• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LEN吉のブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

【マメ柴LEN吉の休日④】 梅雨と紫陽花、ゴーヤとLEN吉

【マメ柴LEN吉の休日④】 梅雨と紫陽花、ゴーヤとLEN吉



6月25日(日)
自宅で過ごす雨の日曜日。





梅雨入りが例年より1週間ほど遅く、その後も晴れ間が続いた北陸福井。
今日は朝から梅雨らしい雨模様。

待ちかねたかのように、庭の紫陽花が一気に咲きました。


雨露で紫が鮮やかに。


額紫陽花は素朴な味わいがあります。


グリーンカーテンのゴーヤも、ようやく伸び始めました。


縁側で惰眠をむさぼるLEN吉。


『暇だな~』


『今日は雨か・・・。』


LEN吉は、キュウリ、大根、ブロッコリーと野菜大好き。
ゴーヤも食べます。
『ゴーヤ、早く大きくならないかなー』


(^^)b
Posted at 2017/06/27 01:31:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 近況 | 日記
2017年06月10日 イイね!

【マメ柴LEN吉の休日③】 傘を取りに松本経由し、埼玉川越を往復。

【マメ柴LEN吉の休日③】 傘を取りに松本経由し、埼玉川越を往復。




6月10日(土)、LEN吉連れて、
クロスオーバー7でヨメさんと埼玉川越へ。





翌日曜日に、息子の大学で保護者懇談会とキャンパス見学会があります。

今どきの大学は、入学後も手厚いフォローがあるのですねー!?
我々世代の頃は、大学なんて入学したら親も子も仕送り以外は放ッタラカシ(?)、だったものですが・・・。

とはいえ、今年3月末から4月にかけて、下宿決めと引越しがかなり慌ただしかったので、せっかくの機会だと思い、出席することにしたのでした。

そして、もう一つ大事な目的が・・・。
5月13日 奥さまの研修送り迎えで松本往復したとき、松本の洋食屋さんに傘を忘れてしまったのでした。
出張の途中にでも取りに寄ってこようかと思っていましたが、ちょうどいいタイミングなので、今回は松本経由で埼玉を目指します。


今回のルート。
松本までは5月と同じく、部分的に中部縦貫道、東海北陸道を通り、高山、安房経由でR158を走破。
松本からは、R254で三才山トンネルを越えて、上田から上信越道に入り、関越道を通る、計424kmの、海を見ないでほぼ東西に移動するコース。


鯖江から九頭竜湖を通り、油坂峠越美通洞から中部縦貫道、東海北陸道へ。


11:40
ひるがの高原SAで休もうかと思ったら駐車場満車のため、結局一気に高山へ。


気分転換に、LEN吉を連れ出します。
松本まであと88km。


12:20 標高1250mの平湯温泉で一息。雨が降り出しました。
ここから安房トンネルを抜けると長野県です。


安房トンネル出口、中の湯分岐。


中の湯から左に曲がれば、急勾配の釜トンネルを越えて上高地。
通年マイカー規制のため、バス、タクシーと許可車両以外は、上高地に乗り入れることができません。
R158を右折して松本方面へ。


13:30 松本駅前到着。雨は上がったようです。


駅前大通りを抜けて・・・。


おー、松電バス。


コインパーキングへ、クロスオーバー7をデポ。


散策がてら、傘を忘れた洋食屋さんへ。
松本電鉄バスの市内周遊バス「Town Sneaker」


こちらは、おなじみ松電バスカラー「Highland Shuttle


松本城近く、縄手通りへ向かいます。


来ました。洋食屋さん「おきな堂」


ヨメさんが、傘を受け取りに店内へ。


(LEN吉) 「傘、あるかな~?」


ありました(^^)
先月電話していたので、ちゃんと取って置いてくれていたのでした。

本当は「おきな堂」でお昼ごはんにしたかったのですが、LEN吉は入れないので、また次の機会に。

という訳で、その先の縄手通りでオープンカフェを見つけました。

ベーカリーカフェ縄手本店「SWEET」


ひと月ぶりに戻ってきた、日傘兼用のヨメさんの傘。


ひさしがあるので、日差しを気にせず風が流れて気持ちイイです。


フレンチプレス珈琲と紅茶を注文。
(LEN吉) 『私のは~?』


そして、マルゲリータとクラムチャウダーを!?
LEN吉クンは姿勢を正して、『私にも、ちょうだい~』

LEN吉には、味付けのないパンを少しだけあげました。

お腹もいっぱいになったところで、クルマへ戻ります。


途中、焼き立てバームクーヘンの店があったので、お土産に買います。


松本を後にします。
高速には乗らずに、R254で三才山トンネルへ。


三才山トンネルは、松本盆地と上田盆地を結ぶ有料道路。


上田盆地に入ります。この先は佐久平。


東部湯の丸IC・SAから上信越道に入ります。


浅間・軽井沢ICの向こうは妙義山。


寄居「星の王子様」PAで一息。


売店とカフェコーナーは、テーマパークの様相。


花壇のバラが綺麗に咲いていました。


関越道に入り、ラストスパート。
と言いたいところが、渋滞につかまりノロノロ運転


それでもまだ明るい19:00、川越の義姉夫婦のマンションに到着しました。


ご近所には内緒でLEN吉を連れ込みます。
状況を察しているのか、ケージの中でおとなしくしているLEN吉。


懇談会の日の朝、LEN吉と近所を散策。


ん?なんだろう。


ちょっと、眠いなー。


公園の中をズンズン。


お散歩が大好きなLEN吉です。





さて、大学の保護者懇談会は11:00から。
説明会のあと、講演会を挟んで、キャンパス見学会。



16:30 息子の下宿先のマンションに立ち寄ったあと、帰路に就きます。
関越道-上信越道-北陸道と高速乗継で一気に帰宅~!?


小矢部SAで最後の休憩。


22:30 無事帰宅しました。

LEN吉クン、お疲れさま。

Posted at 2017/06/26 02:09:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2017年05月28日 イイね!

【走るぜ 長久手!】 ④トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(パレード&会場編) 

【走るぜ 長久手!】 ④トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(パレード&会場編) 


5月28日(日)
CCF トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル 




開会式が終わると、すぐに公道パレードです。
コースは、長久手市内のメイン通りをぐるり一周する、約14km。


ブラスバンドの奏でるファンファーレ~♪


エントリーNo.1番から、順に出走していきます。


TOYOTA2000GTが次々と走り去る、非日常の世界。




40年以上前のクルマでも、異音も、異臭も、煙もないのが素晴らしい。






8バルブ18R-Gのセリカは、ジェントルなサウンドで出走していきました。


出走終盤はハチマル車が続き、何故かほっとするような光景。


r1000ikeさんの、EP71スターレットSi


AE86トレノ、満面の笑みで通過する、あかくまさん。
助手席には、急遽載せ替えたエンジンが気になる、はちたっくさんが!?


No.152 LEN吉LEVIN、発進します。


前を行くのは、SA22C サバンナRX7。


いよいよ、スタートトラインへ。 
車名とオーナー紹介のあと、「行ってらっしゃ~い♪」の美声で送り出されました。


発進!


まずは、ゆっくりと会場を抜けていきます。
次々とカメラレンズを向けられるのが面映ゆい・・・。


モリコロパークを出て、公演前の立体交差道路の合流点に向かって加速します。
後ろはお昼寝さんのEP71スターレットターボ。


長久手市内へ。


と、後ろのお昼寝さんから、何やら合図が・・・!?

何と、左側面に貼ってあったマグネット式のゼッケンが、スターレットの中に!?


AE86の場合、ドアの凹凸とモールが邪魔して、ゼッケンが密着しないのでした。
会場を出てから気持ちよく加速したところ、風圧を受けて飛ばされたようです。


杁ケ池交差点の前で渋滞していたのを幸いに、ゼッケンを受け取ります。
『お昼寝さん、ありがとうございました<(^^;) 』


よく見ると、アスファルトの路面で擦られたのか、エッジが少し傷ついています。


ドアモールを避けてゼッケンを貼り直し、出発~♪
杁ケ池交差点でアルシオーネが右折。


r1000ikeさん、あかくまさんが右折~♫


LEN吉も右折して進むと、反対車線からAE86トレノが!?
手を振ってくれました(^^)/


RX7とははぐれたままになってしまいました。
「長久手温泉ござらっせ前」にもたくさんのギャラリー。

沿道に集まった老若男女、おじいさんおばあさんから小さい子まで、満面の笑みで手を振ってくれるのが印象的でした。
椅子やテーブルにパラソル出して、場所取りしている人たちも多いです。

パレードは、15秒おきに出発したとしても、全車出るまで40分ほどかかります。
途中、信号や渋滞で車列は伸びる一方ですから、全部見るのには1時間以上はかかるはず。
炎天下、最後のクルマまで待っていてくれたんだと思うと、感動さえ覚えます。





モリコロパークに戻ってきました。公園内をゆっくり進みます。

公園内の林の中を、結構な時間、くねくねと走ります。


ようやく、メイン会場が見えてきました。


公園内でも、コース沿いでパレードを観る、ギャラリーの皆さん。


メイン展示会場へ到着!
予定の場所とはNo.が違うようですが、ココへと指示されたので、エンジンを停めます。


隣にはお昼寝さん。
「ゼッケン、ありがとうございました」<(_ _)>


会場は、人工芝になっていて、クルマの入場は支障ないそうです。



会場では、エッコロGさんや、でかバンさんともお話できました!?
お声掛けありがとうございます。

また、古くはTE71スプリンターリフトバックGT、今はポルシェに乗るのに某T自動車に勤める、大学の同級生と数年ぶりに再会~♪
車体デザインを担当した後、今は知的財産部で敏腕を奮って(?)いるとのことでした!?

観客の皆さん、思い思いに各車を観て回ります。


隣り合うクルマもゆったり配置されているのがいいです。


普段は、ありえない光景・・・。


流麗なデザイン。名車ですねー。


あかくま号、

マル秘のコンバートエンジンがご開帳。


充実の展示グッズ。


もう一台のAE86、後期トレノGTV


ノーマルを維持したGTVも、今となっては希少です。


今回注目の、RA63セリカ2000GT


18R-GEUです。


サイドステッカーの中で純正なのは、『TWINCAM』


左には『2.0GT DOHC』、右には『TOYOTA CELICA』  


r1000ikeさんのスターレットSi 5ドア


スバル レオーネ RX4WD


スバル アルシオーネVRターボ

フィナーレです。

アワード発表のあと、全員で記念写真を撮り、閉幕宣言。



参加車両が、順次退場していきます。


TA40セリカリフトバック1600GT




お昼寝さんのスターレットターボと。






あかくまさんトレノと。


ハチマルなクルマたちと。


K-tarou さんのKP61も加わりました。


楽しい時間はあっという間。
お名残惜しいですが、私たちも会場を後にします。


あかくまさんも帰路へ。


長久手ICから、「高速、オ~ン!」


名古屋ICで東名阪に向かうあかくまさんと別れます。
岐阜羽島で、新幹線をアンダークロス。


米原JCTから北陸道へ。



おー!? 三菱「スタリオン」


赤色灯付けたクラウンがお仕事中・・・。
「気を付けましょう」


鯖江ICへ


無事、帰還しました。



皆さん、ありがとうございました~。
(^^)/


Posted at 2017/06/23 06:33:23 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年05月28日 イイね!

【行くぜトヨ博CCF】 ③トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(集合編Ⅱ) 

【行くぜトヨ博CCF】 ③トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(集合編Ⅱ) 


5月28日(日)
トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルCCF




もうすぐ開会式、そしてパレード出発。
出走前に急いで参加車両のチェックを続けます。

CCFの参加資格は登録から30年以上経過したクルマ。
なので、なかなかハチマル車までたどり着きません。


No.81 三菱コルトギャランGTO-MR 


No.82 ダイハツフェローMAXハードトップTL


No.83 トヨタ カローラ (画像なし)

No.84 トヨタ クラウンカスタム


No.85 日産スカイライン2000GT-R


No.86 日産 スカイライン2000GT-X


No.87 日産スカイライン2000GT-X


No.88 日産 チェリー


No.89 日産 フェアレディ240ZG


No.90 ロータスヨーロッパ ツインカム


No.91 アルファロメオ2000スパイダーヴェローチェ (画像なし)

No.92 MG-B


No.93 ダットサン サニーエクセレントGX


No.94 ディーノ246GT




No.95 トヨタカローラレビン  (画像なし)

No.96 トヨタコロナマークⅡGSS




 

No.97 トヨタスプリンタートレノ


No.98 トヨタスプリンタートレノ


No.99 トヨタセリカクーペGTV


No.100 トヨタセリカリフトバック 2000GT


No.101 日産スカイライン2000GT-R


リニモが空中を駆け抜けていきます。


No.102 ポルシェ911T


No.103 三菱ランサー1600GSL


No.104 メルセデスベンツ230.6


No.105 ロータスヨーロッパ スペシャル


N0.106 ルノー アルピーヌA310


No.107 オースチン1300MK3 Countryman 


No.108 ジェンセンヒーレーJH5  (画像なし)

No.109 BMW2002ターボ

No.110 BMW2002 タルガ


N0.111 ポルシェ911


No.112 トヨタカリーナGT


No.113 トヨタスプリンタートレノ クーペ1600GT


No.114 トヨタ セリカリフトバック1600GT


No.115 トヨタ セリカリフトバック2000GT


No.116 トライアンフ スピットファイア1500


No.117 日産 フェアレディZ 2+2


No.118 フォルクスワーゲン タイプ1


No.119 三菱 コルトギャランGTO 2000SL  (画像なし)

No.120 三菱 ランサーセレステ1600GSR


No.121 トヨタ センチェリー


No.122 トヨタ セリカリフトバッククーペ1600GT


No.123 フィアット500


No.124 フィアットX1/9


No.125 MGミジェット


No.126 MGミジェット 


No.127 トヨタカローラバン デラックス


No.128 トヨタ クラウンスーパーサルーン


No.129 トヨタ コロナマークⅡ 


No.130 メルセデスベンツ450SLC


No.131 いすゞ117クーペXE-L


No.132 ダイハツクォーレ


No.133 トヨタ コロナマークⅡ


No.134  K-tarouさんの、 トヨタスターレットXL 


No.135 マツダサバンナRX-7


No.136 モーガンプラス8


No.137 デロリアンDMC12 
(非磁性ステンレスボディのためマグネットゼッケンが利かずテープで固定) 


No.138 ダットサン フェアレデイ280ZX(Tバールーフ) 


No.139 トヨタ セリカクーペ2000GT 
60系ヒラメセリカの18R-GEU搭載車 


No.140 三菱ジープ


No.141 スバルレオーネRX 4WD


No.142 日産スカイラインRSターボ


No.143 トヨタランドクルーザー


No.144 キャデラックセビル


No.145 スバルアルシオーネVRターボ 


No.146 トヨタ クラウンロイヤルサルーン


No.147  r1000ikeさんの、トヨタスターレットSi 


No.148 あかくまさんの、トヨタスプリンタートレノ1600GT-APEX


No.149 フォルクスワーゲン ゴルフⅡGTi エッティンガー16V 


No.150 ホンダ シティカブリオレ


No.151 マツダRX-7 ターボ


No.152   LEN吉の、トヨタ カローラレビン1600GT-APEX


No.153  お昼寝さんの、トヨタ スターレットターボ

No.154 トヨタ スプリンタートレノGTV


No.155 トヨタ ソアラ2000GT


No.156 ホンダアクティトラック


No.157  ロータススーパーセブン


No.158 トヨタ MR2


No.159 日産Be-1 キャンパストップ


一般公募のエントリーは、全159台。


開会式が始まりました。


スケジュールと注意事項を確認します。


ブラスバンドも準備態勢に。


いよいよ、公道パレードの出発!?

『④パレードとメイン会場編』に続きます。
(^^)b

Posted at 2017/06/21 05:45:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2017年05月28日 イイね!

【行くぜトヨ博CCF】 ②トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(集合編) 

【行くぜトヨ博CCF】 ②トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル(集合編) 


5月28日(日)
第28回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル、当日。




昨日は、交流会とバックヤードツアーで楽しい時間を過ごし、お隣の瀬戸市で投宿。

泊まったのは『瀬戸パークホテル』
深川神社の境内にある、一風変わったホテルですが、静かな時間を過ごせました。


7時前に朝食を済ませ、出発準備。


CCFにエントリーしている同宿のクルマ!?
静岡からご家族でご参加の、セリカGTV。


京都から、ご夫婦でご参加の、コロナマークⅡハードトップ 


会場へ向かいます。
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)が見えてきました。


20ソアラの後ろについて会場入り。


パレードのため「北駐車場」が最初の集合場所になっています。
さすが「あかくまさん」、もう既に会場入り。


ギャラリーで来場の、はちたっくさんやおむすびさんの姿も・・・!?

受付をすませ、磁石式のゼッケン『No.152』を受けとります。
ゼッケンで、パレードのときにちょっと事件が起きる訳ですが、それはまたあとで。

CCFのゼッケンNo.は登録年式順に振られています。。
参加車両は『製造から30年以上経過』の条件をクリアした、全159台。

86年式のLEN吉LEVINは、極めて新しい部類に入ります。
ハチロクなんてまだまだ旧車界ではひよっこなんです・・・。
(;^^)>


周囲のお友達車両をチェック。
No.153  お昼寝さんの、EP71スターレットターボS


No.148 あかくまさんの、AE86スプリンタートレノGT-APEX


No.134 K-tarouさんの、KP61 スターレットXL



今日も、とんでもなくいい天気!?
パレード出発前に参加車両をチェック~♪


No.1 1967年式 TOYOTA2000GT


No.2 1967年式 TOYOTA2000GT


No.3 1967年式 TOYOTA2000GT


No.4 1967年式 TOYOTA2000GT、かなりカスタムメイクされています。


No.5 1969年式 TOYOTA2000GT


No.6 1969年式 TOYOTA2000GT


No.7 1969年式 TOYOTA2000GT


No.8 1970年式 TOYOTA2000GT


No.9 1970年式 TOYOTA2000GT


No.10 1969年式 マツダコスモスポーツ


No.11 1969年式 マツダコスモスポーツ

トヨタ2000GTとマツダコスモスポーツは、生誕50年。
今年のCCFテーマは「夢と憧れー1960年代のスポーツカー」ということで、特別展示車両になっています。

No..12 フォードA型 1928年式


No.13 ライレーゲームコックスペシャル 1931年式


No.14 MG TD ミジェット 1951年式


No.15 日産スカイライン2000GTX ES 1977年式
急遽参加車両を切り替えたのか、この位置に。 


No.16 MG TF1500  1957年式


No.17 フォルクスワーゲン タイプ1 1955年式


No.18 モーリス マイナーシリーズ2


No.19 シボレー ベルエアーワゴン


No.20 トヨペット クラウン 1ケタ当時ナンバー(愛5)


No.21. トヨペット コロナ 1ケタ当時ナンバー(愛5)


N0.22 モーリス ミニマイナー


No.23 シボレー コルベットC1


N0.24 ダットサン フェアレデー(5PL212) (車名はリスト原文のまま)


No.25 プリンス スカイラインデラックス


No.26 メッサーシュミット KR200 


雲一つない、突き抜けるような青空~!


No.27 アルファロメオ ジュリエッタ 


No.28 MG ミジェットMK-1 

No.29 トヨペット クラウン


No.30 トヨペット コロナ


No.31 フォルクスワーゲン カルマンギア クーペ


No.32 ダットサン フェアレディ(SP310)


No.33 プリンス グロシアスーパー6


No.34 ホンダS600


No35 ホンダS600


No.36 ロータスエラン 26R


No.37 ロータスエラン シリーズ2


No.38 ロータスセブン シリーズ2


No.39 ヴァンデン プラ プリンセス 1100 MK-1


No.40 トヨタ スポーツ800


No.41 トヨペット クラウン


No.42 プリンス スカイライン 2000GT-B


No.43 ポルシェ912


No.44 ジャガーEタイプ シリーズI  4.2L 


No.45 ダイハツ コンパーノスパイダー


No.46 トヨタ スポーツ800


No.47 ホンダS800


No.48 モーリス ミニ バン 


No.49 トヨペット コロナハードトップ1500S


No.50 トヨタ パブリカ


No.51 フィアット ディーノ スパイダー2000


No.52 フォード アングリア


No.53 マツダ T2000


No.54 モーリス マイナー コンバーチブル


No.55 ロータス エラン シリーズ3


No.56 ダットサン フェレディ(SR311)
  
     (画像なし) 


No.57 ダットサン フェレディ(SR311) 


No.58 トヨタ カローラ1100デラックス


No.59 トヨペット クラウン ピックアップ


No.60  シトロエン D521


No.61 シボレー コルベットC3 427


No.62 ダットサン フェアレディ(SR311)


No.63 ダットサン フェアレディ(SR311)


No.64 フォルクスワーゲン タイプ3 バリアント


No.65 ボルボ P1800

  (画像なし)


No.66 ポルシェ911T


No.67 ポルシェ911T タルガトップ 


No.68 メルセデスベンツ230


No.69 スバル360 


No.70 スバルR2スーパーDX


No.71 ダイハツフェロー バギィ


No.72 ダイハツ フェロー バギィ


No.73 ダイハツ ミゼットMP-5


No.74 ディーノ246GT


No.75 ミニクーパーS MK-3


No.76 いすゞ 117クーペ ハンドメイド 


No.77 オースチン エルフ


No.78 サーブ99


No.79 日産スカイライン ハードトップ1500DX

    (画像なし)

No.80 ホンダZ360 GT


開会式の時間が近づいてきました。そのあとすぐパレード開始です。
急いで、残りの参加車両をチェック・・・。


集合編2、に続きます。

Posted at 2017/06/18 16:47:44 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | 日記

プロフィール

「今朝は名古屋!? 
支店のカムリに同乗し、伊勢湾岸道疾走中。」
何シテル?   06/20 09:04
豆柴のLEN吉、本名「レン」 6才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

旧車イベント紹介、金沢クラシックカーミーティングin日本自動車博物館。2017年7月30日開催。石川県小松市。2017年5月11日投稿。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 11:58:10
素晴らしい取り組みです♪ヽ(´▽`)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 00:52:17
錆落としと防錆塗装♪その① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 13:04:55

ファン

47 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて27年。 *5年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.