• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くろまめたろうのブログ一覧

2016年01月28日 イイね!

士族

士族江戸時代までの武士階級は戦闘に参加する義務を負う一方、主君より世襲の俸禄(家禄)を受け、名字帯刀などの身分的特権を持っていた。こうした旧来の封建制的な社会制度は、明治政府が行う四民平等や徴兵制などの近代化政策を行うにあたり障害となった。1869年(明治2年)の版籍奉還で、武士身分の大半が士族として政府に属することになるが、士族への秩禄支給は政府の財政を圧迫し、国民軍の創設においても士族に残る特権意識が支障となるため、士族身分の解体は政治課題となった。

士族の特権は段階的に剥奪され、1873年(明治6年)には徴兵制の施行により国民皆兵を定め、1876年(明治9年)には廃刀令が実施された。秩禄制度は1872年に給付対象者を絞る族籍整理が行われ、1873年には秩禄の返上と引き換えに資金の提供を可能とする秩禄公債の発行が行われた。そして、1876年に金禄公債を発行し、兌換を全ての受給者に強制する秩禄処分が行われ制度は終了した。また、苗字の名乗りは1870年に平民にも許可され、1875年には義務化された(国民皆姓)。この他、1871年には異なる身分・職業間の結婚も認められるようになった。一時、士族に華族と別立ての爵位を授与しようという議論が岩倉具視らにより模索されていたが、明治新政府の元勲であった伊藤博文が維新に功労があった武士を勲功華族とする案が提唱され、これが採択されることにより、士族に対する恩典は名字帯刀や秩禄はおろか、名分上の栄誉さえも許されず、単に戸籍における族称のみが士族に許されただけであった[11]

四民平等へと移行される過程で、士族身分は解体され、特権を失った士族が慣れない商売に手を出して失敗する例も多く、「 士族の商法」と揶揄され、政急に不慣れな商売などを始めて失敗することのたとえともなった。こうした状況に対し政府による救済措置として、困窮した士族を救済する士族授産などが行われたが、やはり失敗する例が多かった。西郷隆盛が唱えた征韓論にも士族の救済という側面があったが、西郷が政争に敗れ実現しなかった。特権を奪われた士族の一部は新政府の政策に不平を唱えて(不平士族)各地で反乱(士族反乱)を起こした。しかし、不平士族の反乱はすぐに鎮圧され、多くは没落して故郷へ帰るなどした。これも風刺の対象となり士族の商法とかけて「有平糖」(不平党)、「お芋の頑固り不平おこし」(薩摩士族)などと皮肉られた[12]。また、不平士族には政治運動「士族民権」を展開するものもあり、後に有力農民と結び付き自由民権運動へと移行した。

ただし、士族の中にも商売で成功した例もあり、士族が商売をはじめたことに由来する商店街は日本各地に存在する。士族の中でも知識や既得権益を生かして実業家に転向する者は多く見られ、起業家としても重要な役割を担っていることが伺える[13]。例として、日産コンツェルンの創始者鮎川義介、日本初の百貨店(三越百貨店)創立者日比翁助などが挙げられる。また、士族の資産を活かし多くの株式会社が作られ、日本の殖産興業政策を活性化させた。また武芸や学問に通じていた事から、軍人、警察官、教師など官吏に転向する例もあった。かつての藩主と藩士の縁故関係から、県・郡役所に採用された例も多い。酪農のように、元来の農民がこれを忌避したがために、士族がこれを手がけて成功した例もある。
[Seinansenso snou.jpg]
Posted at 2016/01/28 10:12:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2016年01月26日 イイね!

ドウロ川

ドウロ川スペインにおいてこの川はかつてのカスティーリャ王国のメセタを横断する。これは、カスティーリャ・イ・レオン州のソリア県・ブルゴス県・バリャドリッド県・サモーラ県・サラマンカ県の5つの県にまたがる。ソリア、トルデシリャス、サモーラなどの都市を流れる。

この地域では大きな支流はあまりない。重要な支流としてはバリャドリッドなどを流れるピスエルガ川がある。この川はドウロ川の2番目に大きな支流である。

この地域の沿岸では、小麦やワイン用のブドウの栽培、羊の放牧などが行われている。

途中112kmは、スペインとポルトガルの国境線の一部を形成する。この近辺では川は狭い谷間を作り、互いの侵入に対する障害となっていた。言語の境界もこの川上にある。この地域は国際ドウロ自然公園として保護されている。

ポルトガルに入ると、あまり大きな都市は通らなくなる。河口にあるポルトとヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアを除けば大きな街はほとんどない。支流も小さいものがほとんどであり、渓谷の中で大きい川に流れ込んでいる。主な支流としてはコア川・タメガ川などがある。どの支流も流れが速く、航行は不可能である。

なお、2014年現在において、最も下流(河口近く)にかけられている橋は、アハビダ橋である。
[https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/67/Perfil_del_Duero.gif]
Posted at 2016/01/26 10:21:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2016年01月22日 イイね!

東南アジア諸国連合

東南アジア諸国連合東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこくれんごう、英語: Association of South‐East Asian Nations、ASEAN)は、東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。本部所在地はインドネシアのジャカルタ

2009年以降、アメリカや中国など50ヶ国あまりがASEAN大使を任命し、ASEAN本部のあるジャカルタに常駐[2]。日本も、2011年5月26日、ジャカルタに東南アジア諸国連合(ASEAN)日本政府代表部を開設し、ASEAN大使を常駐させている[3]

域内の総人口は6億2000万人(2014年)を超えており、5億人(2014年)の人口を抱える欧州連合 (EU) よりも多く人口増加率も高い。2013年の加盟国の合計のGDPは2兆4,104億米ドルであり、日本のGDPの約半分の規模である。ASEANを一つの国家として見た場合、世界7位の規模を持つことになる。

ASEAN経済共同体のAECを発足させようとしている。2015年末に向けて発足する予定で、主にASEAN各国同士の経済協力を目的としている。域内の物品関税が9割超の品目数ですでにゼロとなるなど高水準のモノの自由化を促そうとしている。
[https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9e/Flag_Of_ASEAN.png/125px-Flag_Of_ASEAN.png]
Posted at 2016/01/22 10:18:21 | コメント(0) | トラックバック(1) | モブログ
2016年01月22日 イイね!

孫燕姿 - 綠光 (Live)

孫燕姿 - 綠光 (Live)孫 燕姿(スン・イェンツー、英語名 : ステファニー・スン)は、シンガポール出身の女性歌手。台湾を活動拠点としているが、2002年と2003年にはシンガポールの建国記念日(National Day Parade)のテーマソング(2002年「一起走到」、2003年「全心全意」)を歌い、2007年には東南アジア諸国連合(ASEAN)結成40周年記念歌「Rise」を歌うなど、出身地であるシンガポールとのつながりは強い。その他中国大陸・香港・東南アジアなど幅広く活動しており、中国語圏を代表する歌手の1人である。シンガポール南洋理工大学卒業。

Posted at 2016/01/22 10:16:59 | コメント(0) | 日記
2016年01月20日 イイね!

養蜂

養蜂ローマ神話によれば、人間に養蜂を教えたのはアリスタイオスである。蜂蜜と人類の関わりは古く、エバ・クレーンの研究によれば、1万年前にはすでに採蜜が始まっていた[1]。その証拠にスペインのアラニア洞窟で発見された約1万年前の壁画に蜂の巣から蜜を取る女性の姿が描かれている[2]。壁画からは燻煙を使って蜂を不活性化する方法を使っていたことも伺われる[3]。メソポタミア文明の楔形文字にも蜂蜜に関することがらが記載され[要検証 ? ノート][2]、古代エジプトの壁画に養蜂の様子がえがかれている[2]

古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは著書『動物誌』にて、養蜂について記述している。そこでは、ミツバチが集める蜜は花の分泌物ではなく、花の中にたまった露であると述べている。 当時の養蜂は、うろに野生の蜂の巣が作られている木を見つけ、うろの部分を切り出し家の近くに持ち帰り、夏の初めと終わりに蜂蜜を収穫するというものだった。蜂を眠らせるには布切れを燻らせたり、じょうご型の壺から牛の陰嚢や樹脂、香草を燻らせた煙を吹きかけた。

ローマ時代には蜂が狭い場所に巣を作る習慣を利用し、天然の環境を模した巣箱(養蜂箱)が使われるようになった。各地で色々な素材の巣箱が使われたが、ステップ地方の遊牧民が考案した持ち運びに便利な編み藁製の巣箱は西ヨーロッパにまで広まった。

民族大移動以後、養蜂は一時的に途絶えてしまったが、カール大帝は農家に養蜂を奨励し、同時に養蜂による産物を蜂蜜税として物納させた。 中世ヨーロッパでは、照明用のロウソクの原料である蜜蝋をとるために、修道院などで養蜂が盛んに行われた。 蜂蜜税による養蜂の統制は封建制の特権の一つとなった。養蜂は主従の誓いを立てた「アヴィレオール」、「ビグル」などと呼ばれる森番が行い、密猟は厳しく罰せられた[4]
[https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0f/Beekeper_collecting_swarm.jpg/250px-Beekeper_collecting_swarm.jpg]
Posted at 2016/01/20 10:22:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ

プロフィール

「スバルお前もか #SUBARU
何シテル?   10/27 13:02
くろまめたろうです。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

熱い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/28 16:04:40
ハスラーで夕焼けを見に行きました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/11 18:15:40
【 みんカラ 】ブログにYouTube動画を貼り付ける方法 2012年度版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 16:29:20

ファン

11 人のファンがいます

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる