車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
ジース社長のW213開発ストーリー
新型Eクラス、W213。
先代が不人気で販売が落ち込んだため今回は全てを一新、意欲的な車を作ってきました。
それでもやはりこのクラスは上位のSクラスと下位のCクラスに挟まれてどうしても中途半端な車になってしまいます。今回もパッと見はCクラスと見分けがつかないほどで、それだけCクラスが頑張ったという事ですが・・・
さて早速ノーマルの状態で試乗をしてきます。
豪華な内装はSクラスに匹敵するほどで素晴らしい!ナビは最新で3D表示で路面の凹凸まで表示されます。本当に凄い進化でどこまで進むのでしょうか?
エンジンは2LでCクラスと同じです。これで気持ち良く走るのか心配です。
しかし走ってみると車体が大きくなった分ギヤ比がローギヤードになっておりその分エンジンが回りストレスなく走ります。流石に素晴らしい出来栄えで、そうかといって燃費もかなり良く、9速オートマがいかんなく発揮されています。最後の9速に入るのは何と110キロを超えてからで本当に素晴らしい出来です。
満足な試乗を終えて早速マフラーの開発に入ります。
ノーマルマフラーを詳しく見てみると、Cクラスのレイアウトと殆ど同じです。
パイプ径は一回り太く70φで出来ておりこの排気量では完全にオーバーキャパの容量を持っています。しかし今のTBエンジンのハイブースト加給圧を補い高回転時に出来るだけ垂れてこないようにこのパイプ径が採用されているようです。
そして何と!フロント部分からリアエンドまで全部一体でどこにも分割されておりません。






これでは仕方ないのでリアピース部分で切断して差し込み式のマフラーにするしか方法がありません。したがってノーマルに戻らないため車検対応が絶対条件となります。
とはいっても当社はそうでなくても車検対応の加速騒音試験を受けますので何も問題はありませんが。

それではノーマルを切断して作っていきます。
まずは切断しやすい所、デフの横の曲り角から45mm手前の潰れの無い直線部分があり、かつ上にも空間がある所で切断します。




ここなら切断しやすい所ですし、差し込みのストレート部分も十分にあります。
差し込み量は50mm欲しいので50mmの所に印を付けておきます。




そして差し込みジョイントを製作して50mm差し込んだところでバンド止めをします。





さてこれで準備が整いましたのでリアピースを製作していきます。
まずはノーマルパイプが70φありますので当社も同じ70φを使います。
分岐してからは60φで充分ですので専用のY管を使い60×2に分岐していきます。
この部分メーカー品質の専用部品がありますので違いが見せれる部分ですね!






美しいレイアウトでリアタイコまで持っていきます。





そしてテール部分ですが、当社Cクラスのマフラーと同じように1本テールではなく2本テールでディフューザーに持っていきます。スペースが大変ですがディフューザーの中にデュアルパイプで来る高級感と、今後E63AMGが販売されて63のディフューザーに交換した時に1本出口では似合いませんのでこれを見込んで最初からデュアルテールのレイアウトにしました。




苦労しましたが何とか完成!
非常に美しいレイアウトのマフラーが出来ました。





価格はハーフステンレス 158,000円、オールステンレス 198,000円です。


それでは早速試乗に出かけます。
ノーマルとはエンジンをかけた瞬間からすぐに違いの分かる排気音が鳴ります。
やはりマフラー交換はいいですね。気持ちいい音が堪能できます。
ノーマルの低、中速トルクが一回り太くなって気持ちいい加速をします。高回転も少し伸びがありマフラー交換の効果がよく表れております。本当に気持ちいい!!
大変満足のいくマフラーが出来ました。
しかしリアピース交換ではここまでで、もっと走りを求めるなら前部分を交換する必要があります。
究極を求めてフロントパイプ、中間ピースを製作していきます。

ノーマルが全て一体の構造のためフロント、中間は単品では交換できず一緒に交換する必要があります。
それではノーマルの構造を詳しく見ていきます。




オール70φで出来ていますがジャバラ(フレキシブルチューブ)の後部分がかなり潰れています。メーカーは量産に適した金型を使うためこういう部分が多くあります。



その後ろ部分は二手に分かれていてまた集合しています。




これは流速を稼ぐためと思われますが排気の抜けを考えた場合パイプの潰れが大きいため抵抗になってしまいます。こういった部分を全て改善して最高の排気効率を目指して製作していきます。

フロントパイプのジョイントは完全に純正に合わせて専用パーツを作ります。




オール70φで潰れも無くスムーズに作っていきます。




ノーマルと同じ位置に当社スポーツ触媒をセットして排気効率と排気の浄化を両立させます。また今になって排気温度センサーが付くようになり緻密な燃焼を制御していますので純正と同じ位置に排気温度センサーを取り付け出来るようにして、更にO2センサーも同じように取り付け出来る様に製作していきます。



そしてフロントパイプが完成!!
凄く抜けが良く、ブーストも上がってパワーアップしそうです!




続いて中間ピース。
排気効率が格段に上がる分排気音が大きくなるために出来るだけ搭載サイズの大きいタイコを入れて製作します。




潰れの無い70φパイプがノーマルのバーをくぐるためにスペースが厳しいです。
揺れて干渉してはいけないのでバーの部分に追加ステーを設けました。ノーマルは一体のため吊り下げステーも少なく分割のアフターマフラーは干渉しかねません。こういったこだわりが完成度を高めると思います。




そして遂に完成!
究極の排気効率を実現したフルマフラーが出来ました。





価格はスポーツ触媒フロントパイプ、中間ピースのセットで238000円 です。


はやる心を抑えて早速試乗に出かけます。
リアピース交換とは明らかに違う排気音。パワー感を伴った抜けの良いマフラーの排気音が堪能できます。
出だしから立ち上がり加速が違います。ぐいぐい加速して明らかに速い!これは楽しいです。しかも低速トルクも低下するどころか逆に上がっており、どの回転からも鋭い加速が味わえます。排気音量もこもらないぎりぎりの所で、これ以上は不快になる手前でどなたでも気持ち良く乗れると思います。ノーマルと比べて20psはパワーアップしているでしょうか?大変満足なマフラーが完成しました。
これでコンピュータ書き換えを行ったら30ps以上はパワーアップするでしょう。
今はまだノーマルのコンピュータが解析出来ておりませんのでしばらくお待ちください。
しかしそれでも十分満足です。なおこのマフラーは全て交換してもノーマルの第一触媒が残りますのでノーマルコンピュータでも何も問題ありませんし各センサーも完璧に取りつきますのでチェックランプも点灯しません。ご安心ください。

大満足のマフラーが出来て気持ちのいい試乗でした。
オーナーの皆様、是非よろしくお願いします。




                       株式会社ジースプロジェクト
                           代表取締役 澤村淳
Posted at 2016/12/04 20:15:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2016年11月28日 イイね!
レクサス RX200t AGL25W ワンオフマフラー!!

RX200t 4WDのお客様からワンオフマフラーのご依頼がありました。
この車両、トムス製のリアアンダースポイラーが装着されており、排気が下向き排気となっておりました。
お客様はこの外見に見合った音と性能アップがしたいとご希望され、迫力のテールも欲しいそうです。
それならばリアアンダースポイラーをカットして本物のテールをRC-F風にセットしていきます。非常に難しい加工とテールのセットでしたが私はプロです。何とか限られたスペースに収めました。
そして完成!!
どうです、この迫力!本当にカッコいいです。
RXオーナーの方是非ご検討を。



この車両、リアマフラーの交換では何も音が出ませんし性能アップもしませんので中間タイコ、フロントパイプも交換します。
ノーマルの中間タイコが大きいうえに凄い隔壁されており、ここですべての音が消音されてしまっています。TBエンジンの排気の抜けも隔壁構造のために殺されてしまい性能アップが出来ません。したがってこのパーツをストレート構造の抜けのいいタイコに交換すればかなりのパワーアップが望めます。
当社にすでに製作治具があるのですぐに完成!
これで音と性能が手に入ります。



最後に更なる性能アップを実現するためにプロンとパイプを交換します。
抜けの良い当社オリジナルのスポーツ触媒をセットしたフロントパイプを装着します。
これも製作治具がありすぐに完成しました。




やはりフル交換はいいですね!
心地よい音量とパワーアップが手に入り走ることが嬉しくなります。

満足のフルマフラー交換でした。

価格は
リアピースがワンオフで188,000円、バンパー加工が12,000円
中間タイコが89,800円、スポーツ触媒付きフロントパイプが109,800円です。
Posted at 2016/11/28 07:30:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2016年11月27日 イイね!
レクサス RX200t  AGL20W 開発終了!!レクサスRX200tの開発をいたしました。
細部までこだわった力作ですのでオーナーの方是非よろしくお願いします。

前回のRCの反響が非常に大きく、「RXは無いのですか?」とお客様がご来店しました。それならば作ってしまおうと思い立ち開発に入りました。
それではまずノーマルを調べていきます。
従来モデルと違い最初から左右出しになっていますが、ディフューザーのため色々なテールが出来ません。しかしディフューザーを外してみると・・・綺麗にテールが入るではありませんか!これは面白い!
ノーマルのディフューザータイプとテールありタイプの2種類を製作していきます。





中間タイコ部分は非常に大きく隔壁式のためほとんどの音を消音してしまっております。
これではリアピースを交換したところで音は全く出ないでしょう。
気持ちよく音の出る中間ピースを開発していきます。




フロントパイプは第2触媒が装着されており排気抵抗も大きそうです。
抜けのいい当社スポーツ触媒を装着します。




それではまずリアピースから。
ノーマルと同じレイアウトでタイコ中央から排気が入り左右に出ていきます。テールの種類を多く作るためと、メンテナンス性を考えてテール部分を分割式にしました。更にノーマルの吊り下げラバーが中間手前からリアタイコ後ろまで無いので強度不足です。追加ステーを装着してラバーも左右に追加します。





続いて4本出しを製作します。
ディフューザーを外すと丁度いい空間が出来ますのでここに100φテールを入れて4本出しに!!カッコいいですね!
なおこの車はアフターのリアアンダースポイラーが装着されていますがノーマル車両でも全く問題なく装着できます。






中間ピースを製作します。
ここを交換しないと音が出ないので気持ちよく音を出すためとTBエンジンのパワーアップを体感出来る両方を満たす中間を作ります。ノーマルと違い完全ストレート構造としますのでここだけの交換でもかなりのパワーアップが実現できます。
更にバルブ付きも開発してリモコンで音量を切り替え出来る様にし、音量、パワーアップ、静音仕様と全てを満たす中間ピースも製作します。




なお中間タイコ後部のパイプ部分にノーマルは吊り下げラバーが無く不安定ですが、ノーマル車体にはラバーが取りつくようにフックが付いています。何故使っていないのか解りませんが当社はゴムブッシュを付属して吊り下げ出来る様にします。





最後にフロントパイプです。
この部分2分割になっていますが前部分は潰れもなく交換する必要がないので触媒の付いている部分を開発します。
ノーマルは下を向いていますがもう少し後ろに純正の遮熱版があります。したがってこの部分に触媒を持って来れば熱の影響も無く最適ですのでこちらに装着します。




そして全てが完成しました。
ノーマルよりも明らかにパワーアップもして見た目のインパクトも最高のマフラーシステムが完成しました。
オーナーの皆様、是非とも宜しくお願いします。





価格は
ディフューザータイプ・・・109,800円
95×70φオーバル4本出し・・・149,800円(チタン色は1本4,000円UP)
100φ真円4本出し・・・159,800円(チタン色は1本6,000円UP)
リアピースは全てオールステンレスになります。

中間ピース
ハーフステンレス・・・69,800円
オールステンレス・・・89,800円

EXバルブ付き・・・159,800円(コントロールユニット、電磁ソレノイド、リモコン、その他パーツ全て付属)


フロントパイプ(ストレートタイプ)
ハーフステンレス・・・39,800円
オールステンラス・・・59,800円

スポーツ触媒付きフロントパイプ
オールステンレスのみ・・・109,800円
Posted at 2016/11/27 14:31:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2016年10月10日 イイね!
NX300h EXバルブ付き中間ピース取り付け!
先日愛知県にてレクサスのオフ会があり、その帰りにNXオーナーの方が3台ほど当社に立ち寄ってくれました。関東のオーナー様ですが遠い所をわざわざ有難うございます。
そのうち2人は中間ピースを、1人はバルブ付き中間ピースをご注文いただきました。EXバルブは取り付けが大変なので1日お預かりして取付します。

まずは電磁式ソレノイドバルブを適当な位置に取付します。この時低い位置で路面にヒットしないように、室内に配線を持っていきますので配線の処理がしやすい様に位置決めをします。





そしてエンジンルームのサージタンクから負圧を取り出します。
逆流を防ぐためとソレノイドバルブまで負圧を保持するためにワンウエイバルブを途中に入れます。






これでやっと中間タイコが装着できます。
そしてバルブに配管を取り付けて完成!







後は室内にて電源を取出し、リモートコントロールユニットに結線します。
約一日の作業時間で車により3~5万円の工賃が掛かります。

試乗してみると200tのTBよりもこちらの方がメリハリがあって音の変化が大きいです。これは当然ですね、NAエンジンですから!
開けると排気音が室内に入ってきてかなりスポーティ。閉めるとノーマル波に静かです。これは面白い!!
スポーティな音と静観性を兼ね備えるならこれしかありません。
オーナーの方、是非よろしくお願いします。

価格は コントロールユニット、電磁ソレノイド、リモコン、その他パーツ全て付属して159,800円です。
Posted at 2016/10/10 13:58:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | LEXUS | イベント・キャンペーン
2016年10月02日 イイね!
レクサス RX200t  AGL20W 開発終了!! レクサスRX200tの開発をいたしました。
細部までこだわった力作ですのでオーナーの方是非よろしくお願いします。

前回のRCの反響が非常に大きく、「RXは無いのですか?」とお客様がご来店しました。それならば作ってしまおうと思い立ち開発に入りました。
それではまずノーマルを調べていきます。
従来モデルと違い最初から左右出しになっていますが、ディフューザーのため色々なテールが出来ません。しかしディフューザーを外してみると・・・綺麗にテールが入るではありませんか!これは面白い!
ノーマルのディフューザータイプとテールありタイプの2種類を製作していきます。




中間タイコ部分は非常に大きく隔壁式のためほとんどの音を消音してしまっております。
これではリアピースを交換したところで音は全く出ないでしょう。
気持ちよく音の出る中間ピースを開発していきます。




フロントパイプは第2触媒が装着されており排気抵抗も大きそうです。
抜けのいい当社スポーツ触媒を装着します。




それではまずリアピースから。
ノーマルと同じレイアウトでタイコ中央から排気が入り左右に出ていきます。テールの種類を多く作るためと、メンテナンス性を考えてテール部分を分割式にしました。更にノーマルの吊り下げラバーが中間手前からリアタイコ後ろまで無いので強度不足です。追加ステーを装着してラバーも左右に追加します。








続いて4本出しを製作します。
ディフューザーを外すと丁度いい空間が出来ますのでここに100φテールを入れて4本出しに!!カッコいいですね!
なおこの車はアフターのリアアンダースポイラーが装着されていますがノーマル車両でも全く問題なく装着できます。





中間ピースを製作します。
ここを交換しないと音が出ないので気持ちよく音を出すためとTBエンジンのパワーアップを体感出来る両方を満たす中間を作ります。ノーマルと違い完全ストレート構造としますのでここだけの交換でもかなりのパワーアップが実現できます。
更にバルブ付きも開発してリモコンで音量を切り替え出来る様にし、音量、パワーアップ、静音仕様と全てを満たす中間ピースも製作します。






なお中間タイコ後部のパイプ部分にノーマルは吊り下げラバーが無く不安定ですが、ノーマル車体にはラバーが取りつくようにフックが付いています。何故使っていないのか解りませんが当社はゴムブッシュを付属して吊り下げ出来る様にします。




最後にフロントパイプです。
この部分2分割になっていますが前部分は潰れもなく交換する必要がないので触媒の付いている部分を開発します。
ノーマルは下を向いていますがもう少し後ろに純正の遮熱版があります。したがってこの部分に触媒を持って来れば熱の影響も無く最適ですのでこちらに装着します。






そして全てが完成しました。
ノーマルよりも明らかにパワーアップもして見た目のインパクトも最高のマフラーシステムが完成しました。
オーナーの皆様、是非とも宜しくお願いします。













価格は
ディフューザータイプ・・・109,800円
95×70φオーバル4本出し・・・149,800円(チタン色は1本4,000円UP)
100φ真円4本出し・・・159,800円(チタン色は1本6,000円UP)
リアピースは全てオールステンレスになります。

中間ピース
ハーフステンレス・・・69,800円
オールステンレス・・・89,800円

EXバルブ付き・・・159,800円(コントロールユニット、電磁ソレノイド、リモコン、その他パーツ全て付属)


フロントパイプ(ストレートタイプ)
ハーフステンレス・・・39,800円
オールステンラス・・・59,800円

スポーツ触媒付きフロントパイプ
オールステンレスのみ・・・109,800円
Posted at 2016/10/02 10:42:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | LEXUS | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「レクサス RX200t AGL25W ワンオフマフラー!! http://cvw.jp/b/1996436/38924651/
何シテル?   11/28 07:38
ZEESです。よろしくお願いします。
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
ファン
148 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Eクラス メルセデス・ベンツ Eクラス
メルセデスベンツ W212 (Eクラス) 先代の丸みを帯びた形からガラッと変わって角を ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
6.3LNAエンジンからツインTBエンジンへ時代が変化してきており、M157エンジン車を ...
メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ
ジースプロジェクトにはメルセデス専用マフラー”シュレンザー”がありましたが、そろそろリニ ...
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
まずボディ剛性が非常に高いです。これには驚きました。 基本であるCクラスのボディがこん ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.