車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
アルゼンチンワイン
アルゼンチンワイン 2016年頃のアルゼンチンのブドウ栽培面積は538,071エーカーである[2]。2003年のワイン生産量は132万キロリットル、輸出量は18万キロリットル、輸出金額は1億6,900万米ドルだった[1]。2013年のアルゼンチンのブドウ生産量は世界第6位、ワイン生産量は世界第5位だった[3]。
かつてアルゼンチンのワイン生産量は非ヨーロッパ諸国でもっとも多かったが、1990年代初頭にはアメリカ合衆国に抜かれた[4]。20世紀末に至るまで、アルゼンチン産ワインはわずかな量が輸出されていただけであり[4]、粗野な品種を用いた濃縮ブドウ果汁をアメリカ合衆国・ロシア・日本などの清涼飲料企業に輸出することで成功を収めていたが、近年ではワインの輸出量も増加している[4]。
2006年のワイン輸出量は総生産量のわずか10%であり、特にアメリカ合衆国での需要が多かった[4]。南米産ワイン輸出市場を支配しているのはチリワインであるが、アルゼンチンはチリの約1.5倍のワインを生産しており、アルゼンチン産ワインは特にアメリカ合衆国の市場での影響力を強めている[5]。2003年のバルクワインの輸出量は南アフリカ、ロシア、アンゴラ、日本の順だった[1]。輸出金額第1位は日本であり、日本には相対的に高品質のワインが輸出される[1]。

アルゼンチン産のテーブルワイン
国際ブドウ・ブドウ酒機構(英語版)(OIV)によると、2011年のアルゼンチンのワイン消費量は24.1リットル/人であり、同じ新世界ではオーストラリア(23.3リットル/人)とほぼ等しく、アメリカ合衆国(9.1リットル/人)を大きく上回っている[6]。
アルゼンチンでもっとも重要なワイン産地はメンドーサ州であり、サン・フアン州、サルタ州、コルドバ州などでもワインを生産している[7]。2000年時点ではメンドーサ州がアルゼンチン産ワインの約70%、サン・フアン州が約20%を生産している[8]。
アルゼンチンの主要なワイン産地は標高が高くて湿度が低いため、他国のブドウ畑に影響を与える害虫、菌類、かび、他のブドウ病害(英語版)の問題にほとんど直面しない。低農薬または無農薬で栽培することも容易であり、有機栽培ワインでさえも容易に生産できるが[9]、アルゼンチンの有機栽培認証制度は日本農林規格(JAS)とは互換性がないために、アルゼンチンで承認された有機栽培ワインがそのまま日本で有機栽培ワインと名乗ることはできない[10]。

アルゼンチン産マルベックのボトル
アルゼンチンは世界でもっとも高品質なマルベック種のワインを生産する地域として知られている[2]。アルゼンチンのボナルダ種から生産されるワインは、イタリア・ピエモンテで栽培される同一品種から生産される果実味豊かな軽いワインとの共通点はない[5]。トロンテス種はアルゼンチンでしか栽培されていない品種であり、主にサルタ州やラ・リオハ州でみられる[2]。カベルネ・ソーヴィニヨン種、シラー種、シャルドネ種、他の国際品種もより広い範囲に植えられるようになっているが、いくつかの品種は特定地域のみで栽培されている
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/14 10:11:58

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
くろまめたろうです。よろしくお願いします。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
【 みんカラ 】ブログにYouTube動画を貼り付ける方法 2012年度版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 16:29:20
冷えて風邪ひいて寝ていました・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 16:18:16
ポイズンが 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/14 15:29:20
 
ファン
10 人のファンがいます
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.