• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

赤らんたんのブログ一覧

2017年11月14日 イイね!

2017/8/1 北海道キャラバン4日目 ~利尻島をぐるっと観光とさるふつのホタテに?~

2017/8/1 北海道キャラバン4日目 ~利尻島をぐるっと観光とさるふつのホタテに?~さてさて、北海道キャラバンのお話に戻ります(笑)
2017年8月1日、利尻島の旅館雪国で寝苦しい夜からのお話です。

通路側のドアを開けると、部屋に風が通り寝苦しさから解放されましたが、娘の額に手を当てると、やはり熱がありました。 子供は寝ている時に体温が上昇しますが、そのくらいで済めば良いのですが・・・ちょっと心配でした。

早めに寝たせいか6時には目が覚め、早速「朝風呂」に行きました。 娘のいない一人のお風呂は実に久しぶりで、ゆ~くりとお風呂でのんびりさせて頂きました。

7時半から朝食会場へ、簡単ではありますがビュッフェスタイルで好きなものをたっぷりと頂きました、おかげさまで娘も起きると熱が下がっており、彼女は朝から「いくら丼」にしておりました(笑) 私もいくら、イカサラダ、ホタテの味噌汁に舌づつみを打ちご飯をおかわりし、すっかり3人とも重くなってきました(汗)

8時半には旅館のマイクロバスでフェリーターミナルへ送って頂き、フェリーターミナル前にあるまごころレンタカーにてワゴンR(4時間で7000円)を借りました。 観光だけなので軽で十分です。

早速利尻島を時計回りに姫沼、オタトマリ沼を見学しました。 オタトマリ沼からは利尻富士がきれいに見えるのですが、ちょっと雲が邪魔して良い写真が撮れませんでした。 独特の切り立った形状の利尻富士の雄大さが良く感じられましたね。


なんで変な顔するの?

途中利尻昆布のお店にも寄りました。 昆布業は夕方まで天気の良い日でないと漁に出られず、獲った昆布はその日の内にしっかりと天日干しにしないと、良い昆布には仕上がらないそうです。 さすがに4000円以上する高級昆布は買えませんでしたが、その切り落としやおしゃぶり昆布を購入しました。

仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)ではカワイイアザラシを見る事ができました。 こちらでは娘がアザラシにエサやりをやりたいと、パパのおこずかいから200円もとり、アザラシに小魚でエサやりをしました。



柵はありますが小魚をはしでつまんで見せると、にゅ~っと水面から出てきます。 何度やっても娘は怖くなって小魚を落としてしまい、なかなかうまく行きませんでした(笑)



ぐるっと周り見返台公園の展望台では急坂を200段くらい階段を上って行きました。 娘は疲れたのかクルマの中ですやすやと寝ておりました。 妻とふたり、息を切らせてたどり着いた展望台からの眺めは素晴らしいものでした。 帰りは膝が笑ってました(笑)

その後「北のカナリアたち」のロケ地を見学したりして、あっと言う間の4時間が過ぎて行きました。 まごころレンタカーでクルマを返却し、しばしフェリーターミナルの前のお店を散策し、フェリーターミナル内のレストランでお昼を食べる事にしました。

なんと! そこで礼文行きのフェリーで一緒だった「ナッツちゃん」ご家族と再会し、娘同士は大はしゃぎでした。

14:35発の稚内行きフェリーに乗船し、楽しかった礼文・利尻ともこれでお別れです。 本当に楽しかったし、食べ物も美味しかったです。 またこの2島には来て、のんびりしたいものです。 ありがとう礼文・利尻島!!!



稚内行のフェリーでも娘はナッツちゃんとずっと遊んでいました。 こうして礼文・利尻キャラバンは終わりました。

稚内に戻るとすぐに「こどもクリニック はぐ」へ行き、すぐに娘は診察を受けました。 先生が「おっ、所沢ナンバーのキャンピングカーで来たの?」と聞かれたそうで、その先生も埼玉出身とのことでした。 幸い娘の風邪は大したことなく、のどが腫れておりしばらくセキが続くが直に治るとの診断で、ホッとしました。



ホッとしたのも束の間、直ぐに本日の宿泊予定地である道の駅さるふつ公園へ向かいます。 親としてもやっと病院で診察を受けられたので、どっと疲れが出てきました(汗) 途中宗谷岬を通過、稚内空港の横を走って今度は地図上で南下して行きます。 さるふつ公園には18時過ぎに到着しました。

到着後直ぐにお風呂とレストランの閉店時間を確認し、先にお風呂へ行く事にしました。 時間に余裕があったので、こちらの名物のホタテのおつまみをゲット! さるふつ憩いの湯はホテル内にあり、サウナまで完備しておりますが大人300円でした。 以前もこのお風呂に入った事がありますが、恐らく建物が変わったと思われ、昔の面影を微塵も感じないきれいなお風呂でした。

そして本日の最後はホテル内のレストランに入って、お楽しみのホタテカレーとホタテフライを注文しました、がしかし・・・前回来た時にはホタテフライは大きめの皿に山盛りで来たのに…今回はだいぶボリュームが落ちましたね(涙) 道の駅側のレストランだったのかなぁ・・・残念! たしかこちらのホタテはあの有名な横浜名物崎陽軒のシウマイにも入っているとか! 実はもの凄くこちらのホタテは期待していたンですよぉ・・・ ホテルのレストランだからかなぁ・・・小ぶりのホタテでした(涙)



こうして長かった一日は終わりました。 無事に礼文・利尻キャラバンを終えることができました!

娘も心配いらなくなったので、安心しました。 本人は至って元気であります!


2017年11月10日 イイね!

2017/11/4 カフェカブ青山2017御報告

2017/11/4 カフェカブ青山2017御報告今年もカフェカブイン青山が11/4,5の2日間、東京青山のホンダウエルカムプラザで開催されました。

当日は少々朝寒いものの、天気は良くて一日中晴れの予報、私は前日までにピカピカに磨いた赤カブに跨り、6時2分に自宅を出発しました。 まずは中野の実家までの35キロを走りきり、冷えた体を電気ストーブで温めた後、8時15分に青山へ向けて出発致しました。

日が昇ると共に徐々に寒さは薄れ、青山に近づくにつれカブを頻繁に目撃するようになって来ました。 そしてウエルカムプラザ青山へ8時50分頃到着、すぐに受付もOKで9時入場組み(申し込み順では195番)で、なんと「94番」を頂きました~あ~ラッキー!



次に重要なのは展示する場所つまり位置です。 青山通り沿いが一番目立つのですが、94番ではどこになるか見当もつきませんでした。 案内されるままについて行くと、青山通り側の3列目に並ぶことが出来ました。 しかし「詰めて下さい」と言われ、カブの周りは自由に見て回れない程でした。 これでは3列目辺りは最悪です。 自分自身も入れないし出れないような環境でしたからね。 そんな中まだ運良く建物の入り口付近であった為、通路が作られており、そこから縦に2列目で、何とか手を伸ばせば届く位置でした(伝わってますぅ~?)

赤カブを駐車した後、青山通りフロントロウを狙っていたゴリフさんのリトルを探します。 ゴリフさんは見事に青山通り沿いの最前列、No.17を見事にゲット! 周辺にはいらっしゃらなかったので取り急ぎ関係者の休憩スペースであるウエルカムプラザの2階へ上がると、めでたくゴリフさんを見つけました。 ゴリフさんはたまに武蔵野ガレージセールに顔を出して頂いているので、半年振りくらいかな?




ゴリフさんのお友達のどらどらさんが未だお見えになっていないとの事、二人で展示車両を見て回りました。 なっなんと! 全体を見ていくと、私の止めたスペースが一番キツキツで狭いではありませんか!!! 「ひどいねぇ~」ゴリフさんも認める鮨詰状態に苦笑いでした(汗)


そのうちどらどらさんとも合流し、2年ぶりのトリオが完成しました。 さぁ、もう一度見て参りましょう!

ゴリフさんによると、例年通り土曜日はおとなし目で、日曜は弾けたカブが多いとの事です。 確かに展示されている車両はカブの原型を留めない様な車両は少なく、割とノーマルや古くても実働車両が多く、C100もかなりの台数いらっしゃいました。

どのカブも同じものは無く、オーナーの個性が光っています。 



まずはゴリフさんのリトルカブ、88cc仕様の黄色ナンバーで、各所にステッカーチューンが施されております。 またリアのサイドには謎の「しゅぽしゅぽポンプ(赤)」が装備されており、走行中にしゅぽしゅぽすると、パワーが出るとか出ないとか(私が勝手にそう思っているだけですが) そして前の週の台風により黄色ナンバーが微妙な形状にチューンされているそうです。



そしてどらどらさんはキャブとマフラーを交換しての参加でした。 何でも前日に交換したキャブよりガソリンが漏れ、それを当日朝に直してからの参加だったそうです。 新しいタイマフラーが決まり、きれいな水色ボディに映えていましたね。



最後に私の赤カブですが、告知した通り、「赤カブとラジカセのコラボレーション」をテーマとして、赤カブのリアキャリアの上にサンヨーU4SFを置いて、赤カブが生まれた1982年当時の曲を流しました。 結局の所、当時のアイドル♪の曲にしました! えっ、引かないで~



前かごには82年当時のカタログと広告を展示、リッター150km/Lを達成したことや、50ccで5.5psなど、懐かしいスーパーマンと共に紹介されています。 またホンダの生んだ原付界の異端児のモトラと共に並んで、モトラ=ワイルド系、赤カブ=シティ系とスタイリッシュに紹介されております。
この辺りも皆様に楽しんで頂けましたのかな?



今回も集まった350台(実際には310台)よりコンテストが行われ、人気投票がはじまりました。 例年どのカブに投票しようか大いに迷います。 ゴリフさんとどらどらさんは、渋くて味のあるポイントに注目しており、ステッカーに大うけしたり、ヘルメットが中途半端にしか入らないボックスに哀愁を感じたりして、一緒に回っているととても楽しい方々です。

私はコテコテに原型を留めないカブよりも、ノーマルにプラスアルファがあったり、オーナーのこだわりを感じるカブが好きです。 しかし、彼らはなんと! 94番の私の赤カブに投票して下さいました、感謝です。 私も散々迷いましたが、お二人の後押しもあったので、自分のカブに入れました。 果たして82年の赤カブとラジカセのコラボに共感して頂けた方はどのくらいいたのでしょうね。



お昼を近くで済ませ、バイクフォーラムを見学、再び熊本にカブの生産が戻ってきました。 新しいカブの開発責任者の方は、最後に感無量で涙を見せるくらいでした。 そうです、それでいいのです。 我々もやはり高くても「メイドインジャパン」を待っていたのですから。

忘れておりましたが新型カブは5台ほど展示され、2台は実際にまたがる事も出来ました。 新しいのもいいなぁ・・・

そしてコンテストの結果発表です。 各賞の発表が進む中、6位、5位、4位の発表が終わり、今年も特に何もないなと思った矢先でした。



「・・・、94番、・・・」 なんとスクリーンのど真ん中には私の入場した時の写真が映し出され、「うそでしょう!」と驚きを隠せませんでした。 

もちろん前に出て表彰を受けるときも、片手にはラジカセを持っておりました(笑)

3位入賞と言う輝かしい結果を頂き、皆様本当にありがとうございました。 帰りにも「赤カブ良かったよ」と声をかけて頂いたりして、本当に良い一日となりました。 3位の賞品もこんなに頂いてしまいました。





追伸

バイクフォーラムを見学している時に、スマホで天気予報を見ると何とゴリフさんのご自宅がある千葉方面には雨雲が・・・気をつけて帰って下さいね~

全てが終わり、青山を後にする頃には曇って参りました。 中野の実家に到着すると雨がポツリポツリと降り始めました。 実家でリュックの中身と頂いた賞品をコンビニ袋に入れなおし、自宅のある狭山市へと向かいました。 その頃にはしとしとと雨が降り出し、本降りではなかったものの、自宅に着くまでの1時間半でビッショリになりました。

それでも本当に良い一日でした! 投票して下さった皆様、ありがとうございました。

そして今回の3位入賞はこのコのおかげです(笑)


Posted at 2017/11/10 12:56:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | カフェカブ | 日記
2017年10月30日 イイね!

来週はカフェカブ青山へ参加致します!

来週はカフェカブ青山へ参加致します!皆様、こんにちは~
久しぶりにカブネタでございます。

毎年この時期に行われる「カフェカブパーティーin青山」に11/4(土)にエントリーしております。 残念ながらエントリー申し込み当日は仕事で出張しており、申し込みは完了しましたが、何とか195番で9時からの入場です。 3年前は青山通りの最前列に並べた事があり、当日は9番でした。

今年は恐らく青山通りを曲がり狭い所か、裏の通路での展示になる可能性が高いです(涙)

カフェカブはカブユーザー(株主と呼びます)の年一回の総会であり、ホンダの本社ビルがある青山でおよそ350台ずつ展示(2日間で700台)を行います。

展示した車両には番号が着けられ、その番号で投票を行い、その順位で表彰され景品などももらえます。 もちろん参加賞でピンバッチ等も、結構楽しみだったりします。

さて、このコンテストですが、毎年センスの良いドレスアップしたカブや、コテコテのカスタムカブなどが人気になりますが、私のカブはとても希少なのですが、ほとんどノーマルなのであまり目立ちません(涙) 赤カブSDX(1982年製)はカブ最強の5.5psを発揮し、ED(エコノミードライブ、つまり4速仕様)で「ECONO POWER」によりリッター150km/Lを達成した、規制前のカブがベースの特別仕様車なのです。 結構希少性が高いと思うのですが・・・基本的にはこのコンテストには目立つ車両が多く選ばれてしまいます。 プチカスタムやノーマルでは基本的にはあまり目に留まりません。



今年は「赤カブとラジカセのコラボ」として、同じく赤いU4SFで82年当時の音楽などを流してみようと考えております。 少しでも目立てば良いのですが。。。 何かノーマル部門でも賞が欲しいなぁ・・・

それでは11/4土曜日、青山でお会いしましょう!!!

その他にはカブにかかわるトークショーやモーターショウなどの話題も満載です。
Posted at 2017/10/30 12:49:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | カフェカブ | 日記
2017年10月18日 イイね!

2017/7/31 北海道キャラバン3日目その4 ~これも12年ぶり!利尻島旅館「雪国」に宿泊~

2017/7/31 北海道キャラバン3日目その4 ~これも12年ぶり!利尻島旅館「雪国」に宿泊~そして14:15発の鴛泊港(利尻島)行きのフェリー(大人自由2等、850円)で、礼文島と別れを告げ、利尻島へ向かいました。 天気も良く海も穏やかで、鴛泊港まで45分位で到着しました。 船は海を最も身近に感じられる乗り物で、私は大好きです。



15時には鴛泊港到着、ちょっと早いのでFT周辺をウロウロ散策し、今夜の宿泊地である「旅館雪国」へ歩いて向かいました。 旅館雪国まではゆっくり歩いて20分くらい、娘も元気だったので運動がてら歩きました。 この雪国は12年前にも宿泊した事があり、とても懐かしい宿です。

雪国には15:45に到着、早速部屋に通して頂きました。 目の前は海で本日も晴れていてとても穏やかです。 礼文で4時間レンタカーで駆け足観光をしてきたので、宿ではのんびりする事にしました。 おかげさまで娘も多少の微熱程度で元気です!


写真は2005年のもの(撮り忘れてしまいました)

他の宿泊者が来る前から、早速お風呂に行きました。 雪国は決して豪華な旅館ではありませんが、観光客が気軽でリーズナブルに宿泊できる旅館です。 お風呂は大きな湯船が1つだけで、洗い場は6人分用意されております。 恐らく誰も入っていない「一番風呂」をゲットし、娘とのんびりと入りました。 あぁー極楽、極楽!

夕食は18時にお願いし、それまで部屋でサッポロクラシックなどを飲みながらゴロゴロさせて頂きました。 日頃クルマでのキャンプ生活をしているので、思いっきり脚を伸ばせる所と、今日は運転しなくてもいいと、どこかしら安心感があり、礼文でのウニ剥きや最北限スコトン岬の話など、楽しかった一日を振り返りました。

そしてお楽しみの夕食の時間となりました。 とりたてて大きな有名な旅館でもありませんが、12年前の記憶では料理はとても美味しかった記憶がありました。 今回はどんな料理がでるでしょうか。



ホタテとイカに野菜の焼き物、お刺身の盛り合わせにウニの小鉢、タラバガニのボイルにエビの姿揚げ・・・とどれも美味しくて、家族3人でおひつでご飯をおかわりしたくらいでした(笑) とても美味しかったし、本当に新鮮なウニは格別でした!!! こうして礼文・利尻の半分の日程が終わりました。


おかげさまで、セキは出ますがこんなに元気です。

・・・しかしこの夜、なぜか窓を開けていても風が通らなかった部屋で、寝苦しくて何度か起きてしまいました。 ・・・と言う訳で通路側も風が抜けるように開けっぱなしにして寝ました(笑) すると海側から山側へ風が抜けるので、熟睡できました(爆)
2017年10月12日 イイね!

2017/7/31 北海道キャラバン3日目その3 ~北のカナリアパークへ~

2017/7/31  北海道キャラバン3日目その3 ~北のカナリアパークへ~さて、皆様北海道を楽しむにはやはり映画やドラマのロケ地めぐりもオススメです。 礼文・利尻と言えばやはり「北のカナリアたち」でしょう。 2012年ロードショーの吉永小百合さん主演のこの映画、礼文島の分校が舞台となっており、分校から見える「利尻富士」がとてもきれいで印象に残っています。



http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000171.html

主人公の小学校の教員であるはるが、ある事件をきっかけに20年ぶりに故郷の礼文島に帰る事から始まります。 20年後(現在)と20年前が交互にフラッシュバックしながら映画は進行し、「あの日なぜ先生は・・・」 最後に全ての物語がつながる、とても心温まる映画です。

そんなロケ地「北のカナリアパーク」は礼文島の最南端の丘の上にあります。 ロケを行った分校は実際にはセットでありますが、パーク内にその象徴として残されています。 クルマを降りると、「あっ、ここだ」と分校の向こうに利尻富士が見え、一気に気分は北のカナリアになった様でした。

分校のセットは豪雪にも耐えられるよう造られているそうで、本当に何十年も前に建てられた様な懐かしさを感じずにはいられません。 ワンシーン、ワンシーン毎にここで撮影されたんだなと言う事が分かり、その教室に至ってはまるで自分が映画の出演者になった気分にもなりました。



残念ながら内部の撮影は禁止されているので、入口しか写真はありません。 これまで北の国からのロケ地には何度も訪れましたが、また違う意味で新鮮であり、懐かしさを感じました。

本当にこの分校からの利尻富士は、素晴らしい眺めでした。

北のカナリアパークを後にして、映画の最大の謎が生まれた「地蔵岩」を見に行きました。 こちらは映画の中でBBQをするシーンで出てきました。 お地蔵さまが手を合わせた様な形から、地蔵岩と呼ばれているのですが、実際にはとても大きくて迫力のある岩でした。 名所に間違いありません。



この時点で時刻は12時40分、急いで香深港の礼文観光レンタカーの受付まで戻り、マーチを返却しました。 久しぶりに乗ったCVT車(スイマセン、古いクルマしか所有していないもので)は、なんか違和感だらけでしたね。 基本的には巡航している時はもの凄く低い回転数で燃費良く走るのが印象的でした。 最近のクルマはみんなそうなのでしょうね。

13時前にレンタカーを返却した後、近くのお店を覗きました、どこも観光地価格(汗)でしたので、漁協でやっているスーパーに入ると、同じものがリーズナブルな価格で買う事ができました。 そのお店のイチオシが「昆布ラーメン」で、「マツコの知らない世界」でマツコデラックスが絶賛した美味しいらーめんとのこと、私はミーハーなので、5つ程購入しました。 下記のURLで購入可能です(笑)

https://www.amazon.co.jp/%E5%88%A9%E5%B0%BB%E6%BC%81%E6%A5%AD%E5%8D%94%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88-%E5%88%A9%E5%B0%BB%E6%98%86%E5%B8%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-10%E9%A3%9F%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00BNU71TE

お土産も買い、やっとお昼になりました。 辺りを見回してもウニもいくらも観光地価格なので、FTの中のレストランへ行きました。 私はここでも塩らーめんを注文、こちらも美味しかったです。

いよいよ礼文ともお別れ、このフェリーで利尻島へ向かいます。 ありがとう!礼文島!

プロフィール

「2017/8/1 北海道キャラバン4日目 ~利尻島をぐるっと観光とさるふつのホタテに?~ http://cvw.jp/b/1954506/40713723/
何シテル?   11/14 12:54
赤らんたんです。よろしくお願いします。 普通免許しかありませんが、カブからキャンピングカーまでいろんな所に出掛けるのが大好きです。 ZIL520と言...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ついに手に入れました! 幻のラジカセ、パイオニア ランナウェイ SK-900! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/20 10:03:55
不思議な現象 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/13 12:28:07
さっそく行き詰る~金策編。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 21:40:29

お友達

全国の黄色(プラズマイエロー)の株主の方々、新参者ですが宜しくお願い致します。

そして全国の赤カブ主の方、お友達になって下さい。

もちろん全国で「トコトコ」走っている方、メッセージをお待ちしております。

7 人のお友達がいます
みっき~みっき~ あきぽ( ̄^ ̄)ゞあきぽ( ̄^ ̄)ゞ
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 カロリラカロリラ
ゴリフゴリフ キャルキャル

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ スーパーカブ50 ホンダ スーパーカブ50
ホンダ スーパーカブ50ストリート仕様に乗っています。 まさにこの時代にぴったりのカブ! ...
ホンダ 赤カブ 赤カブ (ホンダ 赤カブ)
2014年3月、ついに1982年式赤カブSDXを手に入れました。 完璧な衝動買いです(笑 ...
トヨタ その他 ZiL520 (トヨタ その他)
2009年独身最後の年に1998年式バンテックZiLより、2004年式バンテックZiL5 ...
日産 キューブ Z11 キューブ (日産 キューブ)
2016年6月より、タントに代わりニッサンキューブ14RSに乗り換えました。 決め手は ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.