• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

りきやのブログ一覧

2009年06月28日 イイね!

TC1000の走行動画とってみました




先週の土曜日6/20に筑波サーキット(TC1000)にて練習してきました

前から自分の走行時の様子を車内から撮りたかったのですが
ようやく実現したのでupします

サーキット走行初級者によくある(?)走行1シーンとして
気軽にご覧下さい(笑)

撮影シーン時はDTC/DSC off状態です
自分の操作がそのままダイレクトの反応するので
アクセル操作は慎重に行ったつもりでしたが、途中何度かカウンターあてる
場面も、そして最後には。。。。(汗)

露出は外にあわせるのを意識してマイナスにしてみましたが
撮影されてみてみると 予想以上暗くなってしまいました
カメラの位置も少し斜めになっていますが
画像のその他お見苦しい点は 今後の課題として お許しください。
Posted at 2009/06/28 07:45:44 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2009年03月28日 イイね!

TC1000再び

TC1000再び昨日3/27に平日でしたが今週はお休みだったので、その一日を利用して
筑波サーキットのTC1000を走行してきました。

前回2/8に走行して車のクラッチ関係が壊れて、直ってから間もなく
妻からも直ったばかりなのにと文句を言われる中、
平日で同時走行する車も少ない方が、走りやすいだろうという事で
行ってきました。実際 少なく1走行に最高15台までコースインは受付されるのですが今回は平均して8台がMAXでしたので前回よりも後は気にせず走行できました。

1走行20分で、平日なので2000円です(土日祝日は2500円)
1周1分かからないので走り切れれば20周は回れるので
単純計算で1周辺り100円です
サーキット走行を大人の遊びと考えて
そう計算するとめっちや安いです(あまりそういう計算する人はいないかも)

今回 20分X3走行してきました
今回は前回の故障があって気持ち的にはビビリながら(故障の不安から)
1,2走行はDTC ON状態で走りました
DTC ONだと やはりところどころ制御が入って特にタイトコーナーを含めトラクションにダイレクトな反応が感じられない事もありました。

3走行目は完全OFFで走りました
走行中のトラクションも感じられ、自分の操作がストレートに反応して
満足感は高いのですが、その分ちゃんと操作・コントロールする必要が当然でてきます
そのおかげ(?)で第一コーナーと最終コーナーで1回づつスピンして
その際、一度エンジンがストップしてなかなか再スタートできなくて
一瞬ひやりとしましたが、
落ち着いたら再スタートできましたが、時間枠はまだ残っていましたが
大事をとってそれで終わりにしました。

タイム的には結果DTC ONもOFFもあまり 変わりませんでしたが
自分が操作した事がはっきり反映されるので慣れてきてミスしなければ
OFFの方が走った充実感も有りますし、タイムも縮めやすいかもしれません。

画像は今回の2走行目のタイムです。22周出来ました 
時間内完走です。(前回は完走できませんでした)

私の今回のベストは46,389でした このサーキット走られた方は
分かると思いますが、タイム的にはかなり遅いです
このサーキットが設定する初心者のタイム基準が46秒以上なので
そのまさしく初心者タイムである私が
130に乗っていて、ビビリながらとは言え、恥ずかしいタイムです

今回復帰第1回目なので勘弁してください(笑)
次回は45秒台目指します。
しばらく車の故障への不安(というより妻からの「壊すな」のプレッシャーの方が大きいかもしれません)がありますが。。。

とりあえず今回無事に帰れて良かったです。


Posted at 2009/03/28 15:16:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ
2009年03月20日 イイね!

130復活しました!

2月8日にTC1000にてクラッチ関係が故障して以来 やっと130が復活です

フライホイールが国内在庫が無く、ドイツからの入荷を待っての作業でした

先週の初めに修理が終わりましたが、車検の期限が迫っていたので
車を受け取り、今度は地元のディーラーにすぐに車検をお願いして

今週火曜日に仕上がってやっと車を受領しました。

結局、車検ではSFWを利用してのオイル交換をし、後はエアエレメントの交換だけです
後は若干ステアリングから音がしていたので、その分の交換・調整です

やっとあの故障後1ヶ月ちょっとして また130に乗れるようになりました
今後は車をケアしながら すきをみて(笑)
また TC1000を走って見ようと思います。
Posted at 2009/03/20 04:10:46 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2009年02月22日 イイね!

130その後....

130その後....先日のTC1000での130で走行時、自走不可能になった件のその後です

サービス工場にて見てもらった結果
破損・交換必要箇所はクラッチディスク、クラッチカバー、フライホイールでした

画像にあるのはクラッチディスクですが摩擦プレート部の片側がボロボロに剥がれた
状態で、フライホイール部も内部が破損していて部品の一部が折損していて
結局上記3点丸ごと交換です。

部品・交換費用は占めて約25万円です
うちフライホイールは13万円で国内在庫がなくドイツ発注品です

一番の問題であったSFWの保証に関してですが
結局 保証対象外という事になりました。

この2週間 何度も交渉しましたが 私の主張する事、求める対応は理解していただけるもの現実問題として対応を考えとしては
D単位としての判断ではなくBMWとして 今回のケースは無償では出来ないとの事でした

故障の状態から
サーキット等その他通常の走行ではない負荷が原因で生じたと判断でした

私としては 通常のBMWの中にある判断基準を超えての対応を期待したのですが
ダメでした。その結果に完全に納得は行かないものの今回了解しました。

冷静に今までの130への負荷を考えてみると 確かに今回サーキット走行自体は
初めてでしたが 以前にジムカーナ走行やその練習過程においてクラッチ関係に
自分が考えている以上の負担がかかっていた事もあったかと思います。
その積み重ねがあり、今回サーキット走行中に完全に破損に至ったと遅かれ早かれ起こっていた現象だったと今は思っています。

自分の車に対する知識不足や、負荷に対する認識の甘さがあり
車のケア(いたわり)が充分で無かった事を反省しています

今回の事で 保証でやってもらうよう交渉中のこの2週間 ちょうど3月に車検もあり、一時本当に130を手放そうかと考え、妻と近くのBMW以外のディーラーに行って見積もりを出してもらったり
中古でかなりお買い得ですぐにサーキット走れるほど手の入った状態のALFA147 2,0に
試乗したりしていました。私自身はこの147かなり気に入ったので 本当に乗り換えモードに入っていたのですが、逆にこの時点で妻の方が冷静になってきたようで、修理代払って、車検通して、130に乗り続けようと言われました。

簡単に言うと130以外、トータルで考えると
現時点では乗ろうと思う車が他に見当たらないという事でした。
私もそれに賛同しとりあえず130に乗り続ける事になりました。

今後サーキット走行に関する事に関して妻から完全否定されてはいませんが、
今度壊れたらどうなるか分かりません。。。がとりあえず走らせてもらえそうです。

今回の件から教訓、サーキット走行中に壊れても、また決して過去にそういう走行歴が
在った事等それが原因のひとつにされますので、通常のディーラーさんとの付き合いの中でも話題にする事は控えた方が良さそうです。
そういう点で今回に限らず過去にも、自分が正直に話してきた事は迂闊でした。

現在のBMWのスタンスでは サーキット走行等をしたかしないかはその真否は問えないので結果的に通常な負荷では起こりえない破損状態(過大な負荷が与えられた結果生じたもの)であればサーキット走行の有無云々でなくても保証外と言うことだそうですので、ただ少なくともこういうケースで交渉の話上での最後の砦にはなるかと思いますので。

SFWが切れていれば あまり関係ない話ではあると思います
今後は保証が関係無いので
負荷のかかりそうな所の強化・対策品があれば交換したり、
破損する可能性があるものとして予算を考えたり、
車をケアして走行するなど、サーキット走行等、納得してやれると思います







Posted at 2009/02/22 12:58:46 | コメント(14) | トラックバック(0) | クルマ
2009年02月11日 イイね!

初サーキット TC1000 第2話

初サーキット TC1000 第2話実は、サーキット走行後、自走できずローダーに130を積んで
帰る事になってしまいました(泣)

今回 2走行枠分、走りましたが、実は1走行目で、その兆候はありました。

1走行目でちょうど10週目ぐらいでしょうか、シフト操作してもギアが入らなくなって
UPもDOWNもできません。どこにもギアが入らなくなりました。エンジンは回っていますがまさしくニュートラル状態です。惰性でそのまま少し進んだ所何とかギアがまた入り何とかスローペースで1,2週周回して様子を見ていましたが、サーキットの係りの人の指示でピットに戻るよう言われ、走行時間はまだ残っていましたが、走行を中止して
駐車場に戻った所、サーキットの係りの方から車の下から煙が出てたと言われました。

ボンネットを開けましたがエンジンからではないようですし、車の下からオイル漏れ等も見当たりません。

一旦エンジンを止めて30分ほどしてから 再度エンジン掛けてギアを入れて見ましたが
普通に入りました。試しにサーキットをでて周辺をぐるりと走らせて見ましたがエンジンもギアも普通と変わらない反応で走行できました。

一時的に熱が入りギアが入らなくなっただけなのかと思い、次の2走行目まで2時間以上もあり、車も休められるだろう。再度2走行目前にエンジンかけてギアを入れてみましたがその時も問題なかったので 2走行目もコースインしました。

最初の5周は調子よく何の問題なかったのですが、6周目にまたギアが入らなくなってしまいました。今回は先程のようにはすぐ復活せず、コース内で完全に停止してしまいました。そんな中必死にギアを入れようとシフト操作をしばらく続けていた所、何とかギアが入り自走可能になりましたが、一回目とは違い、かろうじてギアが噛んでいる様な感覚でした。

そのまま駐車場まで何とか戻れました。今回は煙は出ていなかったようですが、
明らかに重症の雰囲気がありました。

その後帰り支度をしながら、少し車を休ませて帰れるのなら何とか自走で帰ろうと走り出しましたが、サーキットをでてすぐの所で
ギアが入らなくなり、もう完全に動けなくなってしまいました。

ちょっと途方にくれていましたが、落ち着いてから、自分が加入している自動車保険の
ロードサービスを呼んでローダーに130を積み込みローダーの助手席に同乗して
品川区にあるディーラーに連絡して車の受け入れの了解をもらい、そこまで筑波から
運んでもらいました。サービス工場自体は日曜日は休業なので、月曜日から診てもらう様になりました。

まだサービスから車の状態の連絡は来ていません。
今回の件は非常にショックでした
サーキット走行を続けていればいずれ何かしらのトラブル・故障等は
考えられる事ではありますが、初サーキット走行で且つそんなにハードに走っていない
(走れませんが)状況で それが起こった感じになったので
これからという矢先に 自分としては理想とするカーライフのスタートだと思っていたのでその出鼻をくじかれた思いです

サーキット走行に対して元々あまり良く思っていなかった妻にとっては
今回の事でサーキット走行にかなりマイナスのイメージを持たれてしまいました
それだけでなく
BMW車の車に対して不信感やネガティブなイメージを持ったようです。
来月車検の130ですが、ディーラーの対応次第では130も手放す勢いです

車自体は直すなり、買い換えるなりすればそれは済むのかもしれませんが、
今後の自分のやりたい事が出来なくなりそうで
それが一番心配です。車を2台持てれば良いんですけど、それも厳しいし。。。

とりあえず まずは車の正確な状態が知りたいです。 まずはそれから。
明日(もう今日だけど)にでもディーラーに連絡してみます





Posted at 2009/02/11 03:25:55 | コメント(10) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

初めてましてりきやと申します。Club BMW 1でもお馴染みの方もいらっしゃいますが、この場を通じていろいろな方と情報交換や交流が出来ればと思い登録しました ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

宜しくおねがいします
51 人のお友達がいます
ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認 shin132shin132 *
おたけんこおたけんこ rj2005rj2005
kokubokokubo コロ助135コロ助135

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
マニュアル好きで、車歴は、ほとんどマニュアルですが、唯一FORD TAUNAS?(ドイツ ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
休日の早朝に走っています

過去のブログ

2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.