• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Garage32のブログ一覧

2017年08月31日 イイね!

A-cars主催モーニングクルーズ Amejam 2017年1月編

A-cars主催モーニングクルーズ Amejam 2017年1月編早いもので、今日は8月31日。明日から9月で季節は秋になるというのに、未だに1月のネタを書いている32でございます。

今月は、予定外の車の修理があり財政的に厳しいので、しばらくは休みの日は大人しくし、ブログを書き進めたいと思います。


そんな訳で1月9日に開催された、地元七里ガ浜駐車場で開催されたA-carsが主催するモーニングクルーズ”Amejam”(アメジャム)です。

実はこの日、珍しく仕事が休みだったので、ゆっくり参加出来ると思い、数日前に洗車して備えていたら、前日から雨が降り始め当日も午前中は雨の予報(泣)

これは中止だなぁと思い、前日の深夜に友人と雨の中ブロアムで深夜デブ活をしに行き、おもいっきり雨に濡れた状態で帰宅し、就寝。

ところが翌日の9時過ぎに起きると、なんと曇りですが雨は上がっていて、Fasebookにもアメジャムやっていますよ~と言う投稿が・・・・

時間が無くて洗車出来ませんが、とりあえず会場へ急ぎ、なんとか終盤から参戦。

幸いシルバーのボディーのおかげで、そこまで汚れが目立たず良かったです(笑)


早速ギャラリー開始~

タホ(若しくはC/Kブレイザーかな?)



たぶん71あたりのノバ



以前も見かけたエルカミーノのGMC版キャバレロ



速そうなマスタングの軍団



お帰りになる71エルカミーノ



速そうなチャレンジャーと先代CTS



前回も見かけた65エルカミーノと、たぶんこちらも65なC10



そして、この日良いなぁと思った2台

まずはオリジナルの63インパラクーペ

ローライダーはよく見ますが、オリジナルは久々でした。


もう一台は、かつては一世を風靡したトーラスワゴン

こちらも久々に見ましたが、懐かし過ぎます!
大きさも日本で乗るには丁度良いので、カプリスなんかより居たはずなのに、全然見なくなってしまいました。



オマケでアメ車でありませんが、アメリカンな匂いを放つ330のセドリックバンも居ました

ちなみに記憶が正しければ、330には乗用のワゴンはなく、商用のバンしか販売されなかったはずです。


自分の到着が遅かったので、既に帰られた車も多いようでこの日はこんな感じでした。


最後に、お帰りになる63インパラの後ろ姿。

う~ん、なんとも言えないカッコ良さ!


おわり
Posted at 2017/08/31 15:02:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーショー&イベント | クルマ
2017年08月27日 イイね!

クルージング告知!! Traditional Cadillac Owners Cruising vol.1

クルージング告知!! Traditional Cadillac Owners Cruising  vol.1ブログを絶賛放置プレー中の32でごさいます。
そんな中、肝心の愛車ネタでのブログではなく、タイトルの通り今日は告知活動です!

実は以前から一部のみん友さん達とFacebookでキャデラックのセダン系のグループを作ろうと言う話になっていて、色々試行錯誤し、先日ようやく発足したのと同時に、前々から日中のクルージングをしようと話になっていて、こちらも遂に企画したので、みんカラでしか繋がっていない方もおりますにで、今日はその告知でごさいます。





題して・・・
Traditional Cadillac Owners Cruising vol.1

どんなクルージングかと言えば、キャデラックの中でも、トラディショナルな20世紀までのセダン系モデルオンリーのクルージングです。

ちなみに20世紀の最終年は2000年ですので、2000年型までのキャデラックセダン系モデル(クーペやコンバー、リモも含む)が対象です。

そして、肝心の当日の流れは・・・

関越自動車道下り線三芳PAに10:00~集合開始、10:30に出発します。

途中短い休憩を挟みながら12:30頃までに上里SAへ到着し、長めの休憩&オーナーミーティングを予定しております。

その後は、最終目的地として伊香保おもちゃと人形自動車博物館を目指し、到着後、観覧&オーナーミーティングで交流を深め16:00頃解散の予定です。

ご都合に合わせて途中参加、途中退出も可能です。

三芳PA以降、上里SAまでの途中ICから参加希望の方がいましたら、事前に連絡を頂ければ、近隣PA・SAで合流する事も可能です。

集まるのも合法的(笑)で、なおかつ大排気量車が多く、水温が心配な方も多いので、流し易い高速道路をメインに選びました。

そして当たり前のお約束(笑)ですが、公共施設を利用しますので、他の利用者に迷惑が掛からないよう、ゴミの処理や喫煙マナーの遵守、過度な音圧行為、ランニングホップ等の自粛、自己責任に於ける安全な走行をお願い致します。

雨天の場合中止の予定です。

まぁこんな感じで行いますの、同じような好みのキャデラックセダン系モデルのオーナーさん、宜しかったら如何でしょうか? 
ご不明な点はメッセージをください。


と言う訳で告知でした。肝心の愛車ネタのブログは・・・・・
たぶん、そろそろ弱音を吐いて、ダイジェストになると思います(笑)

おわり
Posted at 2017/08/28 01:05:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーショー&イベント | クルマ
2017年05月25日 イイね!

2016.12.11 Mopona !! ②

2016.12.11 Mopona !! ②先月は遅れまくりのブログを、4月中で昨年の内容を終わらすと言っていながら、既に5月もあと少しで相変わらず有言不実行でダメダメな32でございます。

残すところ一週間を切ったに、唯一の休みはモポナに遊びに行く予定で、その休みを謳歌すべく毎日仕事もガッツリ処理している現状・・・・・・

モポナ以外にもネタが二つぐらいあるのに、果たしていつ更新するんだ?
今でしょ!(笑)と言う訳で、前回のモポナの続きです!(今更ながらコレがやりたかっただけの無駄な前置)


今回は午後の対面ホップ以降の様子です。
※全てを撮っていないのと、ブログアップが遅過ぎて記憶が曖昧なので間違っているかもしれません。

たぶんシングルの一回戦
角ブロ対62インパラ

キャデ好きとしては、ブロアムに勝って欲しかったのですが、インパラの跳びに敵いませんでした。


これもたぶんシングルの一回戦
64インパラSS 対 97-02タウンカー

タウンカーも頑張っていましたが、インパラの勝利。


これもたぶんシングルの一回戦・・・かな?
63インパラ 対 Aさんのビッグブロアム

相手の方のインパラよりAさんの方が跳んでいたイメージなんですけど敗れてしまいました。


ダブルの一回戦
64インパラ 対 60インパラ

この60インパラはかなり跳んでいました。


こちらもダブルの一回戦
64インパラ"レッドマン" 対 64インパラ

レッドマンが余裕の勝利。

敗れてしまったもののスリーをしながら退場し、カッコいい姿を見せる64インパラ



シングルの二回戦・・・かな?
お楽しみのポリス仕様のカプリス

写っていませんが、相手は63インパラでカプリスは残念ながらあまり跳ばず終わってしまいました。


またもダブル一回戦。
お世話になっているPitLineの大木社長の弟さんで、ホッピング界でその名を轟かす通称「よっちゃん」のタウンカー"ゼロファイター" 対 64インパラ

ゼロファイターの勝利!


お次もまたまたダブル一回戦。
これまたお世話になっている、クレイジャスオートの宮内社長が登場!

このインパラはいつもお店で寝ている姿(笑)を見ていますが、やはり臨戦体制の姿になると、さらにカッコいい!

宮内社長の64インパラSS 対 61インパラ

宮内社長の勝利!


シングルの決勝戦かな?
64インパラSS 対 63インパラ

どっちが勝ったか覚えていません(コラ!)



ダブルの二回戦
64インパラ"レッドマン" 対 60インパラ

60インパラも頑張っていましたが、レッドマンの圧倒的な跳びには敵いませんでした。

だって、こんなに跳んでいますから!

まさに圧倒的!ホッピングをやっている人には壁と呼ばれているそうです。
これでストリートにも頻繁に出撃されるから凄いです。


次もダブルの二回戦
ゼロファイターが出撃!

カッコいい!

そして対戦相手はクレイジャスオートの宮内さんと言う、お世話になっているお店同士のお楽しみの一戦。

どちらも応援していましたが・・・・・


宮内社長のインパラがモーターが逝ってしまい、あまり跳ばずに終わってしまいました。
そんな訳でゼロファイターが勝利。


この後は、ホッピング会場を離れしばらくショップが出店しているブースを廻ってお買い物タイム♪


戻ったらダブルの決勝も終わり、トリを務める遠くはるばる名古屋から遠征してきたアンリミテッド仕様のカトラスが既に立ってしまっており、モポナガールとの撮影会状態。


モポナガールとカトラスの写真は、当然ながらキャデ太郎さんに送っておきました(笑)



その後は、再びギャラリー開始。


所用でホッピング大会の途中で遅れて会場入りした、みん友番ちゃんさんの92ブロアム13インチワイヤー仕様。

13インチを履かすと、ノーマルサスでも、かなり車高が下がります。


みん友O.G.ライダーさんが同乗してきた、同じカークラブのお友達の64ビスケインセダン。

王道のインパラではなく、その下のベルエアでもなく、ビスケインと言う、完全に通なチョイス!
しかもセダン!ヤバいです!
さらにファントムグリルが、怪しいオーラに拍車を掛けて、雰囲気抜群です!


対面ホップでは残念だったカプリス。

次回のモポナに期待です!


グラフィックの入ったビッグブロアム



激レアな横格子バージョンのアルファグリルを装備する角ブロ。



鮮やかなブルー系のグラフィックが入ったマークⅥ。

日本でこの年代辺りのリンカーンの仕上げ方としては少ない感じがして、カッコ良かったです。そしてクラシックグリル(リンカーンはインナーグリルの交換タイプが多い)が似合っていました。


シックな感じのマークⅥ

こちらは前の一台とは逆な感じですが、リンカーン特有のスッキリした感じに似合っていて、こちらもカッコ良かったです。


61インパラコンバーチブルと62インパラコンバーチブルの並び。



こちらは64インパラ同士の並び



さらに、63インパラ×2と64インパラ×2の並び。

そして、その中でもホワイトの64インパラは・・・


なんと、番ちゃんさんが長年所有していた元愛車の64インパラSSコンバーチブル!



ホワイトにレッドの内装が、トラディショナルなOG系と言ったイメージでカッコイイ!
それもそのはずで、このインパラはOG系インパラブームの創始者とも言える本国のクラシックオートのチノ・ゴンザレス作の1台!
国内では番ちゃんさんを皮切りに、現在3オーナー目だそうですが、カッコいいスタイルは維持され続けてます!


怪しい露店を撤収して、自分とineedyouさんのブロアムの並び。



さらにineedyouさんは用事があるので先に帰られるとのことで、帰る前に番ちゃんさん所に移動し、プチブロアムミーティング①を開催。

三台並ぶと良いなぁ~♪


先に帰られるineedyouさんをお見送り~

やっぱりオリジナルの後ろ姿はカッコいい!



自分と番ちゃんさんはその後もしばらく車談義をしながら会場に。


珍しい80-82タウンクーペ

横から見ると、兄弟車のマークⅥに比べホイールベースが長い分、どっしりと見えます。

ちなみにタウンクーペとタウンカー、マークⅥのセダンは同じホイールベースですが、マークⅥのクーペはフォードフルサイズセダン系兄弟車である、フォードLTDやマーキュリーグランドマーキスと同じホイールベースで少し短いです。


白い62インパラコンバーチブルとクーペの後ろ姿。

こうして見ると、この年のインパラから始まったコンバーの幌を閉めた姿を模した、ハードトップのルーフラインがよく判ります。


そして自分と番ちゃんさんも日が暮れて来たので帰る事に。



帰り道の途中、守谷SAで所用によりモポナには来れなかったyu-zoさんと合流し、プチブロアムミーティング②を開催。



またまた三台並ぶと良いなぁ~♪(笑)
やっぱりブロアムはカッコいい!!


そして自分とyu-zoさんが高速のSAに居ると言うことは・・・・

当然、夕食を賭けたじゃんけん(笑)な訳で、今回も勝利させて頂きありがたくご馳走になりました!

そんなわけで、2016年のじゃんけん対決は完封勝利に終わりました!
yu-zoさん!リベンジ戦受けて立ちますので、お待ちしております(笑)


そし守谷SAを出発し、暗闇の常磐道を疾走する番ちゃんさんのブロアム。




番ちゃんさんとyu-zoさんとは柏でお別れをし、そのまま一路神奈川へ向った自分は途中でまたお腹が空いたので、高速を途中で降りて家系ラーメンの環二家に(笑)


食った、食った~(笑)と言う事で、デブ活をした後は下道で無事帰宅。

いや~楽しかったぁ。
番ちゃんさんを始め、皆さんに行くのを勧められただけあって、たっぷり楽しめました。


あっ!最後に、途中のお買い物タイムで仕入れた今回の戦利品は・・・

ローライダーマガジン2冊
中古ブロアム用ディーラーミラー左右セット
NOSのデイトン用キャデラックメタルチップ3枚

怪しい露店の売上が、ほぼそのまま戦利品に変わりました(笑)



とても楽しかったのでまた行きたいモポナでした。
・・・・ってブログアップが遅すぎるので、数日後に行ってきます~♪
また露店もやる予定です。


その様子は・・・・・・またいつの日かに(笑)

おわり
Posted at 2017/05/25 02:44:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーショー&イベント | クルマ
2017年05月21日 イイね!

2016.12.11 Mopona !! ①

2016.12.11 Mopona !! ①昨日は第三土曜日で、しかも休みで洗車までしたのにD3MMには行かなかった32でございます。

何故かと言うと、洗車は来週のMopona Car Show & Swap meet(以下、モポナ)に備えてやったので、車を汚したくなくかったので、D3MMには行かずにカバーを掛けてお休みさせた訳です。

・・・・・ってブログタイトルもモポナ?
遂にアホ野郎な32は遅れを取り戻すために、未来形のブログを書くようになったのか!?とも思われそうですが、昨年の12月に開催された分です、

ハイ、相変わらず半年近く前の事でスミマセンm(__)m
遅れ過ぎなのに、こんな無駄な前書きしていてはいけないので進みます。

関東屈指のローライダー系イベントであるモポナには、以前から行ってみたかったものの、仕事柄中々休みが合わず行けずに時が過ぎていました。

しかし、みん友の番ちゃんさんやケッチさんから画像を見せて貰ったりするうちに、どうしても行きたくなり、遂に希望休を申請して行く事にしましたが、なんと当初の開催予定日であった11月27日は不幸にも雨で延期される事に( ̄□ ̄;)!!

あ~これで今回も仕事の休憩時間に頂いた画像を見るのかぁ、と落胆していたら、奇跡的にシフト変更で順延日の12月11日も休める事になり、遂に念願のモポナに行って来た次第です。


前日は仕事が終わった後に、洗車をしたのですが、モポナはカーショーと言っても全員参加型の屋外イベントなのでそこまで気合い入れる必要はなかったのに、ついついガチ洗車をしてしまい帰宅したのが4時(笑)

それから僅かな仮眠を取ってから出発し、日の出前のベイブリッジを通過



スカイツリーの麓を通過



途中でモポナに向うと思われる、積載車に載った角ブロを発見!

しかもこのブロアムは見た瞬間に、昔カスタムローライディング誌で見てカッコいいと思ったエクスポーネントC.Cの車だと判り驚き!

この車のイベント等での活躍はその後もwebで見ていたのですが、会場で遂に本物が見られると思うと興奮する反面、ここではお預けをくらったので何とも言えない複雑な気分に(笑)

ちなみに手持ちのカスタムローライディング誌を探して見付けた当時の姿。

2006年の5月号で10年以上前でした。


そして三郷料金所でみん友のineedyouさんと合流。



気持ちの良い天気の中、ineedyouさんのブロアムと共に常磐道を進みます。




そして会場に到着し、入場待ちの列に並ぶと、前にはいきなり61インパラコンバーが3台もいます!

この時点で単純な自分はウキウキルンルン&ワクワクです(*≧∀≦*)


係の方に誘導されながら、デューリー仕様のシェビートラックに続いて向う先にはPitLineさんの8492も見えます。



車を停めたら、ineedyouさんとまずは今回の目玉であるサウスサイドC.C出身のショーカー、62インパラ”エルグリンゴ”を見に行くことに。



半端ない!!ヤバすぎです!
ペイントやクロームの輝きと言った基本的に所の仕上げは無論、各部のエングレーピングが凄過ぎです。

特にエンジンルーム内のファイアーウォールのは常軌逸しています(笑)

聞いた話では、日本に入って来た時点でも凄い車でしたが、さらに国内でリメイクするのに1千万円以上掛っているらしく、完全にぶっ飛んだ世界だなぁ、と思いました。


さて、そんな凄いショーカーを見た後は、早速キャデラックを中心にギャラリー開始。

爽やかなカラーのビッグブロアムとコンビのアルファグリルがカッコいい92仕様のブロアムクーペ。



クーペデビルの92仕様、三連星!



シャンパンゴールドにブラウンのトップとユーロパネルが決まった92仕様のブロアムクーペ。



よくブログに登場する、神奈川を代表する角ブロの一台、91ブロアムのビューティフルムーン。



これまた以前、渋谷でお会いした事がある方のブロアム。

ここまでの三台でシャンパンゴールド三連星!(笑)


みなとみらいや渋谷でもよく見かけるブルーの角ブロ。

そう言えば、去年あたり寒川のアメリカンクラシックスと言うお店で売られていたような・・・


この直前のD1SBYでも見かけた千葉エリアのル・カブリオレ。

最近ようやく判ったのですが、このE&G製のクラシックグリルに似た角に丸みがあるレアなタイプのクラシックグリルは、どうやらASCと言うメーカーの物らしいです。


ボディーとトップをパープルの濃淡で決めた角ブロとビッグブロアム。



珍しいライトグリーン系のビッグブロアム。



みん友ティークさんのビッグブロアム。

フードにブラックのストライプを入れた姿を、初めて見ました。


いつも渋谷やみなとみらいで暴れている、Aさんのビバリートップ仕様のビッグブロアム。



以前、2014年のキャデ狂で見た67デビルコンバーチブル。



2015年のキャデ狂や渋谷で見た73エルドラドコンバーチブル。


デビルとエルドラドの並び。



川崎のクロスオートさんの超極上ル・カブリオ”グランドヘブン”とブロアムクーペ”センブスヘブン”の並び。

前月のローライダースーパーショーの貰い物画像で、グランドヘブンにハイドロが入ったのを知って残念な思いを感じましたが、それでも綺麗さは変わらず抜群でカッコいい姿に変わりはありませんでした。


そして遂にご対面の91ブロアム”クランベリージュース”


キャンディーバーガンディーとタンのトップとユーロパネルの組み合わせ、所々に散りばめられたゴールドメッキ、威厳あるアルファグリル(完全に私感)とコンチキットによるデコレーション!
まさに自分がローライダーに憧れた90年代のキャデラックのローライダースタイルを体現していて、やはり最も憧れたアルメニアンⅣライフのキャデラックと共に、ゴージャスな雰囲気が溢れるストリートの王者の風格が漂います!
自分はオリジナルが一番好きなのは変わりませんが、それでも90年代のスタイルでカスタムされたキャデラックのローライダーの存在感には今でも憧れを感じます。


逆にすっきりした仕上げのビッグブロアムとこれまたアルファグリルが決まった角ブロ←どんだけアルファグリル好きなんだよ!(笑)

これはこれで、すっきりとした仕上げからくるクリーンな感じが、オリジナルに通じる感じがするので好きです。


爽やかなアイスブルー系の外装にサンルーフを備えたビッグブロアム。



こちらもずっと見たかった名門カークラブ、Homiesのビッグブロアム。


この車は以前、一度だけ見た事があったのですが、ゆっくり見る事が出来なかったので、今回見る事が出来て嬉しかった車でした。


以前、クラシックレジェンズでも見た綺麗な92仕様のブロアムクーペ。



日本だとブラックのキャデラックは昔からトリプルブラック(外装・トップ・内装)が好まれるので、意外と珍しいブラックにグラフィックの入ったビッグブロアム。

ちょっと本国の様なスタイルで良い意味で日本らしさの無い感じに好感が持てます。


以前ブログに載せた、クリアテールにカスタムされたビッグブロアム。

ようやくクリアテールだとわかる姿が撮れました(笑)


E&Gのコンチのキャップの部分を完全にフラットに仕上げたビッグブロアム。

ダミーのホイールキャップやワイヤーホイールが無い姿はコンチネンタルエンタープライズ製コンチキットを彷彿とさせます。


そしてそのコンチネンタルエンタープライズ製コンチキットを本来付かないビッグブロアムに付けたPitLineの大木社長の愛車8492(靖国)。


でも今回の着眼点はリアに付くその話題のコンチではなく、テールレンズとバックランプレンズ!
どちらもエンブレムが追加されており、テールはエンブレムの淵に赤い枠が付いているので85~88デビル・フリートウッド用?、バックランプレンズの方は80'sブロアム・デビルのフロントポジション用?みたいですが、どちらもキャデラックを知り尽くしたOGで老舗ショップの社長らしい純正部品の流用カスタム。
最高にカッコいい!



そして午前中に撮ったシボレー(僅か3台ですが・・・)

MOJOカスタムさん64インパラ


実はこの車については、クレイジャスオートの宮内社長から完成前に仕事で行った時に見たけどあまりの眩しいイエローと鮮やかさで完成した姿を屋外で見るのが楽しみ、だと聞いていたので今回見れるの楽しみにしていた1台でした。
ちなみにこのイエローはベースにソリッドホワイトを塗り、その上にキャンディーイエローを塗ってあるそうです。
生で見ると、普通のキャンディーらしさはないものの、ソリッドイエローには無い眩しさと鮮やかさが凄く印象的でした!


みん友DBL LOWさんの愛車と思われる64インパラ。

カラーも自分好みなシックな雰囲気で、なによりスーパーショーに向けて交換されていたエングレーピングの入ったリアのモールがカッコいいので後ろから撮らせて頂きました。


前から見たいのと思っていた宮城の狩野商店さんのカプリスのホッパー車。

見ての通りポリス仕様!しかもどう考えてもポリス仕様のベースになるとは思えない上級グレードのブロアムLS(笑)
でもこの姿で、ホッピングするのが最高です!この車を見るのもモポナの楽しみでした。


午前中に撮った車はここまでです。


ちなみにガチ洗車までした自分はと言うと・・・・

キャデパーツやアメ車のミニカー等を置いて、怪しい露店を開いていました(笑)
おかげさまで、そこそこ売れました。


そんなわけで、ホッピングやその後の様子は次回に。


つづく
Posted at 2017/05/22 09:11:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | カーショー&イベント | クルマ
2017年05月09日 イイね!

2016 YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW !!

2016 YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW !!仕事柄、繁忙期のGWも終わりホッとしている32でございます。

そんな忙しいGWですが、6日の土曜は奇跡の休みを貰えたので5月の渋谷ジャック(D1SBY)を楽しんできました。まぁ、その様子は一体いつになるかわかりませんが、そのうちと言う事で・・・(笑)

タイトルの通り毎年12月に開催されるYOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW(以下、Y.H.C.S.)に行ってきましたので、その様子です。


当日は早く行きたかったのですが、前日が前回のブログに載せたD1SBY・・・・・
案の定寝坊し、急いでみなとみらいへ向いました。

紅葉した銀杏並木の先に会場が見てきました。



寝坊したツケでパシフィコ横浜の駐車場は一杯だったので、仕方なく別の駐車場に停めて、いざ10数年振りのY.H.C.S.へ




とっくにあちこちで様子はリポートされているので、個人的に特に気になった車だけ(それでも結構ありますが・・・)載せます。


シボレー編

39マスターデラックス

ボムの王道、39年型!安定のカッコ良さです。


40スペシャルデラックス

2年前のクラシックレジェンズでも見た、千葉の名門カークラブ、DREAD LIONSの有名車。
こちらも変わらずカッコイイ!


47~48フリートライン エアロセダン

39と共にボムの代表的モデルのフリートライン。
フェンダー別色は、GM純正ではありませんが、よりクラシカルに見える向きもあるので悪くないと思います、


50フリートライン?スタイルライン?&39マスターデラックス

ボムの戦前型と戦後型の並び。どちらもカッコイイ!
※48までのシボレーは戦前型の継続なので、実質的な戦後型は49年型以降です。


53ベルエア コンバーチブル

この年から、グリルやモールの装飾が派手になり始め戦後を脱却した感じが強くなります。


55ベルエア クーペ

何度か見掛けた事がある55ベルエア。
相変わらず凄く綺麗な一台です。


55ベルエアコンバーチブル


ボウタイコネクションさんが仕上げた55ベルエアコンバー。
凄く綺麗ですが、前のクーペもそうですが、ワントーンで仕上げるのがトレンドなのでしょうか?

ん?

黄緑大好きなクレイジャスオートの宮内社長発見(笑)


56ベルエア コンバーチブル

このカラーは56にとても良く似合うので好きです!


58インパラ コンバーチブル


58はOG系の仕上げが多いですが、本国みたいなこんな感じの仕上げもカッコイイです。


63インパラ コンバーチブル


これはゴールドの使い方、ペイント。どれをとっても凄くカッコイイ!!

内装


今となってはレアな、ゼニスのダブルロックのノックオフ!!

たしかロードスターと合併(吸収?)してからの登場したので、割りと末期のシリーズのイメージですが、他のブランドには無いアイデアだったので、今となっては一世を風靡したゼニスタイプの2barノックオフと共にゼニスホイールのアイコン的な一品だと思います。


63インパラ コンバーチブル

63のファントムグリル仕様を見ると、あの名車を思いだしてしまいます。


63インパラ クーペ

総剥離したのか、メタルボディーの質感が独特のオーラを放っていました。


64インパラ クーペ

やはり、64は安定のカッコ良さ!
モールのクロームの輝きが半端なかったです。


73~75辺りのモンテカルロ

ん?何か違和感があると思ったら、クォーターウィンドーが埋められているような気がするのですが、自分の気のせいでしょうか?


85モンテカルロ カスタムコンバーチブル


これは前から見たかった、ナカマルリカーストアさんのモンテのカスタムコンバー!
81~87モンテカルロのコンバーチブルはコーチビルド物で存在し、日本にも何台か入って来ているので、凄く珍しい訳ではありませんが、この車はある部分に拘る為に、コーチビルド物のコンバーを使わず、わざわざ屋根を切って作られています。



その拘りとは・・・




開閉できるクォーターウィンドーが付くと言う所!
コーチビルド物のコンバーではクォーターウィンドーが付かず、ドア窓のすぐ後ろから幌になってしまうのですが、この車は大手術でクォーターウィンドーが付いています。

コンバーの幌を開けた際に、クォーターウィンドーをちょっと出した走るのは、ファクトリー物らしさ(純正感)が漂いとてもカッコ良いので、そこを目指したのかなぁ、と勝手に想像。

本国で手に入れたらしい、当時物のデイトン72スポーク

ゴールドのスポーク&ニップルとクロームのリムとハブのコンビ仕様。
特に72スポークはハブがよく見えるので、ゴールドスポークとクロームのハブのコントラストがカッコイイ!!



キャデラック編

47シリーズ62セダネッタ


自分が戦前型の中でも一番好きな47年型に出会えてビックリ!!
(戦後も新型はすぐに出ず、キャデは47までは戦前型のボディーで生産、リムジンは49まで戦前型)

内装



スクリプトエンブレム


フードオーナメント

フライングゴッディーと呼ばれるこのタイプのオーナメント。たまに新しいモデルにも付けているのを見かけますが、やはりこの時代の車が似合います(当り前)

ホイール

トゥルースポークのようですが、個人的にはパンタイプのワイヤーホイールでクラシックワイヤーやキャデラックワイヤーと呼ばれるタイプの方が似合いそうな気がします。


67デビルコンバーチブル

デカイ!


73クーペデビル


Mr.イクラ氏の愛車で最新のエアサスシステムを搭載しているそうです。

ホイール

これこそが、先程の47に履かせて貰いたいキャデラックワイヤー!
でも73にもとても似合っています!

自分の愛車について取材を受けているMr.イクラ氏。


キャデラック番外編で30年代後半のラサール

まさか日本でラサールを見られるとはビックリです!!
※ラサールは簡単に説明すると戦前に存在したキャデラックの廉価版ブランドです。


まだまだ沢山写真を撮りましたが載せきれないので、最近のお決まりでそのうちフォトアルバムに載せます(笑)



さて、これで終わり・・・・


ではなく、まだオマケがあります!

実は、以前ブログにも書きましたが、前月の11月20日に行きたくても行けなかったローライダースーパーショーの画像を、みん友の番ちゃんさんやREINER-RUBINさんから貰ったので、キャデ太郎さん(今は一旦みんカラ離脱中)に送ったらショーガールの画像が無い事を叱られてしまいした!(自分も行けてないのに・・・)

そんなわけでこの日は、オマケでキャデ太郎さんに贈るべく、女の子の画像も撮りましたので、そちらも載せておきます(笑)





キャデ太郎さんには、再び叱れないように当日送っておきました(笑)

しかし、女の子が居る周りには必ず本格的なカメラで、車ではなく女の子ばっかり狙って撮っている方が居ますが、女の子を撮りたかったらグラビアアイドルの撮影会にでも行けばいいのに・・・
カーショーなんだから車メインに楽しめないのかなぁ!と思います。



と言うわけで、流石は日本一の規模の老舗カーショーなだけに、たっぷり楽しめました。


あっ!最後に今回の戦利品は・・・

N.O.S物(笑)のマジョレット製角ブロリムジンのミニカーでした。



12月は忙しい時期ながらも、奇跡的に休みがとても良い日程で取れたので、今回のY.H.C.S.に続き、念願のイベントにも参加出来たので次回はその内容を。


おわり
Posted at 2017/05/11 22:24:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | カーショー&イベント | クルマ

プロフィール

「動画編集 ~東名クルージング編~ http://cvw.jp/b/2010826/40561138/
何シテル?   10/11 02:50
アメ車のフルサイズセダンが大好きなGarage 32(ミツ)と申します。 小さい頃に近所で見た古いアメ車や角張系の車に影響され、それ以来、世間の流行りとは...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ひさしぶりに見た長軸距 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/04 22:21:51
2016.12.11 Mopona !! ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/22 22:48:28
スチールホイール装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/18 22:39:12

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

キャデラック ブロアムセダン キャデラック ブロアムセダン
角形のキャデラック ブロアム デレガンス(日本販売名フリートウッドブロアム セダン エレ ...
キャデラック フリートウッド セダン キャデラック フリートウッド セダン
91年型キャデラック・フリートウッドセダン 漢は黙ってキャデラック!を心情とする自分が ...
日産 セドリックワゴン 日産 セドリックワゴン
平成26年春、遂に親の前の愛車が寿命を迎えたので、新しくやってきた親の愛車です 前のより ...
日産 セドリックワゴン 日産 セドリックワゴン
自分の愛車を買うまで色々とお世話になった親の車。 外観は80'sのアメ車ワゴンを小さく ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.