車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月04日
【群馬、桐生出張】東武鉄道と相互直通運転のおはなし
【群馬、桐生出張】東武鉄道と相互直通運転のおはなし



10月4日群馬県 桐生市へ出張 



題名は東武ネタですが、名古屋に前日泊したので、始まりは東海道新幹線から。
8:00名古屋始発の「こだま634号」に乗車。

打合せは午後遅めのアポイントです。
時間があるので、「のぞみ」より1時間以上時間をかけてのんびり行きます。


15番線に、N700A「こだま634号」が回送で入線


そして今日は、エクスプレス予約のポイントでグリーン車にアップグレードです。
「わーい!」
編成はJR西日本所属の5000番台。



朝の東京行き「のぞみ」は出張族のおじさんばかりで息が詰まるのですが・・・。


「こだま」のグリーン車はガラガラ、別世界、貸切りラウンジ状態ですねー♪


8:00名古屋を発車
同時発車の、383系長野行き「しなの3号」が並走。
フル加速で「こだま」を追い抜いて行きました。


すると追い越されそうになった「こだま」」の運転士はN700Aを加速させ、在来線が分かれていく前に「しなの」を抜き去りました。
大人げない~。




コーヒー飲んだり、ぼけーと富士山見たりしているうちに、時間は何となく過ぎて、

10:40 名古屋から2時間40分 品川到着。
切符は東京まで取っていますが、ここで「こだま」は乗り捨て。


京浜急行「品川駅」です。
向かい側には成田空港と羽田空港を結ぶ「エアポート快特」にも使われる京急600系が入線。
この電車は普通「金沢文庫」行き。


都営浅草線直通に乗ります。
やってきたのは、印旛日本医大行き、北総鉄道7500形。
京成3000形、千葉ニュータウン鉄道9200形と共通設計車。 


都営浅草線には、京急電鉄、京成電鉄のほか、北総鉄道、千葉ニュータウン鉄道、芝山鉄道、が乗り入れています。
位置関係はこんな感じ。





ドアの上や駅には、こんな路線図が貼ってあります。
パッと見ても、すぐには、行先も自分の位置もわかりませんね・・・。


何も見ずに飛び乗って、居眠りすると、どこに連れて行かれるのか・・・。。
都営地下鉄と京急、京成の相互直通ネタはまた別の機会に。【謎】

さて、新橋、銀座、日本橋を経て、浅草到着。


伝統の松屋デパート、東武の始発ターミナル「浅草駅」に向かいます。


時間的には、品川から上野・東京ライン常磐線直通に乗り、北千住で東武に乗り換えるほうが早いのですが、東武にはやっぱり始発駅から乗り込みたい。

で、乗車するのは、伊勢崎線特急200系 赤城行き「りょうもう15号」


浅草駅名物、狭隘なホーム先端部です。
日光線特急100系「スペーシア」がやってきました。


隅田川を渡った電車は、車輪とレールをきしませ、半径100m、制限速度15km/hの急カーブを曲がり、浅草駅に進入してきます。


この車両間の折れ曲がりは、HOかNゲージ並み~♪


ホームと車体の隙間が尋常ではないので、停車後に渡り板が設置されます。


「りょうもう号」のドアにも渡り板で架橋。


「りょうもう15号」は200系第5編成、内装リニューアル車です。


11:50浅草発車 すぐに隅田川を渡り、東京スカイツリーのふもとへ


「旧業平橋」、今は「東京スカイツリー」駅の電留線には、臨時特急「きりふり」や、私鉄唯一の夜行「尾瀬夜行」「スノーパル」に使われる350系の姿が。
350系は元急行「りょうもう」用1800系を改造。東武の185系とも言われています。


ここで、今日の本題、東武鉄道について
総営業キロ数463.3kmを有する大手私鉄。
営業キロ数は、近畿日本鉄道の508.1kmに次いで日本第2位、関東地方では最長を誇ります。

路線は、浅草始発の東武スカイツリーライン伊勢崎線・日光線や野田線などからなる「本線系」と、池袋始発の東上線・越生線からなる「東上線系」の、2つの路線群に分けられ、それぞれ運転系統は独立しています。

また、本線と東上線とは直接線路がつながっていません。


東京スカイツリーを過ぎると、曳舟の手前で、東京メトロ半蔵門線が合流してきます。半蔵門線は渋谷で東急田園都市線に直通しています。

半蔵門線と東武の直通運転区間は、伊勢崎線は久喜まで、日光線は南栗橋まで。久喜と栗橋では、JR宇都宮線と接続しています。

そして、北千住では東京メトロ日比谷線が直通しています。
日比谷線は、日吉で東急東横線と接続していますが、東横線との直通運転は、渋谷の副都心線開業・直通運転と引き換えに中止されました.



北千住から春日部までは、ほぼ真っ直ぐな複々線が続きます。
「りょうもう号」は、北千住を出ると東武動物公園まで止まりません。

この複々線区間ですれ違う直通運転電車の数々(Wikipediaから)
東京メトロ8000系と 東京メトロ08系 
 

東急8500系 と東急5000系
 

東武側の直通用電車はコレ
10050系 と50050系
  

日比谷線直通は
東京メトロ03系 と東武20070系
 

半蔵門線は、1車両20m級4扉車に統一されています。
日比谷線は、1車両18m級3扉車。
なので、ホームでの乗車位置が異なります。

伊勢崎線に入り、太田に到着。ここはスバルの本拠地
その昔は中島飛行機製作所がありました。


群馬県、伊勢崎-太田-桐生周辺は、東武鉄道の支線のほか、JR両毛線、元国鉄足尾線のわたらせ渓谷鉄道、上毛電鉄 地方都市の割には(失礼)鉄道網が張り巡らされています。
東武が貨物営業していた頃は、専用線も合わせもっと複雑でした。


太田発車


桐生


桐生を過ぎると、ちょうどJR両毛線115系高崎行がやってきました。


東武桐生線は両毛線をオーバークロス


JR桐生から分岐してきた、旧国鉄足尾線「わたらせ渓谷鉄道線」が近づいてきて、


相老に到着 2面4線の、東武、わたらせ渓谷鉄道共同使用駅
向かいは8000系太田行き普通。


駅舎はわたらせ渓谷鉄道が管理していて、跨線橋で結ばれています。
線路はつながっていません。


相老を出ると、わたらせ渓谷鉄道線は旧足尾銅山へ向かいます。


東武桐生線は左にカーブすると、架線と線路が近づいてきました。
西桐生と中央前橋を結ぶ上毛電鉄線。


線路は並行して走ります。
この駅は上毛電鉄の桐生球場前。


間もなく、東武桐生線の終点、赤城に到着。


200系特急「りょうもう」は折り返しのため整備。




赤城駅は、上毛電鉄と東武の共同使用駅で、上毛電鉄が管理しています。

上毛電鉄の中央前橋行と西桐生行が赤城で列車交換です。
車両は、元京王電鉄井の頭線3000系(通称、ステンプラカー)の700型


西桐生行が発車


さて、赤城駅のホーム先端から向こうをよく見ると・・・?


上毛電鉄の筆頭株主は東武鉄道。
上毛電鉄線と東武桐生線は、赤城の手前に連絡ポイントが設置され、架線もつながっています。
現在、ココを直通する定期列車は設定されていませんが、かなり以前には、旅客を乗せた直通運転が行われ、浅草発中央前橋行なんて列車もあったそうです。


おっと、今日も仕事でした。
各駅停車が1時間に1本しかないので、贅沢ですが「りょうもう」で桐生に戻ります。
桐生駅、どことなく国鉄の地方駅の雰囲気。

さぁて、桐生の電装メーカーへ、
仕事やっつけに行ってきます!




ところで、

東上鉄道と合併し、東武となった東上線ですが、本線系統とは独立しています。車両転配や大がかりな整備改造のときはどうするのか・・・?

実は、東上線は終点の寄居で、秩父鉄道とレールがつながっているのでした。
以前は、池袋発秩父鉄道三峰口行きの直通急行も運転されていました。

さらに秩父鉄道の起点、羽生では東武伊勢崎線と線路がつながっています。
これにより、車両の広域転配や大がかりな改造工事のときは、秩父鉄道線を使って回送しているのでした。


寄居の東上線ホームから秩父鉄道線を見た写真です。
秩父鉄道は石灰石輸送が主体。今でも多くの貨物列車が運転されています。
(Wikipediaから)



東武東上線は、池袋で東京メトロ有楽町線、副都心線と相互直通しています。
昨年、副都心線が渋谷で東急東横線と直通運転を開始。
元々直通していた西武池袋線に加え、横浜高速鉄道みなとみらい線もつながって、複雑怪奇な直通運転が行われているのです。


副都心線乗り入れ車両は百花繚乱(Wikipediaから)
東武9000系と50070系


西武6000系  東急5050系 横浜高速鉄道Y500系 


東京メトロ7000系 と10000系

横浜で東武車を見たり、埼玉で東急車をみても、最近は何とも思わなくなりましたが・・・。



そして日光線栗橋にはJR宇都宮線との間に連絡線が設置され、2006年から新宿-東武日光・鬼怒川温泉の間で特急「スペーシア」「日光」「きぬがわ」の相互直通運転が行われています。


かつて、国鉄時代はライバルだった、「日光線」の観光輸送。
今や両社が互いに旅客増に向け協力体制をとっているのです。

栗橋駅の東武-JR連絡線に、左の東武日光線から右のJR宇都宮線へ485系が進入してきます。  (wikipediaから)


485系は元NEX253系に置き換えられ、今は走っていません。 


東武スペーシア100系と JR東日本253系 
 


さらに、東武鬼怒川線は、1990年開業の野岩鉄道線を挟んで、元国鉄会津線の会津鉄道に接続。
鬼怒川温泉でAIZUマウントエクスプレスに乗り換えると、浅草から1回の乗り換えで会津若松まで行くことができます。


浅草-会津鉄道会津田島の間は東武6050系快速が直通。
会津鉄道も6050系200番台を1編成保有し、相互直通の形をとっています。


AIZUマウントエクスプレスは、東武鬼怒川温泉と会津若松を結ぶ直通快速。
専用気動車AT750型
 
以前は名古屋鉄道から譲渡された、特急「北アルプス」の8500系気動車がAIZUマウントエクスプレスとして運転されていましたが、老朽化で置き換えられました。



また野岩鉄道が開通してから、350系の有料急行「南会津」が浅草-会津田島間を直通運転していましたが、2005年6050系快速に統一されました。有料急行というのが何とも東武らしい…。

会津田島でキハ8500系AIZUマウントエクスプレスと並ぶ、350系急行「南会津」

                                (Wikipediaから)


東武鉄道は、地味なイメージで、新線建設もありませんが、直通運転で存在感を示しているのですね~♪




さて、
打合せも終わり、帰路に就きます。
帰りは、JR桐生から両毛線で高崎に向かいます。


来ました~♪
国鉄湘南色115系。黒Hゴムと方向幕が健在。


車内も、座席のモケット以外は国鉄色がプンプン(^^)


「かがやき」は高崎に停まらないので、まず「はくたか575号」に乗車 

「はくたか575号」は長野で「かがやき」に接続。退避して先を譲ります。
ここで後続の「かがやき517号」に乗り換え。


21:58金沢到着  ダイナスター4号福井行に乗り換え


22:53 681系ダイナスター4号 福井到着  521系敦賀行き262M 最終です。




23:21北鯖江到着! 次はどこへ行こう?
(あくまで出張です)
ブログ一覧 | 出張 | 日記
Posted at 2016/10/10 02:27:31

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/10 07:17:25
あはは、最短距離で出張先に向かわないところが…好きですよ(笑)

なかなかの鉄道旅行紀で、読みごたえ充分ですね。専門外なので詳しくはわかりませんが…すみません。
でも、こうして鉄道がそこらじゅうに繋がってる限り…どこへでも楽しく行けるってのが良いですよね。時間的に余裕のある出張の場合、これは最高の気分転換になりますしね。

きっと仕事もはかどったことでしょう…たぶん、きっと???
あれっ、仕事でしたか!?
コメントへの返答
2016/10/10 13:34:56
はい、精神が真っ直ぐじゃないんです、多分・・・。
(^^;)>

思いつくままに書いてますから、誰に向かって書いているのか?話題が偏ってます。

実は日本の鉄道ネットワークは知らないうちに分断が進んでいます。定期の長距離寝台列車はほぼ絶滅。北陸新幹線開通で石川富山新潟の在来線は3セク化され、直通列車が消滅。青函トンネルも「新幹線でしか」通れなくなりました・・・。
選択肢の減少は衰退につながります。

あれ、仕事の日でしたね。そうそう。
(^^;)>
2016/10/10 09:45:47
出張お疲れ様でした。

いろいろな列車に乗られたんですね。
私も京都に行っておりましたが,乗り継ぎに必死で,写真撮る心の余裕がありませんでした~!(汗)
コメントへの返答
2016/10/10 13:42:53
いえいえ、ありがとうございます。

ネット検索で出てくる無駄のない直行ルートが嫌いなので、なんとかその裏を掻くような寄り道を画策しています。
あ、京都に行かれてたんですよねー。
乗継は案内が小さかったりアナウンスが聞こえなかったり、時間が迫ると焦りますよね!?
<(^^;)




2016/10/11 18:06:00
🚃・・・毎度ご乗車 ♫ ・・ありがとうございます。🎶m(__)m ・・・東武鉄道に代わりまして、御礼申し上げま〜す。(笑)


こんにちは、お元気ですか!😃


ところで、ご訪問は・・⚪️ツ⚪️ さん? でしょうか。・・・此処は、まったく無反応で結構ですが。😄


私事ですが・・この沿線に永らくおりますが、一体何がしたいのか、よく解らない会社でしたが・・・果報は寝て待て? 三年寝太郎? 周回遅れがいつの間にかトップに躍り出た?(な訳ないですが)・・便利になったし、いまはとてもいいですね。

個人的には・・・東京駅や銀座、日本橋、人形町、浅草近辺に近いところ、がいま一番の魅力なんだと思っています。

いま、永い間ず〜っと眠ったまま?だった、東武鉄道が最近漸く目醒めたように? いろいろやってます。(笑)

最近のニュースでは、日光金谷 Hotelも傘下に収めまして、これからどんな絵を描いているのでしょうかね・・ちょっと愉しみでもありますが。😄


余談ですが、私が免許とってボロいケンメリGT 4dr に嬉々として乗ってた頃の話ですが、 昔々東武鉄道が運行していた、馬返駅 〜 明智平駅 間のケーブルカー?の駅舎跡とホーム跡がまだ残ってましたよ・・・私が見たのは馬返側の方でしたが。

いま思えば、その時に写真を残しておいたら・・と悔やまれますが・・・後の祭りですね。 その後、ハブル期を経て、経済停滞期を迎える中で、いつの間にか取り壊され、跡形も無く消え去っていました。😭


それと、仰るとおり・・昔の時刻表をいま見ると(全国路線図など)あまりの変化に愕然としますね。止むを得ない仕方がない現実、と判っていても・・・なんとも複雑な気持ちになってしまうのです。

@ブルネロ

コメントへの返答
2016/10/12 00:49:50
いつも、お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。

「ピンポンパンホ~゚ン♪ この電車は、特急りょうもう15号、赤城行です。途中、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、館林、足利市、太田、藪塚、新桐生、相老に停車します・・・。」
無機質だけどどこか懐かしい自動放送で始まる東武特急の旅。いまのJRよりもむしろ国鉄っぽい感じがしますねー。

おっ、さすが桐生と言えば、はい「○ツ△」さんです。

おおー、(@_@)東武沿線にお住まいなのですか!? 調べてみますと、この50年間は新線建設ないものの私鉄第二位の営業距離、、大手私鉄では唯一2003年まで貨物列車を走らせていた、かつては特急以外に有料急行があり、各路線末端ではJRはじめ他の鉄道に接続、などなど、ある意味今のJRよりも国鉄っぽさを随所に感じる鉄道です。

東京スカイツリーは東武の本社敷地内にあり、運営主体も東武なんですねー。
浅草のビルとビルの隙間や、隅田川からスカイツリーが見える風景は、大阪の通天閣に並んで街のシンボルとなってますねー。

東武は球団を擁する西武よりもどこか垢抜けない田舎くさい感じがあるのですが、50000系をはじめとする最近の電車のデザインは洗練されてきて、イメージが変わりつつあります。

今回書いてみた、積極的な相互乗り入れでネットワークを拡充する鉄道経営の手法は、乗り換えを解消し、ターミナルを分散して混雑緩和を図る、など既存インフラを活用している点でも大いに評価されるべき、と思います。

これが、今のJR各社は、なんでも自己営業エリア内で完結しようという意識が強く、会社間直通運転の縮小と廃止や、境界駅での接続を考慮しないダイヤ設定、など、お客様より自社の都合が優先される傾向が強くなっています。
自社エリアに固執し、全国鉄道ネットワークの一部を担っているという意識と責任が、いつも間にか欠落しているように感じますねー。

国鉄分割民営化は、2015年3月のダイヤ改正で完結し、経営難が続くJR北海道を除いて成功した、と言えるのですが、明治5年から築きあげられた国鉄ネットワークの崩壊、という皮肉な結果ももたらされたのが、今の姿です。

LEN吉




2016/10/12 10:58:29
列車での寄り道〜楽しそうです(^^)

東武の路線は乗ったことがありません(^_^;)
みなとみらい線で『和光市』行きとかを見ることがありますが、あんな路線なんですね〜
東横線乗り過ごしても渋谷で起こされてましたが、
今度は埼玉まで行ってしまうんですね〜(^_^;)

上野東京ラインなど長く走るようになってくるのも考えものですが会社としては仕方ないんでしょうね。
コメントへの返答
2016/10/13 08:46:47
はいー、自己満足全開!

東武鉄道を局地的に捉えると、つかみどころがありません。
それぞれの区域、区間に根付いて路線を改良し直通運転を行った結果、今のような各停から特急まで、あちこちで相互直通運転する体制が形作られていきました。

ターミナルを分散すると、末端の通過旅客は減るので事業者には痛しかゆしなところもありますが、利便性の向上は避けられない課題なんでしょうね?
(^_^)b
2016/10/14 07:38:04
凄い。。。。
沿線(アーバンパークライン、旧野田線)に居ながら知らないことだらけで勉強になりました(^O^)

コメントへの返答
2016/10/14 12:44:11
お-、野田線、もといアーバンパークライン沿線にお住まいなのですねー。
(^^)
実は、アーバンパークラインにはまだ乗ったことがありません。大宮駅の東側に停まっている東武車が気になってはいたのですが・・・。

東武鉄道の混沌とした雰囲気が好きです。
<(^^;)

2016/10/15 20:40:16
LEN吉さんが仕事で出張に行っているのではなく、鉄道で旅行しているように見えるのは私だけでしょうか?(^_^ゞ

115系はモーター音を轟かせながら疾走していたのでしょうねぇ~(*´∀`)
コメントへの返答
2016/10/17 00:39:28
ええーっ!何をまた、そんなことを。
(^^;)>
あくまで仕事の行き帰りとして「仕方なく」鉄道で移動している訳ですから・・。

久々に、DT21コイルばねの乗り心地と、MT54電動機のモータ音を味わいました。
(^^)/
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「久々の上越新幹線、
E4系「MAXとき」で群馬県へ。
(^_^)b」
何シテル?   11/17 14:34
柴犬のLEN吉、5才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
「カローラ」生誕50年 特別展示・フェス in MEGA WEB その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/26 10:45:30
【なぜ古い車は排除されなければならないのか??】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/17 12:59:55
【ナナマルカローラ 中部ミーティング 2016】 開催のお知らせ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 10:16:56
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて26年。 *4年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.