• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ラブアバルトのブログ一覧

2017年06月23日 イイね!

赤信号点滅


最近滞りがちだった2CVのボディ、先日から少し進んでいる。

フロントガラスの下側、ここは板が薄すぎて溶接はできない。

窓側をねじで押さえてパネルボンドで接着しようとしたが、ねじで押さえては反対側が浮いてしまうのでネジはやめて重りを置いて押さえて止めることにした。

適当な重りがないので、そのあたりの角材を置いて一晩放置。





どうやら接着はできているようだ。

パネルボンドと言っても、亜鉛メッキの面は接着しにくいようなので、グラインダーで荒らしてから接着。

後ろのバンパー上側。




ここも完全に腐っているので切って貼ったが、やはり鉄板が薄すぎるのでパネルボンドで接着。

外と内の二重構造なのでこちらも二重に。




ビスで止めて接着したが、ビスは抜いて、穴はファイバーパテで埋める。

次に、最もややこしい右のAピラー、ドアの付け根の腐り。







切り取って、内側を3mmの鉄の板で補強してさらに0,8㎜の鉄板で複雑な形を作り、はめ込んで溶接。














削って形を整えればここは終わり。

更にファイバーパテも必要だけど。

まだまだやることが多くて、6月中に塗装完了までは赤信号点滅中。
Posted at 2017/06/23 12:24:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月20日 イイね!

出ました「ダメなやつ」


先日、吸気温センサーを掃除したら不具合が解消したと書いたが、確かにアイドリングでかぶる煤けるという問題は治った。

しかし、試走中にある条件の元でエンストするという別の問題が発生していた。

この不調の対策として考えられることは、各種センサー類の交換もあるが、先日落札したECUが午前に届いたのでとりあえず交換することにした。

交換することにしたのはいいが、とにかく狭い。

まず、取付けのボルト3本のうち1本がどうしても外せない。

エアクリーナーを外しブレーキマスターのねじを緩め更にブローバイのキャッチタンクらしきものを外してようやくぎりぎりアプローチできた。

更に、これはいつものことだがカプラーが固くてはずれない。

指先が痛いのを我慢して外しECUを取り出したら、

何と「ダメなやつ」と書いてあるではないか。

黒ミニと書いてあるので、このミニに初めからついていたのではなさそうだ。




来た時には水色に変えてあったが、その前は緑だった。

要するに部品取りにされて、ご丁寧にも不具合のECUが付けかえられていたらしい。

これでも一応は動くので、場内移動などには便利だったのだろう。

何といっても狭いのでプロのようにサクサクとは到底いかず、苦心惨憺とりあえず交換して試走。

不具合の出る条件はわかっているのでその通りにしてみたが、今のところ全く悪くない。

実は交換したECUも作動未確認のため、ジャンクということで売りに出ていたもの。

今後不具合が出るかもしれないが、今のところは問題はない。

今回の不具合は、吸気温センサーの汚れによるアイドリング時のかぶりと、ECUの不具合による、暖気後一定時間(数分、例えばコンビニで買い物をする場合など)アイドリング又は停止後、アクセルオンでエンストという2つの要因が重なったものだった。

不具合には必ず原因があり、その原因を正すことで正常に戻る。

当たり前のことだが、これがうまくできれば胸のつかえがスッと無くなって気分がいい。
Posted at 2017/06/20 14:15:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

ミニ、エンジン不調の真の原因は・・・


先日スローで、かぶる・くすぶるという問題があり、プラグコードをかっちり押し込んでいなかったのが原因だと報告したが、その後も時々症状が出て安心して走れない状態だった。

電気系統が原因ではないかと、コイルを交換したが変化なし。





コイル交換時にコードの接続部分が錆びていたので、きれいに磨いて接点復活剤をつけておいた。

エアーフィルター交換も変化なし。

ECU故障を疑い購入しようかと思ったが、その前にできることをと考えネットで調べた。

症状としては、スロー時に燃調がこくなるのでくすぶりエンストを起こす。

回転を上げて走ると問題なし。

ただ長い信号待ちで再スタート時はかぶりやすい。

従ってECUに正しいセンサー情報が入っていないのではないかと、水温センサー、O₂センサーを疑った。

しかし、水温が上がっているときもスローでかぶるので、そこのところは当てはまっていないような気がする。

O₂センサーは疑わしいが高価なのでチェックは最後にする。

調べると吸気温センサーに行き当たった。

エスティマで良く壊れる部品だ。

これも結構な値段がするので、エスティマの場合は10000㎞程度ごとにパーツクリーナーで洗浄している。

ミニはエアクリの蓋にくっついていてアクセスも容易なので、交換する前にこれを洗浄してみることにした。




パツクリを数度前後から吹き付け洗浄完了。

(エアクリを開けているときの写真を撮り忘れたので、ネットから拝借した。吸気温センサーはこんな形で、蓋にしっかりくっついていて外せなかったのでそのまま洗浄した)



戻してエンジンをかけると、快調そうな感じ。

試走しても問題はない。

一番の問題だったスローを10分ほどしてもかぶる兆候はなかった。

プラグを取り出し点検するときれいに焼けていて、問題はなかろうと判断した。

その後も近所を走ってみるが問題は発生していない。

これで今回の不調は一応解決した。

このミニを引き取ってくるとき(四国のミニ専門店から、BMWミニも扱っている)これはやめた方が良いよ、と積車を手伝ってくれたお兄さんが言っていた。

確かに、タンクは錆び錆でボディにも数か所穴が開いていた。

しかし、メカはそれほどダメージはなかったし、消耗品はほぼ交換したし、ドライブシャフトシールを交換したのでオイル漏れも止まった。

ミッションのすべりもない。

しかし、この不調のことを言っていたのかと今気が付いた。

そういえば、トランクルームのバッテリーに不調と書いた紙が貼ってあった。

てっきりバッテリーが不調だったのかと思ったが、こういう問題があったのだろう。

原因がわかった今になれば単にセンサーの洗浄で調子はもどったわけだが、わからないといろんな部品を交換してもそう簡単には治らない。

故障は症状から原因を推測する面白さがあり、最小限の費用で直せればこんな気持ちのいいことはない。
Posted at 2017/06/17 12:26:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月13日 イイね!

ちょこちょこっと


ボンネットを引っ張り出してきて裏側についている、消音のための毛布のような繊維を圧縮したものを剥がしにかかった。

接着剤で貼り付けてあるのでうまく剥がれず、へらでゴリゴリと削って剥がす。

これが結構手間で、さらに接着剤でくっついていた箇所は大抵錆びている。

そのあと後部の、以前に切り取って一部溶接しておいたところ、そのままにしていたので錆びていた。

補強のために溶接したら周辺が錆びていて穴だらけに。

結局、周辺まで再度切り取り、溶接することに。

鉄板を切り取り形を整えたところでタイムアップ。




今日はここまで。
Posted at 2017/06/13 20:19:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月13日 イイね!

ミニ不調の原因は

タダの凡ミス。

というか、多少の不具合も関係がある。

3番プラグをチェックして焼け具合を見ていたのだが、昨日朝チェックした後しっかり差し込めていなかったようだ。

又は、ほぼ抵抗なく差し込めるほどゆるゆるなので、差し込んだ後緩んだのかもしれない。

今朝、チェックしたら抜けていた。

これをしっかり差し込んでエンジン始動すると調子は良い。

買い物がてら試走したが、異状なく走って問題はなかった。

エンジン内にたまっていた煤もあらかた燃えてしまったようで普通の走りになった。

トルク感は出てきたが、回転アップの鋭さはない。

こういうところが英国車なのかもしれない。



Posted at 2017/06/13 12:25:00 | コメント(13) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「赤信号点滅 http://cvw.jp/b/1966884/39979319/
何シテル?   06/23 12:24
ラブアバルトです。よろしくお願いします。 ヒルクライムレースやジムカーナを見に行って出場したいと思い始めました。 車はビアンキ。 ボディーなど腐食がひどく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

お知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/05 10:44:32
白ビレストアスタート^0^ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/04 19:48:14
藁しべ長者 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/04 19:36:54

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エブリイワゴン デコバッタ君 (スズキ エブリイワゴン)
日常の足として活躍中です。 先日11万キロ超えましたが絶好調。 最近助手席の向こうあた ...
トヨタ エスティマL トヨタ エスティマL
家族の車です。 あちこち遊びに行った楽しい思い出がいっぱい詰まってます。 車もそろそろ歳 ...
MG 1100 MG 1100
相当酷く傷んだ状態です。 ただ先年同じ部品取りを確保しましたので、再生はやりやすくなっ ...
シトロエン 2CV チャールス二世 (シトロエン 2CV)
ようやく2017年の春から本格的にレストアを始めました。 現在全部バラしてフレームの腐 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.