい、というのを意識していたのですが、意外と他のクルマでも一緒なのですね。

 お弁当を食べ終わって、午後、適宜、各自計測に入ります。

 しばらくみなさんの走りを見ていて、なんとなく頭に思い浮かんだのは、「一分切ったらしばらくMR2に乗ってもよい。一分切れなかったら、降りる。」というものでした。

 で、結果は、、、

 一分ジャストでした(^^;)。(正確には、一分0.2秒)

 ちょうど一分というのは、考えていませんでした。

 早い段階で、一分と0.2秒位だったので、普通に何回か走ったら、多分一分は切るだろう位に考えていたのですが、甘かったです。

 というわけで、MR2降ります。

 と、ちらっと考えましたが、

・オカネがない。

・MR2よりも魅力的で速い(しかも安い)次期車というのが、意外に見つからない。

 等々の理由で、まだしばらくMR2(SW20)乗り続けるかもしれません。

 話がそれたので本題に戻します。

 計測後は、お遊びのスラローム勝ち抜き合戦(1対1で勝ち上がり形式)です。

 私の最初の対戦相手は、イケメン・ナイスガイのみず〜氏でした。

 実はこの日、86/BRZ軍団には計測全敗だったみたい(紙は配られていないのでザクっとしか実態は分かりませんが)なので、正直、一矢報いたいところです。

 で、MR2のトラクションを活かして頑張ってみると、見事勝利、、、

 だと思ってパドックに戻ったら、「デル・ピエロさん、パイロン・タッチで失格!」とのアナウンスが聞こえてきました。

 練習・遊びと言えども、こう負け続けるとちょっとガッカリです。

 ともあれ、八月の砂川以来のジムカーナ、練習としては、いつ以来だ?、というぐらいの練習で、大変勉強になりました。

 主催者のみなさま、参加者のみなさま、お疲れさまでした。

<訂正>
「タイム計測のリザルト配布されていない」と書いてしまいましたが、シンシアさんのブログの方で参加者だけにアクセスできるようになっていたようです。失礼しました。

 で、「86/BRZ軍団に全敗」というのは私の間違いだったようです。でも、速い人が多かったという事実は、基本変わりありません。
Posted at 2017/10/18 21:45:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | クルマ
2017年09月21日 イイね!

不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀展--ご本人と対面

不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀展--ご本人と対面 9/18、たまたま出張で名古屋にいたので、アウト・ガレリア"ルーチェ"で、不世出のパイオニア・レーサー 鮒子田寛の半世紀展を見に行きました。

 そこに行ったのは二回目ですが、入るのは初めてです。前回来た時は、確か月曜の休館日だったのです。

 住宅地の家具屋の二階に、ずっと来たかったアウト・ガレリア"ルーチェ"がありました。

 入ってみると、入り口右にミニカー・コーナーがあって、奥の方にクルマが四台と、その他の貴重な品々が展示されているという構成でした。

 しばらくクルマや映像を見たりしていると、鮒子田さん・ご本人らしき人がスタッフさんと話をしているのが見えました。

 しばらくして、私は壁に貼ってある説明書きを読んでいたのですが、長年のひっかかっていたトムスGBのアウディへの売却の件の箇所のところで、偶然、ご本人が目の前にいらしたので、ついつい話しかけてしまいました。

 私がひっかかていたというのは、トムスGBがアウディに売却されて、結局アウディがル・マンでつい最近まで「耐久王」と言ってもよい位に活躍していたことです。

 そして、今のところ、トヨタは優勝まであと一歩というところまではいくものの、優勝できず。

 もちろん、トムスGBが関係したのはアウディそのものではなく、グループ企業のベントレーだったわけですが、ル・マンで「優勝」という成果を得ているんですね、これが。

 どうも、私は、この辺にトヨタのチグハグさみたいなものを感じるのです。

 トムスGBを残していればトヨタも優勝できて、アウディは「耐久王」と言うほど勝てなかったのに、という単純な因果関係を言いたいわけではないですが、ヨーロッパの生き残っているメーカーって、もうちょっとチューナーとの関係大事にしてましたよね?
(そうでもないかな)

 と、この辺りをご本人とお話ししたかったのですが、通りがかりでいきなりだったので、そんなに深い話はできるはずもなく、ご挨拶程度に終わってしまいました。

 とは言うものの、貴重なクルマ(レプリカ)・資料など見れて、ご本人ともお話しできたのだから、かなり満足度高い時間を過ごすことができました。
Posted at 2017/09/21 17:50:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年09月12日 イイね!

サーキットとジムカーナ--後者はリアル頭文字Dの世界

 サーキットとジムカーナ、どっちも面白いので、どっちも続けたいのですが、しばらくはジムカーナをメインでやっていこうと思っています。

 安全性、経済性の問題もありますが、個人的に、アノ事件の影響も大きいです。

 十勝スピードウェイ・クラブマンコースで、推定20秒近く差を付けられた某ハイパワー四駆車に、雨の日、初心者向けジムカーナ・コースで追いついた

 という出来事は、とても印象に残っています。

 20秒も差がついたのは、MR2のアシがちょー古い純正だったり、タイヤがZ2の溝ギリギリだったりしたのもありますが、全く同じ仕様(どころかタイヤはもっと溝ギリギリだった)で、雨の日、その四駆に追いつきました。

 因に、ジュニアのコースで約10秒差を付けられたけれども、やはり初心者向けジムカーナ・コースで逆転した、という出来事もあります。

 初心者向けジムカーナ・コースは、一回ぐらいサイドターンを含みますが、ほとんど峠の曲率(もちろん上下はほぼない)ものです。

 つまり、ダウンヒルではありませんが(その代わりストレートもほとんどありません)、ちょうど頭文字Dと同じような状況で勝負できる、大変良い機会です。

 あのマンガでは、ダウンヒルだからパワー差が消えて、ハイパワー車に86が勝ってしまうという筋ですが、現実にそういうことがあるんですね。

 自分で体験すると、感動ものです。

 マンガや映画やゲームの比ではありません。

 で、意外と、初心者向けジムカーナ・コースのリザルトは、(十勝以外の)サーキットのタイムとも比例しています。

 PWR、コース経験度、タイヤ等々条件が近ければ、意外と比例している、印象です。(あくまで個人的な印象です)

 ただし、私の場合、十勝スピードウェイを除いて、ということですが。
Posted at 2017/09/12 09:30:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | クルマ
2017年09月04日 イイね!

0541 MEETING 2017

0541 MEETING 20170541ミーティング、9/2、今年も参加してきました。四回共出席。今のところ皆勤賞です。

いやー、去年は家族連れで来てヨメの体調が悪くなり、二本目の途中で退席するというハプニングが生じて、正直、やや不完全燃焼の観がありました。

 そんなわけで、今年は一人での参加です。

 今回のトピックの一つは、タイトル写真にもあるように、Sタイヤっぽい(^^;)ナンカンのAR-1でした。通りがかった人の多くが

「これSタイヤですよね?」

みたいな質問をして

「一応ラジアルで、一本一万ちょっとで買えるんです」

みたいな答えをしていました。

 それと、OZのホイール、ウルトラ・レッジェーラです。純正17インチホイール+ナンカンNS2-Rが22-23kgなのに対して、写真のOZ+AR-1は、ジャスト21kgです。

 しかし、このほんの1-2kgの差が天と地の差を生みました。

 一本目、昨年と同じく、純正17インチホイール+ナンカンNS2-Rで走ったのですが、10分走った後ピットに戻ると、煙がもうもうと立ちこめていて、すごく焦りました(^^;)。

 アルファプロジェクトの大将に聞くと、フェロードDS2500レベル(つまりストリートからサーキットまでカバーするパッド)だと、「そんなもんだろ。大丈夫だよ」とのご回答。

 その後、二本目から写真のOZ+AR-1に換え、時間もブレーキタッチも気をつけて走ると問題なかったです。

 厳密に同じ走行をしたわけではありませんが、よく言われるように、バネ下1-2kgの差は非常に大きく感じました。

 結局、昨年のほぼどノーマル状態のシェイクダウンから、今回、タイヤ、ホイール、ブレーキ・パッド、足回り(ビルシュタインB12 ProKit)を換えてリフレッシュしたのですが、だいたい予想通り、生タイム2-3秒アップしました。

 足回りは今年換えるつもりはなかったのですが、白老を走ってみて、純正がへたってロールが激しくて危ないと感じたので、やむを得ず交換に至りました。元々、オカネもないし、毎年ゆっくりリフレッシュしたかったのですが、、、

 ともあれ、タイヤなど一部を抜かせば、基本ファミリーカーをちょっとスポーティーにした仕様ですが、今までよりだいぶ良いです。ビルシュタインB12 ProKit、サーキットで走るには、ちょっと柔らかいかな、といった程度です。

 話を全体に戻すと、イタリア車を中心に約40台、格好良いクルマ、可愛いクルマ、貴重なクルマがたくさん集まりました。



 で、いつも通り三本のタイムアタックを終えると、今年はなぜか模擬レースに参加してもよいことになったので、「せっかくだから」という軽い気持で参加しました。





※動画は徳名希望さんのところから。撮影&アップ、どうもありがとうございます。

 が、イザ走ってみると、私が慣れていないものだから、予想外の激闘になってしまい、最終週でインを刺され、あわや激突という事態に!

 何とか左によけたものの、左側若干コースアウトしました。写真は、激闘後の左リアです。ホイールに土が入っています。

 うーん、中途半端な譲り方は、かえって良くないみたいです。

 ともあれ、今回は大変貴重な経験をさせていただきました。

 主催者のみなさま、参加者のみなさま、今回もお陰様で楽しいときを過ごすことができました。ありがとうございました!
Posted at 2017/09/05 00:29:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | クルマ

プロフィール

「[整備] #MR2 RS1000投入(5w-50と5w-40のブレンド) http://minkara.carview.co.jp/userid/1941306/car/1454749/4483327/note.aspx
何シテル?   10/26 13:03
かなり年喰ってから、モータースポーツ齧り始めました。 結果はアレですが、一応ジムカーナの大会などにも出ています。 多分備忘録的なものしか書けませんが、よ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

スポーツドライビングジャパンの事業が『物流weekly』に掲載されました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/29 13:53:09
SCL~白老カーランド(サーキット)走行~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/26 22:51:03
誰にでも簡単にできるFRPバンパー補修Ⅰ~FRP割れ補修編~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/29 18:11:12

お友達

アルファロメオ(or イタフラ車)やジムカーナ(or SW20)に興味ある方、お友達募集中です。
51 人のお友達がいます
toby-mtoby-m * ホワイトコウキホワイトコウキ *
twinguistestwinguistes * T.BASET.BASE *みんカラ公認
ふなむしふなむし * yohei nishinoyohei nishino *

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ A3 灰色ヤモリ、あるいはシック・クワトロ (アウディ A3)
運転ド下手なヨメでも運転できる中で、トップクラスの楽しいクルマが見つかりました。 まさに ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
2011年・春に、ジムカーナ用として、ついつい購入してしまいました。と言っても、納車時に ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
2010年の暮れ、ヨメがプジョーを全損にしてしまい、「もうマニュアルは絶対イヤだ」と言い ...
プジョー 306 (ハッチバック) プジョー 306 (ハッチバック)
自転車転倒事故の保険金で購入。古いものをサーキット走行も可能な程度に仕上げつつあった頃、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.