• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こうちゃん?のブログ一覧

2010年08月04日 イイね!

亀の歩みの如くですが

顔面神経麻痺着実に回復してます。

まだまだ完全復活とはいきませんが、ピーク時に比べれば幾分マシになってきました。



実はここ3~4日程、神経が再生しているからか耳の下丁度エラの後ろと、こめかみから側頭部首筋にかけてが非常に痛かったんです。

痛み止め飲んでも、夜眠れないくらいでした。

それが夕べ位から少しマシになって来ました。

今日は口角が少し上がる、鼻が少し動く、左目だけを瞑れるようになってました。



今まで何時になったら直るのか、それと痛みのせいで塞ぎこんでました。



回復基調が少しですが、出てきたことで気分が大分明るくなりましたね。
Posted at 2010/08/04 21:11:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | 病気 | 暮らし/家族
2010年07月26日 イイね!

あれれ~

何時ものように、夕食後パソコン立ち上げみんカラ徘徊。

少し熱っぽいなあと。

で、体温計で熱測ってみると、38.5度~。
微熱じゃないじゃ無いですかぁ~(変な表現ですが)

こりゃみんカラ徘徊してる場合じゃないですぞ。
冷えピタ貼って、もう寝ます。
おやすみなさい。
Posted at 2010/07/26 21:06:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 病気 | 暮らし/家族
2010年07月21日 イイね!

連日

連日












点滴を打ちに病院通いです。
9日間連続の点滴も後2日を残すのみとなりました。

が、やはり症状は未だ改善される様子はありません。
点滴もキツイのか、打った後は胃がムカムカして気分が優れません。
集中力もありませんし。

先生もしょうがないですね、気長に行きましょうと。
今日はリハビリの方法を教わりました。
今はまだ無理に顔面の筋肉を動かさないように、マッサージを中心にと言う事です。
これから毎日続けます。


それにしても、病院代と薬代バカに成りません。
この10日ほどで、既に5諭吉さん近くが出てってます。
病院代に奉公してます。
Posted at 2010/07/21 15:01:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 病気 | 暮らし/家族
2010年04月10日 イイね!

くも膜下出血 ②

昨日の続きです。

個室で寝たきりの頃は、これから先の自分の人生の事を思い悩んでリして暗い気持ちになることが多かったですね。
33歳にして人生終わっちゃったみたいに思って、一人のときは涙したこともありました。
主治医の先生が回診に来られて「手足・指動かしてみて」って言われて動くの確認して順調だねぇって言われて明るくなったり。
この頃は気持ちの浮き沈みが激しかったですね。
抜糸は個室にいた頃だったかなあ。
頭から出てたドレン管を外したのも個室にいた頃です。
傷口は毎日看護婦さんが消毒してくれてました。
キズはおでこの生え際、真ん中から右耳の前までです。
触ると今でも少し違和感はあります。
抜糸といっても糸じゃなくでっかいホッチキスみたいのでした。
痛かったの覚えてます。


大部屋に移って、手術から3週間目ぐらいからトイレに立てる様になると訓練と称して病院内を歩き回ってました。
さすがに外出はしませんでしたけど、売店に行って雑誌買って来たり屋上に行ったりはしてました。

この頃にはいろんな方がお見舞いに来てくれるようにもなりました。
丁度アトランタオリンピックの頃でサッカー日本代表がブラジルに勝った試合もベッドの上で見ました。
徳大病院の脳外病棟はまだ古い第1病棟にあって、夜はエアコンが効かなくって暑かった。
気持ちも段々明るくなってましたね。

術後5週間目頃だったかなあ、パジャマから服に着替えて病院前にあるコンビニに行ったんです。
看護婦さんにも告げずに黙って。
その間に母が来てて、帰ると「何処行ってたん。看護婦さんにも何にも言わんと」ってメッチャ怒られた記憶が(笑
若かったせいか、鈍ってた身体はズンズン元気になってました。
この頃は早く退院したくてウズウズしてましたねぇ。
現金なもので少し前はあんなに沈んでた気持ちが嘘のように消えてました。
頭開いてあんな大変な手術をしたことなんて半分忘れてたかも(笑

この頃はもう風呂にも入ってましたかねぇ。
病院内に患者さん用の風呂があるんですよ。
何日かに一度入浴してました。
頭ももう洗ってたかなあ。


いよいよ退院が決まったのはもう7月になってました。
その前に患部の血管造影をして確認しなくちゃなりません。
これが大変でした。
右太ももの付根を切ってそこから動脈内にカテーテルを差し込みます。
カテーテルを脳動脈まで入れてって造影剤を注入、血管造影を行います。
造影剤を入れる瞬間が嫌なんですよ。
頭が熱くなって気分が悪くなりました。
視界が暗くなって血管が見えました。
終わった後が大変で、丸一日ベッドで太ももの傷に砂袋を置いて寝たきりに。
動脈を切ってるので出血したら大変ですから、動けないんです。
腰は痛いし、ホント大変でした。

長かった入院生活も終わり。
入院期間は2ヶ月弱、7月の中旬の退院でした。
8月一杯自宅療養し9月に仕事復帰できました。

後遺症も無く普通に生活が出来てるのは両親家族、勿論手術をしてくださった先生始め病院スタッフの方々、ご迷惑をお掛けした沢山の周りの方々のお陰です。
今こうして生きていられる事に、改めて感謝しています。







Posted at 2010/04/10 11:28:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 病気 | その他
2010年04月09日 イイね!

くも膜下出血

木村拓也コーチがくも膜下出血で死亡された事で、再度この病気の事を考えてみました。
ネットで検索すると多くの方が闘病記を公開されていたり、ブログに書かれていることに驚きました。
中でもあたしがこのブログを書こうと思ったのはこの方のHPを見たからです。


くも膜下出血はホントに怖ろしい病気です。
死亡率が高く約4割の方が死亡、3割の方が重い後遺症、社会復帰できるのは残りの3割の方だそうです。
しかもリハビリも後遺症も残らず、元通りの生活ができる方は1割程度だそうです。
あたしはホントに運が良かったんですねえ。
あの時亡くなっていたらもちろんその先はありませんでしたし、重い後遺症が残っていたら今とはまったく違った人生を歩むことになっていたでしょう。

自分の経験が少しでも他人の参考になれば良いし、自分自身をもう一度見つめ直す事にもなるかなと。

あたしが発病したのは今から14年前の1996年5月でした。
まだ独身でしたが、自分の家を建てたばかりで一人暮らしを始めて間もなくでした。
まあ一人暮らしといっても、洗濯の事とか食事の事もあったので、仕事帰りに実家に寄って風呂に入り夕食を食べて家には寝に帰るだけというような生活でした。

その日も仕事帰り実家に寄り、風呂に入りました。
あたし少し熱めの風呂が好きでその日も熱めの湯でした。
風呂を上がって体を拭いてる時に、それは突然起こったのです。
頭の中で何かが弾けるような感じがして、今まで経験したことの無い頭痛に襲われました。
今まで経験したことの無い痛みとは、激しい痛みというのでは無く何と言って良いか分からない痛みという意味です。
くも膜下出血の発症時の症状としてよく言われる、頭の後ろをハンマーで殴られたような激しい痛みに襲われたというようなことは無かったのです。
茂木まや子さんも書かれているように、発症時頭痛があるとは限らないんですね。
とにかく今自分自身の頭の中で何か重大な事が起きているという事は分かりました。
とりあえず体を拭いて服を着てソファに暫く座り(たぶん1~2分)じっとしてました。
それでも変わりが無かったので(当然ですが)、母を呼び頭痛がする何か変だと言いました。
母は3月に定年退職するまで、徳大病院で看護婦長をしてました。
で血圧を測ると200に近く上がってました。

これは大変とすぐにかつての同僚の脳外の婦長さんに電話して、病院に連絡してもらいました。
そうして父の運転する車で、徳大病院に向かいました。

その時もそうですが、病院に着いてもずっと意識はありました。
確か自分で歩いて病院の中に入って行ったと思います。

すぐに先生に問診を受け、多分軽い麻酔のような注射をされたのを覚えています。
その後は手術まで意識は途切れ途切れになりました。
記憶も断片的です。

覚えてるのは、手術着に着替えさせるため着てた服をビリビリに切り刻んで脱がされたこと、頭を坊主にされたこと、尿道に管を入れられたのが猛烈に痛かったこと、ストレッチャーから手術台に移されたこと、ドラマでよく見る手術室の照明が眩しかったこと、麻酔の先生が「麻酔かけますからね、5つ数えてください」と言われて1つしか数えられなかったこと、結構覚えてるなあ(笑

でもCT撮ったことや、血管造影、診察の様子はまるで記憶なし。

次目が覚めたのはICUでした。
手術が何時間掛かって、どれくらい眠ってたのかまるで分かりませんでした。
大体ICUが窓が無く、昼なのか夜なのかまったく分からなかったし。
頭がボーっとして何が何だか分かりませんでしたし。
不思議と頭の痛みは感じませんでした。
どちらかと言うと、点滴の針の方が痛かった記憶が(笑

ICUに居たのは多分3日ぐらい。
その間は何も考えられませんでしたし、殆ど寝てたような。
少しづつ意識もハッキリしてきて、食事も少し取ったかな。

それから一般病棟の個室に移りました。
この頃には、自分に起こったこと、これから先のこと等いろいろ考える余裕が少し出てきたような気がします。
頭にはまだ管が通ってましたし、尿の管もまだ繋がってました。
点滴ももちろんしてましたし、ベッドに寝たきりでした。
寝るしかすることが無いし、だんだん退屈になって来たのもこの頃です。
テレビも見ちゃ駄目だし、音楽も聴いちゃ駄目。
起き上がることもできないのに当然ですよね。

この頃一番困ったのが汚い話で恐縮ですがトイレ(大の方)です。
小は尿管が繋がってますから、困りませんが大は困りましたね。
歩いてトイレに行くわけにもいかず、ベッド上で寝た状態でするしかないんです。
なかなか出ないんですよね。
看護婦さんがいろいろやってくれたんですが。
手術後初めて出たのは5日以上経ってましたかねえ。
その時は偶々妹が付き添いでした。
恥ずかしいとか言ってる場合じゃ無かったのですが、やはり恥ずかしかった。


個室に居たのは1週間ぐらいだったかなあ。
いよいよ大部屋へ、移動です。
ベッドに乗ったままの移動です。
まだ殆ど寝たきりでした。
ベッドに起き上がれるようになったのはこの頃でしょうか。
しかしまだベッドの上だけ。
早く立ち上がって、自分でトイレに行きたかったぁ(マジ

術後2週間後ぐらいでしたか、CTを撮る為CT室に行ったのですが。
看護婦さんがベッドサイドに車椅子を持ってきてくれました。
ベッドから起きて、車椅子に乗り移るのですが、なっ何と立てない。
足が攣って立てないんです。
僅か2週間ですよ~。
2週間寝たきりになっただけで立てないなんて、ショックでしたねぇ。
こんなんじゃ自分でトイレに行くなんて無理だあって思っちゃいました。
この頃には小便の管も外れてましたから、尿瓶でした。
早く自分でトイレに行きたかったんですよ。
まあ逆にファイトが沸いてこの日には何とか攣りながらも自分でトイレに行きました。
一度行っちゃうと、後は何事も無かったように歩いて行けるようになりました。
人間の体って不思議ですねぇ。
環境に直ぐ順応しちゃうんですね。


長くなりましたので、今日は此処までにします。
続きはまた明日。









Posted at 2010/04/09 22:37:17 | コメント(2) | トラックバック(1) | 病気 | その他

プロフィール

「猫神さん http://cvw.jp/b/199216/40933020/
何シテル?   01/02 21:30
大の「クルマ」好き モディファイ大好き 娘の大ファン、もうデレデレ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

up! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/27 21:17:35
(株)北島コーポレーション 
カテゴリ:建設会社
2013/10/16 17:46:15
 
アウトシュタット 
カテゴリ:ショップ
2006/09/06 17:07:55
 

お友達

車、モディファイ好きの方ならどなたでも。
174 人のお友達がいます
だぶはちだぶはち * 稲城の丘の青GTI稲城の丘の青GTI *
TKCOMTKCOM * TakATakA *
ben719ben719 * T.BASET.BASE *みんカラ公認

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) ナナちゃん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
ナナちゃんです。 2017年11月12日更新モディファイ状況 ☆タイヤ・ホイール ◆ ...
ダイハツ ハイゼットカーゴ カーゴちゃん (ダイハツ ハイゼットカーゴ)
仕事用の足車
アウディ A6 (セダン) アウディ A6 (セダン)
1999年~2004年 初めての外車
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
サーキット走行専用。 結局復活させる事が出来ず、処分する事に(T_T)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.