車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月07日 イイね!
C-HR ZYX10 開発開始!!C-HRの開発をしました。
この車は各社からマフラーが発売されますので競争が激しいです。
どこにも負けないようにカッコよく、バランスよく、見た目のインパクトもあるマフラーを開発しないとなりません。
どうか皆さん宜しくお願いします!

まずは型取り。
ノーマルが一体式ですが当社はメンテナンスのいい2分割に。





テールの手前にフランジを持ってくることで後でテールを交換できる様に、またテールをぶつけて破損してもこの部分だけを交換すればいいので経済的にも優れています。




ノーマルのマフラーステーだけでは揺れが酷いので追加ステーを左右で付けました。
テール側に持ってくることで揺れの少ない、精度のいいマフラーが完成しました。




そして完成!





多彩なテールを用意して皆様のご要望に応じていきますので宜しくお願いします。
これから治具を製作していきます。

今回はハイブリッドのZYX10ですがTBモデルのNGX50も開発していきますのでオーナーの皆様よろしくお願いします。


価格は左右出しのみの設定で

ビッグオーバルシングルタイプ2本出し(ブレース、ヴェルス)
 ハーフステンレス 99,800円、オールステンレス 119,800円

95×70mmオーバルテール4本出し(ブレディス、ヴェルディス)
90φ真円テール4本出し(アリッシュ)
 ハーフステンレス 114,800円、オールステンレス 134,800円

100φ4本出し(オーシス)
 ハーフステンレス 124,800円、オールステンレス 144,800円

ビッグオーバル4本出し(ブレースデュアル、ヴェルスデュアル)
 ハーフステンレス 129,800円、オールステンレス 149,800円

チタンコーティングタイプは4,000円UP(1本につき)、ビッグオーバルテールは6,000円UP(1本につき)になります。
Posted at 2017/02/07 03:31:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月07日 イイね!
A45,CLA45 スポーツ触媒開発!!
A45,CLA45のスポーツ触媒を開発しました。
究極のパワーアップを求めるには必項のパーツです。気合を入れて開発したいと思います。
ノーマルの触媒が500セル位ありますのでここを替えないとブーストを上げるにはタービンに負担が大きくなり危険です。逆にここを替えると何もしなくてもブーストが上がり本来のパワーが発揮できます。
それでは開発に入ります。
まずはノーマルの触媒が簡単には外れません。ノーマルのラジエターを外してからの交換作業になります。大変な作業ですので必ずプロのショップさんにご依頼してください。
苦労してノーマルが外せました。当社のスポーツ触媒は簡単に取り外しが出来る様に2分割にして作ります。





まずはタービンアウトレットのカップリングを製作します。
驚きの事にこの部分90φの口径があります。タービンのエキゾーストハウジングが小さく、尚そのために低速トルクを確保しているのですが高回転のたれを防ぐためにかなりのハイブーストを掛けています。今の車はみんなその様なセッティングになっておりハイブーストのためにかなり太いパイプ径を採用しています。この車ノーマル時で1.8バールほどのブーストが掛かっていますので凄い事ですね!




当社パイプベンダーの最大口径90φのパイプを使い製作していきます。
しかし狭いレイアウトで苦労します。
何度も何度も借り合わせしては溶接して、顔が日焼けして痛いです。




写真を見てお分かりと思いますが、フランジで2分割にしてメンテナンスに優れた製品にしています。





そして完成!
苦労しましたが妥協のない素晴らしい製品が出来ました。





いよいよエンジンを始動します。
排気音も変わり、音量も一回り大きくなりました。これだけでパワーアップしていることが分かります。試乗がとても楽しみです。がこのマフラー、このままではアクセルを踏む事が出来ません。ブーストも上がり、燃調も薄くなってしまいノッキングが出てはいけませんし、触媒の抵抗が無さ過ぎてエンジンチェックランプも点灯すると思います。したがってコンピューターセッティングが必項になります。
この後コンピューターセッティングを行い、この続きを報告したいと思いますのでオーナーの方、しばらくお待ちください。


価格は2ピース構成で188,000円です。

Posted at 2017/02/07 02:44:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mercedes-Benz | イベント・キャンペーン
2017年01月29日 イイね!
レクサス3台取り付け!!レクサスが3台同時に取付にやって来ました。
並ぶと精悍ですね!!
こうしてお友達同士で来店していただき大変嬉しいです。
3台のうち2台がRCで、残りの1台が最新のGS350(GRL12)です。
RCは2台共200tで一台はフルピース、もう一台はリアピースの交換です。
3台同時は大変ですが頑張って交換します。

まずはRCフルピース。




つづいてRCリアピース。



最後にGSリアピース。



大変疲れましたがお客様も喜んでくださり私も大満足です!





価格はRCが
オーバル95×70φ 4本出しのヴェルディス、ブレディスが
ハーフステンレス・・・118,800円、オールステンレス・・・・143,800円
チタン色ブルーコーティングは16,000円UP

真円100φ4本出しのオーシスが
ハーフステンレス・・・122,800円、オールステンレス・・・150,800円
チタン色ブルーコーティングは24,000円UP

EXバルブ付きは100,000円UP(電磁ソレノイド、ワンウエイバルブ、コントロールユニット、リモコン2個付きです)


フロントパイプ
ストレートタイプが
ハーフステンレス・・・59,800円、オールステンレス・・・79,800円
スポーツ触媒付きがオールステンレスのみ・・・179,800円

中間ピース
ハーフステンレス・・・89,800円、オールステンレス・・・119,800円

なおリアピースは単品で装着できますが、フロントパイプと中間ピースはセットで購入する必要があります。これはノーマルが一体構造のためセットでないと装着できないためです。

GSの価格は
純正ディフューザーにマッチするタイプで
ハーフステンレス・・・111,000円、オールステンレス・・・136,000円 です。

オーナーの皆様、是非よろしくお願いいたします。
Posted at 2017/01/29 13:19:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | LEXUS | クルマ
2017年01月29日 イイね!
W218 CLS63 ワンオフ製作!W218 CLS63AMGのワンオフが入ってきました。
ハイパワーエンジンを積んでいますがやはりノーマルでは物足らないとお客様はいらっしゃいました。
この車、フロントから全部製作してコンピュータセッティングを行いますと100psほどのパワーアップが見込めます。5.5LツインTBですから凄まじいですね。
まずは第一ステップの中間以降の交換をご依頼されまして、その次にフロントに行くそうです。
それでは製作に入ります。
この車は何度も作りましたのでデータもバッチリあってすぐに取り掛かれます。
まずは純正の結合部ジョイント。
本物のAMGは極太です。しっかり口径を合わせて製作します。





続いて中間タイコ部分。
純正と同じくオール70φで製作していきます。多くのお客様がよく言う“Xチューブ”にしないのは、ここの部分のタイコを取り払ってしまうと排圧が溜めれないのと、リアをバルブとかストレートにすると音割れが酷く、非常に下品な音となってしまうからです。やはりベンツ独特の低音サウンドが良いです。当然私の作る中間タイコの中で左右を連結するバイパスもあり同調を取っております。





そしてリアピース。
全く潰れのない70φパイプを使ってリアタイコまで持っていきます。
タイコの内部も完全にストレート構造。700psのハイパワーにも対応します。
今後のステップアップが楽しみです。
そして完成!
大変美しく綺麗に出来ました。






価格はワンオフ製作で420,000円位です。

フロント、コンピュータをやったらまた報告したいと思います。
オーナーの方、是非よろしくお願いいたします。

Posted at 2017/01/29 13:06:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mercedes-Benz | イベント・キャンペーン
2017年01月01日 イイね!
ZEES社長のポルシェ911開発ストーリー皆様、

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

社長開発ストーリー完成いたしました。

ホットな情報をお届けいたします。み担当





現行のポルシェ911が入っていきました。しかも一年間だけ生産された高出力のGTSです。3.8LNAエンジンにもかかわらず430PSを絞り出すマニアにはたまらない最後のNAエンジンです。今はもうポルシェでさえダウンサイジングTBエンジンになってしまったので気持ちよく高回転まで引っ張って乗る事が出来る最後の車です。
私自身俊敏なアクセルレスポンス、胸の好く様な高回転の伸び、そしてその時の高回転サウンドが大好きですので今の風潮は寂しい限りです。愛車のC63も新型に買い替えようか悩んだのですが、乗ってみて荒々しさが全くない今のエンジンに興味が湧かず購入を止めた次第です。この感覚、もう古いのかも知れませんが・・・

さて、大変高価で難しい車です。まずは試乗して色々試してみます。
この車は本当に乗り易い!乗車位置はスポーツカーであり低いのですがそれを全く感じさせない各部の作り、上から見下ろしているかのように全ての視界が開けています。普通のセダン顔負けの視界の良さです。エンジンレスポンスも良くさすがNAエンジンで、ハイチューンの高出力エンジンの面影は全くありません。低回転からグイグイと加速してPDAのシフトアップも素晴らしく、胸の好く様な高回転の加速を味わえます。こんなに完成度の高い車に乗るのは初めてで、流石はポルシェと納得しました。誰でも買える価格じゃなく限られた人しか味わう事が出来ないのが悔やまれます。
エンジンは最高なのですがやはり排気音が満足できません。全体に静かで音も濁っています。更に純正でバルブが付いていて運転モードと専用の開閉スイッチが付いていますが、切り替えても少し大きくなるくらいで全然物足りません。
この辺りをもっと改良してバルブを閉じているときは純正並みに静かで近所迷惑とは無縁の車で、開けたら完全に直管でレーシングサウンドを満喫出来る様に作りたいです。難しい課題ですがお客様もこれを望んでおり私に預けてくださいました。頑張って実現したいです。

それではまずはノーマルマフラーを取り外し調べていきます。

車体に完全にフィットするように各部が作られているため簡単には取外し出来ません。エキマニをずらして各センサーを外してからエキマニ、触媒など全て取り外してからマフラーを取り出します。
大変な苦労の上やっと外れました。





サブタイコ部分を調べてみると複雑なレイアウトがよく分かります。
4本テールのうち内側がバルブを開けた時の通路でこのサブタイコを通るだけでテールに排気がそのまま流れます。閉まると内側テールには排気せずUターンしてメインタイコに排気が流れて外側テールより排気します。何て複雑な排気でしょう!サブタイコだけで3本の排気通路があります。あまりにも距離が短いのに複雑なパイプの曲げを実現しなければならず、もはやパイプベンダーでパイプを曲げていません。エキマニ部分も水を使ったハイドロ工法で複雑に曲げられております。これは難しいマフラーです。バルブも遠く離れた位置にあるので全開タイプか全閉タイプか分かりません。最初の位置が分からなくては作りようがないので長い針金を使いバルブの状態を手探りで確認します。
分かりました。この車は全開タイプです。エンジンを切ったり、何もしてないときはバルブが開いています。私もこの方向に賛成で、何かあったときは開いて排気を解放した方がトラブルが少ないと思います。全閉タイプはスロットル全開時、エンジンの負圧が来ないためにバルブが開いてくれません。しかしメーカーにより考えが様々でフェラーリなどは全閉タイプが使われており、アウディは全開タイプとなっています。フェラーリは別に大きなバキュームタンクを備えていて、ここに負圧を溜めているので全開時でも問題なくバルブが動きます。

バルブの向きが分かったので製作に入っていきます。
まずは何もない状態で、色々とレイアウトを考えます。





負圧も後からではセットできなくなりますので最初に作っておきます。




中央のタイコ用にステーを新設します。
ここはエンジンが動いてマフラーも一緒に動きますのでゴムラバーを使いフレキシブルに動かないとなりません。





それではメインタイコを純正と同じ位置にセットして消音側の外側テールを作ります。エキマニを付けるとタイコが入らないのでエキマニを付ける前に製作しないといけません。しかも後でエキマニを付けた時に干渉してはいけないので何度も脱着しては位置を出しながら製作しないといけません。本当に大変なレイアウトです。





メインタイコのステーも純正と同じ位置に完璧に作ります。エンジンと一緒にマフラーが動かないといけませんのでここは重要です。



そしてエキマニを取り付けていよいよバルブ側を製作します。





スペースが狭いのでかなり苦労します。
見てお分かりと思いますがバルブ側は完全な直管でレーシングエンジンの音が出る予定です。閉じるとメインタイコに排気が流れて消音されます。




中央には左右の同調を取るためと消音のためにレゾネーターを設けます。
メインタイコは私の緻密な計算の下2重管オリフィス構造で製作してありますのでアクセルを踏んだ時は排圧が掛かります。その時に他の部分に消音気があると更に消音されますので、この部分のレゾネーターもかなりの消音効果を発揮します。左右の連結も兼ねていますので完璧なレイアウトですね!





溶接による歪が必ず起こりますので各部分を製作する度に溶接をしてから進みましたが、それでもやはり溶接歪が出て位置が綺麗に出ません。仕方ないので一度フランジを切断してやり直しました。私とした事が!!完全に分かっていたのにやり直しになり、すごく苦労しました。

そして遂に完成!
美しいレイアウトで綺麗にまとまっています。大満足です。







このお客様は見た目はノーマルと同等になる様ご希望されましたのでテール径も純正と同じ76φで、最後に黒に塗装して見た目はほとんど純正です。とても渋い、大人の改造ですね。私自身大賛成です。

さていよいよエンジンを始動して試乗して来ます。
まずは純正と殆ど変らない静かさ!これなら家に帰るときも朝始動するときも全く気になりません。大満足です。
そしてバルブを開いたら・・・
完全な直管のためにまさにレーシングエンジンです。このメリハリが素晴らしいです!
排圧を完全に管理しているために低速トルクも何も損なっておらず本当に乗り易いです。そして高回転では直管のために完璧な抜けでパワーアップしており楽しい車に仕上がりました。
大満足な試乗を終えて帰ってきました。

マフラーの価格はバルブなしが498,000円、バルブ式が638,000円、専用テールが1本10,000円×4で、工賃が50,000円となります。


なおこのお客様、後日にもっと音を大きくして欲しいと連絡がありました。
直管にしては少し静かだといいます。これは私も同じ意見で、今の環境エンジンは触媒がJC08でEU6をクリアーしており、その分セルも凄く細かいセルになっていて音を殺してしまっています。ここを当社スポーツ触媒にすると必ずエンジンチェックランプが点灯しますのでコンピューターチューニングを同時に施せば素晴らしい音とパワーを両立できるはずです。後日のメニューとしてお客様に進めてみようと思います。大満足なマフラー製作となりました。


最後まで読んで下さり有難うございました。

乱筆お許しください。
















                       株式会社ジースプロジェクト
                           代表取締役 澤村淳
Posted at 2017/01/01 20:56:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | porsche | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「レクサス RX200t AGL25W ワンオフマフラー!! http://cvw.jp/b/1996436/38924651/
何シテル?   11/28 07:38
ZEESです。よろしくお願いします。
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
ファン
152 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Eクラス メルセデス・ベンツ Eクラス
メルセデスベンツ W212 (Eクラス) 先代の丸みを帯びた形からガラッと変わって角を ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
6.3LNAエンジンからツインTBエンジンへ時代が変化してきており、M157エンジン車を ...
メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ
ジースプロジェクトにはメルセデス専用マフラー”シュレンザー”がありましたが、そろそろリニ ...
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
まずボディ剛性が非常に高いです。これには驚きました。 基本であるCクラスのボディがこん ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.