• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月02日

【ミュージアム探訪】 1年ぶりの『京都鉄道博物館』

【ミュージアム探訪】 1年ぶりの『京都鉄道博物館』


5月2日(火)
夜行高速バスで帰省してきた息子。



眠そうだったので1日中ゴロゴロしているのかと思ったら、AE86を洗車し終えたお昼過ぎ、
『京都鉄道博物館に行きたい!』
と言い出しました。

時間は12:30を回っています。

『今から出れば15:00頃には着くので、2時間ほどは見ていられるな』
という訳で、出掛けることに決定!



クロスオーバー7に飛び乗って、北陸道、名神経由で『びゅーん』と、
京都に到着~♪


京都鉄道博物館の周りにはあまり駐車場がないので、京都駅前に車をデポし、バスで向かいます。


10分ほどで博物館前へ (写真は去年のものです)。


およそ、1年ぶり。
去年は『門司港ネオクラッシックカーミーティング』の帰りに寄ったのでした。


C62形蒸気機関車、80系湘南電車、0系新幹線がお出迎え。
GWとはいえカレンダーでは平日。15:00過ぎなので来場者が少ないです。 


オレンジとグリーンのツートンカラーを初めて身にまとった、80系湘南電車。
初期型3枚窓の先頭車、クハ86001.


普段は、車内に入れないのですが、この日は特別公開中、ということで車内へ。
長距離用電車の先駆けとして、スハ43系客車に似たクロスシートが並びます。


クハ86001の運転台。
見た目、主幹制御器とブレーキ弁が目立つほか、計器類が数個と非常にシンプル。
しかし旧型国電は、電気指令式自動ブレーキなど装備する訳でなく、空気圧を直接制御していたので加速するよりも停めるほうが難しい、と言われていました。


一部の座席は座ることができます。
昔は夜行昼行問わず、こうした直角シート4人掛けが当たり前でした。


エントランスの反対側は、0系の横に、ディーゼル機関車DD54とクハ103-1


ドイツマイバッハのエンジンを導入したDD54 33。
EF72,73と同じ、くの字型の前面がなかなかのデザイン。
山陰線、福知山線、播但線で使用されました。

寝台特急「出雲」もけん引しましたが、プロペラシャフトの破損などトラブルに悩まされ、わずか10年余りで廃車された悲運の機関車。

明治の小型蒸気機関車で重要文化財の233号。


国産初のF級本線旅客用電気機関車EF52.


500系、寝台電車581系クハネ581-35、碓氷峠通過対策車489系クハ489-1.


後ろはこんな感じに。
京都鉄道博物館の惜しいところは、プラットホームで車両の下半分が覆われて、台車や床下機器が見えにくいこと・・・。


クハ489とクハネ581の並び。新大阪駅や大阪駅を彷彿とさせる光景。


500系の先頭車521-1。
トンネル微気圧波対策で15mものロングノーズがよくわかります。


その後方の展示車両が見えます。


こだま型151系の先頭車クハ151の先頭部。


この日は、クハ151の運転台に入ることができました。
機器の並びは、クハ86とあまり変わりません。


昭和なゾーンの、キハ81-3とミゼット。


高速貨物用に開発された電気機関車EF66.


牽引乗数が高いことから、晩年は九州ブルートレインも牽引しました。


DD54と並行して開発がすすめられた、純国産ディーゼル機関車DD51.


新性能電車101系先頭車クモハ101。
パンタグラフの上下やドア開閉を操作することができます。


コキ5000系コンテナ特急「たから」の最後尾につながれたグリーンの車掌車。
ヨ5000。


トワイライトエクスプレスのサロンカー『サロン・デュ・ノール』オハ25-551。


屋上に上がると、梅小路貨物駅と京都駅に出入りする列車を見ることができます。


梅小路蒸気機関車館のエリアへ。
動態保存されている本線特急用蒸気機関車 C62 2


今日の「スチーム号」牽引は8620形8630号。


転車台実演があるとの放送で、入場者が集まってきます。


客車を切り離して転車台へ。


ぐるりと一回転して・・・!?



シンダ(石炭の燃えカス)を落とすため、ピット線へ。


貨物用D51 1 と 旅客用C62 1


20系寝台特急の食堂車ナシ20 24。現存車はこれのみ。
車内はカフェとして、軽食や飲み物を摂ることができます。


内装は現役時のままですが椅子はちょっと異なります。


0系を眺めながら、アイスクリームを食べました。


トワイライトゾーンへ。
ブルートレインの先頭にも立った旧型電機の雄、EF58 150 と、トワイライトエクスプレスの牽引機EF81 103。


その後ろは、特急電車食堂車サシ489を改造した、スシ24-1。


そして、展望寝台スイートのスロネフ25 501。


隣には、大阪-青森間寝台特急「日本海」で最後まで使用されたA寝台オロネ24-4。
方向幕が懐かしい・・・。


なんだかんだ見て回って、あっという間に2時間が過ぎ、17:00閉館。
旧山陰本線二条駅舎を移築した出口から博物館をあとにします。


また、何度でも来てみたいですね。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/05/17 03:00:37

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

【そうだ京都行こう!】 門司港のあ ...
LEN吉さん

京都鉄道博物館に行ってきました
HNU12/naganoさん

【出張で鉄学(前編)】3月4日JR ...
LEN吉さん

今週末も・・・・
tomykato-RSさん

カプチで鉄道博物館巡りその3
capa8803さん

京都鉄道博物館
masamasa10さん

この記事へのコメント

2017/05/17 06:00:17
思い付きでヒョイヒョイ走るような距離でもないような!?
いやいや、やっぱり朝飯前ですかね、これくらいなら。。。
直角シート…懐かしいですね、見てるだけで腰が痛くなります(笑)でもこんなのが当たり前でしたもんね、昔って。よく乗ったもんです。。。
お疲れさまでした!
コメントへの返答
2017/05/17 07:25:46
京都市内の混雑が心配でしたが、北陸-名神はそこそこ交通量は多いものの流れは順調でした。

20年くらい前まで(それでもかなり昔か・・・)は、夜行急行のシートと言えば、4人掛け直角シートが当たり前でした。小生も大阪から青森まで「急行きたぐに」で19時間座り通したことがあります。
その後、快適な夜行高速バスが普及し夜行列車は衰退の一途をたどりますが。
どうもです。(^^;)>
2017/05/17 06:17:46
ナシは大阪で展示されてた頃,家族でお茶しましたよ。
京都に行っても中でカフェできるんですね。
まだまだ人が多いだろうと思って様子見の状態なんですが,ぼちぼち行ってみようかなと考え中です。
コメントへの返答
2017/05/17 07:28:27
交通科学館のときのナシ20は、旧京都駅1番ホーム建屋、今のトワイライトプラザに留置されてカフェカーになってましたねー。
ほぼ、その時のスタイルが踏襲されています。
この日はGWとはいえ平日の閉館前だったので、割とゆったり見て回ることができました。
(^^)b
2017/05/17 08:50:15
おはようございます(=^^=)
そのうち・そのうちと思いながらまだ行けていないワタクシです。
我が家の息子は2回行っていますがリニア鉄道館の方がお気に入りです。

京都は昭和世代の方がテンション上るのかな? って思いながらブログを拝見しました。
コメントへの返答
2017/05/17 10:09:02
おはようございます。(^^)/
たったの2時間でも十分楽しめますよー。

そうですねー。リニア鉄道館のコンセプトは「高速鉄道の歴史」ですから。「JR東海の、」歴代新幹線がずらり。

「京都・・・」のシンカンセンは、0系、100系、500系がありますが、あとは昭和な国鉄在来形が主流ですから、展示としては渋い部類かも。
車両設計事務所長「星晃」や技師長「島秀雄」rリアル世代のオジサンには、「京都」や「碓氷峠」のほうが熱くなります!?
(^^;)>
2017/05/17 09:22:58
おはようございます。
流石、レン吉さんの息子さん、しっかり受け継がれてますね。
トワイライトエクスプレス懐かしい響きですが、後継の瑞風、話題な車輌ですねぇ、一生縁がないでしょうけど(ーー;
コメントへの返答
2017/05/17 14:02:20
こんにちは(^^)
なんか小さいころ色々連れまわしたのが効いたのか、乗り移ってしまいましたねー。
『瑞風』はねぇ・・・、正直魅力を感じないんです。ギリギリ、機関車牽引のJR九州「ななつ星」までかなぁ。乗れないけど。
基本的に、時刻表に載っていて窓口で切符を買える列車でないと、ダメなんです。
(^^;)>
2017/05/17 09:43:44
DD54は10年程度の活躍だったんですね〜(^_^;)
DF50にしても海外の技術を取り入れないとディーゼル機関車は難しかったのかなぁ〜

キハ80系のボンネットタイプが最高にカッコいいですね〜♪
くろしおもこのタイプだったんですね〜
いつか行ってみたいなぁ!
コメントへの返答
2017/05/17 14:01:31
DD51の機関は1100PS×2台なんですが、DD54のマイバッハは1820PS×1台。なのでプロペラシャフトの強度設計をミスったようですね。
例えれば、KP61に5M-Gを積んだような感じだったのでは。

キハ81、「はつかり形」として有名ですが、「いなほ」「つばさ」、晩年は「くろしお」にも使われました。なのでJR西が所有していた訳です。今度は一緒に、是非!
(^^)/
2017/05/17 12:43:49
こんにちは。
私も、車両設計事務所長「星晃」や技師長「島秀雄」に萌える世代ですので、京都の見学はいずれマストですね。
ナシ20、ヨ5000、C62 2、クモハ101あたりが萌えです。
コメントへの返答
2017/05/18 06:32:20
こんばんは(^^)
おおー(@_@) 星晃さん、島秀雄さんをお解りになるとは、さすがです。
新性能国鉄形車両の殆どは、このおふた方があってこそ、生まれたものでした。
国鉄形車両、色々言われましたが、今でこそ、その出来の良さがよくわかりますね。
(^^)b
2017/05/18 03:39:02
近鉄一本で行ける奈良の私でも「昼過ぎだとあんまり観れないかなぁ~」って思うところを~福井からしかも車で来てしまう行動力に脱帽です。

このDD51の真下からデフなどの構造が見上げられるので、5分位眺めてた覚えがあります。
やっぱり平日が良いですよね~♪
水族館も合わせて。(笑)
コメントへの返答
2017/05/18 08:23:57
昼過ぎから閉館間際は、意外と狙い目かもしれません。
スチーム号もその日の運転を終了したあとには、車庫に帰還する転車台実演も見られたし。
何回も来ればよいかな、と思っているので、部分的に見るだけでも十分楽しめます。

あー、水族館かぁ・・・。
ここはまだ入っていないんです。
<(^^;)
2017/05/18 19:40:05
こんばんわ(^.^)

引退間近の86系に乗った記憶あります…小学5年生くらいです(^.^)、その列車を終着の姫路駅で写真に撮った記憶あります。



コメントへの返答
2017/05/25 01:04:50
おー、それは貴重な体験です。
晩年は山陽線で走っていたのですね。
二枚窓80系の最後は飯田線だったと記憶しています。
味のある電車ですねー。
(^_^)b
2017/05/19 16:54:10
自宅から北へ1.5kmなのにまだ行ったことがありません。
次回は車をうちに停めていってくださいな。
コメントへの返答
2017/05/19 22:23:15
えーっ、(@_@)
マジですか?
そのロケーションで一度も行かれていないとは…。
自分なら、毎週のように通いそうです。
いつか博物館見学ツアーを募る際には、是非っ!? 
(;^o^)メ
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「小矢部クラシックカーフェスティバル、
快晴の空のもと、開催中!?」
何シテル?   09/24 10:59
豆柴のLEN吉、本名「レン」 6才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

助手席パワーシートスイッチ増設 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 15:54:25
素晴らしい取り組みです♪ヽ(´▽`)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/31 00:52:17
錆落としと防錆塗装♪その① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 13:04:55

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて27年。 *5年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.