• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

W460のブログ一覧

2017年11月23日 イイね!

ハイプレッシャーポンプ交換への道

ハイプレッシャーポンプ交換への道どうもピカソちゃん、やっぱりといいますか、ダメなようです。

今日エンジン始動して見ましたところ、燃圧が低いとのエラー。これは、恐れていた定番のハイプレッシャーポンプ交換をしなければ根本的な解決はできない状況です。



そして、このポンプ、非常に高いんですね。国内で手配すれば普通に10万くらいします。お得意のEbayだとイギリスから純正部品、送料込み6万くらい。それでも、高いのですが、DIY派の私の選択肢はこれしかありません。念のため、適合を先方に問い合わせているところです。

さて、ところで、我が家にあるPSAダイアグのクローン機、非常に頼りになるのですが、裏面のラベルをよくみると、"made in FRANOE"と?!フランオエ??ザーンねん、Cの切れ目が繋がってOになってしまったのですね(笑)



純正品を中国でコピーしているので、機能や見た目はディーラーにあるものと(恐らく)同じ。でも、これはフランオエ製のバッタもんです(笑)
Posted at 2017/11/23 15:30:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月19日 イイね!

イグニッションコイル交換

イグニッションコイル交換さてさて、ピカソちゃんのその後です。
次なるオプションの、イグニッションコイル交換です。

本当は、4本全てを交換するのが望ましいのですが、お金もかかりますし、使える部品まで交換するのは
無駄ですから、最低限で済ませたいってもんです。
シトロエンのダイアグ” Diagbox”は、No1, No3シリンダーで失火だとおっしゃっているので、
2本の交換です。






コイルは、ネットで探したBREMI社のドイツ製の物。一本4千円弱でした。

今まで装着されていたものは、Delphi製。比べて見ますと、新しいものは、筒の部分がステンレス製で
少し立派に見えます。

交換は、コネクターのロックを外して、ハーネスを抜き、本体を上に抜くだけで完了。

エンジンをかけてみると、嘘のようにスムーズ。これにて、治ったのかどうか、プラグ交換の直後も
こんな感じだったので、まだまだ油断はできません。

テスターには、燃圧が低いとのエラーも残っていたので、ハイプレッシャーポンプが原因の可能性も
残っています。このポンプ不良は、同じエンジンを搭載しているBMW MINI R56型でも頻発しているようですので、
可能性はあるのかも。しかも、こやつは部品だけでも10万くらいするようなので、交換にならないことを
祈るばかりです。



Posted at 2017/11/19 12:29:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月14日 イイね!

やっぱりダメ!?

プラグ交換でお茶を濁したピカソちゃん、修理完了の報告をしたばかりですが、3日後の本日また"Anti Pollution System Failure"(大気汚染防止装置エラー)が出てしまいました。アイドリングは、プラグ交換前のように不安定ではありませんが、何と無く”たまあに”失火しているような脈動感があります。
試しにテスターをつないでみると、オーマイ!やっぱりNo1&No3シリンダーで失火とのエラー。コイル2本交換してみるしかないかなと。まあ、プラグ交換だけなんて甘いだろうとは思っていましたので、想定内ですね。

Posted at 2017/11/14 21:47:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月13日 イイね!

C4ピカソ エンジン不調 修理完了! 

C4ピカソ エンジン不調 修理完了! さて、エンジン不調C4ピカソ修理の続編です。プラグもソケットも届きましたので、週末に作業をしました。

購入したプラグは、ヨーロッパ車にはBOSCHでしょ、と型番は純正と同様の"ZR7SI332S"をチョイス。1本1,000円ちょい。ちなみに、Made in Germany(ドイツ製)でした。



さて、実際の作業ですが、エンジン上部のコイルにつながるハーネスを取り外し、コイルを引き抜き、プラグを12角14mmのディープソケットで外すだけです。ハーネスは、コネクタに抜け止めがあるので、抜け止めを上へ持ち上げて抜くだけ。プラグは固着もなく、すんなりと外れました。





外したプラグは、NGK製。過去に交換してあるのかもしれません。状態は予想どおり、ススで真っ黒。新品と比較すると電極のギャップもだいぶ広いようです。あとは、新品プラグのネジ部分に固着防止でスレッドコンパウンドを薄く塗布し、指定トルク23NMで締めるだけ。楽勝です!



正直こんなことで直るほど甘くないと思っていましたが、エンジンは何事もなかったかのように始動。早速近所を回ってみましたが、明らかにスムーズなフィーリング。その後、しばらくしてエンジン警告灯も消灯し、テスターにつないでみましたが何のエラーも出ていません。どうやら、修理完了!?のようです。翌日、テストもかねて遠乗りしてみましたが、全く問題ありません。

なんとも、あっけないですが、プラグの寿命って本当にあるんだと実感した今回の修理、お財布にも優しい一件でした。
Posted at 2017/11/13 21:36:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月08日 イイね!

C4ピカソ壊れる!

C4ピカソ壊れる! 久しぶりの更新は、C4ピカソ、トラブルの報告からです。
少し前から、エンジン始動時に"Anti Pollution System Failure"( =大気汚染防止システム故障)
エラーが警告音とともにディスプレイに表示され、その後エンジン警告灯が点灯することが稀にありました。その後の走行は特に支障はありませんでしたが、先週土曜日の朝、こどもをスイミングへ連れて行こうとエンジンをかけたところ、アイドリングから明らかに不安定。

 家の前から、公道に出るまでに私道があるのですが、いつもの調子でアクセルを踏んでもヨロヨロと全くパワーがありません。これではとても走行できる状態ではありません。何とかだましだまし自宅前まで車を戻し、こどものスイミング教室は急遽、家族の車で行く事に。

 ピカソのボンネットを開け、アイドリングの調子を観察してみると、明らかに不安定な音とともに大きくエンジンが揺れています。すぐにこれは、どこかのシリンダーが何らかの理由でミスファイア(失火)していて、4気筒ではなくなっていることがわかる状態でした。

 幸い我が家にはPSA(プジョーシトロエン)専用テスターの中国製クローン(正規の物をシンセンあたりで解析しているのかも。笑)があるので、直ぐに車両と接続。診断結果は、予想どおりNo1, No3のシリンダーで"Misfire"(点火不良)とのエラーが。他にもいくつかエラーは残っていましたが、現在の状態は、4気筒のうち2気筒(つまり、1600ccの半分800ccの状態)のみ正常に点火している状態。これでは、パワーが無いわけです。





 失火しているシリンダーからは、未燃焼のガスが出てているわけですから、これが先のエラーにつながっていると考えると全てがつながります。また、主に運転している妻からは、最近燃費が極端に悪くなっている気がするとの証言もあったので、No1, 3シリンダーが不調=お荷物になっていたと考えれば、辻褄が合うような気がしてきました。

 さて、このままでは困るので修理をするわけですが、考えられる定番の原因としては、イグニッションプラグ、コイル、O2センサーあたりでしょうか。できるだけ、お金のかからないところから手を付けるのが修理の基本ですから、まずはプラグの交換から手を付けてみることにしました。調べてみると、純正のプラグは、通常の6角ではなく12角のレンチでしか取り外しができません。

 ひとまず、プラグと12角14mmのソケットをネットで手配して、到着を待つことに。さて、これで直れば儲けもの。そんな簡単な事ではないように思いますが、どうなりますやら。
この続きは、また次回のお楽しみということで!
Posted at 2017/11/08 22:49:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「ハイプレッシャーポンプ交換への道 http://cvw.jp/b/197563/40750442/
何シテル?   11/23 15:30
この度、仕事の関係でマレーシアから帰国する事になりました。タイトルも変更しました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

シトロエンベルリンゴ拝見 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/11 01:19:03

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
新旧ベスパとプジョーのモペッド達です。みんな不動車を拾ってきました。
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
家族みんなで乗れる車ということで、お得物件を某オークションにて購入。乗り心地も非常に良く ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
すべてが良くも悪くもカッチリとした良い車でした。年式を感じさせない仕事っぷりや、部品の入 ...
ボルボ 240 セダン ボルボ 240 セダン
歳がバレますが、私とほぼ同い年のボルボです。こちらでは人気のゴールド。路面状況確認窓が付 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.